新着記事

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝

孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は、栃木に生まれ、幼少より南画(中国の南宗画に由来する絵画)を描き、昭和元年(1926)に東京美術学校に入学しました。しかし、学校は2か月で退学し、それ以降は特定の師につかず、独学で画家人生を歩み、千葉で20年間ひたすら写生に没頭します。

田中一村《つゆ草にコオロギ》〔1921年 個人蔵〕(C)2018Hiroshi Niiyama

そして、新しい創作への道を模索するなかで、50歳で奄美大島へ渡り、亜熱帯の植物や鳥などを題材にした日本画を描き、独自の画業を追い求めていきますが、生前それらの作品を発表する間もなく、無名のままこの世を去りました。

田中一村《四季草花図》(旧襖)〔1950年代 大島紬美術館蔵〕(C)2018Hiroshi Niiyama

一村に一躍脚光があたったのは、昭和59年(1984)のNHKテレビ「日曜美術館」で一村の作品が紹介されてより。「パンのため」の絵を描くことを良しとせず、「本道と信ずる絵」を追求し続けた一村芸術は人々の心を揺さぶります。

関西では10年ぶりとなる、田中一村の大規模な特別企画展が、滋賀県守山市の佐川美術館で開かれています(~2018年9月17日まで)。

本展は、生誕110年を迎える孤高の画家・田中一村の幼少期から青年期にかけての南画、南画との決別から新しい日本画への模索、奄美に移住してから、と各時代の代表作を含む約180点余の作品が展観され、一村芸術の真髄に迫ります。

田中一村《枇榔樹の森に崑崙花》〔1960年代前半 田中一村記念美術館蔵〕(C)2018Hiroshi Niiyama

本展の見どころを佐川美術館の学芸員、井上英明さんにうかがいました。

「今回佐川美術館の開館20周年の特別企画展として田中一村展を企画しました。

多くの人が持つ田中一村のイメージは、奄美大島へ渡り亜熱帯の植物や色鮮やかな鳥など、豊かな自然をモチーフに、斬新な構図や色彩で新たな日本画の境地を拓いた画家であると思います。しかし、それは彼の60年以上にわたる創作の歴史の一部にしか過ぎません。不遇の生涯と奄美作品ばかりが先行しがちですが、一村の創作の歩みを総体的に見てこそ、真の田中一村という人物が浮き彫りになり、彼の芸術性を再認識できるはずです。

そこで今回の展覧会では、幼少期から晩年に至るまでの彼の生涯を通して、様々な作風の作品180点以上を展示しています。また、普段見ることのできない個人所蔵の作品を数多く展示していますので、是非この機会に一村の作品の全貌をご覧いただければ幸いです。

田中一村《初夏の海に赤翡翠》〔1962年頃 田中一村記念美術館蔵〕(C)2018Hiroshi Niiyama

会期中の8月19日(日)に、千葉市美術館学芸員の松尾知子さんによる記念講演会や、8月25日(土)と9月1日(土)に「奄美・島唄の夕べ」と題したトワイライトコンサートを開催します。コンサートのご出演は、奄美出身で全国的にも活躍している里アンナさん(8/25開催)と朝崎郁恵さん(9/1開催)です。詳しくは佐川美術館のホームページをご覧いただき、展覧会と共にお楽しみください」

田中一村《アダンの浜辺》〔1969年 個人蔵(千葉市美術館寄託)〕展示期間:7月14日~8月19日(C)2018Hiroshi Niiyama

一村芸術の決定版ともいえる展覧会です。真の一村に会いに、ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
開館20周年記念特別企画展
生誕110年 田中一村展

会期:7月14日(土)~9月17日(月・祝)
会場:佐川美術館
住所:滋賀県守山市水保町北川2891
電話番号:077・585・7800
http://www.sagawa-artmuseum.or.jp
開館時間:9時30分から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日:月曜日(ただし7月16日、8月13日、9月17日は開館)、7月17日(火)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光…
  2. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
  3. 「作家に正面から向き合った」いわさきちひろ生誕100年展示の裏側…
  4. 幽閉、洗礼、そして死…悲劇の女性 細川ガラシャの生涯を辿る
  5. 吉田博展覧会の見どころをMOA美術館学芸員が解説
PAGE TOP