新着記事

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

マスク焼けが気になる今年。「日焼け止め」を塗るべきか、塗らざるべきか|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第27回】

『Norman Granz' Jazz At The Philharmonic Vol.6』

「好き勝手」を楽しむ ジャム・セッションの聴き方【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道56】

“ながら視聴”でBGM化したテレビ。2人に1人が“聞き逃し”でストレス

新型コロナウイルスの影響で進路が変わる受験生多数!?|受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

ポークソテーシャリアピンソース

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みじん切り、すりおろしで活性化! 旬のにんにくの栄養を逃さない調理法

サンブロックアンブレラ|遮光、遮熱に優れたアウトドア仕様の日傘

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(6/1~6/7)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

【ビジネスの極意】IQが高い人が必ずしも成功するわけではない

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

催し物

画家たちの筆ぐせを近代日本の名画に学ぶ展覧会《絵描きの筆ぐせ、腕くらべ―住友コレクションの近代日本画》

取材・文/池田充枝

日本画には、もともと流派がありました。古くは平安時代に成立した「やまと絵」があり、室町時代には中国画をもとにした「狩野派」が出て一世を風靡しました。それぞれ、独特な「筆ぐせ」がありました。

江戸時代中期には、京にいた円山応挙(まるやま・おうきょ)がリアルな表現を導入した写生表現を打ちたてて「円山四条派」の祖となり、さらに中国の明清時代の「文人画」ももたらされ、画譜などの出版メディアによって文人画風が流行しました。これらにも「筆ぐせ」がありました。

さらに明治以降の近代には、そうした伝統的な諸流派は「美術学校」という教育システムのなかで継承されながらも解体され、「個性」を重視した個別の描法が絵画表現の中心になります。そして近代の日本画家たちは、独自の「筆ぐせ」で個性的な作品を創り出していきました。

そんな画家たちの「筆ぐせ」を、住友家に伝わる近代日本画の名品のなかから紹介する展覧会絵描きの筆ぐせ、腕くらべ―住友コレクションの近代日本画》が京都の泉屋博古館で開かれています(~2018年7月8日まで)

本展の見どころを、泉屋博古館の分館長、野地耕一郎さんにうかがいました。

「近代の画家の中で、もっとも個性的なのが富岡鉄斎(とみおか・てっさい)です。《古柯頑石図》(こかがんせきず)の無頼な描き方は、まるで暴走族の落書きのよう。その自由さがセザンヌやフォービスム(野獣派)の粗放な描法とも重ねられて世界的に評価されました。

我儘な筆ぐせによる徹底した自由さが、結果的にモダニティーに通じてしまった希有な画家です。我儘とは「われのまま」なのだ、と77歳喜寿の鉄斎の筆が主張しているようです。

富岡鉄斎《古柯頑石図》明治45年(1912)泉屋博古館分館

それに対して理知的な筆ぐせを作ったのが竹内栖鳳(たけうち・せいほう)です。《禁城松翠》(きんじょうしょうすい)の松の木は、英国のターナーや仏蘭西のコローの筆法を、江戸時代京都で生まれた水墨技法でカスタマイズした描き方です。

竹内栖鳳《禁城松翠》昭和3年(1928)泉屋博古館分館

山口蓬春(やまぐち・ほうしゅん)描く《如月》(きさらぎ)の梅の枝は、江戸時代の琳派の墨のたらし込み技法で質感や立体感が表されていますが、画面の外に抜ける太い枝が細かくたち消えるのがこの頃の蓬春の筆ぐせ。これによってこの絵は早春の軽快な気分を手に入れています。

山口蓬春《如月》昭和14年(1939)泉屋博古館分館

国民的画家と言われた東山魁夷(ひがしやま・かいい)の《スオミ》は、もはや油彩画のような重厚な画面です。戦後の日本画に求められたのは、油彩画の絵肌にも負けない重厚さでしたから、魁夷の表現はそれに適うものでした。

描線主体の「描く」絵から「塗る」絵画への転換は、おのずと筆ぐせを抑制することになったのです。

東山魁夷《スオミ》昭和38年(1963)泉屋博古館分館

画家たちの筆ぐせが分かると、日本画は10倍楽しめますよ!」

画家たちの筆ぐせから近代日本画の課題を導き出す、一味違った面白い展覧会です。ぜひ会場でご鑑賞ください。

【開催要項】
《絵描きの筆ぐせ、腕くらべ―住友コレクションの近代日本画
会期:2018年5月26日(土)~7月8日(日)
会場:泉屋博古館
住所:京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
電話番号:075・771・6411(代)
https://www.sen-oku.or.jp/kyoto/
開館時間:10時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日:月曜

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. C.W.ダウニー《街着姿のサラ・ベルナール》1902年 個人蔵 ミュシャやロートレックのモデルになった、フランスのミューズをめぐ…
  2. 重要文化財 佐竹本三十六歌仙絵 小大君(部分) 鎌倉時代 13世紀 奈良・大和文華館 【展示期間:11月6日~11月24日】 空前絶後! ばらばらになった幻の歌仙絵が京都に集結【[特別展] …
  3. 「黄瀬戸竹花入」 荒川豊蔵 昭和33年(1958) 愛知県陶磁美術館 (川崎音三氏寄贈) 昭和の陶芸家に見いだされて世に広まった、美濃焼の全貌に迫る【黄瀬…
  4. 《麗子肖像(麗子五歳之像)》1918年10月8日 東京国立近代美術館 制作年順に並べることで発見できる、岸田劉生の新たな魅力【没後90…
  5. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
PAGE TOP