新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

画家たちの筆ぐせを近代日本の名画に学ぶ展覧会《絵描きの筆ぐせ、腕くらべ―住友コレクションの近代日本画》

取材・文/池田充枝

日本画には、もともと流派がありました。古くは平安時代に成立した「やまと絵」があり、室町時代には中国画をもとにした「狩野派」が出て一世を風靡しました。それぞれ、独特な「筆ぐせ」がありました。

江戸時代中期には、京にいた円山応挙(まるやま・おうきょ)がリアルな表現を導入した写生表現を打ちたてて「円山四条派」の祖となり、さらに中国の明清時代の「文人画」ももたらされ、画譜などの出版メディアによって文人画風が流行しました。これらにも「筆ぐせ」がありました。

さらに明治以降の近代には、そうした伝統的な諸流派は「美術学校」という教育システムのなかで継承されながらも解体され、「個性」を重視した個別の描法が絵画表現の中心になります。そして近代の日本画家たちは、独自の「筆ぐせ」で個性的な作品を創り出していきました。

そんな画家たちの「筆ぐせ」を、住友家に伝わる近代日本画の名品のなかから紹介する展覧会絵描きの筆ぐせ、腕くらべ―住友コレクションの近代日本画》が京都の泉屋博古館で開かれています(~2018年7月8日まで)

本展の見どころを、泉屋博古館の分館長、野地耕一郎さんにうかがいました。

「近代の画家の中で、もっとも個性的なのが富岡鉄斎(とみおか・てっさい)です。《古柯頑石図》(こかがんせきず)の無頼な描き方は、まるで暴走族の落書きのよう。その自由さがセザンヌやフォービスム(野獣派)の粗放な描法とも重ねられて世界的に評価されました。

我儘な筆ぐせによる徹底した自由さが、結果的にモダニティーに通じてしまった希有な画家です。我儘とは「われのまま」なのだ、と77歳喜寿の鉄斎の筆が主張しているようです。

富岡鉄斎《古柯頑石図》明治45年(1912)泉屋博古館分館

それに対して理知的な筆ぐせを作ったのが竹内栖鳳(たけうち・せいほう)です。《禁城松翠》(きんじょうしょうすい)の松の木は、英国のターナーや仏蘭西のコローの筆法を、江戸時代京都で生まれた水墨技法でカスタマイズした描き方です。

竹内栖鳳《禁城松翠》昭和3年(1928)泉屋博古館分館

山口蓬春(やまぐち・ほうしゅん)描く《如月》(きさらぎ)の梅の枝は、江戸時代の琳派の墨のたらし込み技法で質感や立体感が表されていますが、画面の外に抜ける太い枝が細かくたち消えるのがこの頃の蓬春の筆ぐせ。これによってこの絵は早春の軽快な気分を手に入れています。

山口蓬春《如月》昭和14年(1939)泉屋博古館分館

国民的画家と言われた東山魁夷(ひがしやま・かいい)の《スオミ》は、もはや油彩画のような重厚な画面です。戦後の日本画に求められたのは、油彩画の絵肌にも負けない重厚さでしたから、魁夷の表現はそれに適うものでした。

描線主体の「描く」絵から「塗る」絵画への転換は、おのずと筆ぐせを抑制することになったのです。

東山魁夷《スオミ》昭和38年(1963)泉屋博古館分館

画家たちの筆ぐせが分かると、日本画は10倍楽しめますよ!」

画家たちの筆ぐせから近代日本画の課題を導き出す、一味違った面白い展覧会です。ぜひ会場でご鑑賞ください。

【開催要項】
《絵描きの筆ぐせ、腕くらべ―住友コレクションの近代日本画
会期:2018年5月26日(土)~7月8日(日)
会場:泉屋博古館
住所:京都市左京区鹿ヶ谷下宮ノ前町24
電話番号:075・771・6411(代)
https://www.sen-oku.or.jp/kyoto/
開館時間:10時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日:月曜

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧…
  2. 奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会
  3. ぎえー!背筋が凍るほど怖い幽霊・妖怪画で酷暑の夏に涼しさを
  4. ミステリアスな能面と能衣装の名品を一挙公開!《特別展 金剛宗家の…
  5. まさに机上の小宇宙!日本の文房具・筆と硯の名品がずらり《文房具の…
PAGE TOP