新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

住友財閥総帥が集めた至高の漆芸品を拝見《うるしの彩り―漆黒と金銀が織りなす美の世界》

取材・文/藤田麻希

日本の私立美術館には、根津美術館(東京)や藤田美術館(大阪)、香雪美術館(神戸)など、戦前の財閥や実業家のコレクションを母体にできているものが多くあります。

京都の泉屋博古館(せんおくはくこかん)と東京の泉屋博古館分館も、住友家の美術品を保存・展示するための美術館です。所蔵品のほとんどは、15代当主の住友春翠(すみとも・しゅんすい、1864~1926)の収集品です。春翠は公家の徳大寺家の出身で、政治家の西園寺公望の弟。京都で生まれ育ち、成人してから住友家の養子に入りました。事業の近代化を推し進めるとともに、子供の頃から親しんだ能楽や茶道などの文化的な素養もあり、熱心に美術品を集めました。

3000点を超える春翠のコレクションのうち、とくに有名なのは中国古銅器ですが、じつは書画や仏教美術、茶道具や文房具などの工芸品も豊富です。

現在、東京の分館では、そんなコレクションのなかから、漆芸品をテーマにした初めての展覧会《うるしの彩り》展が開催されており、日本・琉球・中国・朝鮮半島など、各所の一級の漆芸品を見ることができます(~7月16日まで)。

*  *  *

住友家の邸宅は、関西で国賓を招くときの迎賓館のような役割を担っていました。春翠は能楽を趣味にしており、賓客をもてなす際にみずから能を演じることもありました。そんな趣味を色濃く示すのが、現在も続く京漆器の老舗・象彦(ぞうひこ)が春翠の注文に応じて製作した「扇面謡曲画蒔絵会席具」です。謡曲(能の謡)をテーマとする会席具で、黒漆地に謡曲にちなんださまざまな意匠を配した扇面が蒔絵で表されます。

象彦 扇面謡曲画蒔絵会席具より「丸盆」大正時代・20世紀 泉屋博古館蔵

丸盆には、松の立木の作り物、松藤模様長絹、風折烏帽子の小道具が描かれ、謡曲「松風」を連想させます。このような豪華なお膳を用いて宴会が催されたのでしょう。

象彦 扇面謡曲画蒔絵会席具より「本膳」大正時代・20世紀 泉屋博古館蔵

華道、茶道とともに発展を遂げた香道の道具にも、漆が用いられます。「藤棚蒔絵十柱香箱」は香炉、香札、火道具など、香道にまつわる道具を収める十種香箱というものです。蔓棚に絡まって咲く藤と、秋草を金の蒔絵で表します。

「藤棚蒔絵十柱香箱」江戸時代 泉屋博古館分館蔵

江戸時代後期から明治時代に活躍した蒔絵師・柴田是真(しばた・ぜしん)による文箱(書状などを入れる箱)は、編み目状の籠に見立てた蓋を空けると軍鶏が現れる洒落た趣向のものです。軍鶏の足元には、極細の漆の線で舞い落ちた羽が表されます。

柴田是真「軍鶏蒔絵文箱」江戸時代・19世紀 泉屋博古館分館蔵

日本では、螺鈿や彫漆など中国の漆器も珍重されてきました。なかには、現在の中国には残っていないような貴重なものも伝えられています。

彫漆の盆「龍図堆黄盆」は、赤地の上に、黄色い漆を何重にも塗り重ねて厚みを出し、その塗り重ねた漆をレリーフ状に彫って龍を表したもの。気の遠くなるほどの手間がかかっています。

「龍図堆黄盆」明時代・万暦17年(1589) 泉屋博古館蔵

黄色が皇帝のシンボルカラーであること、五つの爪の龍が皇帝の象徴であることから、皇帝の旧蔵品だったと推測されています。大変高価な漆を塗り重ね、惜しげもなく削り、その削りカスは捨ててしまう。皇帝のためのものだからこそ許された最高の贅沢品です。春翠が、煎茶をたしなむときの飾りとして使用していたと考えられています。

泉屋博古館上席研究員の外山潔さんは、春翠のコレクションの特徴を次のように説明します。

「今回の出品作の多くが、道具として実際に使われていたものであることを忘れてはなりません。当時のお金持ちは権力があっただけではなく、これらの美術品に囲まれ、実際に使うことによって、結果的に美術を保護し、芸術家を育て、文化にたいへん大きな貢献を果たしました。

作品を縁(よすが)として、当時の財閥の当主がどのような生活をしていたか想像して、楽しんでいただければと思います」

目にも麗しい実用としての漆の品々を、ぜひご堪能ください。

【展覧会情報】
うるしの彩り―漆黒と金銀が織りなす美の世界

会期:2018年6月2日(土)~7月16日(月・祝)
会場:泉屋博古館分館
住所:東京都港区六本木1-5-1
電話番号:5777-8600(ハローダイヤル)
公式サイト:https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜(7月16日は開館)

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧…
  2. 奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会
  3. ぎえー!背筋が凍るほど怖い幽霊・妖怪画で酷暑の夏に涼しさを
  4. ミステリアスな能面と能衣装の名品を一挙公開!《特別展 金剛宗家の…
  5. まさに机上の小宇宙!日本の文房具・筆と硯の名品がずらり《文房具の…
PAGE TOP