新着記事

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

画像では見えませんが、ブレーキにはポルシェ用のブレーキポッドとローターが奢られています

【私のクルマ遍歴】スカイラインとカローラレビンを売却し、ついに出会った、BMW『E36』の高性能チューニングカー『M3』(後編)

程度の悪さのおかげで、遠慮することなく未舗装路も走れたそう

【私のクルマ遍歴】“ダルマセリカ”から始まり、カローラレビンにチェイサー。トヨタエンジンの気持ちよさにこだわった青年期(前編)

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

国宝指定の縄文土器・土偶が勢揃い!特別展「縄文―1万年の美の鼓動」

取材・文/藤田麻希

今からおよそ1万3000年前から約1万年つづいた縄文時代。氷期が終わり、安定した定住生活を営めるようになったことで、文化が成熟し、さまざまな装飾を施した土器や土偶が生み出されるようになりました。

それらは、中国や朝鮮など大陸からの影響を受けずに、日本列島のなかで培養された感覚でつくられています。「縄文時代」の名前の由来になった縄目の文様、びっしりと埋め尽くされた渦巻き文様、壺に貼り付けられた顔などには、人間の装飾に対する根源的な欲求が発露しているようです。近年、考古の分野だけではなく、美術の分野からも評価されるようになり、1995年以降、6件が国宝に指定されました。

現在、上野の東京国立博物館で、これら6件の国宝がすべて集合する、大規模な縄文展が開催されています(7月31日までは4件の展示)。

国宝 土偶 縄文のビーナス 長野県茅野市 棚畑遺跡出土 長野・茅野市蔵(茅野市尖石縄文考古館保管) 展示期間:7月31日(火)~9月2日(日)

最初に国宝に指定されたのは、長野県茅野市棚畑遺跡で発見された「土偶 縄文のビーナス」です。大きなお腹に、左右に張り出した太ももと尻から、妊娠した女性の姿を表していることがわかります。土には鉱物の一種である雲母片が混ぜられ、表面がラメのようにキラキラと光っています。また、一般的な土偶の多くが壊された状態で発掘されるのに対し、このビーナスは、土のくぼみに横たえられるようにして、ほぼ完全な形で発見されました。縄文人にとって特別なものであったことは明らかです。

国宝 土偶 縄文の女神 山形県船形町 西ノ前遺跡出土 山形県蔵(山形県立博物館保管)

山形県舟形町西ノ前遺跡出土の「土偶 縄文の女神」は、宇宙人のような印象を与える、鋭角的でシャープな造形の土偶です。東京国立博物館 考古室長の品川欣也さんは、つぎのようにその魅力について説明します。

「この土偶には顔がありませんが、おそらく縄文人にはこれが何を表すかわかっていたんだと思います。イノシシの形を精巧にあらわした、動物形土製品などもあるように、縄文人は形を再現することはたやすくできます。ただし、彼らはそのままの形をつくることはしません。あえて表現しない、その出し入れの妙に縄文の造形美のうまさがあると思っています」(品川さん)

国宝 火焰型土器 新潟県十日町市 笹山遺跡出土 新潟・十日町市蔵(十日町市博物館保管)写真:小川忠博

次に国宝に指定されたのが、教科書などでお馴染みの「火焰型土器」です。これらの土器には、内側が黒く焦げているものもあり、実際に煮炊きに使われていたことがわかります。

「火焰型土器をご覧になる際は、立体的な装飾とともに、小さな底部も見てほしいです。小さな底があれだけ大きな装飾を支えています。また、粘土をこねたり、お菓子を作ると、必ずはみ出しのバリが出ますが、この土器にはそれがありません。こんな力強い装飾のなかにも縄文人の心配りがあります。さらに、この土器は360度、どこから見てもかっこいいです。展示する際は、どこを正面にするか、いつも悩まされます。どの方向から見ても遜色のない造形美、これこそが火焰型土器の一番の魅力です」(品川さん)

国宝 土偶 中空土偶 北海道函館市 著保内野遺跡出土 北海道・函館市蔵(函館市縄文文化交流センター保管) 写真:小川忠博

北海道のジャガイモ畑から出土したこの土偶は、体の中が空洞になっている中空土偶という種類のもの。薄造りで、熟練した技術を持った人がつくったことを感じさせます。全身には、アイヌの文様を思わせるような、幾何学的な装飾がめぐらされています。顎のブツブツとした丸い文様はヒゲのようにも見えますが、縄文人が施したタトゥーだとも考えられています。

国宝 土偶 合掌土偶 青森県八戸市 風張 1遺跡出土 青森・八戸市蔵(八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館保管)

「合掌土偶」は、体育座りのように膝を立て、手を合わせ、祈りを捧げているような印象を与えます。このようなポーズの土偶で、完全な形で残っているものは他になく、大変貴重です。顔や体のところどころには赤い色が残っており、当初は全身が赤色だったことを物語っています。

国宝 土偶 仮面の女神 長野県茅野市 中ッ原遺跡出土 長野・茅野市蔵(茅野市尖石縄文考古館保管) 展示期間:7月31日(火)~9月2日(日)

「仮面の女神」は、2000年に長野県茅野市で発掘され、2014年には国宝に昇格した、スピード出世の土偶です。後頭部には紐を結いたような形がつくられ、逆三角形の仮面のような板を装着している様子が表されています。

なぜこのような形にするのか。なぜ執拗なまでの装飾を施すのか。道具が十分になかったどうやって時代に作るのか…。そう考えずにはいられなくなるような、驚きに満ちたものにたくさん出会える展覧会です。

【展覧会概要】
特別展『縄文―1万年の美の鼓動』

会期:2018年7月3日(火)~2018年9月2日(日)
会場:東京国立博物館 平成館
住所:東京都台東区上野公園13-9
電話番号:5777-8600(ハローダイヤル)
公式サイト:http://jomon-kodo.jp/
開館時間:9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)
(ただし、金曜・土曜は21:00まで開館。日曜および7月16日(月・祝)は18:00まで開館)
休館日:月曜日(ただし7月16日(月・祝)、8月13日(月)は開館)、7月17日(火)

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  2. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  3. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  4. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
  5. 「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日) 江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く…
PAGE TOP