新着記事

尾戸焼の酒器セット|酒を愛する土佐人たちの宴を盛り上げる伝統の酒器

アクセサリーソケットを活用

車内でアロマテラピーから炊飯までできる、アクセサリーソケット活用術【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

竹久夢二の多彩すぎる才能にあっと驚かされる展覧会《夢二繚乱》

取材・文/藤田麻希

『婦人グラフ』第3巻第5号表紙 大正15(1926)年 千代田区教育委員会蔵

明治から大正にかけて活躍した画家・竹久夢二(たけひさ・ゆめじ、1884~1934)は、日本の美人像に変革をもたらしました。大きな瞳で憂いを帯びた表情を浮かべる独特の女性像、いわゆる「夢二式美人」は、浮世絵の類型化された目の細い女性像を見慣れていた人たちにとっては、まったく新しいものに映りました。

《白木蓮と乙女》大正8(1919)年頃 千代田区教育委員会蔵

現在、竹久夢二の作品を集めた展覧会《夢二繚乱》が、東京駅にある東京ステーションギャラリーで開催されています(〜2018年7月1日まで)。今展は、龍星閣という出版社が、夢二の画集を刊行するために集めたコレクションが中心になっており、とくに装丁した本や楽譜、絵ハガキなど、デザイン分野の作品が多く展示されています。

セノオ楽譜《雲雀》原画 大正13(1924)年 千代田区教育委員会蔵

夢二は、正式な絵画教育は受けていない、ほぼ独学の画家です。その画業は、新聞や雑誌に投稿する「コマ絵」(現在で言うところのカット)から始まりました。そのコマ絵を集めた『夢二画集 春の巻』を出版したところ、9版刷りになるほどの人気を集め、一躍有名となったのです。大正元年(1912)の、京都府立図書館での初個展には多くの人が訪れ、同時期に開催されていた文展をしのぐほどの賑わいだったとも言われています。

そのブームのなかで、夢二は、それまでの画家が誰もやっていなかったことを始めます。大正3年(1914)、日本橋呉服町に、夢二デザインの千代紙や便箋や封筒、着物の半襟や書籍などを販売する「港屋絵草紙店」を開店したのです。雑誌などでも紹介され、間口2間、奥行2間の小さな店内は、少女たちで賑わいました。今で言う、ファンシーショップの走りのようなものでした。

《港屋絵草紙店》大正3(1914)年 千代田区教育委員会蔵

港屋絵草紙店には、夢二を慕う若い画家も出入りしました。版画雑誌『月映』のグループの恩地孝四郎や洋画家の東郷青児など、前衛傾向の作家が訪れ、店の二階で集い、一種のサロンのようになっていました。

夢二は美人画を描くのみではなく、欧米の最新の美術動向を勉強し、制作に生かしていたため、その点にも彼らは惹きつけられたのでしょう。ときには、港屋を舞台に展覧会も開催しています。夢二のファンといえば、どうしても女性を思い浮かべてしまいますが、じつは男性も多くいたのです。

《大椿》大正3-5(1914-16)年 千代田区教育委員会蔵

東京ステーションギャラリーの冨田章館長は、忘れてはならない夢二の画業に、ファッションデザインがあるといいます。

「夢二は、グラフィックデザインだけでなく、ファッションデザインにおいても重要な位置にいます。港屋で着物の半襟、帯、浴衣などのデザインを発表していましたし、さらに夢二式美人の女性が着ている着物のデザインは、既存の着物の柄を写したものではなく、基本的には夢二のオリジナルです。当時、夢二は非常に人気がありましたので、若い女性は夢二の絵を持って、着物屋さんに行って、こういうふうに作ってとお願いすることもあったようです。夢二自身が着物をつくったわけではないですが、夢二と夢二を好きな女性たちが共同で当時のファッションを作っていたわけです」

夢二のファッションデザインやグラフィックデザインは、現代においてもまったく古さを感じさせない洗練されたものです。想像以上に多彩な夢二の才能に気づくことができる展覧会です。

【展覧会概要】
夢二繚乱

会期:2018年5月19日(土)~7月1日(日)
会場:東京ステーションギャラリー
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
電話番号:03-3212-2485
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
開館時間:10:00~18:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで
休館日:6月25日をのぞく月曜日

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 「円山・四条派」とは何か? その全貌に迫る【円山応挙から近代京都…
  2. 原三溪ポートレイト 提供:三溪園 明治時代から昭和初期の大コレクター・原三溪が夢見た幻の美術館を具…
  3. 大津絵 猫と鼠 1幅 江戸時代 町田市立博物館蔵 ほっこり癒やされる日本美術が大集合!【特別展 日本の素朴絵― ゆ…
  4. 妖女襖絵 京都の夏を涼しくする、妖女と幽霊・妖怪たち【高台寺・百鬼夜行展と…
  5. 関羽像(かんうぞう) 青銅製 明時代・15~16世紀 新郷市博物館蔵 「リアル三国志」の世界を最新の発掘成果と共に体感!【日中文化交流…
PAGE TOP