新着記事

2日目《苫小牧から札幌へ》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/川合俊一】ニューヨークへ、画家リロイ・ニーマンに会いに行く!(後編)(川合俊一の暮らし・家計コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

日本のそば発祥の地!滋賀県伊吹のそばと湖東の酒蔵をめぐる

取材・文/わたなべあや滋賀県は、県の真ん中に位置する琵琶湖を中心に東西南北4つの地域に分かれ…

高血圧の効果的な対処法は?気づかないうちに進行する「サイレントキラー」の恐怖

取材・文/わたなべあや高血圧は、サイレントキラーの異名を持つ通り、これといった症状が…

【夕刊サライ/神取忍】自分の体で効果検証中! 最近はまった特製ドリンクとラドンガス吸入器(神取忍の健康・スポーツコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍…

タイ料理の新スター「カオソーイ」を現地チェンマイで味わい尽くす!オススメ店3軒

文・写真/横山忠道(タイ在住ライター)日本ではマッサマンカレーやパクチー料理など、毎年のよう…

奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会

取材・文/池田充枝孤高の画家として知られる田中一村(たなか・いっそん、1908-1977)は…

頭がない剥製標本は何のため?あなたが知らない鳥標本の世界

文/柿川鮎子今年は夏鳥が大変少なく、多くの野鳥観察愛好人をやきもきさせています。鳥を…

日産 スカイライン|誕生から60年を経て進化を続ける国産スポーツセダンの雄【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)かつて4ドアセダンは人気車種だった。SUV全盛の時代になっ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

竹久夢二の多彩すぎる才能にあっと驚かされる展覧会《夢二繚乱》

取材・文/藤田麻希

『婦人グラフ』第3巻第5号表紙 大正15(1926)年 千代田区教育委員会蔵

明治から大正にかけて活躍した画家・竹久夢二(たけひさ・ゆめじ、1884~1934)は、日本の美人像に変革をもたらしました。大きな瞳で憂いを帯びた表情を浮かべる独特の女性像、いわゆる「夢二式美人」は、浮世絵の類型化された目の細い女性像を見慣れていた人たちにとっては、まったく新しいものに映りました。

《白木蓮と乙女》大正8(1919)年頃 千代田区教育委員会蔵

現在、竹久夢二の作品を集めた展覧会《夢二繚乱》が、東京駅にある東京ステーションギャラリーで開催されています(〜2018年7月1日まで)。今展は、龍星閣という出版社が、夢二の画集を刊行するために集めたコレクションが中心になっており、とくに装丁した本や楽譜、絵ハガキなど、デザイン分野の作品が多く展示されています。

セノオ楽譜《雲雀》原画 大正13(1924)年 千代田区教育委員会蔵

夢二は、正式な絵画教育は受けていない、ほぼ独学の画家です。その画業は、新聞や雑誌に投稿する「コマ絵」(現在で言うところのカット)から始まりました。そのコマ絵を集めた『夢二画集 春の巻』を出版したところ、9版刷りになるほどの人気を集め、一躍有名となったのです。大正元年(1912)の、京都府立図書館での初個展には多くの人が訪れ、同時期に開催されていた文展をしのぐほどの賑わいだったとも言われています。

そのブームのなかで、夢二は、それまでの画家が誰もやっていなかったことを始めます。大正3年(1914)、日本橋呉服町に、夢二デザインの千代紙や便箋や封筒、着物の半襟や書籍などを販売する「港屋絵草紙店」を開店したのです。雑誌などでも紹介され、間口2間、奥行2間の小さな店内は、少女たちで賑わいました。今で言う、ファンシーショップの走りのようなものでした。

《港屋絵草紙店》大正3(1914)年 千代田区教育委員会蔵

港屋絵草紙店には、夢二を慕う若い画家も出入りしました。版画雑誌『月映』のグループの恩地孝四郎や洋画家の東郷青児など、前衛傾向の作家が訪れ、店の二階で集い、一種のサロンのようになっていました。

夢二は美人画を描くのみではなく、欧米の最新の美術動向を勉強し、制作に生かしていたため、その点にも彼らは惹きつけられたのでしょう。ときには、港屋を舞台に展覧会も開催しています。夢二のファンといえば、どうしても女性を思い浮かべてしまいますが、じつは男性も多くいたのです。

《大椿》大正3-5(1914-16)年 千代田区教育委員会蔵

東京ステーションギャラリーの冨田章館長は、忘れてはならない夢二の画業に、ファッションデザインがあるといいます。

「夢二は、グラフィックデザインだけでなく、ファッションデザインにおいても重要な位置にいます。港屋で着物の半襟、帯、浴衣などのデザインを発表していましたし、さらに夢二式美人の女性が着ている着物のデザインは、既存の着物の柄を写したものではなく、基本的には夢二のオリジナルです。当時、夢二は非常に人気がありましたので、若い女性は夢二の絵を持って、着物屋さんに行って、こういうふうに作ってとお願いすることもあったようです。夢二自身が着物をつくったわけではないですが、夢二と夢二を好きな女性たちが共同で当時のファッションを作っていたわけです」

夢二のファッションデザインやグラフィックデザインは、現代においてもまったく古さを感じさせない洗練されたものです。想像以上に多彩な夢二の才能に気づくことができる展覧会です。

【展覧会概要】
夢二繚乱

会期:2018年5月19日(土)~7月1日(日)
会場:東京ステーションギャラリー
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1
電話番号:03-3212-2485
http://www.ejrcf.or.jp/gallery/
開館時間:10:00~18:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館の30分前まで
休館日:6月25日をのぞく月曜日

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧…
  2. 奄美を愛した孤高の画家・田中一村の画業を回顧する特別な展覧会
  3. ぎえー!背筋が凍るほど怖い幽霊・妖怪画で酷暑の夏に涼しさを
  4. ミステリアスな能面と能衣装の名品を一挙公開!《特別展 金剛宗家の…
  5. まさに机上の小宇宙!日本の文房具・筆と硯の名品がずらり《文房具の…
PAGE TOP