新着記事

X線やMRIでもわからない腰痛の原因は?【川口陽海の腰痛事件簿 第4回】

取材・文/わたなべあや腰痛トレーニング研究所の川口陽海(かわぐち・はるみ)さんは、自…

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

琳派はどのように継承されてきたか?を見る《琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―》展

取材・文/池田充枝

17世紀、京都で活躍した画家・俵屋宗達(たわらや・そうたつ)は、やまと絵の様式を基盤としながら、デフォルメやトリミングといった斬新なアレンジにより、装飾性と意匠性に富んだ独自のスタイルを確立しました。

宗達のデザイン性豊かな造形は、18世紀の尾形光琳(おがた・こうりん)に継承され、19世紀に入ると、大名出身の酒井抱一(さかい・ほういつ)がさらなる洗練を加え、いわゆる「江戸琳派」の様式を確立しました。

伝 俵屋宗達《槇楓図》〔17世紀(江戸時代)紙本金地・彩色 山種美術館蔵〕

このような琳派のデザイン性の伝統は、近代・現代における日本画では菱田春草(ひしだ・しゅんそう)や速水御舟(はやみ・ぎょしゅう)、福田平八郎、加山又造をはじめとする画家の作品にその影響が見られ、さらには「琳派は〈日本のかたち〉の原型だ」と述べて琳派のエッセンスを随所にちりばめた作品を数多く発表したグラフィックデザイナー田中一光らにも引き継がれました。

そんな琳派のデザイン性の魅力とその継承を一望する展覧会《琳派―俵屋宗達から田中一光へ―》が、東京の山種美術館で開かれています(~2018年7月8日まで)。本展では、山種美術館が誇る琳派コレクションを中心に、琳派の画家の優品が一堂に会します。とくに近年、修復を行った伝宗達《槙楓図》は、本展が初のお披露目となります。

尾形光琳《白楽天図》〔18世紀(江戸時代)紙本金地・彩色〕 5月12日~6月3日展示

本展の見どころを、山種美術館の館長、山﨑妙子さんにうかがいました。

「古くは17世紀に描かれた琳派の作品は、毎年展覧会が開催されるほど今なお高い人気です。人々を惹きつける要因の一つとして、現代にも通じるデザイン性の高さがあげられるでしょう。本展ではその特徴をひもとくため、3つの章にわけて展覧会を企画しました。

まず第1章では、俵屋宗達、本阿弥光悦から尾形光琳、酒井抱一、鈴木其一といった名だたる琳派の絵師の作品を揃え、その魅力をご覧いただきます。さらには「近代の琳派」と称された神坂雪佳を取り上げ、工芸にも及んだそのデザイン性をご紹介します。

酒井抱一《秋草鶉図》〔重要美術品 19世紀(江戸時代)紙本金地・彩色 山種美術館蔵〕

続く第2章では、明治以降の日本画家が、いかに琳派を自らの画風に摂取していったかを取り上げます。当時、西洋画に対抗しうる日本画のあり方を模索する中、装飾性や平面性といった日本絵画の特質を琳派に見出す画家もいました。菱田春草、速水御舟たちの作品から「構図の継承」や「装飾性とデザイン性」などの琳派の特徴との関連性がうかがえる作品を選び展示しています。

速水御舟《翠苔緑芝》(左)〔1928(昭和3)年 紙本金地・彩色 山種美術館蔵〕

速水御舟《翠苔緑芝》(右)〔1928(昭和3)年 紙本金地・彩色 山種美術館蔵〕

最後の第3章では、20世紀を代表するグラフィックデザイナーの一人、田中一光の作品をご覧いただきます。日本の古典芸術への造詣が深かった一光は、琳派に早くから関心を寄せ、自身のデザインに活かしました。本展では、そのアイディアの源ともいえる作品も一部あわせて展示し、その世界をご紹介します。

17世の宗達・光悦に始まり、20世紀の田中一光へと受け継がれた琳派の造詣の魅力を存分に楽しんでいただける展覧会です。皆様のご来場をお待ちしております」

洗練された華麗な美の世界が広がる、琳派の特別展です。ぜひ会場に足をお運びください。

【開催要項】
特別展 琳派 ―俵屋宗達から田中一光へ―
会期:2018年5月12日(土)~7月8日(日)会期中一部展示替えあり
会場:山種美術館
住所:東京都渋谷区広尾3-12-36
電話番号:03・5777・8600(ハローダイヤル)
http://www.yamatane-museum.jp/
開館時間:10時から17時まで(入館は16時30分まで)
休館日:月曜

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光…
  2. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
  3. 「作家に正面から向き合った」いわさきちひろ生誕100年展示の裏側…
  4. 幽閉、洗礼、そして死…悲劇の女性 細川ガラシャの生涯を辿る
  5. 吉田博展覧会の見どころをMOA美術館学芸員が解説
PAGE TOP