新着記事

【夕刊サライ/神取忍】神取流いじめ撲滅運動~思いを声に出す大切さを伝えたい(神取忍の健康・スポーツコラム 第12回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

富士山ぐい呑み|職人技で磨き込まれた富士山シルエットの酒器

金属加工の本場、新潟県燕市から届いた、ぐい呑みセット。錆びにくく熱に強い「18‐8ステンレス…

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝

平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍(ししゅう)や綴織(つづれおり)など「糸」で表された仏の像が数多く作られました。

国宝 刺繡釈迦如来説法図 奈良国立博物館蔵

とりわけ古代では、大寺院の一堂の本尊とされる花形的存在でした。「綴織當麻曼荼羅」(国宝、奈良・當麻寺)や「刺繡釈迦如来説法図」(国宝、奈良国立博物館)はその隆盛のさまを伝える至宝です。

また、糸を繡い、織る行為は故人の追善につながり、聖徳太子が往生した世界を刺繡で表した「天寿園繡帳」(国宝、奈良・中宮寺)が生み出されました。

国宝 天寿国繡帳(てんじゅこくしゅうちょう)奈良・中宮寺蔵

鎌倉時代以降、刺繡の仏は再び隆盛を迎えますが、その背景には綴織當麻曼荼羅を織ったとされる中将姫に対する信仰がありました。極楽往生を願う人々は、中将姫に自身を重ねて刺繡によって阿弥陀三尊来迎図や種子阿弥陀三尊図を作成しました。

そんな糸のみほとけたちが一堂に会する展覧会「糸のみほとけ ―国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏―」が奈良国立博物館で開かれています(~2018年8月26日まで)。

本展は、綴織當麻曼荼羅の修理完成を記念し、刺繡と綴織による仏の像を一堂に集める特別展です。国宝に指定されている3点が勢ぞろいするほか、飛鳥時代から江戸時代に及ぶ名宝を一堂に会します。また、中国・唐代の繍仏を代表する「刺繡霊鷲山釈迦如来説法図」(大英博物館)が初めて日本で公開されるのも注目です。

本展の見どころを奈良国立博物館の学芸部長、内藤栄さんにうかがいました。

刺繡霊鷲山釈迦如来説法図(ししゅうりょうじゅせんしゃかにょらいせっぽうず)英国・大英博物館蔵 (C)The Trustees of the British Museum

「刺繡や織物は仏を表現する代表的な手法です。七世紀のはじめ、日本人は自ら寺を建て、仏像を造るようになりました。その第一号が飛鳥寺で、ここに最初にまつられた仏像が銅と刺繡の仏でした。奈良時代には巨大な刺繡や織物の仏も誕生します。驚くべきことに、東大寺大仏殿には、大仏とほぼ同じ高さの織物の観音像が二幅も懸けられていました。

奈良・當麻寺の国宝・綴織當麻曼荼羅は、今日に奇跡的に伝わる綴織の大作です。縦横が約四メートルあり、極楽浄土を織り上げています。現在では図柄が見えにくいので、今回部分的な復元を行いました(製作は川島織物セルコン)。織り上がった復元模造を見て、美しさに感嘆の声をあげました。これが四メートル四方に広がったら、どんなに美しいことでしょう。

国宝 綴織當麻曼荼羅(つづれおりたいままんだら)(部分)奈良・當麻寺蔵

平安時代、刺繡と織物の仏は急に少なくなります。しかし、鎌倉時代に再び盛んに作られるようになりますが、個人の念持仏多い点が以前とは違います。それを示すように、人の髪を繡いこんだ作品が多く見られます。きっと大切な人の髪を親族が刺繡の仏に仕上げたのでしょう。

綴織當麻曼荼羅 部分復元模造 製作:京都・川島織物セルコン

この展覧会を企画した当初から、なぜ刺繡や織物で仏を表現したのかがテーマでした。今はこう考えています。一針一針繡うことが仏に近づく作善だったこと、刺繡は針と糸があれば誰でもできたこと、そして完成品が美しいことです。ぜひ展覧会に足を運び、糸のみほとけの世界をお楽しみください」

1500年もの長い年月を経た糸の仏様たち。糸に込められた古人(いにしえびと)の思いが伝わります。

【開催要項】
修理完成記念特別展
糸のみほとけ ―国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏―

会期:2018年7月14日(土)~8月26日(日)
会場:奈良国立博物館 東新館・西新館
住所:奈良市登大路町50(奈良公園内)
電話番号:050・5542・8600(ハローダイヤル)
https://www.narahaku.go.jp/
開館時間:9時30分から18時まで、金・土曜日と8月5日~15日は19時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし7月16日、8月13日は開館)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光…
  2. 「江戸」から「東京へ」…150年の変遷を辿る企画展
  3. 「作家に正面から向き合った」いわさきちひろ生誕100年展示の裏側…
  4. 幽閉、洗礼、そして死…悲劇の女性 細川ガラシャの生涯を辿る
  5. 吉田博展覧会の見どころをMOA美術館学芸員が解説
PAGE TOP