新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

催し物

国宝3点が結集!刺繍や綴織で表現された「糸のみほとけ」たちの展覧会

取材・文/池田充枝

平面に表された仏の像といえば、絵画を思い浮かべると思いますが、日本では刺繍(ししゅう)や綴織(つづれおり)など「糸」で表された仏の像が数多く作られました。

国宝 刺繡釈迦如来説法図 奈良国立博物館蔵

とりわけ古代では、大寺院の一堂の本尊とされる花形的存在でした。「綴織當麻曼荼羅」(国宝、奈良・當麻寺)や「刺繡釈迦如来説法図」(国宝、奈良国立博物館)はその隆盛のさまを伝える至宝です。

また、糸を繡い、織る行為は故人の追善につながり、聖徳太子が往生した世界を刺繡で表した「天寿園繡帳」(国宝、奈良・中宮寺)が生み出されました。

国宝 天寿国繡帳(てんじゅこくしゅうちょう)奈良・中宮寺蔵

鎌倉時代以降、刺繡の仏は再び隆盛を迎えますが、その背景には綴織當麻曼荼羅を織ったとされる中将姫に対する信仰がありました。極楽往生を願う人々は、中将姫に自身を重ねて刺繡によって阿弥陀三尊来迎図や種子阿弥陀三尊図を作成しました。

そんな糸のみほとけたちが一堂に会する展覧会「糸のみほとけ ―国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏―」が奈良国立博物館で開かれています(~2018年8月26日まで)。

本展は、綴織當麻曼荼羅の修理完成を記念し、刺繡と綴織による仏の像を一堂に集める特別展です。国宝に指定されている3点が勢ぞろいするほか、飛鳥時代から江戸時代に及ぶ名宝を一堂に会します。また、中国・唐代の繍仏を代表する「刺繡霊鷲山釈迦如来説法図」(大英博物館)が初めて日本で公開されるのも注目です。

本展の見どころを奈良国立博物館の学芸部長、内藤栄さんにうかがいました。

刺繡霊鷲山釈迦如来説法図(ししゅうりょうじゅせんしゃかにょらいせっぽうず)英国・大英博物館蔵 (C)The Trustees of the British Museum

「刺繡や織物は仏を表現する代表的な手法です。七世紀のはじめ、日本人は自ら寺を建て、仏像を造るようになりました。その第一号が飛鳥寺で、ここに最初にまつられた仏像が銅と刺繡の仏でした。奈良時代には巨大な刺繡や織物の仏も誕生します。驚くべきことに、東大寺大仏殿には、大仏とほぼ同じ高さの織物の観音像が二幅も懸けられていました。

奈良・當麻寺の国宝・綴織當麻曼荼羅は、今日に奇跡的に伝わる綴織の大作です。縦横が約四メートルあり、極楽浄土を織り上げています。現在では図柄が見えにくいので、今回部分的な復元を行いました(製作は川島織物セルコン)。織り上がった復元模造を見て、美しさに感嘆の声をあげました。これが四メートル四方に広がったら、どんなに美しいことでしょう。

国宝 綴織當麻曼荼羅(つづれおりたいままんだら)(部分)奈良・當麻寺蔵

平安時代、刺繡と織物の仏は急に少なくなります。しかし、鎌倉時代に再び盛んに作られるようになりますが、個人の念持仏多い点が以前とは違います。それを示すように、人の髪を繡いこんだ作品が多く見られます。きっと大切な人の髪を親族が刺繡の仏に仕上げたのでしょう。

綴織當麻曼荼羅 部分復元模造 製作:京都・川島織物セルコン

この展覧会を企画した当初から、なぜ刺繡や織物で仏を表現したのかがテーマでした。今はこう考えています。一針一針繡うことが仏に近づく作善だったこと、刺繡は針と糸があれば誰でもできたこと、そして完成品が美しいことです。ぜひ展覧会に足を運び、糸のみほとけの世界をお楽しみください」

1500年もの長い年月を経た糸の仏様たち。糸に込められた古人(いにしえびと)の思いが伝わります。

【開催要項】
修理完成記念特別展
糸のみほとけ ―国宝 綴織當麻曼荼羅と繡仏―

会期:2018年7月14日(土)~8月26日(日)
会場:奈良国立博物館 東新館・西新館
住所:奈良市登大路町50(奈良公園内)
電話番号:050・5542・8600(ハローダイヤル)
https://www.narahaku.go.jp/
開館時間:9時30分から18時まで、金・土曜日と8月5日~15日は19時まで(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(ただし7月16日、8月13日は開館)

取材・文/池田充枝

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会
  2. 醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙…
  3. 喪黒福造に「ドーン!!!」される!藤子不二雄(A)展レポート
  4. バロック美術とルーベンス【ルーベンス展―バロックの誕生】
  5. 世界が熱狂するフェルメール【フェルメール展】
PAGE TOP