新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校という異常事態。子どもたちにとっては、それ…

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

ペットを飼われている方は多いかと思いますが、皆さんはペットにどんな名前をつけていますか? ア…

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

【サライ・インタビュー】ジュディ・オングさん(歌手、女優、木版画家)――子役からの芸能歴…

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月14日には39県で解除され、残り8都…

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

長引く外出自粛とテレワークで“座りすぎ”の人が増えています。前回は便秘薬のお話をしましたが、便秘の悪…

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

文/池上信次今回のテーマは、「顔合わせ」。ジャズの面白いところは、どんなタイプのジャズマンでも共…

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

写真・文/矢崎海里肉巻きやフライ、シンプルに茹でてマヨネーズなど、さまざまな味わいが楽しめる…

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

「自覚症状が出ているのに外出するなんてどうかしてる!」感染者の不用意な外出に憤りを感じる人は全体の8…

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

樺細工で有名な秋田県仙北市角館町から届いた、職人が仕上げた逸品である。使われるのは、東北地方…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

展覧会

  1.  

    若冲や応挙も学んだ中国・明清絵画の名品を味わう展覧会

         

    取材・文/藤田麻希日本の美術は、その時代ごとに、中国や朝鮮など大陸の美術の影響を受けてきました。鎖国政策がとられていた江戸時代においても、長崎を通じて中国の新しい文化は入ってきています。17世紀中頃、明からやってきた…

  2.  

    狩野芳崖と四天王|近代日本画の父と弟子たちの知られざる画業

         

    取材・文/池田充枝近代日本画の黎明期を代表する画家、狩野芳崖(かのう・ほうがい 1828-1…

  3.  

    “綺想の皇帝”ルドルフ2世の驚異の世界を味わう展覧会

         

    取材・文/池田充枝16世紀末から17世紀初頭にかけて、プラハに宮廷を構え、神聖ローマ帝国皇帝…

  4.  

    風景画の巨匠ターナーの傑作を世界中から集めた展覧会

         

    取材・文/池田充枝風景画の巨匠ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー(1775-1…

  5.  

    葛飾北斎と西洋の芸術家たちの夢の共演『北斎とジャポニスム』展

         

    取材・文/藤田麻希江戸時代、鎖国政策のため日本と西洋世界の交流は限られていましたが、19世紀半ば…

  6.  

    第69回正倉院展|西域伝来、聖武天皇ゆかりの御物が一般公開中

         

    取材・文/池田充枝奈良・平安時代の中央・地方の官庁や大寺には、重要物品を納める「正倉」が設け…

  7.  

    怖い絵展|思わず背筋がゾッとする怖い絵ばかりの展覧会

         

    取材・文/池田充枝2007年、作家でドイツ文学者の中野京子氏が出版した『怖い絵』(朝…

  8.  

    生きているかのようなリアルさに驚愕!動物画の名手・木島櫻谷展

         

    取材・文/池田充枝明治から昭和にかけて活躍した、京都の日本画家・木島櫻谷(このしま・おうこく…

  9.  

    19世紀末パリの優雅で瀟洒なグラフィック・アートを集めた展覧会

         

    取材・文/藤田麻希トゥールーズ・ロートレックという画家をご存じでしょうか。名前を知らないとい…

  10.  

    長沢芦雪展|独創的で型破りな作品を生み出した奇想の画家の展覧会

         

    取材・文/藤田麻希巨大な虎が襖から飛び出すかのように、こちらに向かって足を踏み出しま…

  11.  

    遅咲きには理由があった!? 画聖・雪舟は「不器用な画僧」だった

         

    取材・文/田中昭三個人の画家で一番多く国宝に指定されているのは誰か、ご存じだろうか。それは、…

  12.  

    話題の京博『国宝』展で「これだけは見逃せない」必見の作品とは

         

    取材・文/藤田麻希普段、何気なく使っている「国宝」という言葉。文化財保護法では、「重…

  13.  

    文人画の先駆者・柳沢淇園の主要作が約50年ぶりに集う展覧会

         

    取材・文/池田充枝プロの絵師ではなくアマチュアの知識人が余技的に描いた絵画を「文人画」と称し…

  14.  

    発見された雪舟の幻の作品が山口県立美術館でお披露目へ

         

    取材・文/渡辺倫明かつて存在が認められていた、雪舟(せっしゅう)の幻の一作がついに見つかり、…

  15.  

    千両役者は盆栽狂?江戸で花開いた園芸文化と三代目尾上菊五郎

         

    取材・文/池田充枝江戸時代は、大名から町人まで幅広い層の人々が植物に関心を寄せ、園芸文化が花…

  16.  

    明治以来の精神を継ぐ「驚異の超絶技巧」工芸品の展覧会

         

    取材・文/藤田麻希政治や経済だけでなく、美術の世界にも及んだ明治維新の影響。とくに工…

  17.  

    史上最大の「運慶」展で天才仏師の造形の粋を堪能する

         

    取材・文/藤田麻希日本美術史上、最も著名な仏師と言っても過言ではない運慶。修学旅行の定番、奈…

  18.  

    大藩62万石を築いた戦国の英雄・伊達政宗のすべてに迫る展覧会

         

    取材・文/池田充枝独眼竜の名で知られる戦国武将、伊達政宗(だて・まさむね)は、永禄10年(1…

  19.  

    狩野派の画風をつくった絵師・狩野元信の代表作が一堂に集結!

         

    取材・文/藤田麻希室町時代から幕末まで、約400年にわたって画壇の中心に君臨し続けた…

  20.  

    稀代の浮世絵師・葛飾北斎の大規模な展覧会『北斎-富士を超えて-』【ご招待あり】

         

    取材・文/池田充枝世界に知られる浮世絵師、葛飾北斎(かつしか・ほくさい)が生まれたの…

  21.  

    白寿の画家・堀文子さんの展覧会『堀文子展 ~生命を描く~』

         

    取材・文/池田充枝日本画家の堀文子さんは1918年7月2日生まれ。白寿(99歳)を迎…

  22.  

    慈愛の人「良寛」の純真で高貴な書に癒される展覧会

         

    取材・文/池田充枝能書家として名高い江戸期の僧・良寛(りょうかん、1758-1831)は、越…

  23.  

    絵師・鈴木春信の傑作浮世絵の数々が米ボストンから里帰り中

         

    取材・文/藤田麻希「浮世絵」と聞くとカラフルな木版画をイメージする方が多いかもしれませんが、…

  24.  

    東郷青児展|日本女性のイメージ変えた優美でモダンな美人画たち

         

    今年で生誕120年を迎える洋画家・東郷青児(1897-1978)は、幾何学的な構成と抒情性を統合した…

  25.  

    喜多川歌麿の大作「深川の雪」と「吉原の花」が138年ぶり夢の再会

         

    取材・文/藤田麻希喜多川歌麿(きたがわ・うたまろ)といえば、女性の身分や微妙な表情の変化をも…

  26.  

    特別展「運慶」閉館後の会場にサライ読者100名を特別招待

         

    ■秋の一夜、天才仏師の偉業をゆったり鑑賞史上最も著名な仏師といわれる運慶。その傑作が多数集結する…

  27.  

    ボストン美術館の至宝展―東西の名品、珠玉のコレクション

         

    取材・文/藤田麻希アメリカ最大級の美術館であるボストン美術館は、その名称・規模から公共の美術…

  28.  

    鬼才テオ・ヤンセンの動く芸術を沖縄で堪能!「テオ・ヤンセン展覧会 in 沖縄2017」

         

    ■オランダの鬼才が生み出した、風力で動く立体作品風力をエネルギーにして動く巨大な人工…

  29.  

    土佐派中興の祖・土佐光起の画業と「近世やまと絵」の魅力

         

    四季の自然や、そこに生きる人や生き物を優美に描いた日本の伝統的な絵画様式を「やまと絵」といい…

  30.  

    宮部みゆき『三鬼』の挿画作家・北村さゆりさんが明かす舞台裏

         

    毎日発行される新聞に掲載される新聞小説。夏目漱石が朝日新聞で数々の作品を発表したように、その…

PAGE TOP