新着記事

快眠セラピスト直伝、快適に眠るための4つの習慣

取材・文/渡辺陽毎日、快適に眠れていますか。厚生労働省の「健康づくりのための睡眠指針…

世界遺産リドー運河と水門を巡る水路クルーズ 【カナダ・オンタリオ州の旅2】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

家事代行サービスは、50代の既婚女性が一番利用している!

「家事代行サービス」とは、その名の通り、家主に代わり、水回りの掃除や食事の用意などを行なって…

森茉莉が可愛がっていた犬のぬいぐるみ【文士の逸品No.39】

◎No.39:森茉莉のぬいぐるみ(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦文豪・森鴎外…

カナリア諸島の真っ白な砂浜、真っ青な空……|地球のエネルギーを感じる火山の島ランサローテ

文・写真/バレンタ愛(海外書き人クラブ/元オーストリア在住、現カナダ在住ライター)7つの島か…

人生の楽園探し|地方移住を考えたら、まず最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

【まんがでわかる地方移住2】地方移住をするために最初にすること

主人公は人事異動を機に早期退職・転職しての地方移住を検討し始めた東京の51歳会社員。情報収集…

定年世代に注目の新しいキャリア 「顧問」という働き方

文/鈴木拓也企業の「顧問」と聞いて、どんなイメージが思い浮かぶだろうか?多く…

中古品買取で最も人気なのは、やはりあのブランド!?

最近では、整理するための断捨離の一つの手段として、使わないものを単に捨てるのではなく現金化する!…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

催し物

くねらせた腰、真っ赤な唇…妖しすぎる大正時代の美人画を愛でる《岡本神草の時代展》

取材・文/藤田麻希

大正時代、京都や大阪など関西の若手画家を中心に、耽美的で妖艶な美人画が流行しました。そんな画家たちの筆頭にいるのが、この《口紅》を描いた岡本神草(おかもとしんそう/1894~1933)です。

岡本神草《口紅》 大正7年(1918) 京都市立芸術大学芸術資料館蔵

鮮やかな着物をまとい、蝋燭の灯のもとで目を細めながら唇に紅をさす女。ほんのり赤味を帯びた白い肌、ちらりとのぞく歯、釣り上がった目、身をくねらしたポーズなど、さまざまな要素が相まって、美しいと同時に怪しげな魅力を発しています。

現在、《岡本神草の時代展》が千葉市美術館で開催されています(~ 2018年7月8日まで)。同展を担当した、千葉市美術館学芸員の藁科英也さんは次のように《口紅》について説明します。

「なぜ他の画家ではなく岡本神草をとりあげたのかというと、《口紅》という作品が当時の京都画壇のなかで、ある種の神話的な魅力を持っている作品だからです。ひょっとしたらこの作品抜きでは、当時の京都画壇の動向が語れないかもしれません。それだけのものを神草は、京都市立絵画専門学校、今で言う、京都市立芸術大学の卒業制作として作り、第一回国画創作協会展に出品して、入選させました。わかりやすくいえば、初打席初ホームラン、しかも、満塁ということになります」

神草は神戸市に生まれ、15歳のときに京都に出て、京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校で日本画を学びました。その一方、女学生の友達から、当時ブームだった竹久夢二のイラストレーションが載った雑誌を借り、模写も行っています。

岡本神草《「花見小路の春宵」草稿》 大正5年(1916) 京都国立近代美術館蔵

上に掲載したのは、学生時代に描いた「花見小路の春宵」という作品の下絵です。等身大で描かれる女性の顔はまさに竹久夢二を彷彿とさせます。

「竹久夢二調のかわいい女の子を、イラストではなく日本画の本画として描こうとしています。この下絵を描いて、本人も本番に進めると思ったのでしょうが、いざ筆を執って、日本画の伝統的な技術で細かくぼかしを入れたりすると、夢二本来の二次元の面白みからは離れていってしまう。自分の目指す絵の方向と、学んできた技法が一致せず、そのせめぎあいに悩んで未完成になってしまったのだと思います」(藁科さん)

現在の現代美術の作家にも、マンガやアニメーション風の女性をファインアートの絵画として成立させ海外で評価を受けている人がいますが、神草はそんな試みの先陣を切っていたのです。

岡本神草《拳を打てる三人の舞妓の習作》 大正9年(1920) 京都国立近代美術館蔵

神草が熱心に取り組んだのが「拳を打てる三人の舞妓」という画題です。狐拳というお座敷遊びに興じる舞妓を、三角形の構図にまとめた作品です。テーマは楽しげですが、中央の舞妓の半開きの目、写実を追求したぼかし、人物の周りの暗い影、力のこもっていない手のポーズなどが、どこか不気味な印象を与えます。

第3回国展のために制作しはじめたものの、間に合わなかったため、やむを得ず中央だけを切り取って出品したため、その跡が残ってしまっています。その後、別の展覧会のために同じテーマの絵を制作、完成させたのですが、残念ながらそれは現在行方不明になってしまっています。

神草は遅筆で寡作だったため、現存する大作の完成作は3点のみ、初期からのスケッチを集めても今回の展覧会の出品作は110点程度です。しかし、それぞれの作品の発する力が非常に強く十分満足できる内容になっています。

また同展には、共に切磋琢磨した、甲斐庄楠音など、国画創作協会というグループの作品や、神草の師にあたる菊池契月の作品なども集合しています。大正時代に徒花のように咲き誇った京都画壇の作品群を、関東で見られる貴重な機会です。

【展覧会情報】
《岡本神草の時代展》

会期:2018年5月30日(水)~ 7月8日(日)
会場:千葉市美術館
千葉市中央区中央3-10-8
電話番号:043-221-2311
公式サイト:http://www.ccma-net.jp/index.html
開館時間:日~木曜日/10:00~18:00
金・土曜日/10:00~20:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日:6月4日(月)、18日(月)、7月2日(月)

取材・文/藤田麻希
美術ライター。明治学院大学大学院芸術学専攻修了。『美術手帖』などへの寄稿ほか、『日本美術全集』『超絶技巧!明治工芸の粋』『村上隆のスーパーフラット・コレクション』など展覧会図録や書籍の編集・執筆も担当。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博…
  2. ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さ…
  3. 悠々自適で88歳まで生きた「老後の達人」 仙厓。晩年期の作品に注…
  4. 歌麿、写楽、江戸後期浮世絵ブームの立役者の作品が一望できる、大満…
  5. 国民的画家、東山魁夷の大回顧展【生誕110年 東山魁夷】
PAGE TOP