新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

文/晏生莉衣新型コロナウイルス感染拡大防止のための休校という異常事態。子どもたちにとっては、それ…

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

文/小林弘幸「人生100年時代」に向け、ビジネスパーソンの健康への関心が急速に高まっています…

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

ペットを飼われている方は多いかと思いますが、皆さんはペットにどんな名前をつけていますか? ア…

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

【サライ・インタビュー】ジュディ・オングさん(歌手、女優、木版画家)――子役からの芸能歴…

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が5月14日には39県で解除され、残り8都…

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

長引く外出自粛とテレワークで“座りすぎ”の人が増えています。前回は便秘薬のお話をしましたが、便秘の悪…

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

文/池上信次今回のテーマは、「顔合わせ」。ジャズの面白いところは、どんなタイプのジャズマンでも共…

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

写真・文/矢崎海里肉巻きやフライ、シンプルに茹でてマヨネーズなど、さまざまな味わいが楽しめる…

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

「自覚症状が出ているのに外出するなんてどうかしてる!」感染者の不用意な外出に憤りを感じる人は全体の8…

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

樺細工で有名な秋田県仙北市角館町から届いた、職人が仕上げた逸品である。使われるのは、東北地方…

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

健康法

  1.  

    どれも手軽に実践できる!まだあまり知らない長寿に関する9つの事実

         

    元気に天寿を全うし、長生きしたい。言い換えれば、ピンピン生きて、コロリと逝きたい……。それは、誰もが願うことでしょう。歴史に名を遺す武将が実践した健康法から市井の人々が脈々と伝えてきた食文化まで、古今東西たくさんの長寿の秘訣…

  2.  

    いい人ほど意外と危険!10の質問ですぐわかる「めんどくさい」蓄積度診断

         

    あなたは「めんどくさい」をためこんでしまう人ですか? それとも「めんどくさい」をうまくかわせ…

  3.  

    発想の源はモンゴル遊牧民の日常食!カルピスをつくった男・三島海雲が実践していた健康法とは

         

    三島海雲(みしまかいうん・1878-1974)は、カルピス株式会社の創業者。大阪の寺院に生ま…

  4.  

    凝りすぎがアダに!?「健康オタク」徳川家康が自ら死をまねいた原因とは

         

    慶長5年(1600)9月、徳川家康は関ヶ原の戦いで石田三成らが率いる西軍を撃破し、天下の主導…

  5.  

    現代人の目の悩みを落語家が解説!「立川らく朝のアイケア噺」動画が面白い

         

    スマホなどデジタル機器の浸透や、それに伴う不規則な生活などの影響で、私たちの目には多くのスト…

  6.  

    長寿の秘訣は「酒を慎むこと」ほとんど酒を飲まなかった毛利元就の飲酒論【戦国武将の健康術】

         

    毛利元就(1497~1571)は、安芸(広島県西部)の小領主から身を起こし、中国地方のほぼ全域を手中…

  7.  

    秀吉も頭が上がらなかった女傑・おねの健康の秘訣は●●にあった【戦国武将の健康術】

         

    温泉大国日本らしく、戦国武将たちも温泉の恩恵にはずいぶん助けられていたようだ。著書『戦国武将…

  8.  

    意外と生真面目!? 伊達政宗の「独眼流」健康法5つ【戦国武将の健康術】

         

    現代のわれわれが想像する以上に、自らの体調に留意していた戦国武将。健康を害することは「お家の一大事」…

  9.  

    長生きの秘訣!天下人・徳川家康の「長寿の極意」3か条

         

    現代のわれわれが想像する以上に、自らの体調に留意していた戦国武将。健康を…

  10.  

    74歳で天下獲得をはたした徳川家康、その長寿を支えた健康術とは?

         

    <鳴かぬなら鳴くまで待とうほととぎす>100年以上続いた戦国乱世の時代に終止符を打ち…

  11.  

    94歳まで長生きした日本植物学の父・牧野富太郎の長寿を支えた健康法とは?

         

       牧野富太郎(1862~1957)は「日本植物学の父」と称される植物学者である。22歳で高知から…

  12.  

    じつは理にかなっていた? 石田三成の「三服の茶」は、なぜ健康にいいのか

         

       「脂肪を分解する」「血糖値や中性脂肪を抑える」など、特定保健用食品(トクホ)の「主力商品」のひ…

  13.  

    夏目漱石、ストレス解消のためにテムズ川南の住宅街を散歩する【日めくり漱石/3月6日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  14.  

    「長生きしたければ鰹節を食べよ」天下の御意見番・大久保彦左衛門のことば

         

    大久保彦左衛門(1560~1639 )は、徳川家康・秀忠・家光の3代に仕えた旗本である。魚屋…

  15.  

    一代で戦国大名にのし上がった武将が毎食欠かさず食べていた健康食品とは?

         

     年が改まり、今は冬まっただ中だが、2月になれば各地から梅の便りが届く。関東屈指の梅の名所といえば小…

  16.  

    1日25粒で体質改善!手軽でおいしく栄養たっぷり「ナッツ健康法」

         

    いつでもどこでも食べられるナッツ。現代人に不足しがちな栄養素がバランスよく含まれ、健康と美容、そして…

  17.  

    地球一周分を歩いた伊能忠敬の健康の秘訣とは?

         

    伊能忠敬(1745~1818)は、従来の地図に比べて飛躍的に精度が高い全国地図『大日本沿…

  18.  

    長寿の戦国大名・徳川家康が隠居後に熱中した健康法とは?

         

     かつて江戸幕府の薬草園だった、東京・文京区にある『小石川植物園』。60歳で長寿といわれた時…

  19.  

    長寿の禅僧が実践し続けた、朝一番の健康法「叩歯」とは?

         

     良寛(向かって右)は晩年に貞心尼(左)に出会い、歌作を通して師弟の交わりを持った。 良寛(1758…

  20.  

    養生法の大家・貝原益軒も「常に食べよ」と説いた大根の健康効果

         

     大根は様々な効能から「食べる万能薬」ともいわれる。 貝原益軒(かいばら・えきけん、1630~171…

  21.  

    杉田玄白が書き残した「長生きのためにやってはいけないこと」7つ

         

    散歩がてら紅葉を楽しむのも長寿の秘訣だという。杉田玄白(1733~1817)は、江戸時代の蘭学医であ…

  22.  

    蕎麦打ち健康法【片山虎之介の「蕎麦屋の歩き方」第20回】

         

    取材に出ないで、自宅で過ごす日は、なるべく一度は蕎麦を打って、食べるようにしている。私の場合、これが…

  23.  

    疲れやすくやる気が出ない時の養生法【漢方で始める「大人の養生法」】

         

    10月も下旬になり、着る服もだんだんと増えてくる季節になりました。今回もサイト「漢方デスク」…

PAGE TOP