暮らしを豊かに、私らしく

周囲の音が聞こえない静かな場所にいるとき、「キーン」といった高い音や、「ジジジ」といった低い音が聞こえた経験はないでしょうか。実際には周囲から音は鳴っていないのに、何か聞こえるように感じる状態を「耳鳴り」と言います。

今回はその耳鳴りをテーマに、クラシエ薬品株式会社が行なった実態調査(※1)の結果や、耳鳴りの原因、そして予防方法をお伝えします。

2人に1人が耳鳴りを経験。中高年の経験率が高い傾向に

まずは実態調査の結果からお知らせします。クラシエが行なった調査では、全体の半数が耳鳴りを感じたことがあると回答しました。世代別では大きな偏りはありませんが、40代が60.0%、60代以上が57.5%と、中高年以上の経験率が比較的高い傾向が見られました。【表(1)】

【表(1)】

耳鳴りを感じるときは疲れやストレス過多のサインの可能性も

耳鳴りを感じたことがあると回答した方に、具体的にどのようなときに耳鳴りが起こったか尋ねたところ、「疲れを感じたとき」「ストレスを感じたとき」が上位となりました。これは世代別にみても同様で、疲れ・ストレスは全世代で上位に入っています。【表(2)-1】【表(2)-2】

【表(2)-1】
【表(2)-2】

50代・60代以上では「年齢と共に感じやすくなった」が上位となり、加齢により耳鳴りを感じる割合が高くなっている様子がうかがえます。また、世代別の結果として特徴的なのは、20代のみ「長時間イヤホンを使用したとき」が上位に入っているほか、30代・40代は「気圧」が上位となり、世代間での傾向の違いが表れる結果となりました。

耳鳴りが起こる仕組みと症状

耳鳴りの音は、周囲から聞こえる音ではなく、体の中で発生している雑音です。人間の体は、内耳にある蝸牛内の有毛細胞が音の振動を電気信号に変換して脳へ届けることで音を認識しています。しかし、その途中に機能障害が起きると音を認識しづらくなるのです。

耳鳴りの症状は「自覚的耳鳴り」と「他覚的耳鳴り」に分けられます。脳が音の不足を感じて不足した音を補うために本来はない音を作り出すものを「自覚的耳鳴り」、耳周辺の組織から発生する音を「他覚的耳鳴り」と言い、それぞれ聞こえ方も異なります。

耳鳴りを感じたことがあると回答した方に、耳鳴りの特徴を尋ねたところ、「キーン、ピーン」といった高い音と回答した方が約7割、片耳だけで起こると回答した方は約5割となり、耳鳴りと感じる音や不快感には個人差があることが分かりました。【表(3)】

【表(3)】

耳鳴りの原因

・ストレスや疲れ

ストレスや疲れを感じると自律神経が乱れ、体を活発にする交感神経が優位に働きます。これにより、血管が収縮し、耳周辺の血流が悪くなるため耳鳴りが現れやすくなります。ストレスや疲れが原因の耳鳴りは、「キーン、ピーン」といった金属音や電子音のような高い音を感じると同時に肩も凝る傾向にあります。

・気圧

耳鳴りは、気圧の変化による不調のことを指す「気象病」の症状としても知られています。気圧の変化によって、皮膚と鼓膜に圧力がかかることで、耳が余分な音を逃がしにくくなってしまい、耳鳴りを引き起こします。

・イヤホン

大音量で音を聞いたり、イヤホンを長時間使用すると耳は大きな音や衝撃により損傷を受けてしまいます。テレワークでイヤホンを使用する機会が増えたことや、場所や時間を問わずイヤホンを使用する習慣も耳鳴りの原因となります。

・中高年以上は加齢や高血圧も原因に

音が聞こえる仕組みには、蝸牛内の有毛細胞が重要な役割を担っていますが、加齢が進むと、有毛細胞自体が徐々に減少します。また、加齢とともに血圧が上がると、高血圧の随伴症状としても耳鳴りが起こります。

予防法・対処法

・ライフスタイルの見直し

自律神経を整えるために睡眠不足を解消することはもちろん、イヤホンの長時間の使用を避けるなど、ライフスタイルを見直すことが大切です。

・こまめな水分の摂取

水分代謝が悪くなっている場合には、水はけを良くするために水分を摂取することが有効です。しかし、一度に多くの量を飲むのではなく、こまめに摂取することを心がけてください。

漢方の視点からドライシンドロームを見る

漢方では、人の体は「気(き)」「血(けつ)」「水(すい)」の3つで構成されていると考えられています。この3つは、お互いに影響しあっています。大切なのは、この3つが十分かつバランス良くめぐっていることです。

耳鳴りは、3つの構成のうち「血」が不足することや「水」の代謝が悪くなることで生じると考えられています。「血」が不足すると聴覚器官に栄養を届けることができなくなり、機能低下を起こして正しく音を感知できなくなるため耳鳴りを引き起こします。「水」の代謝が悪くなると、聴覚器官である蝸牛に「水」が停滞してむくんだような状態となり、正しく音を伝えることができず、耳鳴りを引き起こします。

耳鳴りにおすすめの漢方薬

<高血圧による耳鳴りに悩む方におすすめの漢方薬>
七物降下湯(しちもつこうかとう)
「七物降下湯」は、加齢とともに減っていく「血(けつ)」を増やし、めぐりを良くすることで、耳鳴りなどの高血圧の随伴症状を改善していく処方です。
漢方では血圧の上昇によって現れる不快な症状に着目し、体のバランスを整えることで症状の改善から血圧の調和までも図ります。「七物降下湯」は、年齢とともに衰えた内耳器官に栄養を与えることで耳鳴りを緩和したり、全身に栄養を与えます。また、熱を冷ますことで熱感や興奮を鎮めて、のぼせや血圧の上昇を整えます。

<気象病症状に伴うめまい、耳鳴りに悩む方におすすめの漢方薬>
苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)
季節の変動による自律神経の乱れや、耳鳴りにお悩みの方におすすめの漢方薬です。これらの症状は、漢方では体内に水分がたまることによって起こると考えられています。
「苓桂朮甘湯」は身体の余分な水分を尿として排出させる処方ですので、滞った「水(すい)」の巡りを改善することができ、身体のバランスを整えてくれる効果があります。さらに、「心(しん)」にもはたらき、動悸や息切れなどを改善します。

※1:調査概要
○調査対象:全国の20代~70代の男女200名(有効回答数)
○調査期間:2023年1月6日 ~ 2023年1月10日
○調査方法:インターネットアンケート/クラシエ調べ(株式会社ドゥ・ハウスmyアンケートlight利用)

文/ふじのあやこ

 


サライ公式通販人気ランキング


関連記事

花人日和 Online Store

花人日和
花人日和の通販

暮らしが華やぐアイテム満載

ランキング

人気のキーワード

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

公式SNSで最新情報を配信中!

  • Instagram
  • LINE
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店