新着記事

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

【ビジネスの極意】欧米式「モチベーション理論」が、なぜ日本社会でうまく機能しないのか?

「モチベーション理論」を活用することで、作業の効率を上げる。よく言われることである。しかし、…

加重ブランケット『スラウン』|ほどよい圧力で包み込み、快眠に誘う“重たい毛布”

寝具は軽い方がいい──そんな常識を覆すブランケットである。中材にガラスビーズが使われて、ずっ…

カクシゴトが引き金になる●●離婚とは…|離婚の原因いろいろ

「熟年離婚」「成田離婚」「マザコン離婚」|離婚の原因あれこれ

報道では芸能人の離婚が派手に扱われたりしていますが、実際にも厚生労働省が実施している人口動態調査…

美意識

美意識が高い40代以上が憧れる女性芸能人TOP3は「天海祐希」「吉永小百合」「北川景子」

みなさんは美しさを維持するために毎日どのようなケアを行っていますか? 美容液を使ったケアの実…

進学に関する保護者の意識調査

子供の進学に親はどこまで関与する?|保護者が我が子の進学先を選ぶポイントとは?

11月に入り、いよいよ受験生にとって勝負の冬は目前。年明けの受験シーズンに向け、ギアを上げる受験生も…

8号帆布のデイパックと薄マチショルダーバッグ|シンプルで使いやすい。質実剛健な帆布バッグ

兵庫県豊岡市は鞄の産地として有名だが、そのなかでも優れた製品だけが「豊岡鞄」というブランドを…

(2)キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

「都市」と共演するキース・ジャレットのソロ・ピアノ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道32】

文/池上信次今回紹介するのは前回に続いて「ソロ=独奏」です。前回はその中の「枠組みの…

不動産のプロ104人に聞いた、30年後に価値の落ちない物件とは|東京近郊のタワーマンションで一番価値が上がるエリアは!?

間違いだらけのタワマン選び|不動産のプロ100人に聞いた「価値が下がらないタワーマンションエリアランキング」(東京近郊編)

2020年を境に不動産価値が下がるという話題を耳にすることが多くなりました。実際に、2020年以…

雇用保険、健康保険について【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

定年後の「雇用保険」「健康保険」、どうしたらいい?【そのときになって困らないために|リタイア前後の手続き編】

雇用保険、健康保険について、手続きの概要と知っておきたいことをまとめました。【雇用保険】…

エコ・ドライブ グローバル電波時計|僅かな光を動力にする「エコ・ドライブ」搭載。海外対応の電波時計ゆえ時刻合わせは不要

わが国を代表する時計メーカー、シチズンから「エコ・ドライブ」を搭載した、上品で見やすい文字盤…

ピックアップ記事

  1. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  2. 設計・施工はすべて積水ハウスが担当。バリアフリーをはじめ、高齢者の暮らしやすさに配慮した設えが特徴。写真は50平方メートルの部屋。
  3. 写真手前が「ラム串五本セット」1000円。レバー、ショルダー、ランプ、ネックの炭火串焼き。左上「よだれラム」800円。羊のすね肉をロール状にして麻マー辣ラーのタレに漬ける。“赤の泡”と好相性。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ジャズ・スタンダード必聴名曲

  1. ペギー・リー『シュガー・ン・スパイス』  

    相次ぐ相棒の死去で巨匠作曲家が作詞家へ転身?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道29】

         

    文/池上信次第29回ジャズ・スタンダード必聴名曲(18)「ザ・スウィーテスト・サウンズ」作曲家リチャード・ロジャースと作詞家オスカー・ハマースタイン2世のコンビ「ロジャース&ハマースタイン」は、60年のハマースタインの死去に…

  2. 『マイ・フェイヴァリット・シングス〜ライヴ・イン・ヨーロッパ1963(アフロ・ブルー・インプレッションズ)』  

    オリジナルを超えてスタンダードになった「改変」ヴァージョン【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道28】

         

    文/池上信次第28回ジャズ・スタンダード必聴名曲(17)「マイ・フェイヴァリット・シングス」…

  3. フランク・シナトラ『イン・ザ・ウィー・スモール・アワーズ』  

    またまた作曲者は怒り心頭? ジャズの常識はミュージカルの常識にあらず【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道26】

         

    文/池上信次第26回ジャズ・スタンダード必聴名曲(16)「イット・ネヴァー・エンタード・マイ・マ…

  4. ソニー・ロリンズ『ジャズに恋して(フォーリング・イン・ラヴ・ウィズ・ジャズ)』  

    作曲者はジャズマンに怒り心頭? 大スタンダード「恋に恋して」の真実【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道25】

         

    文/池上信次第25回ジャズ・スタンダード必聴名曲(15)「恋に恋して」リチャード・ロ…

  5. マイルス・デイヴィス『クッキン』  

    「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

         

    文/池上信次第24回ジャズ・スタンダード必聴名曲(14)「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」…

  6. チャーリー・パーカー『プレイズ・コール・ポーター』  

    ミュージカルだけではない、コール・ポーターとパリの関係【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道23】

         

    文/池上信次第23回ジャズ・スタンダード必聴名曲(13)「アイ・ラヴ・パリ」コール・…

  7. エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・コール・ポーター・ソング・ブック』  

    「炎上商法」で名を上げた? コール・ポーターのヤバい名曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道22】

         

    文/池上信次第22回ジャズ・スタンダード必聴名曲(12)「ラヴ・フォー・セール」前回…

  8. フレッド・アステア『ザ・フレッド・アステア・ストーリー』  

    ミュージカルとジャズの「仲のよさ」を感じる コール・ポーターの名曲「ナイト・アンド・デイ」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道21】

         

    文/池上信次第21回ジャズ・スタンダード必聴名曲(11)「ナイト・アンド・デイ」今回…

  9. 『モダン・ジャズ・カルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット』  

    モダン・ジャズのグループにはなぜ名前がないのか?~異端のグループ「MJQ」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道17】

         

    文/池上信次第17回モダン・ジャズのグループにはなぜ名前がないのか?ビートルズ、クイーン、ロ…

  10. (1)ジョン・マクラフリン・トリオ『Live At The Royal Festival Hall November 27, 1989』(JMT)  

    なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道16】

         

    文/池上信次第16回なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?ジャズのアルバ…

  11. 『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』  

    テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

         

    文/池上信次第15回ジャズ・スタンダード必聴名曲(10)「バット・ノット・フォー・ミー」…

  12. (2)エラ・フィッツジェラルド『エラ・シングス・ガーシュウィン』  

    帝王シナトラと女王エラが、ともに「最初の曲」に選んだ絶品バラード【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道14】

         

    文/池上信次第14回ジャズ・スタンダード必聴名曲(9)「サムワン・トゥ・ウォッチ・オーヴァー・ミ…

  13. 『エイプリル・イン・パリ〜チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』  

    数千ヴァージョンが存在するキング・オブ・スタンダード「サマータイム」【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道13】

         

    文/池上信次第13回ジャズ・スタンダード必聴名曲(8)「サマータイム」ジョージ・ガー…

  14. エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』  

    ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

         

    文/池上信次第12回ジャズ・スタンダード必聴名曲(7)「アイ・ガット・リズム」今回は…

  15. ビル・エヴァンス『ポートレイト・イン・ジャズ』  

    「アニソン」ジャズはビル・エヴァンスから始まった!? 『白雪姫』がジャズ・スタンダードになるまで【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道10】

         

    文/池上信次第10回ジャズ・スタンダード必聴名曲(6)「いつか王子様が(Someday My P…

  16. ビル・エヴァンス『ワルツ・フォー・デビイ』(リヴァーサイド)  

    ビル・エヴァンスはなぜ人名を曲名にするのか~大名曲「ワルツ・フォー・デビイ」がスタンダード化しない理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道9】

         

    文/池上信次第9回ジャズ・スタンダード必聴名曲(5)「ワルツ・フォー・デビイ」これまでこの連…

  17. 『チャーリー・パーカー・オン・ダイアル完全盤』(ダイアル)  

    マイケル・ジャクソンも歌ったジャズ名曲「オール・ザ・シングス・ユー・アー」の秘密|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道7】

         

    第7回ジャズ・スタンダード必聴名曲(4)「オール・ザ・シングス・ユー・アー」文/池上信次今回…

  18. (1)ヘレン・メリル『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー)  

    クインシー・ジョーンズが掘りおこした名曲「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道6】

         

    第6回ジャズ・スタンダード必聴名曲(3)「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」…

  19. キャノンボール・アダレイ『サムシン・エルス』  

    フランスの有名曲「枯葉」がジャズのスタンダードになるまで|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道3】

         

    ジャズ・スタンダード必聴名曲(2)「枯葉」文/池上信次「枯葉」(原題:Les Feuille…

  20. 「イズント・シー・ラヴリー」のオリジナルが収録されたスティーヴィー・ワンダー『キー・オブ・ライフ』(モータウン)。  

    スティーヴィー・ワンダーの「イズント・シー・ラヴリー」がどうして「ジャズ・スタンダード」となったのか?|【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道2】

         

    ジャズ・スタンダード必聴名曲(1)「イズント・シー・ラヴリー」文/池上信次「イズント・シー・…

PAGE TOP