新着記事

医学部受験合格者1,031人に聞きました! 勉強法から精神面、身体面まで受験直前対策を一挙紹介!!

勉強法から精神面まで、医学部受験合格者に聞いた「受験直前対策」 

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その2~

【義家族との間】新居資金のための同居のはずが兄夫婦は実家をリフォーム。義姉の自由さが母親を追いつめる~その1~

金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

太公望(たいこうぼう)~元祖・軍師の実像をさぐる【中国歴史夜話 8】

病気もなく、美しい形状の収穫直前の洗馬のぶどう。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その2~

「自分なりの栽培法をみつけるまではチャレンジの連続でした」と語る。

【日本ワイン生産者の肖像8】小山田幸紀さん(ドメーヌ・オヤマダ)|自分の人生や思想をワインに表現、その高い到達点を目指して~その1~

ふとした瞬間に気づく「オバ見え」! 8割以上の女性が「見た目年齢」が気になる!

Google カレンダーがちょっと便利になる使い方【スマホ基本のき 第12回】

御城印発祥の松本城

お城めぐりの記念に「御城印」を集める! はじめての「御城印」ガイド

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道16】

文/池上信次

第16回なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?

ジャズのアルバムを見ると、参加ミュージシャン名はもちろんですが、そこには(ほとんど)必ず録音年月日が記載されています。裏側だけでは足りないのか、タイトルが録音年月日というアルバムもあるくらいです(1)。ポップスのヒット曲のアルバムはどうでしょうか。たまたま机の上にあったスティーヴィー・ワンダーのCDを見てみますと、録音年月日の記載はありません。隅に書かれた「(C)1973」が唯一の年号表示です。とくに録音年月日は気にしていないようですね。この違いには大きな理由があるのです。

(1)ジョン・マクラフリン・トリオ『Live At The Royal Festival Hall November 27, 1989』(JMT)

(1)ジョン・マクラフリン・トリオ『Live At The Royal Festival Hall November 27, 1989』(JMT)

ポップスとジャズを比較しながら説明します。ポップスではアーティストが自分の「持ち歌」を、オリジナルとは別のアレンジで録音し直すケースは多くはありません。それをわざわざセルフ・カヴァーと呼ぶことからも、それは特別な行為であり、一度発表した持ち歌は「完成形」であるという前提で、それを変えることはしないのです。だからこそ演奏者と楽曲とアレンジは不可分な形で強いイメージが作られているのですね。それがヒットすればなおさらです。ライヴではレコードのオリジナルの「再現」が求められることになるでしょう。

ポップスの演奏が台本のある映画とするならば、ジャズの演奏はドキュメンタリー映画

しかしジャズの場合はまったく反対です。ジャズマンは、レコードの「看板曲」など、ライヴでは同じ曲を頻繁に演奏しますが、レコードの再現は求められないどころか、再現してはジャズとしてはまったく評価されません。ジャズのジャズたるところのひとつは即興演奏ですから、そうであれば演奏のたびに違う内容になるはずだからです。ポップスの演奏が台本のある映画とするならば、ジャズの演奏はドキュメンタリー映画みたいなものなのです。ジャズの演奏は毎回内容が異なり、レコードはそれを「記録」したものですから、日付を明記することは鑑賞の上でとても重要な情報となるのですね。同じ曲を同じメンバー、同じアレンジで演奏しても、その日と翌日では当然ながら内容は違ってきます。ですから同じ曲を何度も演奏、レコーディングすることは珍しくありません。勝負どころは楽曲以上に「個性」の表現にあるからです。録音年月日は、それらを区別するための指標のひとつでもあります。

録音年月日という情報が必要なもうひとつの理由は、ジャズは時代とともにある音楽だから。ジャズにおいては録音された時代とその音楽は密接な繫がりがあります。1950年代の「最先端」は現在の「当たり前」になっているように、ジャズは常に変化の連続です。その流れの上で、その音楽はどういう位置にあるのかは、重要な評価軸のひとつといえます。もちろん音楽そのものの価値は時代とは関係ありませんが、時代を知ることはジャズの理解の上では大切なことといえましょう。そのためにも、その音楽はいつ作られたかという記録は重要です。

マイルス・デイヴィスの代表曲「ソー・ホワット」は公式盤で10ヴァージョン

例を挙げてみます。マイルス・デイヴィスの代表曲のひとつとして知られる「ソー・ホワット」ですが、この曲は公式盤でなんと10ヴァージョンもリリースされています(死後に発表された発掘音源を除く)。もっとも有名なのは、初演であるアルバム『カインド・オブ・ブルー』の冒頭に収録されているヴァージョンですが、これだけ多いと「マイルスのソー・ホワット」だけでは話が通じないかもしれません。もちろんアルバム・タイトルでも区別できますが、さらに録音順を把握し、時代背景もわかると、この音楽をより楽しめることでしょう。

*マイルス・デイヴィスの「ソー・ホワット」収録アルバム

1.『カインド・オブ・ブルー』(コロンビア)
[1959年3月2日録音]スタジオ録音。6人編成。

2.『イン・ストックホルム 1960 コンプリート』(ドラゴン)
[1960年3月22日、10月13日録音]ライヴ録音3ヴァージョン収録。メンバー・チェンジ。

3.『ブラックホークのマイルス・デイヴィス Vol.2』(コロンビア)
[1961年4月22日録音]ライヴ録音(以下同)。メンバー・チェンジ。

4.『アット・カーネギー・ホール』Miles Davis At Carnegie Hall
[1961年5月19日録音]5人編成+オーケストラ。

5.『フォア・アンド・モア』
[1964年2月12日録音]5人編成(以下同)。

6.『マイルス・イン・トーキョー』
[1964年7月14日録音]メンバー・チェンジ。

7.『マイルス・イン・ベルリン』
[1964年9月25日録音]メンバー・チェンジ。

8.『プラグド・ニッケル vol.1』
[1965年12月23日録音]7.と同メンバー。

初演から、6年後の『プラグド・ニッケル vol.1』までの8枚10ヴァージョンは、ほとんどがメンバー違いあるいは編成違いです。初演以降はすべてライヴ・レコーディングで、大きな変化としては、テンポがだんだん速くなっていくこと。最終版は初演の2倍以上の爆速で、まるで別曲のようです。この変化の理由には、フリー・ジャズの登場、新世代の台頭などさまざまな時代背景があります。どの演奏もそれ自体で楽しめますが、時代の流れを知り、それぞれの関連がわかるとより面白く聴けることでしょう。

ポップスと比較すれば、ポップスは時代にかかわらず「完成形」を楽しむもので、ジャズは時代の中で変化していくことを楽しむ音楽ともいえるでしょう。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ベニー・グッドマン・トリオ『ザ・コンプリート・トリオズ』 ピアノ・トリオは「ジャズの基本形」ではない。トリオ編成の元祖とは…
  2. ジューン・クリスティ&スタン・ケントン『デュエット』 「自分を変えない」というインタープレイ【ジャズを聴く技術 〜ジャ…
  3. エラ・フィッツジェラルド&ジョー・パス『エラ&パス・アゲイン』 1+1=2にならないデュオの面白さ【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「…
  4. チック・コリア&ハービー・ハンコック『デュオ・ライヴ』 ピアノは寄り添い、ギターはぶつかる。デュオには性格が出る?【ジャ…
  5. ビル・エヴァンス&ジム・ホール『アンダーカレント』 音楽のキャッチボール「デュオ」演奏の楽しみ方【ジャズを聴く技術 …
PAGE TOP