新着記事

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

Abbaye Saint Martin du Canigou(C)ADT66(1)

想像もできない切り立ったピレネー山脈の尖峰に建つ天空の修道院|「サン・マルタン・デュ・カニグー修道院」(フランス)

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その2~

【娘のきもち】連れ子結婚の残酷な現実。「娘を開放してほしい」と両親は元夫の前で頭を下げてくれた~その1~

“マイクロチップ装着の義務化”には賛否両論…“条件付き賛成”が多数 |ペットと高齢化に関する意識調査

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

ヘルニア・狭窄症・坐骨神経痛 太もも裏の痛みやしびれを改善するストレッチ&トレーニング【川口陽海の腰痛改善教室 第25回】

炭素鋼メッキ爪切り|変形爪もささくれも自在にカット 懐かしきニッパー型爪切り

だんご三兄弟!? 個性派ぞろいのシャトー・メルシャン3ワイナリー長の素顔に迫る

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道16】

文/池上信次

第16回なぜジャズのレコードには録音年月日が必ず記されているのか?

ジャズのアルバムを見ると、参加ミュージシャン名はもちろんですが、そこには(ほとんど)必ず録音年月日が記載されています。裏側だけでは足りないのか、タイトルが録音年月日というアルバムもあるくらいです(1)。ポップスのヒット曲のアルバムはどうでしょうか。たまたま机の上にあったスティーヴィー・ワンダーのCDを見てみますと、録音年月日の記載はありません。隅に書かれた「(C)1973」が唯一の年号表示です。とくに録音年月日は気にしていないようですね。この違いには大きな理由があるのです。

(1)ジョン・マクラフリン・トリオ『Live At The Royal Festival Hall November 27, 1989』(JMT)

(1)ジョン・マクラフリン・トリオ『Live At The Royal Festival Hall November 27, 1989』(JMT)

ポップスとジャズを比較しながら説明します。ポップスではアーティストが自分の「持ち歌」を、オリジナルとは別のアレンジで録音し直すケースは多くはありません。それをわざわざセルフ・カヴァーと呼ぶことからも、それは特別な行為であり、一度発表した持ち歌は「完成形」であるという前提で、それを変えることはしないのです。だからこそ演奏者と楽曲とアレンジは不可分な形で強いイメージが作られているのですね。それがヒットすればなおさらです。ライヴではレコードのオリジナルの「再現」が求められることになるでしょう。

ポップスの演奏が台本のある映画とするならば、ジャズの演奏はドキュメンタリー映画

しかしジャズの場合はまったく反対です。ジャズマンは、レコードの「看板曲」など、ライヴでは同じ曲を頻繁に演奏しますが、レコードの再現は求められないどころか、再現してはジャズとしてはまったく評価されません。ジャズのジャズたるところのひとつは即興演奏ですから、そうであれば演奏のたびに違う内容になるはずだからです。ポップスの演奏が台本のある映画とするならば、ジャズの演奏はドキュメンタリー映画みたいなものなのです。ジャズの演奏は毎回内容が異なり、レコードはそれを「記録」したものですから、日付を明記することは鑑賞の上でとても重要な情報となるのですね。同じ曲を同じメンバー、同じアレンジで演奏しても、その日と翌日では当然ながら内容は違ってきます。ですから同じ曲を何度も演奏、レコーディングすることは珍しくありません。勝負どころは楽曲以上に「個性」の表現にあるからです。録音年月日は、それらを区別するための指標のひとつでもあります。

録音年月日という情報が必要なもうひとつの理由は、ジャズは時代とともにある音楽だから。ジャズにおいては録音された時代とその音楽は密接な繫がりがあります。1950年代の「最先端」は現在の「当たり前」になっているように、ジャズは常に変化の連続です。その流れの上で、その音楽はどういう位置にあるのかは、重要な評価軸のひとつといえます。もちろん音楽そのものの価値は時代とは関係ありませんが、時代を知ることはジャズの理解の上では大切なことといえましょう。そのためにも、その音楽はいつ作られたかという記録は重要です。

マイルス・デイヴィスの代表曲「ソー・ホワット」は公式盤で10ヴァージョン

例を挙げてみます。マイルス・デイヴィスの代表曲のひとつとして知られる「ソー・ホワット」ですが、この曲は公式盤でなんと10ヴァージョンもリリースされています(死後に発表された発掘音源を除く)。もっとも有名なのは、初演であるアルバム『カインド・オブ・ブルー』の冒頭に収録されているヴァージョンですが、これだけ多いと「マイルスのソー・ホワット」だけでは話が通じないかもしれません。もちろんアルバム・タイトルでも区別できますが、さらに録音順を把握し、時代背景もわかると、この音楽をより楽しめることでしょう。

*マイルス・デイヴィスの「ソー・ホワット」収録アルバム

1.『カインド・オブ・ブルー』(コロンビア)
[1959年3月2日録音]スタジオ録音。6人編成。

2.『イン・ストックホルム 1960 コンプリート』(ドラゴン)
[1960年3月22日、10月13日録音]ライヴ録音3ヴァージョン収録。メンバー・チェンジ。

3.『ブラックホークのマイルス・デイヴィス Vol.2』(コロンビア)
[1961年4月22日録音]ライヴ録音(以下同)。メンバー・チェンジ。

4.『アット・カーネギー・ホール』Miles Davis At Carnegie Hall
[1961年5月19日録音]5人編成+オーケストラ。

5.『フォア・アンド・モア』
[1964年2月12日録音]5人編成(以下同)。

6.『マイルス・イン・トーキョー』
[1964年7月14日録音]メンバー・チェンジ。

7.『マイルス・イン・ベルリン』
[1964年9月25日録音]メンバー・チェンジ。

8.『プラグド・ニッケル vol.1』
[1965年12月23日録音]7.と同メンバー。

初演から、6年後の『プラグド・ニッケル vol.1』までの8枚10ヴァージョンは、ほとんどがメンバー違いあるいは編成違いです。初演以降はすべてライヴ・レコーディングで、大きな変化としては、テンポがだんだん速くなっていくこと。最終版は初演の2倍以上の爆速で、まるで別曲のようです。この変化の理由には、フリー・ジャズの登場、新世代の台頭などさまざまな時代背景があります。どの演奏もそれ自体で楽しめますが、時代の流れを知り、それぞれの関連がわかるとより面白く聴けることでしょう。

ポップスと比較すれば、ポップスは時代にかかわらず「完成形」を楽しむもので、ジャズは時代の中で変化していくことを楽しむ音楽ともいえるでしょう。

文/池上信次
フリーランス編集者・ライター。専門はジャズ。近年携わった雑誌・書籍は、『後藤雅洋監修/隔週刊CDつきマガジン「ジャズ100年」シリーズ』(小学館)、『村井康司著/あなたの聴き方を変えるジャズ史』、『小川隆夫著/ジャズ超名盤研究2』(ともにシンコーミュージックエンタテイメント)、『チャーリー・パーカー〜モダン・ジャズの創造主』(河出書房新社ムック)など。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日 「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入…
  2. ビル・エヴァンス『フロム・ザ・70's』 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ、エレクトリック・ピアノ)、エディ・ゴメス(ベース) 録音:1974年10月11月7〜10日(データは『インチュイション』別テイク) エヴァンス死去の翌年(1983年)に発表された、70年代録音の別テイクを集めたアルバム(当時はLP)。2002年にはタイトル、ジャケットはそのままですが、初発表の別テイク5曲が追加収録(と従来収録の3曲を削除)されてCD化されました。古くからのファンの方ほど聴き逃しているかもしれませんね。 ビル・エヴァンスのふたつの「枯葉」~あなたはNGテイクを聴いてい…
  3. 『ジ・アメイジング・バド・パウエル vol.1』 LPは1956年リリース。「ウン・ポコ・ロコ」3テイクは1951年5月1日録音。同名CDに収録。 なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?~「別テイ…
  4. 『モダン・ジャズ・カルテット&ミルト・ジャクソン・クインテット』 モダン・ジャズのグループにはなぜ名前がないのか?~異端のグループ…
  5. 『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』 テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの…
PAGE TOP