新着記事

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

今のうちに足元を固め、できることを始めよう【アクション編】リタイアまでに不足額をどのようにし…

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

実家の表具店で、職人たちの働きを幼いころから見てきたという小林新也氏は、ものづくりを追求する…

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

文/池上信次第20回「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか…

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

最大9連休だった今年のお盆は終わってしまいましたが、まだ夏休みを取られていない人、9月の連休…

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

文/印南敦史少なくとも十数年前まで、「定年」ということばには明るいイメージが多少なりともあっ…

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

戦前、わずか4社しかなかった国産時計メーカーのひとつ、村松時計製作所の初代は、他社では困難だ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

写真・文/矢崎海里皆さん、「煎り酒」という調味料をご存じですか。古くは日本の調味…

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

全国の中学生・高校生(中高生)に対し、大人へのイメージや10年後の日本の見通しについてどう考…

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

現状が順調な経営であったとしても、危機は必ずやってくる。そんな時、リーダーとしてはどのように…

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

サンマに代表される秋の魚のおいしい季節がやってくる。いつもガスグリルを使って魚を焼いているサ…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

オーディオ

  1.  

    ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

         

    文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のアナログ生活について予想をしてみることにした。とはいっても遠い未来の非現実的なものを予想しても面白くない。ここは東京オリンピックが開か…

  2.  

    一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

         

    文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

  3.  

    今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オーディオ小僧のアナログ日誌 第19回】

         

    文・絵/牧野良幸ポール・マッカートニーの2005年の作品に『ケイオス・アンド・クリエイシ…

  4.  

    アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のアナログ日誌 第18回】

         

    文・絵/牧野良幸前回ソニー・ミュージックがアナログ・レコードの自社生産を再開した話を…

  5.  

    ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小僧のアナログ日誌 第17回】

         

    文・絵/牧野良幸最近話題になったのでご存知の方も多いと思うが、ソニー・ミュージックがおよ…

  6.  

    かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧のアナログ日誌 第16回】

         

    文・絵/牧野良幸アナログ・レコードとジャケットとは、昔から切っても切れない関係であった。…

  7.  

    レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のアナログ日誌 第15回】

         

    文・絵/牧野良幸アナログ・レコードには、レコードを入れる「内袋」が付いている。内袋とは、…

  8.  

    貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小僧のアナログ日誌 第14回】

         

    文・絵/牧野良幸アナログ・レコードの楽しみのひとつに、周辺の機器を替えて自分好みの音…

  9.  

    またしても…名曲鑑賞中にやってくる或る魔物について【オーディオ小僧のアナログ日誌 第13回】

         

    文・絵/牧野良幸オーディオ小僧はレコードを聴くときは、仕事をしたり、スマートフォンを…

  10.  

    買ったレコードへの愛着が増す「疑似中学生買い」のススメ【オーディオ小僧のアナログ日誌 第12回】

         

    文・絵/牧野良幸オーディオ小僧は“小僧”とは名乗りながらも、実際は還暦も近いオヤジで…

  11.  

    ピュアモルトスピーカー|ウィスキーの熟成樽材を使った奇跡のスピーカー

         

    いつの時代にも、イノベーションは「常識を疑う」ところから始まる。そのとき必要なのは、「前例」のたぐい…

  12.  

    中古レコード店でこれだけは守りたい4つのマナー【オーディオ小僧のアナログ日誌 第11回】

         

    文・絵/牧野良幸ネット時代になっても、アナログ・レコードの購入は中古レコード店を利用…

  13.  

    楽器のような響きを実現!オンキヨーが「桐のスピーカー」を開発

         

    桐は古くから、家具に適した木として愛されてきた。その信頼性は箪笥に使われることからも明らかだ…

  14.  

    ダマされたと思って「壁コンセント」を替えてみたら…【オーディオ小僧のアナログ日誌 第10回】

         

    文・絵/牧野良幸前回、防音室のメンテナンスについて書いたが、その時一緒に壁コンセントを交…

  15.  

    オーディオ好きの極楽空間「防音室」の意外な落とし穴【オーディオ小僧のアナログ日誌 第9回】

         

    文・絵/牧野良幸今回はアナログ・レコードの話ではなく、防音室の話である。しかしこれもアナ…

  16.  

    来たれアナログ・プレーヤーのブームよ!【オーディオ小僧のアナログ日誌 第8回】

         

    文・絵/牧野良幸最近、ソニー・ミュージックエンタテイメントがアナログ・レコードのプレス機…

  17.  

    ラヴェルのボレロには「内周から聴くレコード」が適している【オーディオ小僧のアナログ日誌 第7回】

         

    文・絵/牧野良幸アナログ・レコードが好きなオーディオ小僧は、今日もレコード盤に針を落…

  18.  

    これぞ究極のレコード!ベルリン・フィルのダイレクトカッティング・レコード【オーディオ小僧のアナログ日誌 第6回】

         

    文・絵/牧野良幸クラシック業界は日々様変わりしている。今やオーケストラが自主レーベル…

  19.  

    このズシリ感が気持ちいい!「重量盤レコード」は指の腹で味わう【オーディオ小僧のアナログ日誌 第5回】

         

    文・絵/牧野良幸現在発売されるLPレコードは、ほとんどが“重量盤レコード”である。1…

  20.  

    かつての苦行はどこへ!? レコードクリーニングの昔と今【オーディオ小僧のアナログ日誌 第4回】

         

    文・絵/牧野良幸“アナログレコード”と聞くと、条件反射でレコード盤のクリーニングを思…

  21.  

    近頃はレコード聴くのに「フォノイコライザー」が必要になるワケ【オーディオ小僧のアナログ日誌 第3回】

         

    文・絵/牧野良幸アナログレコードを聴く時、気をつけねばならないのが、アンプに「フォノ…

  22.  

    オーディオ小僧が街のレコード店よりネットショップを利用しちゃう4つの理由【オーディオ小僧のアナログ日誌 第2回】

         

    文・絵/牧野良幸オーディオ小僧はレコードをほとんどネットショップで買う。街のレコード…

  23.  

    いよいよ今度こそホントか!? 繰り返される「アナログレコードの復活」【オーディオ小僧のアナログ日誌 第1回】

         

    文・絵/牧野良幸今回より始まった【オーディオ小僧のアナログ日誌】。オーディオ小僧とは…

  24.  

    音と絵の時空を超えた邂逅!サライ編集長が思わず「ジャケ買い」した一枚のレコード

         

    文・写真/小坂真吾(サライ編集長)3月号の『サライ』では「猫」とともに「レコード」を…

  25.  

    サライ3月号は「猫」と「レコード」の2大特集、付録は国芳の一筆箋!

         

    今号は、日本人を虜にしてきた愛しき「猫」の大特集に、懐かしの「アナログレコード」の趣味特集を…

  26.  

    カセットテープ発売50周年!懐かしさ溢れる往年の「UD」がマクセルから復刻

         

    サライ世代にとって懐かしのカセットテープ、マクセルの「UD」が、日立マクセル(以下:マクセル…

  27.  

    世界の音楽機器が一堂に会する「インターナショナルオーディオショウ 」で美音探訪(その2~海外編)

         

    東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催された「2015年インターナショナルオーディオショウ」の国内編…

  28.  

    世界の音楽機器が一堂に会する「インターナショナルオーディオショウ 」で美音探訪(その1~国内編)

         

    東京国際フォーラムにて「2015年 東京インターナショナルオーディオショウ」が開催された。内外から1…

  29.  

    本格的なハイレゾが楽しめるDENONの高級機が復活! プリメインアンプ編

         

    プリメインアンプ『PMA-SX11』デノンが12年ぶりにハイクラスモデルSXシリーズのプリメインアン…

  30.  

    本格的なハイレゾが楽しめるDENONの高級機が復活! SACDプレーヤー編

         

    デノンが12年ぶりにハイクラスモデルSXシリーズのプリメインアンプと、スーパーオーディオCDプレーヤ…

PAGE TOP