新着記事

顔剃りのプロ・浅野茂喜さんが教える「正しいうぶ毛剃り」の方法

なんと!サブスクの弱点を補完する電子書籍を私、池上信次が作ってしまいました。プレイリストと連動した「ライナー・ノーツ」的電子書籍が、こちら。『MILES DAVIS絶対名曲20 ~プレイリスト・ウイズ・ライナーノーツ001』

今こそ知りたい「サブスク」音楽の楽しみ方

わかさぎと小じゃがのアヒージョ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】カルシウム豊富!丸ごと食べられる「わかさぎ」を使った「カレーマヨ揚げ」「アヒージョ」

1枚でも重ね履きシルクとウールの折り返し靴下 同色2足組|シルクとウールで重ね履きの保温効果を発揮

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

【ビジネスの極意】夏目漱石「虞美人草」に学ぶ、働くことの意味

『チャーリー・パーカー・ウィズ・ストリングス』

再生メディアの進歩はジャズを大きく変えた【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道43】

カードが入る小さな小銭入れ|外出時に必要な機能をコンパクトにまとめた

元気な100歳の3大秘訣「たんぱく質をしっかり摂取」「誰かと食卓を囲む」「世間の出来事に関心あり」

【お詫び】新型コロナウイルス感染症の影響による『サライ』4月号の付録変更について

孫の世話をするのは、当たり前ではない!「ばぁば」の半数以上が「孫育て」にモヤモヤしている

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のアナログ日誌 第15回】


文・絵/牧野良幸

アナログ・レコードには、レコードを入れる「内袋」が付いている。内袋とは、読んで字の如く、レコード盤を傷をつけないように収める袋のことだ。

レコード盤は裸のままジャケットに入れるわけにはいかない。出し入れをするときに傷でもついたら大変だ。そこでジャケットに入れる前に、まず内袋に入れてやるのだ。

これを人間にたとえるなら、内袋とは下着のようなものだろう。

ほとんどの人間にとって、下着は必ず必要だ。我々が下着をつけてからズボンを履くように、レコード盤も内袋に入れてからジャケットに入れてやる。地味ながらも決してないがしろにできないのが、内袋なのである。

しかし下着と同じように、内袋も古いものは取り替えたほうがいい。

中古レコードを購入した場合、内袋の内側にはチリや埃が付着していることがあるという。せっかくレコード盤をせっせとクリーニングしても、そのまま古い内袋に入れては元も子もない。(我々だって風呂上がりは新しいパンツに着替えるものだ。)

だからせっかくレコード盤を綺麗にしたら、内袋も新しいものを用意してあげよう。昔と違って今日では内袋もレコード・アクセサリーとしていろいろな種類があって、ネットで検索すればいろいろ出てくる。

■ポリ製はブリーフ、紙製はトランクス

種類は大きく分けて、ポリ製と紙製の二種類だ。ポリ製は下が半円形になっている場合が多い。レコード盤の形にぴったりフィットする。これを下着に例えるならブリーフだ。装着感が快適である。レコード盤も「今日は頑張っていい音を出すぞ!」という気になってくれるかもしれない。

一方、紙製の方は四角が一般的だ。こちらはゆったりと入るから、下着で言えばトランクスであろう。風通しがよくリラックスした収納を楽しめる。レコード盤も「ゆったり感がたまりませんなあ、伸び伸びとした音を出しましょうか」となるかもしれない。

紙製にはヴァリエーションがあって、ジャケットに入れやすいように角がカット、または丸くなっているものもある。それからレーベルが見えるように穴のあいたものもある。流石にトランクスに穴あきは不自然だけれども、ひょっとしたら某プレイ用にはあるかもしれない。レコード盤も興奮して迫力のある音を出すかも。

……と、まあ音のことは冗談であるが、内袋を新しくすることでレコード盤の保存状態が良くなることは間違いない。アナログのいい音を末長く守ることにはなるだろう。どうぞあなたも愛聴盤のために、新しい「下着」を買ってあげてください。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。最近『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』(音楽出版社)を上梓した 。公式ホームページ http://mackie.jp

『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』
(牧野良幸著、定価 2,000円+税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20171028

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP