新着記事

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

リネン使いの中折れハット|亜麻の感触が心地よいざっくり編みの涼しい帽子

帽子は、いくつあっても邪魔にならない紳士の必須アイテムだ。服装や季節に合わせ、その日に合った…

シニアの白髪染め|やるorやめる「65歳」が分かれ目?

年齢を重ねると共に、増える白髪。実年齢より老けて見える、苦労しているように見える、などの理由…

日本人なら知っていたい「箸」の常識【食いしん坊の作法 第8回】

文/山本益博日本人が一生のうちで最も使う道具と言えば、「箸」ではないでしょうか?とこ…

長谷寺に伝わる“お経の音楽”「声明」が日本橋三越で聴ける特別なイベント

声明(しょうみょう)とは、お経に節をつけて唱える荘厳な仏教音楽の一種である。中でも、真言宗豊…

【夕刊サライ/神取忍】ケガの絶えないプロレス稼業で、神取は検査マニアになった!?(神取忍の健康・スポーツコラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

オーディオ好きの極楽空間「防音室」の意外な落とし穴【オーディオ小僧のアナログ日誌 第9回】


文・絵/牧野良幸

今回はアナログ・レコードの話ではなく、防音室の話である。しかしこれもアナログ・レコードを聴くための重要な要素であるから、書いてみようと思う。

オーディオ小僧は今から16年前に自宅マンションに防音室を作った。といってもそんなに広くない。既存の部屋の中に新たに防音室を作るビルトインタイプだから、壁は16センチくらい狭くなる。もともと8畳ほどの部屋が5畳ほどになってしまった。天井が下がり床が上がるので圧迫感もある(手を上げれば天井に届く)。

普通の人なら「どうしてそんなことを?」と首をかしげるだろう。しかしオーディオ小僧にとって音量を気にしないでレコードを聴くのは長年の夢だったのだ。

防音室はマンションの壁との間に空間を持たせ、直接音を伝えない構造になっている。ドアも二重だ。厚さ7センチの重いドアが付く。枠にはゴムのパッキンがつけられ、ドアハンドルを回すとギューと圧縮して閉める仕組みだ。窓のサッシも二重。もちろんエアコンなどの設備もついている。

防音室ではヴォリュームを望むだけ上げて聴くことができる。それまでヘッドフォンで音楽を楽しむしかなかったオーディオ小僧には極楽である。アナログ・レコードを本格的に聴きだしたのも防音室を作ってからだ。

しかしその防音室も長年のうちに音が漏れるようになってきた。中で音楽に酔っているオーディオ小僧にはそんなこと分からない。クレームを言い出したのは家人であった。

「最近、音が漏れるよ」と家人は言った。そういう家人こそ、居間で見ているテレビのほうがよっぽど大きい音と思うのであるが、もちろん口答えはしない。まあ、普段何も聞えないところに少しでも音が聞えれば気になるのだろう。

オーディオ小僧も防音室から出て自分で確認したところ、確かにラジオのような小さな音が聞える。さすがにこれはメンテナンスをお願いしなくてはいけないと思った。

防音室を作ってもらった施工業者に電話をすると、すぐにメンテナンスに来てくれた。といってもメンテナンスはドアのパッキンの交換がほとんどだと言う。

確かに何年も前からパッキンが硬くなってしまい、ドアを閉めた時の手応えがなくなっていた。本来なら10年くらいで交換したほうがよいのだそうだ。オーディオ小僧は16年も交換なしで使ってきたから、そりゃあ音も漏れるわけである。費用は出張費、工事費込みで数万円なのだから、もっと早く交換すればよかったと思う。

メンテナンスのあとは以前のように音が外に漏れなくなった。これで心おきなく音量を上げられる。家人の小言も聞こえなくなった。これも精神衛生上、いいことだ。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  2. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  3. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  4. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  5. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
PAGE TOP