新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

オーディオ好きの極楽空間「防音室」の意外な落とし穴【オーディオ小僧のアナログ日誌 第9回】


文・絵/牧野良幸

今回はアナログ・レコードの話ではなく、防音室の話である。しかしこれもアナログ・レコードを聴くための重要な要素であるから、書いてみようと思う。

オーディオ小僧は今から16年前に自宅マンションに防音室を作った。といってもそんなに広くない。既存の部屋の中に新たに防音室を作るビルトインタイプだから、壁は16センチくらい狭くなる。もともと8畳ほどの部屋が5畳ほどになってしまった。天井が下がり床が上がるので圧迫感もある(手を上げれば天井に届く)。

普通の人なら「どうしてそんなことを?」と首をかしげるだろう。しかしオーディオ小僧にとって音量を気にしないでレコードを聴くのは長年の夢だったのだ。

防音室はマンションの壁との間に空間を持たせ、直接音を伝えない構造になっている。ドアも二重だ。厚さ7センチの重いドアが付く。枠にはゴムのパッキンがつけられ、ドアハンドルを回すとギューと圧縮して閉める仕組みだ。窓のサッシも二重。もちろんエアコンなどの設備もついている。

防音室ではヴォリュームを望むだけ上げて聴くことができる。それまでヘッドフォンで音楽を楽しむしかなかったオーディオ小僧には極楽である。アナログ・レコードを本格的に聴きだしたのも防音室を作ってからだ。

しかしその防音室も長年のうちに音が漏れるようになってきた。中で音楽に酔っているオーディオ小僧にはそんなこと分からない。クレームを言い出したのは家人であった。

「最近、音が漏れるよ」と家人は言った。そういう家人こそ、居間で見ているテレビのほうがよっぽど大きい音と思うのであるが、もちろん口答えはしない。まあ、普段何も聞えないところに少しでも音が聞えれば気になるのだろう。

オーディオ小僧も防音室から出て自分で確認したところ、確かにラジオのような小さな音が聞える。さすがにこれはメンテナンスをお願いしなくてはいけないと思った。

防音室を作ってもらった施工業者に電話をすると、すぐにメンテナンスに来てくれた。といってもメンテナンスはドアのパッキンの交換がほとんどだと言う。

確かに何年も前からパッキンが硬くなってしまい、ドアを閉めた時の手応えがなくなっていた。本来なら10年くらいで交換したほうがよいのだそうだ。オーディオ小僧は16年も交換なしで使ってきたから、そりゃあ音も漏れるわけである。費用は出張費、工事費込みで数万円なのだから、もっと早く交換すればよかったと思う。

メンテナンスのあとは以前のように音が外に漏れなくなった。これで心おきなく音量を上げられる。家人の小言も聞こえなくなった。これも精神衛生上、いいことだ。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP