新着記事

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

オーディオ好きの極楽空間「防音室」の意外な落とし穴【オーディオ小僧のアナログ日誌 第9回】


文・絵/牧野良幸

今回はアナログ・レコードの話ではなく、防音室の話である。しかしこれもアナログ・レコードを聴くための重要な要素であるから、書いてみようと思う。

オーディオ小僧は今から16年前に自宅マンションに防音室を作った。といってもそんなに広くない。既存の部屋の中に新たに防音室を作るビルトインタイプだから、壁は16センチくらい狭くなる。もともと8畳ほどの部屋が5畳ほどになってしまった。天井が下がり床が上がるので圧迫感もある(手を上げれば天井に届く)。

普通の人なら「どうしてそんなことを?」と首をかしげるだろう。しかしオーディオ小僧にとって音量を気にしないでレコードを聴くのは長年の夢だったのだ。

防音室はマンションの壁との間に空間を持たせ、直接音を伝えない構造になっている。ドアも二重だ。厚さ7センチの重いドアが付く。枠にはゴムのパッキンがつけられ、ドアハンドルを回すとギューと圧縮して閉める仕組みだ。窓のサッシも二重。もちろんエアコンなどの設備もついている。

防音室ではヴォリュームを望むだけ上げて聴くことができる。それまでヘッドフォンで音楽を楽しむしかなかったオーディオ小僧には極楽である。アナログ・レコードを本格的に聴きだしたのも防音室を作ってからだ。

しかしその防音室も長年のうちに音が漏れるようになってきた。中で音楽に酔っているオーディオ小僧にはそんなこと分からない。クレームを言い出したのは家人であった。

「最近、音が漏れるよ」と家人は言った。そういう家人こそ、居間で見ているテレビのほうがよっぽど大きい音と思うのであるが、もちろん口答えはしない。まあ、普段何も聞えないところに少しでも音が聞えれば気になるのだろう。

オーディオ小僧も防音室から出て自分で確認したところ、確かにラジオのような小さな音が聞える。さすがにこれはメンテナンスをお願いしなくてはいけないと思った。

防音室を作ってもらった施工業者に電話をすると、すぐにメンテナンスに来てくれた。といってもメンテナンスはドアのパッキンの交換がほとんどだと言う。

確かに何年も前からパッキンが硬くなってしまい、ドアを閉めた時の手応えがなくなっていた。本来なら10年くらいで交換したほうがよいのだそうだ。オーディオ小僧は16年も交換なしで使ってきたから、そりゃあ音も漏れるわけである。費用は出張費、工事費込みで数万円なのだから、もっと早く交換すればよかったと思う。

メンテナンスのあとは以前のように音が外に漏れなくなった。これで心おきなく音量を上げられる。家人の小言も聞こえなくなった。これも精神衛生上、いいことだ。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  2. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  3. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  4. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  5. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
PAGE TOP