新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小僧のアナログ日誌 第17回】


文・絵/牧野良幸

最近話題になったのでご存知の方も多いと思うが、ソニー・ミュージックがおよそ29年ぶりにアナログ・レコードの自社生産を復活させた。

これまで日本ではレコード盤のプレスは1社が細々と続けていた。しかし最近のアナログ・ブームを受け、ソニー・ミュージックはこだわりのレコードを作りたいという要望から、カッティングからプレスまでをグループ内で一貫生産することにしたという。

その第1弾が3月21日に発売された『EIICHI OHTAKI Song Book III 大瀧詠一作品集 Vol.3「夢で逢えたら」 』とビリー・ジョエルの『ニューヨーク52番街』である。試聴イベントが新宿アルタのHMVレコードショップでおこなわれたので、オーディオ小僧もさっそく行ってみた。

*  *  *

「私が入社した80年代の終わりは、LPの返品の仕事ばかりしていたものですが、そのLPがこうして復活するなんて、感慨深いです……」

イベントの前に、年配のソニー・ミュージックの方との雑談でこう聞いたのが印象的だった。感慨深いのはこの方だけではないことは、会場につめかけた人たちを見ればわかる。アナログ世代の男性や、アナログに興味のある若者が多いのは当然としても、女性の姿もけっこう見受けられるのが新鮮だ。

そんなことを考えているうちにイベントが始まった。音楽評論家の萩原健太氏(イラスト右)とラジオ・パーソナリティーの土橋一夫氏(同左)のトークである。

まずは大瀧詠一の作品集から。これは名曲「夢で逢えたら」だけを大瀧本人や他人のカヴァーで構成した異色のアルバムだ。

「アナログ・レコードはジャケットもいいんですよ。プラケースに入っているCDと違って、“直”なんですよ。年月とともにかすれていく。自分と一緒に歳をとっていく感じがいい」

萩原氏の言葉にウンウンと頷くオーディオ小僧。しかし感心したのはやはりレコードの音で、シリア・ポールが歌う「夢で逢えたら(’87 MIX)」 が流れると、レコード・ショップという環境にもかかわらず、伸びやかなアナログ・サウンドが会場を満たしたのだった。大瀧詠一プロデュースらしい豊穣なナイアガラ・サウンド。

続けて吉田美奈子が2018年に録音した「夢で逢えたら 2018」を聴く。今度は打って変わってピアノのみの伴奏であるが、最新録音らしく澄んだ空間があらわれた。オーディオ小僧の席は一番後ろだったので、再生システムは見えなかったのだが、それだけに吉田美奈子が観客の向こうで歌っているかのような臨場感である。

*  *  *

続けて『ニューヨーク52番街』に話はうつる。まずは大ヒットした「オネスティ」を聴く。これもレコード・ショップという環境にも関わらず、ヴォーカルやバンド音のまわりの空気感が素晴らしかった。正直、“懐かしのレコード”というより“ハイファイ・オーディオ”を聞いている感覚の方が強い。

「オリジナルが発売された78年はアナログ録音の熟成期ですね」と土橋氏が言えば、「このアルバムはビリー・ジョエルの作品の中で一番バランスがいい」と萩原氏。

続いて選んだのがキャッチーな「ビッグ・ショット」や「マイ・ライフ」ではなく、B面4曲目の「アンティル・ザ・ナイト」というところが萩原さんらしかったが、これも荘厳さをたたえた音であった。「『ニューヨーク52番街』は録り音がいいんですよ」と土橋氏が言うのもうなづける。

「アナログ・レコードは溝だけ見てここは賑やかな曲、ここはバラードだなとわかる」

「アナログにはA面のラスト、B面の1曲目という美味しいところがあるよね」

とこの後もお二人の“アナログあるあるトーク”は続き、ファンには極上のひと時だった。今回のイベントのまとめは最後に土橋氏がおっしゃった、以下の一言に尽きると思った。

「アナログだと音楽を大切に聴きますね」

*  *  *

オーディオ小僧は『ニューヨーク52番街』を自分の家でも聴いたので、最後にその感想も書き添えておこう。

レコード盤は180グラム重量盤ではないものの、厚みがあるのは確実だ。それは盤を支える指の腹の感触でわかるオーディオ小僧である。

音は自宅のシステムで聴いても、イベント会場の時と同じくクリアな音空間だった。この連載にも以前書いたように、現在生産されるアナログ・レコードは昔と違ってチリ、ホコリが少なく、ノイズに悩まされることがほとんどない。昔と同じようで昔と違うのが今のアナログ・レコードなのである。

音質は70年代後半のアメリカン・ロックらしい、スピード感があって立ち上がりの良い音である。それでも柔らかな耳障りを残すところがアナログならではと思う。シンバルの音の減衰するところなど、繊細さも持ち合わせている。やっぱりこういう細かいニュアンスは自宅のシステムで聴くとよくわかる。

アナログ・ブームとは関係なく、ずっとアナログ・レコードを聴いてきたオーディオ小僧であるが、この『ニューヨーク52番街』を聴くのは楽しい。そう思わせる仕上がりだ。やはりソニーミュージックならではのこだわりが注ぎ込まれているのだろう。

ということで、次回はこのレコードのカッティングにまつわるお話をソニー・ミュージックの方に伺おうと思う。どうぞお楽しみに。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。最近『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』(音楽出版社)を上梓した 。公式ホームページ http://mackie.jp

『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』
(牧野良幸著、定価 2,000円+税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20171028

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  2. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  3. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  4. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
  5. 貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小…
PAGE TOP