新着記事

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧のアナログ日誌 第16回】


文・絵/牧野良幸

アナログ・レコードとジャケットとは、昔から切っても切れない関係であった。特にLPのジャケットは30センチ四方の大きさが絶妙で、凝ったジャケット・デザインはそれ自体がアート作品と言ってよかった。たとえ同じデザインでもCDのサイズになってしまうと味けない。

とは言っても、50年近くアナログ・レコードと付き合っていると、少々飽きてくるものである。これはこれで別に不満はないのだが、最近はアナログ・ブームでもあることだし、若い人にアナログ・レコードを手に取ってもらうためにも、新しいコンセプトのLPジャケットを考えてみてもいいのではないか。

ということでオーディオ小僧も何か考えてみることにした。

まずは身近なものを応用して考えてみる。若い人に馴染みの深いCDのプラケースを、LPが収納できるサイズに大きくしたらどうか。

LP用だからプラケースの大きさは30センチほどの大きさになる。トレイにはCDと同じように、LPレコードをパチリとはめ込むやり方でいいだろう。「むき出しだから、盤面に傷がつきやすいね」という忠告はこの際無視する。

LPサイズだから、当然ブックレットも30センチ四方の大きさだ。ブックレットにはLPレコードによく入っている解説書をそのまま滑り込ませてもいいだろう。表紙にはオリジナルと同じデザインを印刷すればいい。帯も一緒にしまっておくことにしようか。

こうしてできあがったLP用のプラケース。頭の中で空想してみるのだけれど、やっぱりよくない。

まず30センチもあるプラケースというのが不気味だ。厚みも180g重量盤LPを入れるくらいだからCDのプラケースより厚くなる。ブックレットはLPジャケットとほぼ同じ大きさなのに、どこから見てもアート作品に感じない。ただの印刷物である。

じゃあブルーレイとかDVD用のケースをLPサイズに拡大してみたらどうか。解説書の類は十分に収納できる。縦長のケースだけど、もうう21世紀だ、今さら正方形にこだわることもあるまい。

しかしこれもよろしくないのは想像しただけでわかる。LPサイズになったブルーレイ風のケースは、大きいくせにペコペコ、表面も妙にツヤツヤして得体が知れない。こんなものがリスニングルームに何百枚もあったらそれこそ不気味である。

結局プラスチックという素材が良くないのだ。やはり素材は紙にするべきだろう。CDだってプラケースよりも“紙ジャケ”の方が愛されているではないか。あと、むやみに大きく厚くすると不気味なのも分かったから、サイズはLPが入るギリギリにとどめる必要があるだろう。

ということは、なんのことはない、これまでのLPのジャケットがベストだったのだ。なんだか「古女房がやっぱり一番いい」と気がついたような話になってしまった。こんなことカミさんには言えないけれど。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。最近『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』(音楽出版社)を上梓した 。公式ホームページ http://mackie.jp

『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』
(牧野良幸著、定価 2,000円+税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20171028

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP