新着記事

戦国の光と影~前田利家のライバル・佐々成政の悲話【にっぽん歴史夜話6】

 文/砂原浩太朗(小説家)武田信玄と上杉謙信、宮本武蔵と佐々木小次郎など、歴史上には…

【夕刊サライ/福澤朗】講演後のビールとつまみが最高!(福澤朗の美味・料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

もし有名高校の野球ユニフォームの文字がこんなだったら…【イシグロ妄想研究所 vol.6】

構想・文・イラスト/石黒謙吾(分類王)画像作成/澤田洋佑高校野球、甲子園の100…

作家・田中英光が自殺前に遺書を書いた太宰治の本【文士の逸品No.29】

◎No.29:田中英光の本文/矢島裕紀彦東京・駒場の日本近代文学館に蔵される…

『半分、青い。』ロケ地の“昭和レトロの町”で話題! 岐阜県“東美濃”へ出かけませんか?【シリーズ東美濃の魅力その3】[PR]

素朴な味わいで「うんま!」(うまい!)と人気を集める五平餅や、日本三大山城に数えられる岩村城などがあ…

【夕刊サライ/パラダイス山元】デンマーク:ヨーロッパ大陸最北端の岬で“餃子石”を拾い集める(パラダイス山元の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

おいしさ倍増!覚えておきたいビールの「ペアリング」3つのコツ

文/鈴木拓也ワインと相性のいい料理を組み合わせる「ペアリング」(マリアージュとも)が…

一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のアナログ日誌 第20回】

文・絵/牧野良幸ずっと「箱買い」が止まらない。「箱買い」とは箱入りのアナログ…

【夕刊サライ/横山剣】「BMW2002」 過ぎ去った“彼女”と“あのときの想い出”をもう一度(横山剣のクルマコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

意外な由来!「江戸前」という言葉はウナギから生まれた【食いしん坊の作法 第6回】

文/山本益博「江戸前のにぎりずし」という言葉が人口に膾炙されていて、「江戸前」という…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧のアナログ日誌 第16回】


文・絵/牧野良幸

アナログ・レコードとジャケットとは、昔から切っても切れない関係であった。特にLPのジャケットは30センチ四方の大きさが絶妙で、凝ったジャケット・デザインはそれ自体がアート作品と言ってよかった。たとえ同じデザインでもCDのサイズになってしまうと味けない。

とは言っても、50年近くアナログ・レコードと付き合っていると、少々飽きてくるものである。これはこれで別に不満はないのだが、最近はアナログ・ブームでもあることだし、若い人にアナログ・レコードを手に取ってもらうためにも、新しいコンセプトのLPジャケットを考えてみてもいいのではないか。

ということでオーディオ小僧も何か考えてみることにした。

まずは身近なものを応用して考えてみる。若い人に馴染みの深いCDのプラケースを、LPが収納できるサイズに大きくしたらどうか。

LP用だからプラケースの大きさは30センチほどの大きさになる。トレイにはCDと同じように、LPレコードをパチリとはめ込むやり方でいいだろう。「むき出しだから、盤面に傷がつきやすいね」という忠告はこの際無視する。

LPサイズだから、当然ブックレットも30センチ四方の大きさだ。ブックレットにはLPレコードによく入っている解説書をそのまま滑り込ませてもいいだろう。表紙にはオリジナルと同じデザインを印刷すればいい。帯も一緒にしまっておくことにしようか。

こうしてできあがったLP用のプラケース。頭の中で空想してみるのだけれど、やっぱりよくない。

まず30センチもあるプラケースというのが不気味だ。厚みも180g重量盤LPを入れるくらいだからCDのプラケースより厚くなる。ブックレットはLPジャケットとほぼ同じ大きさなのに、どこから見てもアート作品に感じない。ただの印刷物である。

じゃあブルーレイとかDVD用のケースをLPサイズに拡大してみたらどうか。解説書の類は十分に収納できる。縦長のケースだけど、もうう21世紀だ、今さら正方形にこだわることもあるまい。

しかしこれもよろしくないのは想像しただけでわかる。LPサイズになったブルーレイ風のケースは、大きいくせにペコペコ、表面も妙にツヤツヤして得体が知れない。こんなものがリスニングルームに何百枚もあったらそれこそ不気味である。

結局プラスチックという素材が良くないのだ。やはり素材は紙にするべきだろう。CDだってプラケースよりも“紙ジャケ”の方が愛されているではないか。あと、むやみに大きく厚くすると不気味なのも分かったから、サイズはLPが入るギリギリにとどめる必要があるだろう。

ということは、なんのことはない、これまでのLPのジャケットがベストだったのだ。なんだか「古女房がやっぱり一番いい」と気がついたような話になってしまった。こんなことカミさんには言えないけれど。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。最近『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』(音楽出版社)を上梓した 。公式ホームページ http://mackie.jp

『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』
(牧野良幸著、定価 2,000円+税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20171028

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  2. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  3. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  4. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  5. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
PAGE TOP