新着記事

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

古い家と蔵が居並ぶ栃木市「嘉右衛門町」を逍遙する【日本の古い街並み紀行 第3回】

写真・文/石津祐介栃木県の南部、埼玉県と群馬県の県境に位置する栃木市は、江戸時代には…

歌聖・柿本人麿像から和歌と古筆の世界へ誘う《人麿影供900年 歌仙と古筆》展

取材・文/池田充枝宮廷文化の雅を代表する和歌の世界。三十一文字に託された表現美とその情趣は、…

綿麻楊柳の作務衣|風通しよく涼しく着られる夏の万能着

庭仕事などの屋外作業から、室内でのリラックス着まで、作務衣の人気は相変わらず高い。そこで、夏…

大阪の名門・北野高校の青春食堂は「下町甘味の両雄」【名門校のご近所食堂 第8回】

文/鈴木隆祐北野高校のある十三は、大阪中で愛される「下町甘味の両雄」が相並ぶ街…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

買ったレコードへの愛着が増す「疑似中学生買い」のススメ【オーディオ小僧のアナログ日誌 第12回】

文・絵/牧野良幸

オーディオ小僧は“小僧”とは名乗りながらも、実際は還暦も近いオヤジである。しかしオーディオや音楽に対する気持ちは中学生の頃と同じつもりでいる。いや、同じでいたい。だから“小僧”と名のる。たとえオヤジになっても中学生の頃のように音楽に感動する心を持ちたいのだ。

しかしそうは思っていても、現実にはオヤジの行動をとってしまう。アナログ・レコードの「大人買い」もその一つだ。

程度の差こそあれ、欲しいレコードがあれば何枚でも平気で買うのが大人だ。いや、それくらい買わないと満足しないのが大人と言うべきだろう。もちろん「大人買い」は、成人が一生懸命働いて稼いだお金で買うのだから、他人がとやかく言う筋合いはない。

しかし「大人買い」で買ったレコードは1回くらいしか聴かないことが多い。中学生の頃はお小遣いをためて買ったレコードは何度でも聴き返したのに。これはレコードが簡単に手に入ってしまうせいだと思う。

なかには、それでいいと言う人もいるだろう。しかしオーディオ小僧は昔のように、1枚のレコード盤をすり切れるほど聴いた、あの頃の感動を取り戻したいと思った。そこで「大人買い」をやめたのである。

オーディオ小僧が作ったルールはこうだ。レコード店で買うのは1枚(または1セット)だけにする。どんなに欲しいレコードを見つけても複数は買わない。たとえ何年も捜していたレコードであっても、100円のレコードであってもだ。

「なんだ、そんなことか」と思われるかもしれないが、現実には大変なことだ。どうしても欲しいレコードを2枚以上見つけても、1枚を残して、あとは棚に戻さなくてはならないのだから身を切るような思いだ。買えるのに買わないのだから、こんな納得のいかないことはない。

しかし、それをあえてするのである。中学生の頃のような「買えない」という飢餓状態を人為的に作るのだ。

そうして絞った1枚(または1セット)のレコードは、あら不思議、中学生の頃のように重たいレコードになっているのである。たくさん買ったなかの1枚だと何とも思わないレコードが、たった1枚になったことで、がぜん輝きだす。愛着がわく。結果、何度も聴くことになる。

この方法のおかげでオーディオ小僧の最近のレコード観賞はとても充実している。これをオーディオ小僧は「疑似中学生買い」と名付けた。

ちなみに買わなかったレコードに対する気持ちがどうなるかも書いておこう。オーディオ小僧の経験では、ほとんどが店を出たとたん忘れてしまう。さもなければ「今度見つけたら買おう」と新たなワクワクとなる。買わなくて後悔するレコードなんて、実はそんなにないのである。

これからは「大人買い」ではなく「疑似中学生買い」。あなたも試してみてはいかがか。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。最近『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』(音楽出版社)を上梓した 。公式ホームページ http://mackie.jp

『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』
(牧野良幸著、定価 2,000円+税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20171028

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  2. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  3. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  4. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  5. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
PAGE TOP