新着記事

【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

買ったレコードへの愛着が増す「疑似中学生買い」のススメ【オーディオ小僧のアナログ日誌 第12回】

文・絵/牧野良幸

オーディオ小僧は“小僧”とは名乗りながらも、実際は還暦も近いオヤジである。しかしオーディオや音楽に対する気持ちは中学生の頃と同じつもりでいる。いや、同じでいたい。だから“小僧”と名のる。たとえオヤジになっても中学生の頃のように音楽に感動する心を持ちたいのだ。

しかしそうは思っていても、現実にはオヤジの行動をとってしまう。アナログ・レコードの「大人買い」もその一つだ。

程度の差こそあれ、欲しいレコードがあれば何枚でも平気で買うのが大人だ。いや、それくらい買わないと満足しないのが大人と言うべきだろう。もちろん「大人買い」は、成人が一生懸命働いて稼いだお金で買うのだから、他人がとやかく言う筋合いはない。

しかし「大人買い」で買ったレコードは1回くらいしか聴かないことが多い。中学生の頃はお小遣いをためて買ったレコードは何度でも聴き返したのに。これはレコードが簡単に手に入ってしまうせいだと思う。

なかには、それでいいと言う人もいるだろう。しかしオーディオ小僧は昔のように、1枚のレコード盤をすり切れるほど聴いた、あの頃の感動を取り戻したいと思った。そこで「大人買い」をやめたのである。

オーディオ小僧が作ったルールはこうだ。レコード店で買うのは1枚(または1セット)だけにする。どんなに欲しいレコードを見つけても複数は買わない。たとえ何年も捜していたレコードであっても、100円のレコードであってもだ。

「なんだ、そんなことか」と思われるかもしれないが、現実には大変なことだ。どうしても欲しいレコードを2枚以上見つけても、1枚を残して、あとは棚に戻さなくてはならないのだから身を切るような思いだ。買えるのに買わないのだから、こんな納得のいかないことはない。

しかし、それをあえてするのである。中学生の頃のような「買えない」という飢餓状態を人為的に作るのだ。

そうして絞った1枚(または1セット)のレコードは、あら不思議、中学生の頃のように重たいレコードになっているのである。たくさん買ったなかの1枚だと何とも思わないレコードが、たった1枚になったことで、がぜん輝きだす。愛着がわく。結果、何度も聴くことになる。

この方法のおかげでオーディオ小僧の最近のレコード観賞はとても充実している。これをオーディオ小僧は「疑似中学生買い」と名付けた。

ちなみに買わなかったレコードに対する気持ちがどうなるかも書いておこう。オーディオ小僧の経験では、ほとんどが店を出たとたん忘れてしまう。さもなければ「今度見つけたら買おう」と新たなワクワクとなる。買わなくて後悔するレコードなんて、実はそんなにないのである。

これからは「大人買い」ではなく「疑似中学生買い」。あなたも試してみてはいかがか。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。最近『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』(音楽出版社)を上梓した 。公式ホームページ http://mackie.jp

『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』
(牧野良幸著、定価 2,000円+税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20171028

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  2. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  3. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
  4. 貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小…
  5. またしても…名曲鑑賞中にやってくる或る魔物について【オーディオ小…
PAGE TOP