新着記事

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

またしても…名曲鑑賞中にやってくる或る魔物について【オーディオ小僧のアナログ日誌 第13回】

文・絵/牧野良幸

オーディオ小僧はレコードを聴くときは、仕事をしたり、スマートフォンを見たりしない。“ながら聴き”はしないのである。もちろん仕事中にも音楽を聴くが、その場合はパソコンやウォークマンで聴く。

なぜレコードで“ながら聴き”をしないかというと、アナログの暖かみのある音を味わいたいからだ。“ながら聴き”ではそこまで意識がいかないからもったいない。自分の歳を考えるとアナログ・レコードを聴く時間そのものが貴重とさえ思う。

だからレコードに針をおろしたらスピーカーに対座し、ただ音楽に耳を傾ける。それがオーディオ小僧の聴き方だ。しかしレコードを聴いていると、どこからか違う音楽が聞えだすことがある。まるでオカルトみたいであるが、現実の話である。

それは針を落としてから数分するとおこる現象だ。最初は音楽を楽しんだり、レコードの音に舌鼓を打っているのであるが、しばらくすると、どこからともなく「“眠れる”の森の美女」が始まるのである。チャイコフスキーの名曲のようで、そうではない。ただ、とても心地良い。

と、そこに平井堅があらわれ「瞳をとじて」を歌い出す。やがてオーディオ小僧の脳内に「“幻想”交響曲」が鳴り響く。ついにはゴンドラに揺れているような「舟歌」とともに、遠いところに連れていかれてしまう。

*  *  *

もうお気づきであろう。その正体は睡魔である。アナログ・レコードに限ったことではないが、音楽を聴いていると、いつしか眠ってしまうことがあるのだ。眠らないまでも、意識が飛んでしまっていることがある(同じことか)。

眠たくなるのは静かな曲とは限らない。むしろクラシックよりはロックのほうが眠気は深い気がする(ハンマーで殴られたような一撃だ)。よく「うるさいから眠れない」という言い方をするが,音楽はうるさいほうがよく眠れると思う。

あと曲が退屈だから睡魔がおきるともかぎらない。たとえ大好きな曲でも睡魔は遠慮なくやってくる。ということは音楽のジャンルや好みと睡魔は関係がないのかもしれない。レッド・ツェッペリンのハードなナンバー「ブラック・ドッグ」でも子守唄になるのである。

それにしても、どんなに深い睡魔でもレコードの片面が終わる前に、自然と目が覚めるのだから不思議だ。はっと意識が戻ると音楽はまだ続いている。針はまだレコードの終わりに行きついていない。ということは眠っていたのは思ったよりも短い間だったことになる。

こうしてオーディオ小僧は何事もなかったかのように針を上げる。レコード盤を裏返しB面に針を落とす。するとまた「“眠れる”の森の美女」が聞こえだす……。他人から見たらひたすら音楽に耳を傾けている人間に見えるだろう。しかし実のところ”眠れる”オーディオ小僧なのである。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。最近『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』(音楽出版社)を上梓した 。公式ホームページ http://mackie.jp

『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』
(牧野良幸著、定価 2,000円+税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20171028

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  2. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  3. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  4. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  5. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
PAGE TOP