新着記事

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

【夕刊サライ/角田光代】スペイン・マドリッド:マラソンは旅するいいわけ【旅ラン3】(角田光代の旅行コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木…

林忠彦と土門拳、写真界の巨匠2人が作品対決!《昭和の目撃者 林忠彦vs土門拳》展

文/編集部ともに戦前に報道写真家として出発した林忠彦(はやし・ただひこ、1918~1990)…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小僧のアナログ日誌 第14回】

文・絵/牧野良幸

アナログ・レコードの楽しみのひとつに、周辺の機器を替えて自分好みの音を追求できることがあげられる。たとえば第8回「来たれアナログ・プレーヤーのブームよ!」に書いたように、レコード・プレーヤーを替えると相当音が変る。しかしプレーヤーをいちいち買い替えるのは現実的ではない。ということで音質を替えるのに一般的なのがカートリッジの交換である。

ただ知ってはいても、実際にできるかは別の話だ。カートリッジといえども決して安い買い物ではない。安いものは数千円からあるが、それとて気楽に買うには微妙な値段だ。まして数万から数十万円もする高級カートリッジに、おいそれと手が出るはずもない。

「今のカートリッジでも十分聴けるのだから……」とか「あんな小さいものにお金を払うのはどうも……」と悩む中途半端なマニアがいてもおかしくない。

オーディオ小僧もそんな中途半端なマニアである。たとえ数千円のカートリッジでも「レコードを買ったほうがいいのではないか?」と考えてしまう。数万円のカートリッジなら「これって、昔買ったミニコンポと同じ値段だよな」と思ってしまう。貧乏性なのかもしれない。

そんなわけでオーディオ小僧のカートリッジ歴ははなはだシンプルである。オーディオ小僧は長い間デノンの「DL-103」を使っていた。40年以上も続く超ロング・セラーだ。

「DL-103」はMCカートリッジらしく、デジタルを思わせる解像度。しかし放送局も使うだけあってクセがない。ロックからクラシックまではば広く聴くオーディオ小僧にはピッタリだった。

しかし「ビートルズ好き」という事情が、オーディオ小僧のカートリッジ歴に2行目を加えた。ビートルズのオリジナル・レコードであるモノラル盤(UK盤)を聴くためにモノラル・カートリッジを導入したのである(音のエジソン「スピリッツ」)。モノラル盤のガッツのある音を聴くにはモノラル専用カートリッジでなくてはならぬという、ひとえに“ビートルズ事情”によるものだった。

かくしてオーディオ小僧は「DL-103」とモノラル・カートリッジの二刀流で聴き続けてきたのであるが、今年になってとうとう新しいカートリッジを導入した。

それがオルトフォンの「SPU#1E」。アナログ・ファンが憧れるオルトフォンが、高額だったSPUの普及型モデルを発売したのである。それでも「トーンアームの先にミニコンポがついている」と間違いなく思う価格であったが、今回ばかりは、憧れのSPUに手が届くという思いが勝ったのである。

はたして「SPU#1E」は濃厚なアナログ音を絞り出してくれた。中域や低域の豊かさなど「これぞアナログ!」という音だ。この音を聴くと、貧乏性のオーディオ小僧も、やっぱりカートリッジを替えてよかったと思うのであった。

最後にこれも書いておこう。たとえオルトフォンの「SPU#1E」であっても、オーディオに興味のない人にとっては、ただのカートリッジであろう。それどころか「ただのレコード針」でしかない。ネットで購入した「SPU#1E」が宅急便で届いたとき、カミサンに「何を買ったの?」ときかれたので、「レコード針を買ったんだよ」と答えたら「ふうん」と興味も示さなかった。

つまりカートリッジは「家人に気兼ねなく買えるオーディオ」とも言える。そう考えると、もっとカートリッジにこだわれそうである。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。最近『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』(音楽出版社)を上梓した 。公式ホームページ http://mackie.jp

『僕の音盤青春記 花の東京編 1981-1991』
(牧野良幸著、定価 2,000円+税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20171028

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  2. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  3. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
  4. またしても…名曲鑑賞中にやってくる或る魔物について【オーディオ小…
  5. 買ったレコードへの愛着が増す「疑似中学生買い」のススメ【オーディ…
PAGE TOP