新着記事

北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

500マイルの極上ドライブ。スコットランド最大ルート“NC500”の5つの魅力

文・写真/石橋貴子(スコットランド在住ライター/海外書き人クラブ)“スコットランドが…

帆布ミニ縦型ショルダーバッグ|街歩きにいい小振りなショルダーバッグ

鞄の産地、兵庫県豊岡市の鞄ブランド「鸛帆布」から小振りなショルダーバッグが届いた。厚手の10…

てんぷらは東京の郷土料理【食いしん坊の作法 第11回】

文/山本益博「てんぷら」は語源からもわかるように外来の料理が次第に和食になっていた日…

LUMIX DC-FT7|どんな季節でも野外撮影を楽しめるタフなデジタルカメラ

文/編集部パナソニックから、アクティブな撮影を楽しめるタフ性能のコンパクトデジタルカメラ『L…

ホテルオークラ元総料理長の『わが家でプロの味』|フルーツティー

ホテルオークラ東京の開業以来、50年にわたり腕をふるった元総料理長のレシピ本『ホテルオークラ元総料理…

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトークショーが…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

ラヴェルのボレロには「内周から聴くレコード」が適している【オーディオ小僧のアナログ日誌 第7回】

文・絵/牧野良幸

アナログ・レコードが好きなオーディオ小僧は、今日もレコード盤に針を落とす。

温かみのある音が流れてくる。分厚く、伸びやかでもある。この音を聴いていると、まるで温泉にでも入っているかのように脳がほぐれる。「やっぱりレコードの音は最高だわ!」と思う。

しかしである。曲が進むにつれ、気になるところが出てくるのだ。最初あった伸びやかさが、それほどでもなくなる。大きな音では歪みも出始める。レコード盤を見ると、針は真ん中あたりだ。

やがては音全体が滲むようになる。音楽も終盤にさしかかった。最後には大音量のクライマックス。しかしレコードはダイナミックな音ではなく、大きな歪み音を出して終わるのであった。

ため息をついて立ち上がるオーディオ小僧。たかだか20分ほど前は「レコードの音は最高!」と言っていたくせに、針を上げる今はその言葉を撤回したく思っている。

正直に言おう。アナログ・レコードの音がいいのは外周の部分なのである。言い方を変えれば、外周でベスト・パフォーマンスを聴けるのがアナログ・レコードだ。

レコード盤は内側にいくほど円周が小さくなり、針の読み取りが難しくなるから音が歪みがちになる。とくに中古レコードではそういう状態になりやすい。「アナログ・レコードは外周しか聴かない」と豪語する人もいるくらいだ。

もちろん現在生産されるアナログ・レコードは、カッティングをなるべく内周までいかないように考慮してある。しかしクラシックでは曲の長さが決っているからギリギリまでカッティングしなくてはならない場合も多い。当然クライマックスは音量も大きくなるから、その点でアナログ・レコードはCDに比べると不利と言わざるをえない。

しかしそんな不満に応えるレコードがある。TACET(タシェット)がリリースした『oreloB』という盤だ。ラヴェルの「ボレロ」を片面に収録しているが、なんと内周からレコードを再生するカッティングとなっている(アルバムタイトルもスペルが逆さまになっているのにお気づきだろうか?)。

ご存知のように「ボレロ」はピアニッシモから始まって大音量で終わる曲である。どうしても内周にクライマックスがくるから、アナログ・レコード泣かせの曲だった。

しかし『oreloB』はレコード針を内周から落とすので、音量が増していっても外周のために歪みが出にくい。まことに理屈にかなったレコードと言える。

オーディオ小僧も実際に聴いてみたが、確かにオーケストラの音が増大していっても歪みがおきない。最後まで音が伸びやかだ。天井が高く「どんどん音量を出しなさい」という感じ。

内周から聴くレコードは昔なら考えられなかったはずだ(実際にはいくつかあったけれども)。前回のダイレクト・カッティングのLPもそうだったが、高音質を生み出すためのユニークな作り。これも現代のアナログ・レコードならではの面白さだ。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP