新着記事

【夕刊サライ/テリー伊藤】「いまスーパーカーに乗ったらギャグになる?」(テリー伊藤のクルマコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

神秘的かつ優美な中国磁器の真髄を見る《宋磁 神秘のやきもの》展

取材・文/池田充枝悠久の歴史を有する中国陶磁のなかで、宋時代(960-1279)にはその美し…

医療者も驚いた!新たに登場したある海外医療保険の衝撃【予防医療の最前線】

文/中村康宏日本の社会保障制度が直面する大問題日本では、医療や年金・介護などの財源と…

【夕刊サライ/進藤晶子】原田泳幸さん、尋常ではない超人ぶりと年長者の目線(進藤晶子の暮らし・家計コラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

南画の大成者・池大雅、85年ぶりの大回顧展《池大雅 天衣無縫の旅の画家》

取材・文/藤田麻希18世紀の京都で活躍した池大雅(いけのたいが/1723~76)は、…

もしも将棋に新しい駒が追加されることになったら?【イシグロ妄想研究所 vol.1】

妄想・イラスト/石黒謙吾(分類王)古代インドがルーツという説が有力な「将棋」というゲ…

【夕刊サライ/山本昌】継続は力なり! 45歳を過ぎたらオフはなし(山本昌の健康・スポーツコラム 第8回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

団塊世代の足元に広がる深刻な問題に備える本『団塊絶壁』【定年本イッキ読み19】

文/印南敦史昭和22年〜24年に生まれた第一次ベビーブーム世代を「団塊世代」と呼ぶが…

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ラヴェルのボレロには「内周から聴くレコード」が適している【オーディオ小僧のアナログ日誌 第7回】

文・絵/牧野良幸

アナログ・レコードが好きなオーディオ小僧は、今日もレコード盤に針を落とす。

温かみのある音が流れてくる。分厚く、伸びやかでもある。この音を聴いていると、まるで温泉にでも入っているかのように脳がほぐれる。「やっぱりレコードの音は最高だわ!」と思う。

しかしである。曲が進むにつれ、気になるところが出てくるのだ。最初あった伸びやかさが、それほどでもなくなる。大きな音では歪みも出始める。レコード盤を見ると、針は真ん中あたりだ。

やがては音全体が滲むようになる。音楽も終盤にさしかかった。最後には大音量のクライマックス。しかしレコードはダイナミックな音ではなく、大きな歪み音を出して終わるのであった。

ため息をついて立ち上がるオーディオ小僧。たかだか20分ほど前は「レコードの音は最高!」と言っていたくせに、針を上げる今はその言葉を撤回したく思っている。

正直に言おう。アナログ・レコードの音がいいのは外周の部分なのである。言い方を変えれば、外周でベスト・パフォーマンスを聴けるのがアナログ・レコードだ。

レコード盤は内側にいくほど円周が小さくなり、針の読み取りが難しくなるから音が歪みがちになる。とくに中古レコードではそういう状態になりやすい。「アナログ・レコードは外周しか聴かない」と豪語する人もいるくらいだ。

もちろん現在生産されるアナログ・レコードは、カッティングをなるべく内周までいかないように考慮してある。しかしクラシックでは曲の長さが決っているからギリギリまでカッティングしなくてはならない場合も多い。当然クライマックスは音量も大きくなるから、その点でアナログ・レコードはCDに比べると不利と言わざるをえない。

しかしそんな不満に応えるレコードがある。TACET(タシェット)がリリースした『oreloB』という盤だ。ラヴェルの「ボレロ」を片面に収録しているが、なんと内周からレコードを再生するカッティングとなっている(アルバムタイトルもスペルが逆さまになっているのにお気づきだろうか?)。

ご存知のように「ボレロ」はピアニッシモから始まって大音量で終わる曲である。どうしても内周にクライマックスがくるから、アナログ・レコード泣かせの曲だった。

しかし『oreloB』はレコード針を内周から落とすので、音量が増していっても外周のために歪みが出にくい。まことに理屈にかなったレコードと言える。

オーディオ小僧も実際に聴いてみたが、確かにオーケストラの音が増大していっても歪みがおきない。最後まで音が伸びやかだ。天井が高く「どんどん音量を出しなさい」という感じ。

内周から聴くレコードは昔なら考えられなかったはずだ(実際にはいくつかあったけれども)。前回のダイレクト・カッティングのLPもそうだったが、高音質を生み出すためのユニークな作り。これも現代のアナログ・レコードならではの面白さだ。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  2. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  3. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
  4. 貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小…
  5. またしても…名曲鑑賞中にやってくる或る魔物について【オーディオ小…
PAGE TOP