新着記事

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

べっ甲の耳かき|職人が丹精込めて作った至高の耳かき

伝統工芸のべっ甲細工で作り上げた、耳かきの逸品。べっ甲細工に使われる「タイマイ」(海亀の一種…

まさに「手付かずの自然」!カムチャツカで優美な「高山植物」と「ヒグマ」の聖地を巡る

文/印南敦史北海道沖の千島列島から北へと連なるカムチャツカ半島(ロシア)といえば、雄大な自然…

写真家エバレット・ブラウンが撮り続ける「失われゆく日本」のかたち

幕末に来航したペリー提督の随行写真家の一族で、日本をテーマに写真を撮り続けている写真家のエバレット・…

作家・遠藤周作を終生見守った母の形見のマリア像【文士の逸品No.34】

◎No.34:遠藤周作のマリア像(撮影/高橋昌嗣)文/矢島裕紀彦いくつもの顔…

【夕刊サライ/横山剣】「フォード・コルチナ・ロータスMk1」“クルマは見た目じゃ分からない?!”(横山剣のクルマコラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。水…

プリマロフトの軽量ケット|通気性に優れ蒸れにくい夏の快眠肌掛け

寝苦しい熱帯夜にエアコンをつけて眠ると、薄い肌掛け1枚では寒く感じることがある。そんなときは…

「ローマの休日」が田んぼに! 奥深き「田んぼアート」の世界

取材・文/鈴木拓也白や赤の葉の稲や、赤褐色や紫の穂の稲などを組み合わせて水田に植え、高い所か…

大人も楽しめる「字のない絵本」92歳にして現役の絵本作家、安野光雅の世界

取材・文/池田充枝国内外に多くのファンをもつ安野光雅(あんの・み…

【夕刊サライ/川合俊一】川合流「出来高」チェックの投資術に必要なのは根気と早起き(川合俊一の暮らし・家計コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

逸品

楽器のような響きを実現!オンキヨーが「桐のスピーカー」を開発

桐は古くから、家具に適した木として愛されてきた。その信頼性は箪笥に使われることからも明らかだが、その一方、音響効果を高めてくれる木材だという側面も持ち合わせている。だとすればオーディオファンや音楽ファンは、その可能性を追求したスピーカーが開発されたというトピックを無視するわけにいかないだろう。

北海道や東北などの寒冷地で育つ桐は、軽量で防湿性が高く、音響効果がよいことでも知られる。琴に代表される和楽器の材料として使われるのも、そのような特徴があるからだ。事実これまでにも、家具メーカーなどが桐製のスピーカーを発売してきたことはあった。

だが、このたびオンキヨーが開発した桐のスピーカーシステムは、そうした従来製品とは明らかに異なる次元を備えている。理由は明白。桐の持つポテンシャルと最新の音響テクノロジーとを高度に融合させているからだ。

まず注目すべきは、筐体に和楽器で使われる桐素材のキャビネットを採用している点だ。キャビネットに軽量で多孔質な天然の桐素材を採用することで、自然な振動を実現。琴に代表される和楽器のように、優しく、深く、心地よい音像を生み出してくれるのである。

また、スピーカーにとって重要な意味を持つ「振動板」には、最先端のバイオマス素材であるCNF(セルロースナノファイバー)を採用。鋼鉄の1/5の軽さでありながら5倍以上の強度という、スピーカーユニットにとって理想的な特性を持つCNFに、楮(こうぞ)と厳選された高緯度地域の針葉樹パルプを配合したウーファーユニットを、このスピーカーのために開発したのだという。

ウーファーもツィーターも、最新の音響シミュレーションと解析技術による超低歪設計を実現していること。これにより、極めてひずみの少ない、クリアな音質を実現しているのだ。

ウーファー振動板の表面には、日本画にも使用される天然素材の「にかわ」でコーティングし、ボイスコイルとの接着部には桐油煙墨を含浸させることで理想の物性に近づけて、明瞭で厚みのあるサウンドを生み出してくれる。

新ノンプレスコーンウーファー

実際に体験してみると、そのサウンドの心地よさに驚かされる。誇張された部分がなく、あたかも自然音を耳にしているかのように、音の質感を楽しむことができるのだ。

機械的に増幅された音はたしかに刺激的だが、長時間のリスニングに耐えるものではない。しかし、こうした無理のない音色は、耳に負担を感じさせないぶん、何時間聴き続けても疲れを感じさせない。しかも天然素材だから、時間の経過とともに音はさらにまろやかさを増していくだろう。ともに成長していける、よき相棒のようなスピーカーだといえそうだ。

そしてなにより、美しい桐材のキャビネットは、どんなインテリアにも美しく融けこんでくれる。

撮影協力:カール・ハンセン&サン

撮影協力:CLASKA(Room 606)

この桐のスピーカーは、クラウドファンディングサイト「未来ショッピング」の下記ページで先行販売されている。桐スピーカー本体と専用スタンド各2台のセットで 1,200,000円(税別)。限定5セットの販売となる。募集期間は9月30日までだ。

※「未来ショッピング 」先行販売製品ページ
https://nikkei.en-jine.com/projects/onkyo

また東京・八重洲のオンキヨーショールーム「Gibson Brands Showroom TOKYO」で試聴することができる。

【Gibson Brands Showroom TOKYO】
住所:東京都中央区八重洲2-3-12 オンキヨー八重洲ビル1F・2F
営業時間:12:00-19:00
定休日:月曜・指定休業日

【製品についてのお問い合わせ】
電話:050-3161-9555(オンキヨーオーディオコールセンター)

文/印南敦史

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  2. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  3. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  4. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  5. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
PAGE TOP