新着記事

今のうちに足元を固め、できることを始めよう|資産を運用する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

老後の資金を増やす!|リスクを考えながら資産を運用するポイント【今からはじめるリタイアメントプランニング】

富士山ナイフ ―Fuji Knife―|意匠と機能が見事に融合したジャパニーズナイフの逸品

『サラ・ヴォーン・ウィズ・クリフォード・ブラウン』(エマーシー) 演奏:サラ・ヴォーン(ヴォーカル)、クリフォード・ブラウン(トランペット)、ハービー・マン(フルート)、ポール・クイニシェット(テナー・サックス)、ジミー・ジョーンズ(ピアノ)、ジョー・ベンジャミン(ベース)ロイ・ヘインズ(ドラムス)、アーニー・ウィルキンス(指揮) 録音:1954年12月18日

「編集」に隠された真実~なぜジャズのアルバムには同じ曲が何曲も入っているのか?〜「別テイク」の正しい聴き方(3)【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道20】

35%の人が旅行先でケガや病気をした経験がある一方で、「病院の場所を事前に確認する」のは13人に1人だけ!現地治療費の最高額は「500万円」!!

現地治療費の最高額は「500万円」!|3人に1人が旅行先でケガや病気をした経験がある

定年後のお金の不安を解消する3つの答え|『「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法』

老後の不安を解消する3つの答え|「定年後」の‟お金の不安“をなくす 貯金がなくても安心老後をすごす方法

村松時計店の銀製時計|新天皇陛下と令和に捧げる、時代を超えた純銀時計

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」で減塩に挑戦

【管理栄養士が教える減塩レシピ】これひとつで味が決まる!だしの効いた「煎り酒」の作り方

中高生が見た大人へのイメージと「10年後の日本」の見通し

息子世代は「今」をどのように捉えているのか?|中高生が考える「カッコいい大人」と「10年後の日本」

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

【ビジネスの極意】アサヒビールとキリンビールに学ぶリーダシップの教科書

お魚とうばん 2枚組|魚をおいしく焼き上げるグリル用陶板

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

来たれアナログ・プレーヤーのブームよ!【オーディオ小僧のアナログ日誌 第8回】


文・絵/牧野良幸

最近、ソニー・ミュージックエンタテイメントがアナログ・レコードのプレス機を導入したニュースが社会を賑わした。日本のアナログ・レコードのプレス工場は、アナログの衰退とともに減り始め、長い間、東洋化成のみでプレスしてきたから、これは画期的なことだ。

このエッセイの第1回に、多少皮肉をこめてアナログ・ブームを伝えるマスコミのことを書いたけれど、やはりこういう記事が出ると嬉しいものである(ホント)。

ただいつも思うのは「アナログ・レコードのブーム」と同じくらい、「アナログ・プレーヤーのブーム」も来てほしい、ということである。

まさかプレーヤーのない「アナログ・ブーム」もあるまい。LPジャケットを飾ったり、ファッションとしてレコードを聴くのも、それはそれで「アナログ・ブーム」かもしれない。しかしオーディオ小僧としてはガッツリとしたアナログ・プレーヤーで聴く人が増えてこその「アナログ・ブーム」と思うわけである。

こう書くのもアナログ・レコードはプレーヤーによって音が随分と変わるからだ。

それまでアナログ・プレーヤーは正確な回転こそ必要だけれども、それは基本中の基本であって、カートリッジほど音質への影響はないと思っていた。だいたいアナログ・プレーヤーなんて何台も買い替えるものではない。音を追求するならカートリッジにこだわるべきだと。

ところが10年くらい前であろうか、オーディオ師匠のひとりから《ガラード301》というヴィンテージのアナログ・プレーヤーを譲ってもらった。カートリッジは以前のものをそのまま流用した。

このガラード301で聴くとレコードの音がかなり変わったのである。音に厚みとコクが出た。音質面で劣るとされていた国内盤でさえヴィンテージ盤のような音になった。

これほどの音の違いを生むのはカートリッジの役割だと思っていただけに、プレーヤーの交換で変わったことにビックリしたわけである(厳密にはトーン・アームとシェルも違うが影響は少なめだろう)。

ガラード301というのは一例にすぎない。今日では沢山のアナログ・プレーヤーが発売されている。これからアナログを始めようという方は、じっくりとプレーヤーを選んでほしい。トーン・アームとシェルにもこだわれば完璧だ。

こんな記事がマスコミを賑わせば、まさしく「アナログ・ブーム」であろう。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP