新着記事

東大・山本博文教授と歴史探偵家・高橋伸幸氏が江戸の藩主たちを斬る! 〜『サライの江戸 江戸三百藩大名列伝』発売記念トークショー〜

好評発売中の「サライの江戸」シリーズ。その第3弾『江戸三百藩大名列伝』の発売を記念してトーク…

50代からのエゴな生き方|楽しく生きる中年はちょっと「ワガママ」

文/印南敦史『50代からのちょっとエゴな生き方』(井上裕之著、フォレスト出版)の著者…

ペントミノパズル|シンプルで奥深い立体組み合わせパズル

蓋を開けると、きれいに並んだ市松模様が見える。だが、市松模様を作るだけのパズルではない。…

「周りが介護度の高い入居者ばかりで、毎日が楽しくない……」有料老人ホームやサ高住でのミスマッチはなぜ起こる?

取材・文/坂口鈴香先日、新聞に70代の男性による次のような趣旨の投稿が掲載された。…

村松誠氏が描くウイスキーキャットラベルの特別なウイスキー

その昔、ウイスキーの蒸留所には、原材料である大麦を守る役目を与えられ、また職人たちにマスコットのよう…

遭難を防ぐ!山歩きを始めるあなたに伝えたい3つのこと

文/鈴木拓也息の長い「山歩き・登山」ブーム。『レジャー白書』によれば、2016年にお…

微笑みの国タイの原点!世界遺産スコータイの歴史探訪

文・写真/横山忠道(海外書き人クラブ/タイ在住ライター)タイの世界遺産というと「古都アユタヤ…

本柿渋染頭陀袋|金具も化学染料も排した柿渋染めの“和サコッシュ”

修行僧が旅をするときに、経文や食器や托鉢の恵みなど納め、首からかける袋が「頭陀袋」。そこから…

ペットの死、その時あなたは? 獣医さんが提案する幸せな旅立ち

文/柿川鮎子ペットと暮らす幸せは何にも代えがたいものがあります。ある人は「犬や猫や小鳥がいな…

5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?

CMでよく見かける「車買取会社」。ほんとうに高く買い取ってくれるのだろうか?実際にサービ…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

来たれアナログ・プレーヤーのブームよ!【オーディオ小僧のアナログ日誌 第8回】


文・絵/牧野良幸

最近、ソニー・ミュージックエンタテイメントがアナログ・レコードのプレス機を導入したニュースが社会を賑わした。日本のアナログ・レコードのプレス工場は、アナログの衰退とともに減り始め、長い間、東洋化成のみでプレスしてきたから、これは画期的なことだ。

このエッセイの第1回に、多少皮肉をこめてアナログ・ブームを伝えるマスコミのことを書いたけれど、やはりこういう記事が出ると嬉しいものである(ホント)。

ただいつも思うのは「アナログ・レコードのブーム」と同じくらい、「アナログ・プレーヤーのブーム」も来てほしい、ということである。

まさかプレーヤーのない「アナログ・ブーム」もあるまい。LPジャケットを飾ったり、ファッションとしてレコードを聴くのも、それはそれで「アナログ・ブーム」かもしれない。しかしオーディオ小僧としてはガッツリとしたアナログ・プレーヤーで聴く人が増えてこその「アナログ・ブーム」と思うわけである。

こう書くのもアナログ・レコードはプレーヤーによって音が随分と変わるからだ。

それまでアナログ・プレーヤーは正確な回転こそ必要だけれども、それは基本中の基本であって、カートリッジほど音質への影響はないと思っていた。だいたいアナログ・プレーヤーなんて何台も買い替えるものではない。音を追求するならカートリッジにこだわるべきだと。

ところが10年くらい前であろうか、オーディオ師匠のひとりから《ガラード301》というヴィンテージのアナログ・プレーヤーを譲ってもらった。カートリッジは以前のものをそのまま流用した。

このガラード301で聴くとレコードの音がかなり変わったのである。音に厚みとコクが出た。音質面で劣るとされていた国内盤でさえヴィンテージ盤のような音になった。

これほどの音の違いを生むのはカートリッジの役割だと思っていただけに、プレーヤーの交換で変わったことにビックリしたわけである(厳密にはトーン・アームとシェルも違うが影響は少なめだろう)。

ガラード301というのは一例にすぎない。今日では沢山のアナログ・プレーヤーが発売されている。これからアナログを始めようという方は、じっくりとプレーヤーを選んでほしい。トーン・アームとシェルにもこだわれば完璧だ。

こんな記事がマスコミを賑わせば、まさしく「アナログ・ブーム」であろう。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP