新着記事

超合金魂|「超電磁マシーン ボルテスⅤ」「無敵鋼人ダイターン3」「闘将ダイモス」が新シリーズでついに登場!

文/安藤政弘ダイキャスト(亜鉛合金)を使った手にずっしりくる重量感、テレビから抜け出たかのよ…

豊臣秀吉の正室・北政所の謎を追う【にっぽん歴史夜話 7】

 文/砂原浩太朗(小説家)豊臣秀吉の正室・北政所(きたのまんどころ)。戦国女性のなか…

「太宰治記念館 斜陽館」と「太宰治疎開の家」 太宰治ゆかりの2大名所

写真・文/鈴木拓也奥津軽のJR五所川原駅で、1両編成の津軽鉄道に乗り換えて約20分。吉幾三に…

たてスラブ作務衣|肌ざわりよくサラリとした着心地の伝統ウェア

動きやすく体を締め付けず、作業着から部屋着まで万能に使えることから、サライ世代に人気の作務衣…

「糖質制限」は体を壊す?医学的見地から見た効果と副作用

文/中村康宏近年、ダイエットや糖尿病の治療法として「ケトジェニック・ダイエット」が注…

三菱/エクリプス クロス|ブランド復活を狙った、斬新な意匠が評判の高性能な小型SUV【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家)荒地などでの走行性能に優れた車づくりに定評のある三菱自動車…

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

来たれアナログ・プレーヤーのブームよ!【オーディオ小僧のアナログ日誌 第8回】


文・絵/牧野良幸

最近、ソニー・ミュージックエンタテイメントがアナログ・レコードのプレス機を導入したニュースが社会を賑わした。日本のアナログ・レコードのプレス工場は、アナログの衰退とともに減り始め、長い間、東洋化成のみでプレスしてきたから、これは画期的なことだ。

このエッセイの第1回に、多少皮肉をこめてアナログ・ブームを伝えるマスコミのことを書いたけれど、やはりこういう記事が出ると嬉しいものである(ホント)。

ただいつも思うのは「アナログ・レコードのブーム」と同じくらい、「アナログ・プレーヤーのブーム」も来てほしい、ということである。

まさかプレーヤーのない「アナログ・ブーム」もあるまい。LPジャケットを飾ったり、ファッションとしてレコードを聴くのも、それはそれで「アナログ・ブーム」かもしれない。しかしオーディオ小僧としてはガッツリとしたアナログ・プレーヤーで聴く人が増えてこその「アナログ・ブーム」と思うわけである。

こう書くのもアナログ・レコードはプレーヤーによって音が随分と変わるからだ。

それまでアナログ・プレーヤーは正確な回転こそ必要だけれども、それは基本中の基本であって、カートリッジほど音質への影響はないと思っていた。だいたいアナログ・プレーヤーなんて何台も買い替えるものではない。音を追求するならカートリッジにこだわるべきだと。

ところが10年くらい前であろうか、オーディオ師匠のひとりから《ガラード301》というヴィンテージのアナログ・プレーヤーを譲ってもらった。カートリッジは以前のものをそのまま流用した。

このガラード301で聴くとレコードの音がかなり変わったのである。音に厚みとコクが出た。音質面で劣るとされていた国内盤でさえヴィンテージ盤のような音になった。

これほどの音の違いを生むのはカートリッジの役割だと思っていただけに、プレーヤーの交換で変わったことにビックリしたわけである(厳密にはトーン・アームとシェルも違うが影響は少なめだろう)。

ガラード301というのは一例にすぎない。今日では沢山のアナログ・プレーヤーが発売されている。これからアナログを始めようという方は、じっくりとプレーヤーを選んでほしい。トーン・アームとシェルにもこだわれば完璧だ。

こんな記事がマスコミを賑わせば、まさしく「アナログ・ブーム」であろう。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP