新着記事

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

薫香が食欲をそそる。水分が残っているので鯖の旨みが滲み出る。「鯖の燻製はウイスキーとじつに相性がいいんです」(山本さん)

酒がすすむ「塩鯖の燻製」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

来たれアナログ・プレーヤーのブームよ!【オーディオ小僧のアナログ日誌 第8回】


文・絵/牧野良幸

最近、ソニー・ミュージックエンタテイメントがアナログ・レコードのプレス機を導入したニュースが社会を賑わした。日本のアナログ・レコードのプレス工場は、アナログの衰退とともに減り始め、長い間、東洋化成のみでプレスしてきたから、これは画期的なことだ。

このエッセイの第1回に、多少皮肉をこめてアナログ・ブームを伝えるマスコミのことを書いたけれど、やはりこういう記事が出ると嬉しいものである(ホント)。

ただいつも思うのは「アナログ・レコードのブーム」と同じくらい、「アナログ・プレーヤーのブーム」も来てほしい、ということである。

まさかプレーヤーのない「アナログ・ブーム」もあるまい。LPジャケットを飾ったり、ファッションとしてレコードを聴くのも、それはそれで「アナログ・ブーム」かもしれない。しかしオーディオ小僧としてはガッツリとしたアナログ・プレーヤーで聴く人が増えてこその「アナログ・ブーム」と思うわけである。

こう書くのもアナログ・レコードはプレーヤーによって音が随分と変わるからだ。

それまでアナログ・プレーヤーは正確な回転こそ必要だけれども、それは基本中の基本であって、カートリッジほど音質への影響はないと思っていた。だいたいアナログ・プレーヤーなんて何台も買い替えるものではない。音を追求するならカートリッジにこだわるべきだと。

ところが10年くらい前であろうか、オーディオ師匠のひとりから《ガラード301》というヴィンテージのアナログ・プレーヤーを譲ってもらった。カートリッジは以前のものをそのまま流用した。

このガラード301で聴くとレコードの音がかなり変わったのである。音に厚みとコクが出た。音質面で劣るとされていた国内盤でさえヴィンテージ盤のような音になった。

これほどの音の違いを生むのはカートリッジの役割だと思っていただけに、プレーヤーの交換で変わったことにビックリしたわけである(厳密にはトーン・アームとシェルも違うが影響は少なめだろう)。

ガラード301というのは一例にすぎない。今日では沢山のアナログ・プレーヤーが発売されている。これからアナログを始めようという方は、じっくりとプレーヤーを選んでほしい。トーン・アームとシェルにもこだわれば完璧だ。

こんな記事がマスコミを賑わせば、まさしく「アナログ・ブーム」であろう。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. 今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オ…
  4. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  5. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
PAGE TOP