新着記事

なぜか笑いがこみ上げる!? 日本画の巨匠・横山大観のユーモアを堪能《生誕150年 横山大観展》

取材・文/藤田麻希神々しい金地の屏風に、雲海から頂上をのぞかせる富士山が描かれます。シンプル…

誰かに話したくなる「作家と猫」の知られざるエピソード3つ

取材・文/わたなべあや古来、猫を愛した作家はたくさんいます。たとえば、夏目漱石宅に迷…

藤井聡太の挑戦状!さあこの詰将棋、解けますか?

文/編集部プロにとってもアマチュアにとっても、将棋の棋力アップに欠かせないのが「詰将棋」です…

【懐かしの母校食堂 第3回】武蔵高等学校中学校×好々亭と砂時計(東京・江古田)

文/鈴木隆祐武蔵生のソウルフード!江古田の洋食2大名店『好々亭』と『砂時計』 …

ウォーキングシューズを選ぶ時に気をつけたい3つのポイント

取材・文/わたなべあや春の日差しが温かく感じられる季節、外に出て体を動かしたくなりま…

前田利家の妻・芳春院まつの知られざる素顔【にっぽん歴史夜話3】

文/砂原浩太朗(小説家)加賀百万石の礎をきずいた武将・前田利家(1537?~1599)。その…

【夕刊サライ/コウケンテツ】「世代へ受け継ぐ味」一人前になるために、つくり続けたナムル(コウケンテツの料理コラム 第7回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

巨大な一枚岩「ウルル」を見上げる2つの絶景遊歩道【オーストラリア・ノーザンテリトリーの魅力】[PR]

文/柳沢有紀夫(オーストラリア在住)世界の中心は、どこにあるのか? もちろん地球はほ…

京都・上賀茂神社でクラシック音楽を聴く「都のかなで」コンサートに2000名を招待[PR]

京都で最古のお社といわれ、世界文化遺産に登録されている「賀茂別雷神社(上賀茂神社)」。この由…

病気予防の大ヒント!病気の発症・増悪をもたらす5大要素とは【予防医療の最前線】

文/中村康宏そもそも、どのようにして病気になるのか考えたことはありますか? 病気になる人の体…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

ダマされたと思って「壁コンセント」を替えてみたら…【オーディオ小僧のアナログ日誌 第10回】


文・絵/牧野良幸

前回、防音室のメンテナンスについて書いたが、その時一緒に壁コンセントを交換する工事もしてもらった。壁コンセントはあらかじめオーディオ小僧が用意していたものである。取り替えは自分ではできないから、ついでにお願いしたのだ。

それにしても壁コンセントまでこだわるとは……。我ながらディープなオーディオファイル(オーディオマニア)になったものだと思う。

というのも、これまでオーディオ小僧はアクセサリー類については近づかないようにしていたのである。ケーブルなどにこだわり出すと神経衰弱の世界に陥ると思っていたのだ。まして電源関係のアクセサリーについてはチンプンカンプン。

そんなある日、オーディオ評論の仕事をしている方から「壁コンセントを替えるだけでも音がかわりますよ」という話を聞いたのだった。オーディオ雑誌の記事ではなく、フランクな会話のなかで聞いたせいか、すんなりと興味が持てた。

教えてもらったのがオヤイデのR0(アールゼロ)という壁コンセントである。一緒にフルテックのカバープレートも購入した。カバープレートというのは壁に埋められたコンセント部分を覆うプレートである。こういったものまでオーディオ用の製品が作られているのだ。

R0に替えてみて、まず驚いたのは電源プラグがガッシリと固定されることである。普通のコンセントのように片手で簡単に抜き差しできない。両手でもかなり力を入れないと抜けない構造になっている。これは頼もしい。

音質はどんな変化が起きただろうか。アンプやスピーカー、カートリッジを取り替えたような大きな違いがあるとは、はなから思っていない。こういったアクセサリーの効果は作り上げてきた音に「さらに磨きをかける」類いの音質向上だと思うのである。

その意味では、壁コンセントの交換で音の放出がよりスムーズになった気がする。効果の大小はともあれ、少なくともいい音へ一段アップした実感はある。

あと音楽を聴いているときに壁コンセントが新しくなったことを思い浮かべると、たちまちいい音が脳内に広がる。笑い話みたいだが、まあ精神的満足も音質向上に寄与するのがオーディオというものであろう。

余談ながら、この話を知人のオーディオファイルに話したところ、「僕も最近、電源まわりをグレードアップしました」と控えめにおっしゃった。聞けば、今年発売されたばかりのアキュフェーズのクリーン電源PS-530を導入したという。こりゃあ壁コンセントどころじゃない。

「フロントパネルのメーターを見るだけで、電気が綺麗になった気がしますよ」と微笑むオーディオファイル。上には上があるものである。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。著書に『僕の音盤青春記』『オーディオ小僧のいい音おかわり』(音楽出版社)などがある。ホームページ http://mackie.jp

『オーディオ小僧のいい音おかわり』
(牧野良幸著、本体1,852円 + 税、音楽出版社)
https://www.cdjournal.com/Company/products/mook.php?mno=20160929

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  2. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  3. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
  4. 貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小…
  5. またしても…名曲鑑賞中にやってくる或る魔物について【オーディオ小…
PAGE TOP