新着記事

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

サカナイフ|魚をさばくために生まれた特別なナイフ

魚の一尾ぐらいは手際よくおろせるようになりたい。そう思ってはみても、なかなか実践に踏み出せず…

知っていればちょっと威張れる!プロサッカー面白トリビア5連発

文/鈴木拓也いよいよ開幕した2018 FIFAワールドカップ ロシア大会。日本代表の…

【夕刊サライ/神取忍】毎日の心がけ、目線を上げて体を動かせば気持ちも前向きに!(神取忍の健康・スポーツコラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。月…

ボルガ河クルーズ、ロシアの原風景を堪能する魅惑の船旅

文/印南敦史古くからヨーロッパ諸国と肩を並べ、日本の45倍もの国土を持つ「北の大国」として君…

災害時、愛するペットと避難するため用意しておくもの

6月18日の朝、大阪北部を震源とする最大震度6弱の地震が近畿地方一円を襲いました。事態は予断を許さな…

大人のデニムキャップ|経年変化が楽しめる落ち着いたデニムの帽子

デニムのキャップというと子ども用のイメージもあるが、本品は、年齢を重ねた大人にお薦めすべく、…

なんとそんな効果も!あなたが知らないビタミンCの7つの働き

文/緒方文大昨今の「アンチエイジングブーム」により、老化を防ぐ作用のある「抗酸化物質…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オーディオ小僧のアナログ日誌 第19回】

文・絵/牧野良幸


ポール・マッカートニーの2005年の作品に『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』という長いタイトルのアルバムがあるが、最近そのアナログ・レコードをついに手に入れた。中古ではなく今年(2018年)5月に再発売された新品である。

いくら人気が定着したとはいえ、今日のアナログ・レコードは限定盤で発売になるのが常識だ。発売時に「完全生産限定盤」とか「初回限定盤」とうたわれているように、再プレスはしないのだ。売り切れたらもう手に入らない。今回の13年ぶりの再発売はポール・マッカートニーという大物だから可能になった例外である。

『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』のアナログ・レコードは2005年にCDと一緒にひっそりと発売になった。マニアだけが知っている、マニアしか買わないというのが当時のアナログ・レコードだ。当然CDより価格は高い。僕はCDですました。正直に告白すればポールの最近の作品ならCDでいいか、という気持ちであった。

しかし『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』は70年のファースト『マッカートニー』のようにポールが1人で演奏しているアルバムで、ビートルズ世代には味わい深いアルバムだった。CDは長年にわたって聴き続けた。

こうなるとアナログで聴きたくなる。このアルバムはジャケットもよく(リヴァプール時代のポールが自分の家の庭でギターを弾いている写真)、LPサイズなら見栄えもしそうだ。“素晴らしいLPジャケットを手にしながら、レコードの暖かい音に耳を傾ける”、そんなアナログの妙味を味わいたいと思うのは当然であろう。

しかし時すでに遅しであった。アナログ・レコードはとっくに売り切れ。中古市場で高値がついていた。これでは考えてしまう。ちなみに知り合いのビートルズ好きに訊ねてみると『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』のアナログ・レコードを持っている人は結構いた。「ええ、CDと一緒にレコードも買っておきました」と涼しい顔でおっしゃる。羨ましい。

かくして僕は「アナログ・レコードは迷わず買うべし」という教訓を遅まきながら学んだのである。アナログ・レコードの新譜価格は、レコード会社によって大きくばらつきがあるのが現状だ。3千円台が一般的で、中には4千円台になるものもある。CDより高くつくが買うことにしている。「CDで聴いて良かったら、あとでアナログを買えばいい」とのんびり構えていては手遅れになりかねない。

実を言うとポールのアルバムでもう1枚アナログ・レコードで買わなかったものがある。『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』の次の作品、2007年の『追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル』だ。これも現在は中古を高値で買うしかない。なんとか再発売してくれないものだろうか。

アナログ・レコードは買っておかないと、僕のように未練がましいことを言い続けることになる。皆さんも過ちなきよう。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。近著に『オーディオ小僧の食いのこし 総天然色版』(音楽出版社)がある。公式ホームページ http://mackie.jp

オーディオ小僧の食いのこし 総天然色版
(牧野良幸著、定価 1,852円+税、音楽出版社)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  2. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  3. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
  4. レコードの内袋とは「下着」みたいなものである【オーディオ小僧のア…
  5. 貧乏性なオーディオ小僧の「カートリッジ交換」始末記【オーディオ小…
PAGE TOP