新着記事

世界最大の陸の孤島!映画「フィツカラルド」誕生の地、ペルー・イキトス

文・写真/原田慶子(海外書き人クラブ/ペルー在住ライター)ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツ…

かつのう3点セット|シンプルで奥深い木製パズルで脳を刺激

「かつのう」とは、脳へ適度な刺激を与えながら楽しく取り組めるパズルシリーズの名称だ。その中か…

【インタビュー】渡辺京二(思想史家・87歳)「イデオロギーは矛盾だらけ。だから歴史を学び直し人間の真実を追究するのです」

【サライ・インタビュー】渡辺京二さん(わたなべ・きょうじ、思想史家)――日本の近代論や思…

没後50年、藤田嗣治の足跡を辿る史上最大級の回顧展

取材・文/池田充枝没後50年の節目に、藤田嗣治の史上最大級の大回顧展が開かれています…

【夕刊サライ/福澤朗】楽しく飲むためのマイルール(福澤朗の美味・料理コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金…

ホースレザーのスリムショルダーバッグ|上質な馬革を使った軽くしなやかな2ウェイ鞄

軽くて丈夫な馬革を使った、新型のショルダーバッグが届いた。縦型のスリムな形状に、サライ世代の…

ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナログ日誌 最終回】

文・絵/牧野良幸今回でこの連載も最終回となった。そこで最後は将来のオーディオ小僧のア…

4日目《新得から根室へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

4日目《新得から根室へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

【夕刊サライ/パラダイス山元】メキシコ:片道7000マイル、半径100メートルの極端にピンポイントの旅(パラダイス山元の旅行コラム 第11回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。木曜日…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

今や限定盤が当たり前!アナログレコードは迷わず買っておくべし【オーディオ小僧のアナログ日誌 第19回】

文・絵/牧野良幸


ポール・マッカートニーの2005年の作品に『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』という長いタイトルのアルバムがあるが、最近そのアナログ・レコードをついに手に入れた。中古ではなく今年(2018年)5月に再発売された新品である。

いくら人気が定着したとはいえ、今日のアナログ・レコードは限定盤で発売になるのが常識だ。発売時に「完全生産限定盤」とか「初回限定盤」とうたわれているように、再プレスはしないのだ。売り切れたらもう手に入らない。今回の13年ぶりの再発売はポール・マッカートニーという大物だから可能になった例外である。

『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』のアナログ・レコードは2005年にCDと一緒にひっそりと発売になった。マニアだけが知っている、マニアしか買わないというのが当時のアナログ・レコードだ。当然CDより価格は高い。僕はCDですました。正直に告白すればポールの最近の作品ならCDでいいか、という気持ちであった。

しかし『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』は70年のファースト『マッカートニー』のようにポールが1人で演奏しているアルバムで、ビートルズ世代には味わい深いアルバムだった。CDは長年にわたって聴き続けた。

こうなるとアナログで聴きたくなる。このアルバムはジャケットもよく(リヴァプール時代のポールが自分の家の庭でギターを弾いている写真)、LPサイズなら見栄えもしそうだ。“素晴らしいLPジャケットを手にしながら、レコードの暖かい音に耳を傾ける”、そんなアナログの妙味を味わいたいと思うのは当然であろう。

しかし時すでに遅しであった。アナログ・レコードはとっくに売り切れ。中古市場で高値がついていた。これでは考えてしまう。ちなみに知り合いのビートルズ好きに訊ねてみると『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』のアナログ・レコードを持っている人は結構いた。「ええ、CDと一緒にレコードも買っておきました」と涼しい顔でおっしゃる。羨ましい。

かくして僕は「アナログ・レコードは迷わず買うべし」という教訓を遅まきながら学んだのである。アナログ・レコードの新譜価格は、レコード会社によって大きくばらつきがあるのが現状だ。3千円台が一般的で、中には4千円台になるものもある。CDより高くつくが買うことにしている。「CDで聴いて良かったら、あとでアナログを買えばいい」とのんびり構えていては手遅れになりかねない。

実を言うとポールのアルバムでもう1枚アナログ・レコードで買わなかったものがある。『ケイオス・アンド・クリエイション・イン・ザ・バックヤード』の次の作品、2007年の『追憶の彼方に~メモリー・オールモスト・フル』だ。これも現在は中古を高値で買うしかない。なんとか再発売してくれないものだろうか。

アナログ・レコードは買っておかないと、僕のように未練がましいことを言い続けることになる。皆さんも過ちなきよう。

文・絵/牧野良幸
1958年 愛知県岡崎市生まれ。イラストレーター、版画家。音楽や映画のイラストエッセイも手がける。近著に『オーディオ小僧の食いのこし 総天然色版』(音楽出版社)がある。公式ホームページ http://mackie.jp

オーディオ小僧の食いのこし 総天然色版
(牧野良幸著、定価 1,852円+税、音楽出版社)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ブームの行方は?2020年のアナログ予想【オーディオ小僧のアナロ…
  2. 一生聞かないレコードを「箱買い」してしまう病【オーディオ小僧のア…
  3. アナログ盤カッティングの職人技に大興奮!の巻【オーディオ小僧のア…
  4. ソニー・ミュージックの自社生産LPレコードが復活!【オーディオ小…
  5. かつてない新感覚のLPジャケットを考案してみた【オーディオ小僧の…
PAGE TOP