新着記事

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

受験シーズンの到来まであと2か月。受験生の親や教育関係者など、受験生を中心にその周辺も本番に向け…

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

取材・文/柿川鮎子毎日ペットが使っているリードやキャリーケースなどには、国が定める安全性に関…

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

11月9日に開催された「特製おせち」を楽しむ会。会の様子はこちらでご報告していますが、当…

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

【サライ・インタビュー】保科正さん(ほしな・ただし、家具会社顧問、デザイナー)――家具を…

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

取材・文/坂口鈴香静岡に住む母親のトキ子さん(仮名・91)が認知症になり、上野明美さ…

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

取材・文/坂口鈴香離れて暮らしている親に介護が必要になると、「遠距離介護」の問題が大きく…

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

取材・文/ふじのあやこ離婚、再婚などで複雑化する家族関係。血縁のない家族(義家族)との関…

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

取材・文/ふじのあやこ家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相…

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

ひと皿の歳時記

  1.  

    銀座「青空 (はるたか)」のまぐろのにぎり

         

    【ひと皿の歳時記~第16回】銀座「青空(はるたか)」のまぐろのにぎり一昔前までは、鮨に欠かせない「まぐろ」には12か月それぞれの味わいがありました。中でも最も香り高く味わい深いのが冬の近海で獲れた本まぐろです。その「…

  2.  

    丸の内「パレスホテル」のトリュフのタルト

         

    【ひと皿の歳時記~第15回】丸の内「パレスホテル」のトリュフのタルト2月26…

  3.  

    フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」

         

    【ひと皿の歳時記~第14回】フランス菓子「ガレット・デ・ロワ」1月、フランス…

  4.  

    元麻布「かんだ」のまぐろにトリュフ

         

    【ひと皿の歳時記~第13回】元麻布「かんだ」のまぐろにトリュフ白トリュフの季…

  5.  

    日本橋「シグネチャー」の「黒トリュフのゴーフル」

         

    【ひと皿の歳時記~第12回】日本橋「シグネチャー」の「黒トリュフのゴーフル」…

  6.  

    六本木「厲家菜」の豚肉と白菜

         

    【ひと皿の歳時記~第11回】六本木「厲家菜」の豚肉と白菜北京に本店のある「厲…

  7.  

    元麻布「かんだ」の「紅葉鯛のお造り」

         

    【ひと皿の歳時記~第10回】元麻布「かんだ」の「紅葉鯛のお造り」鯛の美味しい…

  8.  

    東銀座「流石」本店のざるそば

         

    【ひと皿の歳時記~第9回】東銀座「流石」本店のざるそばそばがいよいよ美味しく…

  9.  

    京都「大渡」の寒さばと赤かぶのおろし

         

    【ひと皿の歳時記~第8回】京都「大渡」の寒さばと赤かぶのおろし鯖の酢締めの具…

  10.  

    鳥取「かに吉」の松葉蟹

         

    【ひと皿の歳時記~第7回】鳥取「かに吉」の松葉蟹わざわざそのためにだけ旅…

  11.  

    銀座ブルガリ「イル・リストランテ」の白トリュフのリゾット

         

    【ひと皿の歳時記~第6回】銀座ブルガリ「イル・リストランテ」の白トリュフのリゾット…

  12.  

    銀座「野田岩」の蒲焼き

         

    【ひと皿の歳時記~第5回】銀座「野田岩」の蒲焼き天然鰻の最も美味しい季節とな…

  13.  

    銀座「ベージュ」のプーラルドのロティ

         

    【ひと皿の歳時記〜第4回】銀座「ベージュ」のプーラルドのロティ「プーラルド」…

  14.  

    京橋「サカキ」のカキフライ

         

    【ひと皿の歳時記〜第3回】京橋「サカキ」のカキフライ北風が吹きはじめ、気温が4,…

  15.  

    『みかわ是山居』の「松茸のてんぷら」を味わう

         

    松茸の最高の味わい方は1本の丸揚げではなかろうか。松茸の料理では土瓶蒸しはじめ数々あれど、割いたら、とたんに松茸からジュースが出てしまう。こんなもったいないことはない。「みかわ」では、まるごとてんぷらにして揚げる。それを半分に割くと、中身は香り高いジュースがたっぷり。

PAGE TOP