サライ.jp

【ひと皿の歳時記~第66回】

日本橋「noma」の青首鴨の炭火焼き

01_nomaTokyo11

02_nomaTokyo12

毎年4月ロンドンで発表される「世界の50のレストラン」で、2014年度第1位に輝いたのが、コペンハーゲンの「noma」でした。

「noma」は「Nordic(北欧)」「Mad(食事、料理)」の略で、北欧の食材だけでフルコースを組んだレストランです。

「自然」「素朴」「エコ」など今の世界の潮流をリードするレストランでもあります。

シェフはまだ30代のレネ・レゼッピさん。

このレネシェフが料理人35人、サービススタッフ15名を引き連れて、東京へ大移動してきました。

1月9日から2月14日まで、日本橋のホテル「マンダリン・オリエンタル」で「ノーマ・アット・マンダリン・オリエンタル・東京」を開催中です。

日本の食材ばかりを駆使しての料理で、その最初の一皿は生きているしま海老に蟻が添えられています。

蟻酸(ぎさん)と言ってレモングラスを思わせる酸味が、海老の甘みを引き立てます。

秋田の青首鴨の炭火焼は脂身が匂わず、しっとりとした焼き上がりで見事でした。

セカンドサービスで出てきた頭や首も堪能しました。

中でも脳みその甘くてとろけて美味しかったこと! 忘れられない味となりました!

 

03_noma15

04_noma16

 

 

店舗情報

店名 マンダリン・オリエンタル・東京
住所 東京都中央区日本橋室町2-1-1
TEL 03-3270-8800
URL  http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/hotel-offers/noma/

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア