新着記事

現役キャバ嬢1000人に聞いた、お酒の席で好かれる人・嫌われる人

おこもり生活に役立つアプリ「dマガジン」の使い方【スマホ基本のき 第19回】

『まさか!の高脂質食ダイエット』

「高脂質食ダイエット」に学ぶ、食べてよい脂肪、食べてはいけない脂肪

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

取材・文/坂口鈴香

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

photoBさんによる写真ACからの写真

政府は、2015年に策定した「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」の後継となる「大綱」案を5月に公表し、「70代の認知症の人の割合を10年間で1割減らす」と認知症予防の数値目標を提示した。ところが「認知症は発症の原因が解明されていないにもかかわらず、予防できるという誤解を生む」などの批判が起こり、結局この数値目標は予防推進の際の参考値とすることになったわけだが、依然として「本人の努力が足りないから認知症になったわけではない」という声は少なくない。

冷蔵庫にぎっしり詰まったキャベツ

中野美佐さん(仮名・42)が母親(71)の言動に違和感を持ちはじめたのは、10年以上前にさかのぼる。

「母が60歳前後のころだったと思います。実家の冷蔵庫にキャベツが5個も6個も入っていたんです。よく入ったなと思いますが、たぶん下にあったキャベツは腐ってドロドロになっていたんでしょうね」

冷蔵庫に同じ食品がたくさん入っている、というのは典型的な認知症の初期症状だ。しかし、当時中野さんの母親は若かったし、中野さんも父親(73)も認知症についての知識はまったくというほど持っていなかった。

中野さんは両親と兄の4人家族。専業主婦だった母親は、ドジで“ボケキャラ”。陽気な性格で友人も多かった。友人とサークル活動をしたり習い事をしたりと、外に出て趣味を楽しんでいた。中野さんが30歳になるのを機に一人暮らしをはじめたころ、兄も結婚して家を出た。

「もともと家事は嫌いな人で、いつも愚痴を言いながらやっていました。私と兄が家を出たところに、定年退職した父がいつも家にいるようになったのが相当ストレスだったようです」

追い打ちをかけるように、かわいがっていた飼い猫までが亡くなった。それが引き金になったのではないかと、中野さんは考えている。

“冷蔵庫事件”以外にも、「あれ?」という言動は増えていった。しかし、中野さんと父親は、母親がもともと“天然”な人だったため、どこから認知症なのか区別できなかったという。そのため、中野さん父娘が「やはりおかしい。認知症ではないか」と母親を物忘れ外来に連れていったのは、違和感を持ちはじめてから数年経ってからだった。

これからは母親ではなく病人として扱おう

母親の脳のCT画像を見た医師は「アルツハイマー型若年性認知症」だと診断した。認知症は一般的に高齢者に多い病気だが、65歳未満で認知症を発症した場合「若年性認知症」という。

「父が病院に連れていったのですが、母方の祖母も認知症だったので、母は『お母さんと一緒だわ』『私、ボケちゃったのね』と言っていたそうです。もっとも病院に行ったこと自体、すぐ忘れてしまったようですが」

中野さんはすでに母親は認知症だと確信していたので、格段ショックは受けなかったという。

「逆に、それまで母の行動にいら立って怒ってしまうこともあったのですが、目に見えて脳が委縮しているのだから、もうどうしようもない病気なんだ。これからは母親ではなく病人として扱おうと意識を変えました。父とも『お母さんを怒ったり、言うことを否定したりしないで、何でも聞いてあげるようにしようね』と話したのを覚えています」

中野さんは、実家に帰るたびに、母親を外に連れ出して買い物をしたり、お茶を飲みながら母親が何度も同じことを話すのをひたすら聞いたりした。

将来的なことは、この時点では考えられなかった。そこまでの理解も想像もできなかった、と振り返る。

後編に続きます】

取材・文/坂口鈴香
終の棲家や高齢の親と家族の関係などに関する記事を中心に執筆する“終活ライター”。訪問した施設は100か所以上。20年ほど前に親を呼び寄せ、母を見送った経験から、人生の終末期や家族の思いなどについて探求している。

  1. masa2さんによる写真ACからの写真

    親の終の棲家をどう選ぶ?|超遠距離介護を続けるシングル一人娘の今――三たび扉は開いた

  2. いおスタさんによる写真ACからの写真

    親の終の棲家をどう選ぶ?|シングル一人娘の超遠距離介護――退職金で親の家を買う【後編】

  3. AKO110さんによる写真ACからの写真

    親の終の棲家をどう選ぶ?|シングル一人娘の超遠距離介護――退職金で親の家を買う【前編】

  4. himawariinさんによる写真ACからの写真

    親の終の棲家をどう選ぶ?|遠距離介護のために仕事を辞めた一人娘【後編】

  5. himawariinさんによる写真ACからの写真

    親の終の棲家をどう選ぶ?|遠距離介護のために仕事を辞めた一人娘【前編】

  6. himawariinさんによる写真ACからの写真

    親の終の棲家をどう選ぶ?|一人娘で独身。アラフィフ女性の超遠距離介護【後編】

  7. まこりげさんによる写真ACからの写真

    親の終の棲家をどう選ぶ?|一人娘で独身。アラフィフ女性の超遠距離介護【前編】

  8. 遠距離介護|仕事とどう両立する?

    【遠距離介護】仕事と介護を両立する方法

  9. 遠距離介護|交通費を節約するには?

    【遠距離介護】新幹線、飛行機、実家に帰る交通費を節約する方法

  10. https://serai.jp/wp-admin/post.php?post=383647&action=edit

    親の終の棲家をどう選ぶ?|東京に戻ると冷静になれる――遠距離介護を成功させるコツ【後編】

  11. 親の終の棲家をどう選ぶ?|東京に戻ると冷静になれる――遠距離介護を成功させるコツ【前編】

    親の終の棲家をどう選ぶ?|東京に戻ると冷静になれる――遠距離介護を成功させるコツ【前編】

  12. 親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

    親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

  13. 親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

    親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

  14. ノノママhttps://www.photo-ac.com/profile/2434086さんによる写真AChttps://www.photo-ac.com/からの写真

    自然災害から、介護の必要な親をどう守る?|「水が来たらあきらめるしかない」と覚悟を決めた老老介護の妻

  15. 「過ぎてしまったことは、苦労とは思わない。今が一番幸せ」―“サ高住から脱走した”母に聞く

    親の終の棲家をどう選ぶ?|「過ぎてしまったことは、苦労とは思わない。今が一番幸せ」-“サ高住から脱走した”母に聞く-

  16. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

    親の終の棲家をどう選ぶ?|「もう失敗はできない」母に合った住まいを探す【後編】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「死によってすべてが終わるのではなく、新しいステージに移る」老人ホームの施設長はシスター【4】 親の終の棲家をどう選ぶ?|修道会が運営する施設ならではの看取りと…
  2. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「あたしゃ、なーして、こげんところに入っとっとじゃろか?」老人ホームの施設長はシスター【3】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「養護老人ホーム」とはどんなもの?入所…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「自分を生かすために、一人ひとりふさわしい道がある」老人ホームの施設長はシスター【2】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「自分を生かすために、一人ひとりふさわ…
  4. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「結果としてここに導かれた」老人ホームの施設長はシスター【1】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「結果としてここに導かれた」老人ホーム…
  5. 老後を自宅で過ごしたいなら|「いつでも連絡してください」というケアマネジャーを求めるのは間違い?【後編】 【老後を自宅で過ごしたいなら】「いつでも連絡してください」という…
PAGE TOP