新着記事

もしお孫さんが「もの」ばかり要求するとしたら、心が満たされていないからです。【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

子どもの心は日々の食事で満たされる【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

新型コロナウイルスで外出自粛、巣ごもり消費で増えたもの、減ったもの

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

【ビジネスの極意】優秀な若手社員はなぜ退職するのか?

時代を超えて大きな説得力を持つ言葉の数々|『倉本聰の言葉 ドラマの中の名言』

時代を超えて大きな説得力を持つ「倉本聰の言葉 ドラマの中の名言」

【ASD(自閉症スペクトラム)と子育て実態調査】ASD理解ギャップ編|ASDに対する認知・理解の実態とそのギャップについて

その特性が正しく理解されていない「ASD(自閉症スペクトラム)」と子育ての実態

大人女子の半数が「イボに悩んだ」経験あり! 30歳以上の女性が選んだ対処法と理想の対策

(1)ビル・エヴァンス『自己との対話』(ヴァーヴ) 演奏:ビル・エヴァンス(ピアノ) 録音:1963年2月6、9日、5月20日 最初の試みを「3台」で考えたところがじつに大胆。バラードの「ラウンド・ミッドナイト」などはピアノ3台では少々賑やかすぎる感じも受けますが、どうせやるなら狙いは明確に出そうということでしょう。なお、このアルバムはエヴァンス初のグラミー賞受賞作品となりました。

ビル・エヴァンスが3人いる!? 「自己との対話」という挑戦【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道48】

【瞑想に興味のある女性1,053人に聞きました!】実際に瞑想したことがある?、ない?

瞑想に興味がある女性1,053人に聞いた「瞑想と出会ったきっかけ」

50歳以上は対策が必要⁉ 免疫力を上げるために効果的なこと

味噌カレー牛乳ラーメン

【管理栄養士が教える減塩レシピ】 食事にも牛乳を取り入れて上手に減塩!「じゃがいもとアスパラのグラタン」「味噌カレー牛乳ラーメン」

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?|遠距離介護のために仕事を辞めた一人娘【前編】

取材・文/坂口鈴香

himawariinさんによる写真ACからの写真

himawariinさんによる写真ACからの写真

一人娘である中澤真理さん(仮名・54)は東京に住み、両親は九州で二人暮らしをしていた。父、要さん(仮名・96)は80歳になる直前、脊柱管狭窄症で歩行が困難になったが、手術を決断。手術は成功して再び歩けるようになり、自立した二人暮らしが続いた。

しかしそれから10年、要さんが90歳になったころ、異常行動が頻発するようになった。とうとう浴室で転倒して入院してしまう。原因は睡眠導入剤の多用によるものだった。東京から中澤さんが駆けつけたことで安心した母富代さん(仮名・90)も寝込んでしまった。

ようやく起き上がれるようになった富代さんと、これからの両親の生活について話した中澤さんは、「なぜこれまで気がつかなかったんだろう」と自分を責めることになった。

(「親の終の棲家をどう選ぶ? 一人娘で独身。アラフィフ女性の超遠距離介護」から続きます)

■エレベーターのないマンションが陸の孤島になる

「実家は築40年くらいの古いマンションでした。しかも、4階建ての低層マンションだったので、エレベーターがなかったんです。実家はその3階。父は『ここで死ぬ』と常々言っていましたが、母は『ここでずっと暮らしていくのは不安』だと言っていました。その言葉で私が母のSOSを感じ取るべきだったんです」

要さんは、脊柱管狭窄症の手術後、回復とともに自由に外出できる生活に戻っていたのだが、睡眠導入剤の飲みすぎで次第に行動がおかしくなり、80代後半になるとほとんど外に出なくなっていたのだという。

「父は頑固な九州男児だったので、不安を感じても私には何も言いませんでした。母が一人で受け止めていたんです」

その母、富代さんも80代半ばにさしかかり、エレベーターのないマンション生活に不安を抱いていたことがわかった。

自宅のある3階までの階段が辛くなり、特に買い物をして荷物が重くなると、2回に分けて3階まで運んでいたのだ。

「せっかく安売りをしているんだからと、12ロール入りのトイレットペーパーとか、5キロのお米とかを買ってしまい、重くて一度に階段を上れなくなくなっていたようです。それに私が帰っているときは、私が荷物を持つので、母の辛さにまったく気がつかなかったんです。なんてバカだったんだろうと思いました」

中澤さんは改めて親の老いを認識した。そして、ちゃんと親と向き合おうと決心したのだ。

「このままじゃダメだと痛感したんです。これまで私は父の味方をしてきました。父の『この家で死にたい』というプライドを尊重したかったんです。私には母の現状が見えていなかった。階段が上れなくなると、3階の家は陸の孤島になるでしょう。それに階段が使えたとしても、歩いて5分ほどの近くのスーパーまで、行きはゆるやかな下りですが、帰りは上り。胃がほとんど残っていなくて、体重が35キロを切るほどの母にとっては、それくらいの坂でさえ大変になっていたんです」

■SOSのサインを出していた母

「3か月に1回帰るくらいじゃ、間に合わない」――

中澤さんは、両親の老いの現状がはっきりとわかった。両親が立て続けに倒れて、このままでは「親も死ぬんだ」という実感が迫ってきたのだ。

「母は頭もしっかりしていましたし、母自身の苦しさがまったくわかっていなかったんです」

親は、自分の老いや辛さをはっきり言わないことがある。子どもに心配をかけたくないという気持ちもあるのだろう。でも、“サイン”は発している。それが中澤さんの場合、富代さんの「不安だ」という言葉だった。

そういえばこんなこともあった、と中澤さんは振りかえる。

「最近、母は逆流性食道炎のため、可動式ベッドで上半身を少し上げて寝るようになったんですが、『ずる』と言うんです。それだけでは何のことかわからなかったんですが、よくよく聞いてみると、背を上げて寝ると小柄な母は下にずり落ちてしまうということだったんです。それで低反発マットを使ってみると、改善できました。逆に体重の重い父には低反発マットは沈み込んで合わなかったんですが、小柄な母には適していた。『ずる』という言葉がそのサインだったんです。些細な言葉を聞き逃さず、それが何を意味しているのか感じ取ることが大事だったんだと改めて思いました」

富代さんは“職業婦人”から専業主婦になったとはいえ、一人娘には好きな仕事に専念してほしいという思いが強かった。要さんが倒れるまでは、娘の力がなくても富代さんだけで問題を解決できていた。老いとともに、自分一人ではどうにもならなくなっていたのだった。

後編に続きます】

取材・文/坂口鈴香
終の棲家や高齢の親と家族の関係などに関する記事を中心に執筆する“終活ライター”。訪問した施設は100か所以上。20年ほど前に親を呼び寄せ、母を見送った経験から、人生の終末期や家族の思いなどについて探求している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 郷里に住む親の介護で自滅しないための「遠距離介護」という選択 大半の高齢の親は子との同居は望んでいない!? 遠距離介護で自滅し…
  2. masa2さんによる写真ACからの写真 親の終の棲家をどう選ぶ?|超遠距離介護を続けるシングル一人娘の今…
  3. いおスタさんによる写真ACからの写真 親の終の棲家をどう選ぶ?|シングル一人娘の超遠距離介護――退職金…
  4. AKO110さんによる写真ACからの写真 親の終の棲家をどう選ぶ?|シングル一人娘の超遠距離介護――退職金…
  5. himawariinさんによる写真ACからの写真 親の終の棲家をどう選ぶ?|遠距離介護のために仕事を辞めた一人娘【…
PAGE TOP