新着記事

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語

幕末から明治維新へ、激動の日本に暮らした「ドクトル・ヘボン」が聞いて綴った日本語【世界が変わる異文化理解レッスン 基礎編18】

男性管理職のメンタル不調は深刻化か? メンタル不調の悩みの約4分の1は40代男性から!

男性40代のメンタル不調が急増!? 悩みの原因は「職場の問題」と「自分自身のこと」

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

【ビジネスの極意】新リーダーのための「リーダーシップ」理論

油麻地

懐かしく怪しき香り漂うディープな街 「油麻地」裏通りを行く(香港)

『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』

令和初のボーナスの使い途|使う金額、用途、支払い方法は?

令和初のボーナスの使い途|将来のために貯金をする人が約7割!

『サラ・ヴォーン・シングス・ジョージ・ガーシュウィン』

テンポもムードも自由自在。悲しくて、そして楽しいガーシュウィンの大人気曲【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道15】

小宮悦子×中野信子スペシャルトークイベント ~いい記憶をつくる考え方~[PR]

オフィスの温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスの温度事情

エアコン温度が仕事効率や人間関係を変える!?|夏場のオフィスは7割以上の男性は“暑い”、女性の過半数は“寒い”

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

取材・文/坂口鈴香

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

中野美佐さん(仮名・42)さんの母親は60歳を過ぎたころ「アルツハイマー型若年性認知症」と診断された。中野さんは、これから母親ではなく病人として扱おうと意識を変えた。そして父親とも「お母さんを怒ったり、言うことを否定したりしないで、何でも聞いてあげるようにしよう」と話し合い、実践することにした。

前編はこちら】

母親から「死ね」と怒鳴られる

しかし、母親の認知症は確実に進んでいった。

「被害妄想が激しくなっていきました。お金や宝石がなくなった、誰かに盗られたと言ってしょっちゅう騒ぐようになりました。姪を泥棒と決めつけて、電話して怒鳴り散らしていたこともあります。お金への執着は顕著で、家中の至るところにお金を隠そうとしてはそれを忘れて『盗まれた』と言うんです」

さらに、気分のムラもひどくなった。機嫌が悪くなって暴言を吐く、暴れてはものを投げる……飼っていた猫をベランダから投げ落とそうとしたこともあったという。

「私が一番つらかったのは、暴言を吐かれることでした。母から面と向かって『お前なんか死ね』と怒鳴られるとそれは凹みました。病気とはいえ、こんなひどいことを言われるんだと驚きの方が大きかったですね。私は人前では泣けないので、隠れて一人で泣いていました」

いざとなったらみんなで心中しよう

母親の言動に困り切った父親と中野さんは、市役所や民生委員に相談した。

「介護サービスを利用するには、要介護認定を受ける必要があると言われました。それで初めて要介護認定という手続きを知ったんです。私たちは、それすら知らなかったんです」

母親が若年性認知症と診断されて2年余り、ようやく要介護認定にたどり着いたというわけだ。母親は要介護4と認定され、近くの特別養護老人ホーム(特養)でデイサービスを利用することになった。

このころになると、激しい気分のムラは落ち着いてきていたが、今度は徘徊がはじまった。

「一晩、行方不明になったこともあります。毎回警察に届けましたが、見つけてくれたことはなく、いつも善意の人が保護してくれていました。世の中捨てたもんじゃないと思いましたね」

このとき母親はまだ60代半ば。暴れるのも徘徊するのも体力がある。その分介護する側は大変だった。「祖母が認知症になったのは80歳近くなってからだったので、『まあしょうがない』と周りも受け入れやすいように感じます」と明かす。

徘徊に関しては、母親が勝手に家を出ていかないよう、カギを増設したことでほぼ解消された。

次に中野さんと父親が悩まされたのは、排せつの問題だった。トイレで排せつできなくなったので、オムツを使用することにした。

「オムツを替えるのは、日ごろ介護をする父がやるしかありません。父は亭主関白で、家事など何一つできない人だったので大変だったようですが、必要に迫られれば人間何でもできるんだなと思いました」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 『定年後に泣かないために、今から家計と暮らしを見直すコツってありますか?』 老後資金、結局いくら必要?|『定年後に泣かないために、今から家計…
  2. 2019年還暦人を徹底調査 60歳の格差広がる|還暦人の貯蓄額平均は2,956万円、一方4人…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】 親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった…
  4. 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにする遺言書』 「争族」を避けたいなら、遺言書は書いておこう|『子どもを幸せにす…
  5. photoBさんによる写真ACからの写真 親の終の棲家をどう選ぶ?|3度の脳梗塞に襲われた妻。その時、夫が…
PAGE TOP