新着記事

新型コロナウイルスによる「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

新型コロナウイルスの「休校体験」から子どもたちに学んでほしいこと【異文化リテラシー レッスン9】

ストレスが原因なのか、便秘になることが増えてきた人の処方箋【不摂生でも病気にならない人の習慣】

ペットの名前ランキング2020、犬1位は「ココ」、猫1位は「レオ」、犬種別、猫種別の1位は?

2020年1月26日。東京・丸の内で行なわれた70歳の「バースディ・ライブ」のステージで。『エーゲ海のテーマ~魅せられて』を優雅に熱唱。1979年に200万枚の大ヒットを記録、日本列島を席巻したジュディさんの代表曲だ。真っ白い衣装に透けるシルエットが美しい。

【インタビュー】ジュディ・オング(歌手、女優、木版画家・70歳)「これからは毎日をお正月にしよう」古稀を迎えて、そう決めたんです

アフターコロナ旅行調査、国内旅行は3か月以内、海外旅行は6か月以内に行きたい人が多数!

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

市販薬に頼りがちな痔の薬。使い続けてはいけない理由|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第26回】

ジョー・パス『カリフォルニア・ブリーズ』

「驚きの顔合わせ」から見えたフュージョン・ギターの源流【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道55】

アスパラの豆乳レモンクリームスパゲティ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】柔らかくて甘い、旬のアスパラガスを使ったレシピ2品

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態調査

伝染するストレス! 自粛警察が生み出す生きづらさの実態

樺細工の三段小ダンス|2種の桜の皮を使い豊かな表情。手練の樺細工職人が丹精込めた

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?|一人娘で独身。アラフィフ女性の超遠距離介護【前編】

取材・文/坂口鈴香

まこりげさんによる写真ACからの写真

まこりげさんによる写真ACからの写真

親の終の棲家をどう選ぶ? 認知症になった母」「親の終の棲家をどう選ぶ? 東京に戻ると冷静になれる」では、東京と静岡をクルマで往復して遠距離介護をする上野さんの事例を紹介した。

今回は、飛行機を使って東京と九州を往復している「超遠距離介護」をする中澤真理さん(仮名・54)に話を伺った。

■両親はともに90代。二人暮らし歴は35年

東京在住の中澤真理さんは、一人娘。両親は2人で九州に住んでいる。父の要さん(仮名)は96歳、母の富代さん(仮名)は90歳。超高齢の二人暮らしだ。

中澤さんは、大学入学時に親元を離れて以来、実家には盆と正月くらいしか帰らない生活を送ってきた。富代さんは、当時としては珍しく女学校を出たあと、地元の大企業でタイピストをしていたという“職業婦人”。結婚して家庭に入ったとはいえ、娘には好きな仕事を続けてほしいという思いが強かったのだ。

幸い両親は元気だった――といっても、中澤さんが小学生のころ、富代さんは重度の胃潰瘍のため胃の大部分を切除している。

「そのせいで、私は幼いころから母が疲れたりすると『お母さん、死んじゃうかも』と怖い思いをしていました」

しかし、富代さんはこの病気のおかげで食事には細心の注意を払うようになった。油ものはあまりとらず、野菜を中心にとり、栄養価についての知識も豊富になった。そんな富代さんの健康的な手料理が奏功して、両親は70代になっても大きな病気もせず、中澤さんも安心して仕事に打ち込めたのだった。

■父が脊柱管狭窄症で手術を決断

そんな両親に最初の老いという壁が眼前に立ちはだかったのは、父要さんが80歳になる直前のこと。歩行が困難になったのだ。

「父は典型的な九州男児。威張るわけではありませんが、頑固で、我慢強い人でした。そのせいで、『歩けない』とか『足がしびれる』などとは一言も言わなかったんです。お正月に帰ったときに、父の足がたびたび止まることに異常を感じて、病院に連れて行きました」

病名は、脊柱管狭窄症。脊柱管が狭くなって脊髄が圧迫され、腰の痛みや足のしびれなどの症状が出てくる。長時間歩くと症状が悪化し、しばらく休むとまた歩けるようになる「間欠跛行(かんけつはこう)」が典型的な症状だ。

要さんは高齢ではあったが、足以外には体に何の問題もない。病気による痛みがなくなれば、元の生活ができると考え、手術を決断した。

「背中の骨を砕いて、ボルトを入れて固定するという大手術でした」

確かに思い切った決断だ。手術をしても痛みがとれない高齢者も少なくないし、入院によって環境が変わり、認知機能が低下してしまうリスクもある。

■頑固な性格が回復を早めた

しかし、要さんの選択は「吉」と出た。

「手術直後は一時的に車いすになったので、このまま元の状態に戻らなくなるかもしれないと覚悟しました。ところが、さすが頑固な父だけあって、翌日には『他人に下の世話をしてもらうのはイヤだ』と、自分でトイレに行ったんです。術後の痛みがないわけではないのに、頑固な性格のおかげで回復が早まりました」

さらに幸運なことに、当時要さんの住む市は、そのころ医療に力を入れていた。全国から有能な各科の医師や理学療法士(PT)を集めていたのだ。医師やPTの手腕で、3か月の入院中に歩行能力も以前以上に回復し、杖も使うことなく元気に自宅に戻った。

中澤さんの遠距離介護はこうして回避された。

両親は、自立した二人暮らしを80代でも続けた。タイピストだった富代さんは、新しい機器に挑戦する意欲も高かったので、パソコンやスマートフォンも瞬く間にマスターした。スマートフォンのSNSアプリは、遠く離れて暮らす中澤さんと富代さんの連絡ツールとして大活躍している。

「絵文字やスタンプなど、私でも驚くほど活用できていて、我が母ながら感心します」と中澤さんは誇らしげに語る。

後編に続きます】

取材・文/坂口鈴香
終の棲家や高齢の親と家族の関係などに関する記事を中心に執筆する“終活ライター”。訪問した施設は100か所以上。20年ほど前に親を呼び寄せ、母を見送った経験から、人生の終末期や家族の思いなどについて探求している。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「死によってすべてが終わるのではなく、新しいステージに移る」老人ホームの施設長はシスター【4】 親の終の棲家をどう選ぶ?|修道会が運営する施設ならではの看取りと…
  2. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「あたしゃ、なーして、こげんところに入っとっとじゃろか?」老人ホームの施設長はシスター【3】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「養護老人ホーム」とはどんなもの?入所…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「自分を生かすために、一人ひとりふさわしい道がある」老人ホームの施設長はシスター【2】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「自分を生かすために、一人ひとりふさわ…
  4. 親の終の棲家をどう選ぶ?|「結果としてここに導かれた」老人ホームの施設長はシスター【1】 親の終の棲家をどう選ぶ?|「結果としてここに導かれた」老人ホーム…
  5. 老後を自宅で過ごしたいなら|「いつでも連絡してください」というケアマネジャーを求めるのは間違い?【後編】 【老後を自宅で過ごしたいなら】「いつでも連絡してください」という…
PAGE TOP