新着記事

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方 本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】 江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演 一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR] 「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ 高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!? 枕職人がつくった快眠枕 ジムナストHIDA|快適な眠りもたらす日本製の理想的な枕 『男のチャーハン道』 「パラパラ」のチャーハンを目指した男の求道記|『男のチャーハン道』 お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯 司馬遼太郎も信じなかった犬の伊勢参り|お伊勢参り犬と同行した愛犬家大名・松浦静山の天晴れな生涯

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

暮らし

親の終の棲家をどう選ぶ?| その「有料老人ホーム」の職員は信頼できる? 確認ポイントはココ!

取材・文/坂口鈴香

親の終の棲家をどう選ぶ?| そのホームの職員は信頼できる? 確認ポイントはココ!

昨年末、鹿児島の有料老人ホームで入居者の死亡が相次いだという報道に、またかという思いをした人も多いのではないだろうか。原因は解明されていないものの、介護職員全員が一度に辞めたことが影響しているのではないかと言われている。死亡者と直接のかかわりは証明できないとはいえ、その後、別の入居者に対する介護放棄も指摘された。結局このホームは閉鎖されることが発表された。

このホームは「住宅型有料老人ホーム」で、外部の介護事業所から訪問介護サービスを受けるタイプなので、介護が必要な入居者がまったく介護サービスを受けられなかったとは考えにくい。とはいえ、介護職員が一人もいなくなったという状態は異常だ。

(「介護付き有料老人ホーム」「住宅型有料老人ホーム」などの違いは「有料老人ホームとサ高住の違いは? 『老後の住まい』7種類の違いまとめ」で解説している)。

筆者がこれまでに見学した有料老人ホームでも、「数年前にほとんどの職員が辞めたらしいが、問題を抱えているのではないか」という噂を聞いたことがある。介護関係者の間でそうした噂が流れていて、そのホームの介護サービスの質が保てているか危ぶまれていながら、入居を検討している人には把握できないのは問題だ。ましてや入居後にそうした状態になると死活問題である。

有料老人ホームに限らず、高齢者施設では介護職員が入居者の生活の質を左右する。終の棲家を選ぶ際、もっとも重要なポイントだろう。

今回は、信頼できる職員がいるホームかどうかを見極めるポイントをお伝えしたい。

●見学でチェックするポイント

百聞は一見に如かず。直接自分の目で見て、ホームや職員の雰囲気を感じ取ることが一番。とはいうものの、一回の見学だけで職員の質を見極めるのは簡単ではないのもまた事実だ。それでもセオリーはある。

それが、「目を見て挨拶をしてくれるか」「笑顔はあるか」だ。漠然としているようだが、評判の良いホームは、職員の印象も良い。

それから、昼食の試食ができるようなら、入居者が食事をする場で食事をしてみよう。要介護者のペースで、食べ物を口に入れているか、話しかけているか。ご飯もおかずも、すべて混ぜて食べさせたりしていないだろうか。介護が必要な入居者への対応を見ていれば、適切な介護サービスが提供されているかどうかはある程度把握できるはずだ。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金が戻らない⁉ 親の終の棲家をどう選ぶ?| 有料老人ホーム、倒産したのに前払い金…
  2. 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる老人ホーム紹介センターを探すには 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる「老人ホー…
  3. 親の終の棲家をどう選ぶ?| 90歳の母の決断~生まれ育った四国か…
  4. いつか訪れる配偶者との別れ|『没イチ パートナーを亡くしてからの…
  5. あなたは長生きしたい?したくない?男性と女性で違う老後への意識を…
PAGE TOP