新着記事

江戸切子 蓋ちょこ|伝統と現代の趣向を合わせたモダンな切子グラス

「ガラスの醸し出す儚さにこそ魅力がある」とガラスへの熱い想いを語るのは、廣田硝子代表取締役社…

本の土偶と埴輪にハマりすぎてしまった、一人の愛すべきフランス人

一体なぜ? 「縄文土偶」にハマりすぎたフランス人

文・写真/レリソン田島靖子(海外書き人クラブ/フランス在住ライター)フラ…

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】依存し合う母娘。「私のようになってはいけない」という母の意思を受け継いだ娘が持つ結婚観とは~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

75歳以上の“粗食”は“フレイル”(加齢による心身の衰弱)と関連|必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在

75歳以上は痩せている人の方が高リスク!? 高齢者の2人に1人が“フレイル”(加齢による心身の衰弱)の疑いあり

必要な食事量が摂れていない高齢者が多く存在 高齢者の意識は「粗食が大切」、一方、 管理栄養士は「…

ヘルニア・腰痛・坐骨神経痛 朝起きる時の腰の痛みを改善するセルフケア&ストレッチ【川口陽海の腰痛改善教室 第26回】

文/川口陽海腰椎椎間板ヘルニア、腰痛、坐骨神経痛などで、朝起きる時に腰が痛くなること…

水晶彫りの酒器|水晶のような小窓からのぞく美酒を愛でつつ一献

穴から酒がこぼれてしまう!?と一瞬ひやりとするこの珍貴な酒器を手がけているのは、磁器産地・波…

活用しないともったいない! 自治体独自のサービスや「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守ろう

活用しないともったいない「見守りサービス」! 「自治体独自の活動」や「ふるさと納税」で離れて暮らす親を見守る方法

取材・文/坂口鈴香高齢の親と離れて暮らす家族にとって、親に変わったことがないかは最大…

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断なのか

獣医さんに聞く、なぜ秋にこそペットの健康診断が必要なのか?

取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司夏休みに家族旅行をした時、ホテルサービスをしている…

現代人の3人に1人が孤独死しやすい?

現代人の3人に1人が可能性あり!孤独死しやすい人の共通点とは?

現在、日本では高齢者が増加する一方で、「孤独死」を迎える方も増加。その数は、年間3万人にものぼるとい…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    イパネマの娘|ジャズとラテン・ミュージックの深い関係とは【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第6巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズ耳養成マガジン『JAZZ100年』6号のテーマは、ジャズとラテン・ミュージックの関係です。チャーリー・パーカー(アルト・サックス)とともに〝ビ・バップ革命〟を推進させたトランペッター、ディジー・ガレスピーは…

  2.  

    センチメンタル・ジャーニー|アルト・サックスという楽器の2つの魅力とは【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第5巻

         

    文/後藤雅洋前回、ジャズで使われるサックスはだいたい4種類であると説明しました。そし…

  3.  

    チュニジアの夜|テナー・サックスがジャズの花形楽器になった理由【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第4巻

         

    文/後藤雅洋本論に入る前に、トランペットと並んでジャズを代表する楽器であるサキソフォ…

  4.  

    朝日のようにさわやかに|ジャズ入門の近道は「聴き比べ」にあり【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第3巻より

         

    文/後藤雅洋私は20歳でジャズ喫茶を開店したので、お客様から「ジャズ・マニアの熱が嵩…

  5.  

    マイ・ファニー・ヴァレンタイン|なぜトランペットは「ジャズっぽい音」がするのか【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第2巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズを代表する楽器って、いったい何だと思います? もちろん人それぞれの…

  6.  

    ワルツ・フォー・デビイ|ジャズに親しむにはピアノ・トリオから【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第1巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズの聴きどころのコツを掴む「ジャズ耳」養成マガジン『JAZZ100年…

  7.  

    蕎麦切り寺の「絶対秘仏」はこうして撮影した

         

    天正10年(1582)に、織田信長配下の軍に焼き払われた宝蔵院の「絶対秘仏」を撮影するために、2…

  8.  

    蕎麦切り寺の「絶対秘仏」を撮ることになった

         

    「正月蕎麦の伝統」でちょっと触れた、新潟県妙高山麓の幻の蕎麦切り寺「宝蔵院」の本尊は、絶対秘仏で…

PAGE TOP