新着記事

越後亀田縞ハンチング|伝統織物で仕立てた小粋な木綿ハンチング帽

新潟県の「亀田郷」(現新潟市)に約300年前から伝わる綿織物が「亀田縞」だ。農民が織りはじめ…

失敗を恐れずに進むことが特効薬|『「感情の老化」を防ぐ本』

40代から始まる「感情の老化」を食い止める方法|『「感情の老化」を防ぐ本』

文/印南敦史「昔にくらべ、なにかに感動しなくなった」とか、嫌なことがあると、ずっと引きず…

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

春の体調管理の鍵を握るのは免疫力を上げる「たんぱく質」!

取材・文/末原美裕春は気温の寒暖差が激しい季節ですが、満開の桜の横に雪が積もったりと…

「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

【ビジネスの極意】「褒められると伸びるタイプなんです」と言う部下への接し方

人は誰でも褒められばうれしいもの。だが、褒めて伸ばす、とモットーとしても、そればかりでいいのだろ…

ペーパーグラス|眼鏡作りの聖地が生んだ驚異の薄型軽量読書眼鏡

今では国産眼鏡フレーム生産の95%以上を担い、“眼鏡の聖地”とも言われる福井県鯖江市。古くか…

仏像曼荼羅イメージ 東寺蔵

空海発案の立体曼荼羅21体のうち、15体が集合【特別展「国宝 東寺―空海と仏像曼荼羅」】

取材・文/藤田麻希京都の玄関口として馴染み深い東寺(正式名称は教王護国寺)。五重塔が見えると…

災害時に愛猫がPTSDに陥ったら!|知っておきたい「猫のPTSD」治療法

文/一乗谷かおり 猫にもあるPTSD昨年発生した大阪府北部地震の際、SNSなどをチェック…

竹製のスタンドにヤシの葉のうちわを常備。和室はエアコンを設置せずに、うちわや扇風機で涼をとります。網戸がなく、窓を開けっ放しにしているため、家中のいたるところに置いている蚊取り線香入れは、バリ島でつくられたもの。

春過ぎて夏を待つ日に葉山の家へ【桐島かれん『KAREN’s』】

ブランドの買い付けなどで月に一度は旅をしている桐島かれんさんは、週末、古民家を改修した葉山の家で日本…

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

つい先日も定年引き上げが話題となったが、定年を迎えてからの人生、まだまだ働ける、と思っている…

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

山梨県市川大門(市川三郷町)にある『大直』というメーカーがつくったのは、軽量な和紙を使った財布だ。…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    サライ2014年9月号|特集は「国宝への旅」です。

         

    明治30年の「古社寺保存法」の成立により初めて誕生した「国宝」。そもそもは、明治初期の廃仏毀釈で多くの寺院の宝物が失われた反省から、日本の伝統文化を保護しなくてはならないという機運が高まったことがきっかけになっています。現在の国宝件数は…

  2.  

    木の葉の子守唄|映画産業と戦争特需から生まれた“白人ジャズ”【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第10巻より

         

    文/後藤雅洋おそらく戦後日本のジャズ・ファンが最初に接した「本場」のジャズは、今号の…

  3.  

    グルーヴィン・ハイ|ジャズを変えたビ・バップ革命【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第9巻

         

    文/後藤雅洋みなさん何気なく「モダン・ジャズ」や「ジャズ」という言葉を使い、その違い…

  4.  

    シング、シング、シング|南部で生まれた黒人音楽の影響【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第8巻

         

    文/後藤雅洋何ごともその歴史を知っていると「なるほど、そういうことだったのか」と理解…

  5.  

    奇妙な果実|ジャズ・ヴォーカルの特殊性とは?【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第7巻

         

    文/後藤雅洋ジャズ・ヴォーカルって、いったい何なんだろう? 多くの音楽ファンのみなさ…

  6.  

    イパネマの娘|ジャズとラテン・ミュージックの深い関係とは【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第6巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズ耳養成マガジン『JAZZ100年』6号のテーマは、ジャズとラテン・…

  7.  

    センチメンタル・ジャーニー|アルト・サックスという楽器の2つの魅力とは【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第5巻

         

    文/後藤雅洋前回、ジャズで使われるサックスはだいたい4種類であると説明しました。そし…

  8.  

    チュニジアの夜|テナー・サックスがジャズの花形楽器になった理由【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第4巻

         

    文/後藤雅洋本論に入る前に、トランペットと並んでジャズを代表する楽器であるサキソフォ…

  9.  

    朝日のようにさわやかに|ジャズ入門の近道は「聴き比べ」にあり【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第3巻より

         

    文/後藤雅洋私は20歳でジャズ喫茶を開店したので、お客様から「ジャズ・マニアの熱が嵩…

  10.  

    マイ・ファニー・ヴァレンタイン|なぜトランペットは「ジャズっぽい音」がするのか【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第2巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズを代表する楽器って、いったい何だと思います? もちろん人それぞれの…

  11.  

    ワルツ・フォー・デビイ|ジャズに親しむにはピアノ・トリオから【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第1巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズの聴きどころのコツを掴む「ジャズ耳」養成マガジン『JAZZ100年…

  12.  

    蕎麦切り寺の「絶対秘仏」はこうして撮影した

         

    天正10年(1582)に、織田信長配下の軍に焼き払われた宝蔵院の「絶対秘仏」を撮影するために、2…

  13.  

    蕎麦切り寺の「絶対秘仏」を撮ることになった

         

    「正月蕎麦の伝統」でちょっと触れた、新潟県妙高山麓の幻の蕎麦切り寺「宝蔵院」の本尊は、絶対秘仏で…

PAGE TOP