新着記事

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

年収が高い都道府県ランキング|1位は東京都で平均474万円

国税庁が毎年実施する「民間給与実態統計調査」によると、平成29年分の日本の平均年収は432万…

五木寛之さんの60年にわたる作詞活動の集大成!『歌いながら歩いてきた』CD&DVD5枚組セット

サライ本誌でも連載中の作家・五木寛之さんは、多くの歌謡曲や童謡、CMソングなどを手がけた作詞…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで作る! おうちで燻製レシピ

【管理栄養士が教える減塩レシピ】フライパンで スモークチーズが作れる!カンタン「燻製」入門

写真・文/矢崎海里雨模様も多かったGWが終わり、梅雨入り前までがバーベキューのチャンスで…

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

【ビジネスの極意】「モチベーション」と「やる気」は違います

仕事をするに際し、「モチベーション」が重要というのはよく言われることだ。「モチベーション」はよく…

日常生活に必須の「7つの力」を無理なく向上させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

加齢で衰えた「転ばない力」を回復させるエクササイズ|『カラダのおくすり体操』

文/鈴木拓也「何もないところでつまずく」、「網棚に荷物を上げられない」、「瓶のふたが…

この一体化した金属を外せ!脳活パズル『はずる』にハマる人続出

今回ご紹介するコレ、一見アクセサリーにも見えるかもしれませんが、実はがっしりと組み合わさった…

ザルツブルクの町

門をくぐれば巡礼の道。モーツァルト生誕の地「ザルツブルク」の知られざる絶景ポイントを歩く(オーストリア)

文・写真/御影実(オーストリア在住ライター/海外書き人クラブ)モーツァルトの生まれ故郷であり、サ…

お子さんが自立したこともあり、ロードスターを購入してからは奥様と2人で出かける機会が増えたそう。

【私のクルマ遍歴】事故でフロントが破損した『NCロードスター』。奥様の理解と後押しでより魅力的なフォルムに生まれ変わる(後編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオートバ…

茂幸さんの愛車は、ブラックのボディカラーが希少なオープンカー。その出会いと物語は【後編】にて語ります。

【私のクルマ遍歴】仕事や家庭に翻弄され、『カリーナ』『チェイサー』『ミラージュ』『ギャラン』と、何台も乗り換えた青春時代(前編)

取材・文/糸井賢一(いといけんいち)ただの乗り物なのに、不思議と人の心を魅了する自動車とオー…

横瀬浦公園(長崎県西海市)にあるルイス・フロイス像。

なぜイエズス会は長崎で多くの信者を獲得できたのか?【半島をゆく 歴史解説編 西彼杵・島原半島3】

『サライ』本誌で連載中の歴史作家・安部龍太郎氏による歴史紀行「半島をゆく」と連動して、『サライ.jp…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    夏目漱石、愛弟子の寺田寅彦と本郷界隈を散歩し鳥料理を味わう。【日めくり漱石/1月4日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら…

  2.  

    夏目漱石、親友・正岡子規の自宅で森鴎外と初めて出会う。【日めくり漱石/1月3日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  3.  

    留学中の夏目漱石、ビスケットをかじって食費を節約する。【日めくり漱石/1月2日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  4.  

    夏目漱石、生前最後の正月を家族とこんなふうに過ごす。【日めくり漱石/1月1日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  5.  

    エリック・ドルフィー|伝統的なジャズの文脈に連なりながら前衛的個性を表現【ジャズの巨人】第19巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズの巨人たちのうち、いちばん謎めいたジャズマンは誰でしょうか?…

  6.  

    【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第4回 写真家が惚れ込んだ春日山に浮かぶ薬師寺と唐招提寺の破損仏

         

    戦後、ひたすら奈良・大和路の風景、仏像、行事などを撮り続けた写真家、入江泰吉(いりえ・たいきち 19…

  7.  

    【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第2回 写真家の心を惹き付けてやまない東大寺の伽藍と御仏たち

         

     文/田中昭三京都大学文学部卒。編集者を経てフリーに。日本の伝統文化の取材・執筆にあたる。『サライの…

  8.  

    【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第1回「戦火ですべてを失った写真家の心を動かした仏像との出会い」

         

     戦後、ひたすら奈良・大和路の風景、仏像、行事などを撮り続けた写真家、入江泰吉(いりえ・たいきち 1…

  9.  

    リー・モーガン|やんちゃなストリート感覚で“ファンキー・ジャズ”を牽引したヒーロー【ジャズの巨人】第18巻より

         

    文/後藤雅洋今ではごくふつうに親しまれているジャズも、日本でジャズが少しずつ知られだ…

  10.  

    「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第1回】大人が夢中になれるモノづくりの原点とは?

         

    誰もが人生を心豊かに愉しめる「本物」を届けたい。 そのために、いつの時代も普遍の価値を追求していく。…

  11.  

    ホレス・シルヴァー|“黒さ”とラテンが融合した独特の“ファンキー・ジャズ”【ジャズの巨人】第17巻より

         

    文/後藤雅洋大多数のジャズ・ファンのみなさんは、ホレス・シルヴァーといえ ば「ああ、…

  12.  

    スタン・ゲッツ|常に輝き続けた天才インプロヴァイザー【ジャズの巨人】第16巻より

         

    文/後藤雅洋前回、ハービー・ハンコックの紹介記事で、ファンの世代によるミュージシャン…

  13.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第9回~平安時代の面影を今に伝える東寺灌頂院で十二神将すべてをじっくり観賞する

         

    重要文化財に指定されている東寺灌頂院。寛永11年(1634)の再建で通常は非公開(写真提供/京都古文…

  14.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第6回~石庭で名高い龍安寺で絢爛豪華な狩野派の襖絵と対面する

         

    きらびやかな襖絵「群仙図」の4面(写真提供/京都古文化保存協会)。京都では毎年春と秋に、通常は非公開…

  15.  

    焼き物で有名な茨城県笠間市で100年以上続く菊の祭典「笠間の菊まつり」が開催中です

         

    <朝ながめ夕ながめして我庭の菊の花咲く待てば久しも>(正岡子規)秋も深まってきました。秋を感じさせる…

  16.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第5回~法然院で25菩薩の散華と、狩野光信・堂本印象の競作に出会う

         

    法然院本堂内陣に安置される本尊・阿弥陀如来坐像と25輪の散華。京都では毎年春と秋に、通常は非公開の国…

  17.  

    ハービー・ハンコック|「時代の感受性」と並走しジャズを拡大した変容するピアニスト【ジャズの巨人】第15巻より

         

    文/後藤雅洋「ジャズマン」「ミュージシャン」「音楽家」、どれも似たような意味で、私は…

  18.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第4回~国宝の知恩院三門に上り、宝冠阿弥陀像と狩野探幽による雄壮な天井画を鑑賞する

         

    国宝に指定されている雄壮な知恩院三門。使われている瓦の数は約3万枚にのぼる。京都では毎年春と秋に、通…

  19.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第2回~建仁寺 霊源院で鑑賞できる、名仏師・湛慶作の像を秘めた重要文化財の謎多き彫刻

         

    国の重要文化財に指定されている中巖圓月坐像(木造、南北朝時代)。京都では毎年春と秋に、通常は非公開の…

  20.  

    セロニアス・モンク|「ジャズは個性の音楽」を体現した唯一無二のスタイルと存在感【ジャズの巨人】第14巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズを聴き始めたばかりのころ、私がジャズマンに抱いたイメージは、とにか…

  21.  

    サライ2015年11月号|特集は「奈良」と「クラシック音楽入門」特別付録は『運命』名演集CDです

         

    「大和は国のまほろば」――。『古事記』に記された言葉が今も息づく地、奈良。1300年の古都は、訪れる…

  22.  

    三遊亭圓生の幻の独演会音源をCD化した、ファン待望の『落語CDブック 人形町末広 圓生独演会』が発売されます

         

    「七代目圓生」の名跡をいったい誰が継ぐのか、という問題が落語界のみならず、ワイドショーまで賑わわせた…

  23.  

    クリフォード・ブラウン|完璧なテクニックと最高の歌心で音楽を表現した努力の天才【ジャズの巨人】第13巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズ・トランペッターの中で誰が一番トランペットが巧いのかと聞かれたらな…

  24.  

    ジョン・コルトレーン|情念をも音楽の一部にして孤高の道を驀進した改革者【ジャズの巨人】第12巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズマンを大きくふたつに分けると、デビュー時からほとんどスタイルが変わ…

  25.  

    90時間聴いても飽きない落語CDブック『人形町末広 圓生独演会』

         

    サライ9月号で「9月30日発売」とアナウンスしながら、諸般の都合で「10月9日発売」に繰り延べになっ…

  26.  

    モダン・ジャズ・カルテット|クラシックの香り漂う典雅な〝室内楽ジャズ〟【ジャズの巨人】第11巻より

         

    文/後藤雅洋「モダン・ジャズ・カルテット」略称MJQは、ジャズ界でも珍しい長寿グルー…

  27.  

    ビル・エヴァンス|「ピアノ音楽としてのジャズ」を確立した鍵盤の詩人【ジャズの巨人】第10巻より

         

    文/後藤雅洋1950年代の後半から頭角を現し、惜しくも亡くなってしまう80年に至るほ…

  28.  

    オスカー・ピーターソン|圧倒的な演奏技術でジャズの魅力を伝えたピアニスト【ジャズの巨人】第9巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズの楽しさをもっともわかりやすく伝えてくれるミュージシャン、それが多…

  29.  

    チャーリー・パーカー|アドリブに命をかけたモダンジャズの創造主【ジャズの巨人】第8巻より

         

    文/後藤雅洋およそ100年に及ぶジャズの歴史の中で、もっとも重要な人物は誰かと尋ねら…

  30.  

    なぜ、マツダのクルマは魅力的なのか

         

    小排気量でも力強く、低燃費な走りを可能にする新技術「スカイアクティブ」と、躍動感あふれる「魂動デザイ…

PAGE TOP