新着記事

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

高齢の親に対してはつい、「頑固・わがまま・融通が効かない」などというようなイメージを持ってし…

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

春が近づいてくると、花粉症の方々は憂鬱な気分になるのかもしれません。ソフトバンクロボティ…

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者ほど薬効成分が効きやすい理由ポリファーマシー(多剤服用)という言葉が知られるようになり…

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

文・絵/牧野良幸宍戸錠さんが今年の1月に亡くなった、享年86歳だった。宍戸錠さんの死…

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

文/鈴木拓也「唾液の役割とは?」と聞かれたら、大半の人は「食べ物に含まれるデンプンを…

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

最近はペットボトルではなく、水筒を持ち運ぶ人が増えてきました。そこで、マイボイスコム株式会社…

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

文/池上信次前回紹介したSPレコードの「3分しばり」ですが、正確には「再生メディア」の限界が…

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

台東区は日本の伝統技術が今も息づく街だ。中でも有名なのは、下町情緒が残る…

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

新型コロナウイルスの流行に伴い、マスク不足が問題になっています。医師人材総合サービスを提供す…

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

写真・文/矢崎海里鍋の具材として大活躍の白菜。年中出回っていますが、11月~2月に旬を迎…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    「いま、被災地から-岩手・宮城・福島の美術と震災復興」展を開催【東京藝術大学大学美術館】

         

    5年前に起きた東日本大震災は、東北地方沿岸のいくつかの美術館や博物館にも津波による甚大な被害を及ぼしました。全国美術館会議は、震災後いちはやく被災施設に収蔵されていた作品・資料の救出に乗り出しました。2011年秋には多くの作…

  2.  

    夏目漱石、横柄なエリート役人に惚れこむ。【日めくり漱石/5月14日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)5月14日は比較的に温暖な日曜日だっ…

  3.  

    夏目漱石、正岡子規の主治医に腹を立てる。【日めくり漱石/5月13日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  4.  

    岸田劉生から桂ゆきまで近代日本画家が描いた静物画の傑作約80点を展示!

         

    卓上の果物や花瓶にいけられた花は日本でも昔から絵画に描かれてきましたが、…

  5.  

    日本一難しいクロスワードパズルに挑戦してみませんか?

         

    『サライ』5月号のクロスワードパズル「難航  十字語判断」(第315回)問題 A  …

  6.  

    野生のシロクマを撮り続ける自然写真家・丹葉暁弥さんの写真展

         

    自然写真家・丹葉暁弥(たんば・あきや)さんの写真展「HUG! friends〜シロクマと友達…

  7.  

    歌舞伎見物を終えた夏目漱石が「はなはだ気の毒」と役者に同情、そのワケは?【日めくり漱石】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  8.  

    日本四大絵巻の傑作、国宝『伴大納言絵巻』を10年ぶりに公開!

         

    2016年の春に開館50年目を迎えた出光美術館(東京・千代田区)は、記念企画とし…

  9.  

    夏目漱石、日露戦争の勝利で浮き立つ日本に一喝する。【日めくり漱石/5月11日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  10.  

    燃費と環境性能だけではない!ディーゼルの概念を覆す「マセラティ ギブリ ディーゼル」の新機軸とは?

         

    ■マセラティ史上初のディーゼルエンジン搭載車高級スポーツカーを生…

  11.  

    夏目漱石、道後温泉で極上のサービスを味わう。【日めくり漱石/5月10日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  12.  

    夏目漱石が妻・鏡子との結婚式にかけた費用はなんと!【日めくり漱石/5月9日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  13.  

    人はなぜマツダ車の“あのデザイン”に惹きつけられるのか?(その2)

         

    ――クレイモデラーは0.2㎜の繊細な世界を手で削り出すのですか。「何度も削り直したりはし…

  14.  

    父親としての夏目漱石が妻宛の手紙に記した、子育てで何より大切なこと【日めくり漱石/5月8日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  15.  

    人はなぜマツダ車の“あのデザイン”に惹きつけられるのか?(その1)

         

     中牟田「ビジネスの世界に入ってゆくと、こういう付き合いは難しかったんじゃないかと思いますが……玉川…

  16.  

    徴兵検査を受ける弟子の話に夏目漱石は切なさで胸が詰まり…【日めくり漱石/5月7日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  17.  

    帝大生の夏目漱石、学費の足しに早稲田大学の教壇に立つ。【日めくり漱石/5月6日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  18.  

    100年経っても癒やされる、苦境に悩む教え子を救った夏目漱石のメッセージ【日めくり漱石/5月5日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  19.  

    東大の教壇に立つも、いきなり生徒から総スカンを食らう夏目漱石、一体なぜ?【日めくり漱石/5月4日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  20.  

    次に拝観できるのは2076年!? 薩摩藩島津家ゆかりの大黒天が60年ぶりに特別開帳

         

    【京都 美の鑑賞歩き】 大黒寺(京都市伏見区)京都では毎年、春と秋に通常は非公開の仏像や…

  21.  

    40歳の夏目漱石が東大教授への昇進話と引き替えに手に入れた人生の宝物とは【日めくり漱石/5月3日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  22.  

    おまえが恋しい!英国留学中の夏目漱石が妻に送った恋文【日めくり漱石/5月2日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  23.  

    京都で必見!安産祈願に霊験あらたかな善願寺の巨大な仏像「腹帯地蔵」

         

    【京都 美の鑑賞歩き】 善願寺・恵福寺(京都市伏見区) 京都では毎年、春と秋に通常は非公開の仏像や建…

  24.  

    夏目漱石が政治家の豪邸を前に思わずつぶやいちゃったこと【日めくり漱石/5月1日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  25.  

    京都の古刹・法界寺の秘仏「薬師如来立像」が50年ぶりに公開

         

    【京都 美の鑑賞歩き】 法界寺(京都市伏見区)京都では毎年、春と秋に通常は非公開の仏像や建築、絵画、…

  26.  

    病床に伏す夏目漱石が、胃の痛みよりつらいと感じたことは?【日めくり漱石/4月30日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  27.  

    チェット・ベイカー|ウエスト・コーストの光と影を体現したトランペッター【ジャズの巨人】第26巻より

         

    文/後藤雅洋イメージを喚起する言葉というものがあります。日本では1969年に公開され…

  28.  

    一夜にして消滅した古代ローマ都市ポンペイ、その遺跡で発掘された貴重な壁画約80点を公開中

         

    古代ローマの都市ポンペイは、南イタリア・ナポリ近郊に位置する風光明媚な町で、ローマ人の余暇地として最…

  29.  

    夏目漱石の傑作『吾輩は猫である』ボツになった幻の題名とは?【日めくり漱石/4月29日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  30.  

    夏目漱石、初の新聞連載『虞美人草』の取材で荒川堤を散策する。【日めくり漱石/4月28日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

PAGE TOP