今川義元(演・野村萬斎)から賜った「金陀美具足」を纏う松平元康(演・松本潤)。(C)NHK

ライターI(以下I):いよいよ始まりました。

編集者A(以下A):「神君」でもない「たぬき親父」でもない等身大の家康が描かれている印象です。冒頭に〈もう嫌じゃあ――――〉と叫ぶ姿が描かれました。この段階から、どう成長していくのか。これはいきなり楽しみです。

I:私は、木彫りの玩具で〈パッカパッカ〉といってはしゃいで遊ぶ姿が微笑ましたかったです。瀬名 (演・有村架純)とのやり取りもほっこりしました。

A:ここで今川氏真の登場です。氏真というと「愚鈍の武将の代名詞」として扱われることが多かったのですが、本作で演じるのは溝端淳平。主役級を演じてもおかしくない俳優ですから、ただの愚鈍な武将では終わらない気配がします。

I:歴史とはどのような視点で見るかによって見え方が違ってきますから、本作の氏真描写と家康との関係には要注目ですね。

A:歴史上、埋もれているというか、不当な評価にさらされる人物はたくさんいますからね。そうした人物を再評価してくれるのは、うれしいことです。

I:剣術の実戦稽古で次郎三郎(元康とも。後の家康/演・松本潤)が氏真の相手をしますが、この時点では圧倒的に氏真が強く見えました。この前段で木製玩具で〈パッカパッカ〉と遊んでいた場面とあいまって、「あれ? これが神君?」という印象でした。氏真の〈寸止めじゃ。痛めてはおらぬ〉という台詞が意外にかっこいい感じがしました(笑)。

A:私はこの実戦稽古の場面に登場した今川義元(演・野村萬斎)に「王道大河」のたたずまいを見ました。〈氏真、そのへんにしておくがよい〉、〈なんの、通りすがりよ。次郎三郎、膝をよく冷やせよ〉。これだけの台詞でがっちりと存在感を示してくれました。画面を通じても感じるくらいですから、現場では強烈に感じたのではないでしょうか。

I:確かに。「大河ドラマに出演する俳優の矜持」のようなものを伝承する場でもあったのかなという印象を持ちました。義元の出演回数はそんなに多くはないでしょうから、しっかりと瞼(まぶた)に焼き付けておきたいですね。

元康の正室となる瀬名(演・有村架純)。(C)NHK

家康を慕う家臣団をがっちりおさえたい

I:次郎三郎元康が家臣団とともに墓参のために岡崎に赴くことになりました。

A:家臣団お披露目の注目場面です。駿府での「人質生活」に同行している石川数正(演・松重豊)に加えて鳥居忠吉(演・イッセー尾形)など家康を慕い、家康を支え、家康を出世に導いた家臣たちです。

I:強固な絆で結ばれた「チーム家康」ですよね。つぎはぎだらけだったり甲冑の袖の部分が藁だったり、貧窮感強めでしたが(笑)。

A:あのおんぼろさが、いくらなんでも大げさではないかと思ったのですね? でもドラマチックでいいじゃないですか。「チーム家康」はここから上昇していくわけですよ。なんだかわくわくしませんか? かつて、『秀吉』(1996年)で秀吉(演・竹中直人)による「上げ潮じゃー」や、『利家とまつ』のまつ(演・松嶋菜々子)による「百万石! 百万石!」のシュプレヒコールが、世の中に高揚感をもたらしました。今こそ、同様の高揚感が求められる世情ですから……。

I:大げさだなあ(笑)。さて、酒井忠次(演・大森南朋)が駆けつけて来て元康にあいさつします。なぜ、これほどまでに元康を慕うのでしょうか。確か松平家は祖父清康も、父広忠も家臣筋に殺されていたはずですが……。

A:なぜ元康が家臣団に慕われたのか? なぜ強固な絆で結ばれた家臣団を形成できたのか? 答えは追い追い劇中で解明されるのではないかと期待しています。さて、鳥居忠吉の喜びようは涙を誘いました。そして大久保忠世(演・小手伸也)以下、家臣団の登場にグッと来ました。元康に人間的な魅力があったのではと思わせてくれるシーンになりました。

I:なんだか、演じている松本潤さんとシンクロしている印象です。松本さんも人間的な魅力にあふれる俳優ですし……。さて、酒井忠次邸に移動して「宴会」が始まりましたが、貧しいながらも和気藹藹な感じがよかったです。ここで、酒井忠次が、有名なえびすくいを披露しました。忠次は、後の徳川四天王筆頭という存在。当欄の前回記事(https://serai.jp/hobby/1106505)でも言いましたが、そのくらいの立場の人がえびすくいの踊りで万座を盛り上げられる組織は強いですよね。

A:でも、ほんとうに楽しそうな踊りですね。何度も見たいです。

I:石川数正が、三河の人々の窮状を元康に話したシーンもいい場面でしたね。

元康を歓迎してえびすくいの芸を披露する酒井忠次(中央/演・大森南朋)ら岡崎の松平家臣団による宴。(C)NHK

「今川義元の舞」はフル尺で見たい!次ページに続きます

1 2

関連記事

ランキング

サライ最新号
2023年
2月号

サライ最新号

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

小学館百貨店Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア

花人日和(かじんびより)

おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店
おすすめのサイト
dime
be-pal
リアルキッチン&インテリア
小学館百貨店