新着記事

遠州5層ガーゼのパジャマ|風合い豊かなガーゼ生地を5層に重ね極上の着心地を実現

季節の変わり目、そろそろ肌掛けだけでは少し寒く感じる頃になった。寝具も取り替えの時季、併せて…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】みずみずしい梨を食卓にも!「豚肉の梨生姜ソース」「梨とトマトのカプレーゼ風」

写真・文/矢崎海里さんまに新米、きのこやさつまいもなど、秋は特に旬の食材が豊富ですが…

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー

「アメリカン・ニューシネマの洗礼を受けた」映画|『ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー』【面白すぎる日本映画 第34回・特別編】

文・絵/牧野良幸映画俳優のピーター・フォンダがこの8月に亡くなった。享年79歳。また…

資産形成

ビジネスパーソンの預貯金平均額は20代452万円、30代682万円、40代952万円!|老後資金の資産運用、何してる?

2019年6月に金融庁の報告書によって公表された試算結果によると、公的年金だけでは、65歳か…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(9/23~9/29)

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

生活は口のなかに表れる|『口がきれいだと、健康で長生きできる』

唾液が少ない人は要注意!口がきれいでない人は、長生きできない

文/印南敦史『口がきれいだと、健康で長生きできる』(古舘 健 著、KADOKAWA)の著者の…

招福 健康パートナー|健康と幸福を願って握る福の神のツボ押し

七福神の「大黒様」と「恵比須様」の朗らかな笑顔に癒やされる錫の球。一見、置物に見えるが、実は…

起業

定年後の起業が増加傾向!?|シニア層の4人に1人が「起業に関心あり」

「起業」することが身近な時代になりました。freee株式会社が、20~69歳の有職者男女90…

【最後の恋】「うちでお昼はいかが?」高級マンションでひとり暮らしをする4歳年下の未亡人の誘惑~その2~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド…

【最後の恋】偶然入った昼間のカラオケスナック。「いい声ね」と言われ、人生初のモテ期が始まり……~その1~

取材・文/沢木文仕事、そして男としての引退を意識する“アラウンド還暦”の男性。本連載…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    夏目漱石、英国女王の崩御に黒ネクタイと黒手袋で弔意を表す。【日めくり漱石/1月23日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら…

  2.  

    夏目漱石、甘党が災いし糖尿病を抱えてしまったことを友人に打ち明ける。【日めくり漱石/1月22日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  3.  

    大量吐血で入院中の夏目漱石、見舞いに来た門弟に鰻丼をご馳走する。【日めくり漱石/1月21日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  4.  

    夏目漱石、留学先に届いた愛妻からの手紙に苛立ちを覚える。【日めくり漱石/1月20日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  5.  

    夏目漱石、門弟宛に美人画の絵手紙を書いて送る。【日めくり漱石/1月19日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  6.  

    夏目漱石、国技館へ相撲見物に出かけ、大学時代の旧友と再会する。【日めくり漱石/1月18日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  7.  

    夏目漱石、なんと1メートル半もの長大な手紙を書く。【日めくり漱石/1月17日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  8.  

    夏目漱石、単身赴任先の松山でホームシックにかかる。【日めくり漱石/1月16日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  9.  

    夏目漱石、わずかな留学費用をやりくりしてシェイクスピアを教わる。【日めくり漱石/1月15日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  10.  

    ウェス・モンゴメリー|革新的テクニックと魅力溢れる個性でジャズの中心に立ったギタリスト【ジャズの巨人】第20巻より

         

    文/後藤雅洋およそ半世紀も昔、私がジャズを聴き始めたころ最初に好きになったアルバムの…

  11.  

    夏目漱石、余命短き親友・正岡子規の「決意」に衝撃を受ける。【日めくり漱石/1月14日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  12.  

    夏目漱石、29歳で再婚した門弟・寺田寅彦の新妻に祝いを贈る。【日めくり漱石/1月13日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  13.  

    夏目漱石、返したはずの本を未返却といわれ立腹する。【日めくり漱石/1月12日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  14.  

    夏目漱石、小泉八雲との思わぬ不思議な縁に驚く。【日めくり漱石/1月11日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  15.  

    夏目漱石、ロンドンでパントマイムを見てステテコ踊りを思い出す。【日めくり漱石/1月10日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  16.  

    サライ2016年2月号|特集は「日本酒」「夏目漱石」「スマホ活用術」別冊付録は「大人の逸品カタログ」です

         

    【大特集】新たな年に、新しい美酒を今年飲むべき「日本酒」30本…

  17.  

    夏目漱石、妻・鏡子のさりげない気遣いにホンワカする。【日めくり漱石/1月9日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  18.  

    「マツダ ロードスター」×『サライ』共同企画【第2回】人生で初めて購入した念願の一台であり、生涯の伴侶に出会わせてくれた“愛車”

         

    【PR】時代を超えて受け継がれ、語り継がれる名車の物語初代ロードスターを手に入れて、最愛の女性とかけ…

  19.  

    夏目漱石、受話器ごしの門弟の失敬な態度に苛立ちを募らせる。【日めくり漱石/1月8日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  20.  

    夏目漱石、鎌倉・円覚寺での参禅生活を終えるが……。【日めくり漱石/1月7日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  21.  

    夏目漱石、浅草の大火であわや命を落としかける。【日めくり漱石/1月6日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  22.  

    夏目漱石、東京・新宿に生まれ「金之助」と名づけられる。【日めくり漱石/1月5日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  23.  

    自動車生活探険家30年 石川真禧照の 「東京―いろは坂180㎞ スズキ エスクードで快走の記」

         

    栃木県日光いろは坂。48のカーブを苦もなく駆けあがり、下りおりる。アウトドアでの走りの性能をしっかり…

  24.  

    夏目漱石、愛弟子の寺田寅彦と本郷界隈を散歩し鳥料理を味わう。【日めくり漱石/1月4日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  25.  

    夏目漱石、親友・正岡子規の自宅で森鴎外と初めて出会う。【日めくり漱石/1月3日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  26.  

    留学中の夏目漱石、ビスケットをかじって食費を節約する。【日めくり漱石/1月2日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  27.  

    夏目漱石、生前最後の正月を家族とこんなふうに過ごす。【日めくり漱石/1月1日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  28.  

    エリック・ドルフィー|伝統的なジャズの文脈に連なりながら前衛的個性を表現【ジャズの巨人】第19巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズの巨人たちのうち、いちばん謎めいたジャズマンは誰でしょうか?…

  29.  

    【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第4回 写真家が惚れ込んだ春日山に浮かぶ薬師寺と唐招提寺の破損仏

         

    戦後、ひたすら奈良・大和路の風景、仏像、行事などを撮り続けた写真家、入江泰吉(いりえ・たいきち 19…

  30.  

    【入江泰吉が見た奈良・大和路を歩く】第2回 写真家の心を惹き付けてやまない東大寺の伽藍と御仏たち

         

     文/田中昭三京都大学文学部卒。編集者を経てフリーに。日本の伝統文化の取材・執筆にあたる。『サライの…

PAGE TOP