新着記事

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

【ビジネスの極意】「失敗が決定しているのに、撤退できない」コンコルド効果の罠

「コンコルド効果」という言葉をご存知だろうか? このコンコルドとは、鳥ではなく超音速旅客機コ…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

【管理栄養士が教える減塩レシピ】さっぱりレモンで疲労回復!「かいわれ入りレモン豚丼」「鮭のムニエルレモンバターソース」

写真・文/矢崎海里「食欲がないけどなにか食べないと・・・」これから暑さが本格化す…

リタイア後に受け取れる年金は?【今からはじめるリタイアメントプランニング】

あなたはどんな公的年金を受け取れる?|日本の年金制度を理解する【今からはじめるリタイアメントプランニング】

リタイア後の生き方とお金のことを考える【プランニング編】安心して豊かなセカンドライフを送るた…

越後長岡喜作弁当

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その2】

文・写真/杉﨑行恭【その1】はこちら長岡駅で久しぶりの幕の内弁当「越後長岡喜作弁当」を買…

上野から新潟まで各駅停車で「駅弁」一気食い旅をしてみた !【その1】

文・写真/杉﨑行恭上野発の高崎行の電車で「東京深川めし」を食べる「上野発の夜行列車」はすでに…

サライ読者世代に聞いた「写真撮影の主な目的」とは?

文/編集部かつて写真撮影といえば、旅行や式典など特別なイベント時に行うもの。重い機材…

「西洋スパラ術 外国ヨリ来ルスパラ」1887年(明治20)国立歴史民俗博物館蔵 ※展示期間:7月6日(土)~28日(日)

江戸時代から東京オリンピックまで日本の「スポーツ」の歴史を紐解く【特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」】

取材・文/池田充枝来年の2020年、東京で二度目となるオリンピック・パラリンピックが開かれま…

上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

ドライブ疲れを感じたら、上質な呼吸で自律神経を整える【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美1日に2万回以上行っている呼吸。ドライブ中は運転への緊張やストレスで呼吸が浅くな…

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その2~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が直面する…

駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった ~その1

【夫婦の距離】駅ナカでシャンパンを飲み干す妻を見た。なぜか声をかけられなかった~その1~

取材・文/大津恭子定年退職を間近に控えた世代、リタイア後の新生活を始めた世代の夫婦が…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第5回~法然院で25菩薩の散華と、狩野光信・堂本印象の競作に出会う

         

    法然院本堂内陣に安置される本尊・阿弥陀如来坐像と25輪の散華。京都では毎年春と秋に、通常は非公開の国宝や重要文化財を含む仏像や建築、絵画、庭園などが「特別公開」される。この催しは、「京都非公開文化財特別公開」と呼ばれ、この秋で通算68回を数…

  2.  

    ハービー・ハンコック|「時代の感受性」と並走しジャズを拡大した変容するピアニスト【ジャズの巨人】第15巻より

         

    文/後藤雅洋「ジャズマン」「ミュージシャン」「音楽家」、どれも似たような意味で、私は…

  3.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第4回~国宝の知恩院三門に上り、宝冠阿弥陀像と狩野探幽による雄壮な天井画を鑑賞する

         

    国宝に指定されている雄壮な知恩院三門。使われている瓦の数は約3万枚にのぼる。京都では毎年春と秋に、通…

  4.  

    【京都 美の鑑賞歩き】 第2回~建仁寺 霊源院で鑑賞できる、名仏師・湛慶作の像を秘めた重要文化財の謎多き彫刻

         

    国の重要文化財に指定されている中巖圓月坐像(木造、南北朝時代)。京都では毎年春と秋に、通常は非公開の…

  5.  

    セロニアス・モンク|「ジャズは個性の音楽」を体現した唯一無二のスタイルと存在感【ジャズの巨人】第14巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズを聴き始めたばかりのころ、私がジャズマンに抱いたイメージは、とにか…

  6.  

    サライ2015年11月号|特集は「奈良」と「クラシック音楽入門」特別付録は『運命』名演集CDです

         

    「大和は国のまほろば」――。『古事記』に記された言葉が今も息づく地、奈良。1300年の古都は、訪れる…

  7.  

    三遊亭圓生の幻の独演会音源をCD化した、ファン待望の『落語CDブック 人形町末広 圓生独演会』が発売されます

         

    「七代目圓生」の名跡をいったい誰が継ぐのか、という問題が落語界のみならず、ワイドショーまで賑わわせた…

  8.  

    クリフォード・ブラウン|完璧なテクニックと最高の歌心で音楽を表現した努力の天才【ジャズの巨人】第13巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズ・トランペッターの中で誰が一番トランペットが巧いのかと聞かれたらな…

  9.  

    ジョン・コルトレーン|情念をも音楽の一部にして孤高の道を驀進した改革者【ジャズの巨人】第12巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズマンを大きくふたつに分けると、デビュー時からほとんどスタイルが変わ…

  10.  

    90時間聴いても飽きない落語CDブック『人形町末広 圓生独演会』

         

    サライ9月号で「9月30日発売」とアナウンスしながら、諸般の都合で「10月9日発売」に繰り延べになっ…

  11.  

    モダン・ジャズ・カルテット|クラシックの香り漂う典雅な〝室内楽ジャズ〟【ジャズの巨人】第11巻より

         

    文/後藤雅洋「モダン・ジャズ・カルテット」略称MJQは、ジャズ界でも珍しい長寿グルー…

  12.  

    ビル・エヴァンス|「ピアノ音楽としてのジャズ」を確立した鍵盤の詩人【ジャズの巨人】第10巻より

         

    文/後藤雅洋1950年代の後半から頭角を現し、惜しくも亡くなってしまう80年に至るほ…

  13.  

    オスカー・ピーターソン|圧倒的な演奏技術でジャズの魅力を伝えたピアニスト【ジャズの巨人】第9巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズの楽しさをもっともわかりやすく伝えてくれるミュージシャン、それが多…

  14.  

    チャーリー・パーカー|アドリブに命をかけたモダンジャズの創造主【ジャズの巨人】第8巻より

         

    文/後藤雅洋およそ100年に及ぶジャズの歴史の中で、もっとも重要な人物は誰かと尋ねら…

  15.  

    なぜ、マツダのクルマは魅力的なのか

         

    小排気量でも力強く、低燃費な走りを可能にする新技術「スカイアクティブ」と、躍動感あふれる「魂動デザイ…

  16.  

    バド・パウエル|内なる炎が燃えるピアノ・トリオの開祖【ジャズの巨人】第7巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズ史上もっとも偉大なピアニスト、バド・パウエルは、眺める角度によって…

  17.  

    アート・ブレイキー |燃えるドラムで世界を熱狂させたジャズの“親分”【ジャズの巨人】第6巻より

         

    文/後藤雅洋ある世代のみなさんにとっては、ドラマー、アート・ブレイキーのほうが、トラ…

  18.  

    マイルス・デイヴィス|常に次代のジャズを奏で続けた革命家【ジャズの巨人】第5巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズという音楽ジャンルは本来の黒人音楽としての発祥と、白人文化の影響が…

  19.  

    ソニー・ロリンズ|豪放磊落なアドリブ・ジャイアント【ジャズの巨人】第4巻より

         

    文/後藤雅洋私もそうでしたが、ジャズを聴き始めのころは外見のイメージでジャズマンを捉…

  20.  

    ジョン・コルトレーン|ジャズの究極を追い続けた求道者【ジャズの巨人】第3巻より

         

    文/後藤雅洋テナー・サックス奏者、ジョン・コルトレーンの演奏をひとことで言い表すと、…

  21.  

    ビル・エヴァンス|繊細で大胆なピアノ・トリオの改革者【ジャズの巨人】第2巻より

         

    文/後藤雅洋ビル・エヴァンスの本名はウィリアム・ジョン・エヴァンスで、1929年(昭…

  22.  

    サライ2015年5月号|特集は「いま、行くべき名城」「コンテナでつくる夏野菜」別冊付録は「風薫る奈良 仏像図鑑」です

         

    約5年におよんだ平成の大修復を追え、築城当時の美しさを取り戻した姫路城。そして各地に残る歴史の舞…

  23.  

    マイルス・デイヴィス|ジャズを創り、ジャズを超えた「帝王」【ジャズの巨人】第1巻より

         

    文/後藤雅洋1926年にイリノイ州のオールトンで生まれたマイルス・デイヴィスは、赤ん…

  24.  

    この素晴らしき世界|男性ヴォーカルがわかれば「ジャズ耳」は完成【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第26巻より 

         

    文/後藤雅洋「ジャズ耳養成マガジン」もいよいよ今号で最後です。私はちょっとしたきっか…

  25.  

    ヌアージュ|ジャズが芸術音楽になるとき【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第25巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズはいろいろな点で特殊な音楽ですが、他の音楽ジャンルと比べた最大の特…

  26.  

    ア・デイ・イン・ザ・ライフ|ミュージシャンとプロデューサーの役割分担【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第24巻 

         

    文/後藤雅洋この巻のテーマはふたつほどあります。まず、市場に山ほど出回っているジャズ…

  27.  

    ジャンピン・アット・ウッドサイド|サウンドのビッグ・バンドと即興のコンボ【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第23巻より 

         

    文/後藤雅洋ジャズ・ファンは大きくビッグ・バンド・ファンとコンボ(=スモール・コンボ…

  28.  

    フル・ハウス|ジャズとブルースは兄弟として育った【ジャズ耳養成マガジン JAZZ100年】第22巻より

         

    文/後藤雅洋ジャズはフィーリングの音楽といわれています。ジャズ・ファンに「どこがいい…

  29.  

    三越と琳派。その出会いの物語 〜「光琳遺品展覧会」で幕を開けた百貨店の文化事業

         

    今から約110年前、三越は百貨店としては日本で初めての美術展「光琳遺品展覧会」を開催した。この展覧会…

  30.  

    サライ2015年2月号|特集は「日本酒いま呑むべき30本」です。

         

    日本酒の酒造技術は、いま頂点を迎えたといわれています。蔵元が杜氏を兼ね、自分の主張を酒に込めやす…

PAGE TOP