新着記事

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

文・絵/牧野良幸宍戸錠さんが今年の1月に亡くなった、享年86歳だった。宍戸錠さんの死…

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

文/鈴木拓也「唾液の役割とは?」と聞かれたら、大半の人は「食べ物に含まれるデンプンを…

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

最近はペットボトルではなく、水筒を持ち運ぶ人が増えてきました。そこで、マイボイスコム株式会社…

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

文/池上信次前回紹介したSPレコードの「3分しばり」ですが、正確には「再生メディア」の限界が…

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

台東区は日本の伝統技術が今も息づく街だ。中でも有名なのは、下町情緒が残る…

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

新型コロナウイルスの流行に伴い、マスク不足が問題になっています。医師人材総合サービスを提供す…

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

写真・文/矢崎海里鍋の具材として大活躍の白菜。年中出回っていますが、11月~2月に旬を迎…

ドクターエルCC|骨盤を立たせて疲労軽減。ほどよい硬さが心地よい

運転姿勢を整える用品。シートに敷くタイプで、近年主流の背もたれや座面の「ヘリ」が高いバケット…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)射手座~魚座編

ニャンコ先生の開運星占い射手座(…

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(2/17~2/23)獅子座~蠍座編

ニャンコ先生の開運星占い気まぐれで毒舌、でも人を癒してくれる占い師・ニャンコ先生が、星占いをする…

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    夏目漱石、夫の見舞いで京都に来たはずの妻が観光に夢中でむくれる【日めくり漱石/4月2日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら…

  2.  

    夏目漱石が毎晩、自分と妻の手首を結んで寝るきっかけになった事件とは?【日めくり漱石/4月1日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  3.  

    夏目漱石、奇病を患う生後3か月の次男・伸六を大学病院へ連れて行く【日めくり漱石/3月31日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  4.  

    『坊ちゃん』誕生のヒントもなった松山中学の卒業生にメッセージを送る【日めくり漱石/3月30日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  5.  

    夏目漱石、原稿の締め切りが迫る中、新聞連載小説『心』の構想に悩む【日めくり漱石/3月29日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  6.  

    夏目漱石、初の新聞連載『虞美人草』の取材で京都に向かう【日めくり漱石/3月28日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  7.  

    日本三大絵巻のひとつ国宝『信貴山縁起絵巻』が初の全三巻・全場面同時公開!

         

    奈良県の西北部、生駒郡平群町(いこまぐんへぐりちょう)にある朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)は、今から…

  8.  

    夏目漱石、女性と心中未遂事件を起こした弟子を自宅にかくまう【日めくり漱石/3月27日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  9.  

    夏目漱石、原稿の締め切りを忘れて謡の会を満喫する【日めくり漱石/3月26日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  10.  

    夏目漱石、『道草』執筆を前に訪れた京都で病に倒れる【日めくり漱石/3月25日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  11.  

    木版画と洋画の融合! マッカーサーやダイアナ元妃も魅了した吉田博の大回顧展

         

    吉田博は生涯、世界における自らの位置を考え続けた画家でした。その思考の跡が、…

  12.  

    夏目漱石、ドイツ留学へと旅立つ門弟・寺田寅彦の送別会に出席する【日めくり漱石/3月24日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  13.  

    夏目漱石、教え子の遺稿集のために援助資金を送る【日めくり漱石/3月23日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  14.  

    綿密な時代考証を基に描いた近代歴史画の巨匠・安田靫彦の代表作100点が一堂に会す

         

    『飛鳥の春の額田王(ぬかだのおおきみ)』や『黄瀬川陣(きせがわのじん)』など、歴史上の人物や風景に題…

  15.  

    夏目漱石、音楽会の帰りに蛙の鳴き声の物まねをしながら上野の森を歩く【日めくり漱石/3月22日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  16.  

    夏目漱石、大好きだった長兄・大助との永遠の別れを悲しむ【日めくり漱石/3月21日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  17.  

    夏目漱石、世界一周へ旅立つ同僚を新橋停車場で見送る【日めくり漱石/3月20日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  18.  

    国芳・国貞が描く”江戸のポップカルチャー”「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」

         

    ボストン美術館の日本美術コレクションのなかでも、圧倒的な数を誇る浮世絵作品は、明治初期に来日した日本…

  19.  

    夏目漱石、妻・鏡子の粋な計らいで京都旅行に出かける【日めくり漱石/3月19日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  20.  

    キャノンボール・アダレイ|明朗豪快なアルト・サックスでビ・バップを継承しファンキーを牽引【ジャズの巨人】第25巻より

         

    文/後藤雅洋「ジャズの巨人」シリーズでは、たびたび冒頭にジャズ・ファンの抱く一般的ミ…

  21.  

    松山赴任が決まった夏目漱石、友人に身支度の借金を申し込む【日めくり漱石/3月18日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  22.  

    16年ぶりの公開『麻布南部坂』など選りすぐりの名画60点を展示「山種美術館 奥村土牛展」

         

    奥村土牛(おくむらとぎゅう 1889-1990)の土牛という雅号は、中国・唐時代の寒山詩「土牛、石田…

  23.  

    夏目漱石、上野の展覧会で洋画家・青木繁の作品に心震わせる【日めくり漱石/3月17日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  24.  

    夏目漱石、負けん気の強い妻・鏡子と容姿の欠点を笑い合う【日めくり漱石/3月16日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  25.  

    夏目漱石、地位や安定を捨てても小説家として生きていく覚悟を決める【日めくり漱石/3月15日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  26.  

    夏目漱石、名作『坊っちゃん』の構想がひらめき、わずか2週間で書き上げる【日めくり漱石/3月14日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  27.  

    印象派時代の傑作『昼食後』が日本初公開! 京都市美術館「光紡ぐ肌のルノワール展」

         

    フランス印象派を代表する画家の一人、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919)は、女性…

  28.  

    夏目漱石、深夜の神楽坂で恐怖の体験をする【日めくり漱石/3月13日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  29.  

    ウェイン・ショーター|“ジャズとは何か”を追求しジャズを拡大しつづける巨人【ジャズの巨人】第24巻より

         

    文/後藤雅洋いままで「ジャズの巨人」を紹介してきましたが、残念なことに、多くの「巨人…

  30.  

    夏目漱石、隅田川で正岡子規と偶然に出会い、向島百花園へ梅見に行く【日めくり漱石/3月12日】

         

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

PAGE TOP