新着記事

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

写真・文/矢崎海里だしや香味野菜、スパイスなどともに、ナッツも減塩と上手に付き合う食材の1つ…

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part3 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

社員のコミュニケーションの活性化に悩んでいる人も多いことだろう。そのためには、どんな方法があ…

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

取材・文/末原美裕京都で長年活躍している目の肥えた方々が足繁く通うお店は、間違いなく…

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

『俺、つしま』シリーズ累計30万部突破記念座談会 Part2 おぷうの兄さん×つしま×おじさん編…

応永12年(1405)、尾張国守護職であった斯波義重が建てたのが清須城の始まり

出世か左遷か? 三英傑に仕え「全国転勤」した武将とゆかりの城 【福島正則編】

写真・文/藪内成基戦国時代から全国統一へと向かった織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。いわゆる「三…

人生の節目で人とモノとの関係を考える『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

「断捨離」の生みの親が考える「人生100年時代」のシンプルな生き方|『定年後の断捨離~モノを減らして、愉快に生きる』

文/印南敦史「断捨離」ということばも、いまやすっかりおなじみになった。とはいえ、どこか他…

国宝「十一面観音菩薩立像」平安時代・9世紀 奈良・室生寺蔵 撮影・三好和義

大和の古刹四寺から国宝・重文の仏像が一堂に【特別企画 大和奈良四寺のみほとけ】

取材・文/池田充枝かつてヤマト政権が都をおいた土地として伝承され「国中(くになか)」とも呼ば…

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年父親と会わなかった~その2~

【娘のきもち】離婚した両親のどちらかに味方する必要なんてなかった。そのことに気づくまで10年間父親と会わなかった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】門限は夏18時に、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

【娘のきもち】門限は夏18時で、冬は17時。友人と遊ぶ時間も制限され、窮屈さを感じていた父の愛情~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    関東の一大勢力だった北条氏が一瞬にして滅びた理由

         

    “敗れ去った者”に対する世間の評価は冷たく、ありもしないことまで言われてしまうのは、昔も今も変わらないかもしれない。戦国時代の関東地方で250万石という広大な領地を有し、一大勢力を誇った北条氏(ほうじょうし)。その4代目当主・北条氏…

  2.  

    夏目漱石、連載小説『それから』の最初の原稿を新聞社に送る。【日めくり漱石/6月19日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)6月19日、漱石は、まもなく新聞連載…

  3.  

    東京駅の建築家・辰野金吾が仕掛けた「国会議事堂」設計をめぐる仁義なき戦い

         

    明治時代を代表する建築家・辰野金吾(たつの・きんご)には、「建築家になったからには、生涯この…

  4.  

    夏目漱石、胃潰瘍の治療で「人生初の入院生活」を体験する。【日めくり漱石/6月18日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)6月18日、43歳の漱石は、鏡子夫人…

  5.  

    汽車旅に出た夏目漱石!当時の「駅弁」には何が入ってた?【日めくり漱石/6月17日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)6月17日、漱石は朝5時半に目を覚ました…

  6.  

    夏目漱石、熊本で「三陸大津波」の大惨事を知り驚愕する。【日めくり漱石/6月16日】

         

    今から120 年前の今日、すなわち明治29年(1896)6月16日、29歳の漱石は熊本で驚く…

  7.  

    日韓の国宝仏が初のご対面!「ほほえみの御仏-二つの半跏思惟像-」展

         

    日本と韓国の国宝仏の弥勒菩薩像2体が、いま東京・上野の東京国立博物館で、初めて同時公…

  8.  

    夏目漱石が試験監督!東京帝国大学の英文学のテスト内容とは【日めくり漱石/6月15日】

         

    今から112 年前の今日、すなわち明治37年(1904)6月15日の漱石は、東京帝国大学で、…

  9.  

    フランク・シナトラ|歌をリアルに伝える圧倒的な表現力と技術【ジャズ・ヴォーカル・コレクション04】

         

    文/後藤雅洋■マイルスも愛した歌声 団塊世代の私にとって、フランク・シナトラ…

  10.  

    夏目漱石、子供のピアノ教師から難癖をつけられ困惑する。【日めくり漱石/6月14日】

         

    今から100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)6月14日、漱石は、長女・筆子のピアノ…

  11.  

    柳家小満ん師匠がトリで『応挙の幽霊』を口演! 「第67回人形町らくだ亭」が8月25日に開催

         

    『サライ』が主催する落語会「人形町らくだ亭」。8月の公演では柳家小満んが主任(トリ)を勤め、『応挙の…

  12.  

    夏目漱石、新たな連載『虞美人草』執筆のため自らカンヅメになる。【日めくり漱石/6月13日】

         

    今から109 年前の今日、つまり明治40年(1907)6月13日、40歳の漱石は、自邸の門口…

  13.  

    夏目漱石、朝日新聞に連載小説『それから』の予告文を書いて送る。【日めくり漱石/6月12日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)6月12日の朝、漱石は、東京朝日新聞…

  14.  

    フランス20世紀美術を一望!パリの「ポンピドゥー・センター」所蔵の名作が上野に集結

         

    パリの中心部に位置する総合文化施設ポンピドゥー・センターに開設されたフランス国立美術文化セン…

  15.  

    夏目漱石、当時話題の2つの絵画展を見に上野まで出かける。【日めくり漱石/6月11日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)6月11日、43歳の漱石は、ふと思い…

  16.  

    和紙の素晴らしさを再確認!知られざる歴史を辿る「和紙―近代和紙の誕生―」展

         

    「和紙」という用語は、明治時代に西洋から輸入されたパルプを原料とする紙「洋紙」に対して用いら…

  17.  

    夏目漱石、靖国神社の能楽堂で客の無礼な行動に憤る。【日めくり漱石/6月10日】

         

    今から104 年前の今日、つまり明治45年(1912)6月10日、漱石は東京・九段の靖国神社…

  18.  

    視覚トリックにみちた目くるめく不思議世界!「無限迷宮への夢 エッシャーの世界」展

         

    「だまし絵」で知られる、オランダが生んだ異才の版画家、マウリッツ・コルネリス・エッシャー(1…

  19.  

    夏目漱石、熊本の借家で小さな小さな結婚式を挙げる。【日めくり漱石/6月9日】

         

    今から120 年前の今日、すなわち明治29年(1896)6月9日、夏目漱石は結婚式を挙げた。…

  20.  

    我が名はポール・スミス!世界的人気デザイナーの「アタマの中」が覗ける展覧会

         

    世界約70の国と地域で展開する世界的なブランド、ポール・スミスは、クラシカルとモダン、伝統的…

  21.  

    夏目漱石、知人から赤ん坊の名づけを頼まれ大いに悩む。【日めくり漱石/6月8日】

         

    今から100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)6月8日の夜、俳人で中央出版協会の編集…

  22.  

    夏目漱石、老能楽師を相手に聞き上手ぶりを発揮する。【日めくり漱石/6月7日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)6月7日、夏目漱石は宝生流能楽師の宝…

  23.  

    万年筆画の第一人者・古山浩一さんに聞く「万年筆」で絵を描くコツ

         

    本来、文字を書くための道具である万年筆。ところが、文字ではなく絵を描く道具として万年筆を手に…

  24.  

    夏目漱石、悲運の二葉亭四迷と「最期の晩餐」を共にする。【日めくり漱石/6月6日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)6月6日、漱石は、東京・上野の精養軒…

  25.  

    サラ・ヴォーン|声を楽器に新しいスタイルを築いた技巧派 【ジャズ・ヴォーカル・コレクション03】

         

    文/後藤雅洋「エラ(・フィッツジェラルド)、サラ、カーメン(・マクレエ)」と並び称さ…

  26.  

    めでたや御出現!春日大社本殿の獅子・狛犬が800年の時を経て初公開

         

    奈良の春日大社は、鎌倉時代の初めに創建され、その後御蓋山(みかさやま)の麓に社殿を造営し、四…

  27.  

    「男の子がうまれたぞ!」夏目漱石、待望の長男誕生に有頂天になる。【日めくり漱石/6月5日】

         

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)6月5日、漱石と鏡子の間に5番目の子…

  28.  

    巨匠たちが名画に隠した謎を解け!「日本画ミステリー」展

         

    庭園の美しさで有名な島根県安来市の足立美術館は、質量ともに優れた日本画のコレクションでも知ら…

  29.  

    嗚呼イライラ!夏目漱石、東大の図書館でご立腹の理由とは。【日めくり漱石/6月4日】

         

    漱石の名作『三四郎』は、九州から上京した東京帝国大学の学生・小川三四郎(福岡の出身で熊本五高…

  30.  

    エラ・フィッツジェラルド|圧倒的な歌唱力、抜群の安定感を聴かせる「女王」 【ジャズ・ヴォーカル・コレクション02】

         

    文/後藤雅洋■「ジャズ歌3人娘」の長女 大物や優れた人たちを数え上げるとき、…

PAGE TOP