新着記事

幹が太い、マスカット・ベーリーAの見事な古木。「父が小学生の時の写真にすでに写っているから、樹齢は少なくとも80年以上」。その前に佇む岸平典子さん。 【日本ワイン生産者の肖像6】岸平典子さん(タケダワイナリー)|創業100年の歴史を持つ老舗で、日本ワインの王道を突き進む女性醸造家。

取材・文/鳥海美奈子山形・蔵王連邦のふもとに、その見事なぶどう畑は広がる。うねるよう…

【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今もお金を一切受け取ってくれず……~その2~ 【娘のきもち】「医者になったことが一番の親孝行」稼げるようになった今も両親はお金を一切受け取ってくれず……~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親。その姿が苦手だった~その1~ 【娘のきもち】中高一貫校に入ったことで勉強が好きに。お酒の力を借りて勉強の邪魔をしてくる父親が苦手だった~その1~

取材・文/ふじのあやこ近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過…

履きやすい靴は健康に悪い靴⁉  ロコモを防ぐ靴の選び方 履きやすい靴は足に悪い靴!?| 健康寿命を延ばす靴の選び方

文/鈴木拓也周知のとおり、年を重ねると多くの人が「足腰の痛み」に悩まされるようになる…

本多忠勝像 「徳川四天王」家の幕末~そのとき、名将たちの子孫はどう動いたか【にっぽん歴史夜話13】

文/砂原浩太朗(小説家)人呼んで「徳川四天王」――。家康が関ヶ原で勝利を手にする以前…

江戸切子のぐい呑み|珍しい琥珀色のクリスタルガラスに東西の刻みの技が共演

ガラスに直線の切り込みで小紋のような模様を付ける江戸切子は、その名のとおり江戸から東京へと伝…

一生仕事を続ける時代、73歳女性も活躍するユーチューバーという職業[PR]

「人生100年時代」と言われている今、「長生きするなら仕事もしないと」「一度しかない人生、好きなこと…

「ヤフオク!」で検索された「猫」を含むキーワードランキング 夏目漱石の小説「吾輩は猫である」初版本(明治40年発行)は12万円超で落札!|「ヤフオク!」で取引された意外な「猫」グッズ

招き猫、タイトルに猫がつくゲームから、猫脚の家具まで幅広いアイテムが登場本物そっくり、ハンド…

高所恐怖症の人はクラクラしてしまいそうな天井座敷。 ベストな席は天井桟敷?|ベルリン・フィルハーモニーを現地で鑑賞する方法

文・写真/宮本薫(海外書き人クラブ/ドイツ・ベルリン在住ライター)完璧な音楽などというも…

健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも⁉ 健康オイルブーム! 摂り方を間違えるとシワやくすみの原因にも!?

文/中村康宏「油」と聞けばカラダに悪いというイメージをお持ちの方もいらっしゃると思い…

ピックアップ記事

  1. 角野栄子さん

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 夏目漱石、泥棒に着物を盗まれ、肌寒い思いで手紙を書く【日めくり漱石/4月13日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょうど100年。漱石は小説、評論、英文学など多分野で活躍する一方、慈愛に富んだ人間味あふれる紳士でもありました。そんな漱石の「日常」を辿りながら…

  2. 夏目漱石、帰郷する命の恩人のために盛大な送別会を催す【日めくり漱石/4月12日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  3. 夏目漱石、知らぬ間に付け替えられた門札を不気味に思う【日めくり漱石/4月11日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  4. 夏目漱石、松山での教師生活を終え熊本へ旅立つ【日めくり漱石/4月10日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  5. 夏目漱石、松山の旅館『城戸屋』に宿泊し、心付けに大金を渡す【日めくり漱石/4月9日】

    『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『こころ』…数々の名作を世に残した文豪・夏目漱石が没して今年でちょう…

  6. 胃痛で間食をとめられている夏目漱石、こっそり煎餅を一枚食べる【日めくり漱石/4月8日】

  7. 破壊と略奪から命がけで守られたシルクロードの秘宝231件! 特別展「黄金のアフガニスタン」

  8. 夏目漱石、早世した友を想い、その写真に鎮魂の一句添える【日めくり漱石/4月7日】

  9. 夏目漱石、大好きな花見にも出かけず『彼岸過迄』の執筆にかかりきりになる【日めくり漱石/4月6日】

  10. 夏目漱石、ロンドンの下宿部屋にとじこもり、スティーブンソンの小説を読みふける【日めくり漱石/4月5日】

  11. 夏目漱石の妻が心底うんざりした、夫のお洒落にまつわる事件とは【日めくり漱石/4月4日】

  12. 夏目漱石、まだ無名だった島崎藤村の自費出版本を読み終え舌を巻く【日めくり漱石/4月3日】

  13. 夏目漱石、夫の見舞いで京都に来たはずの妻が観光に夢中でむくれる【日めくり漱石/4月2日】

  14. 夏目漱石が毎晩、自分と妻の手首を結んで寝るきっかけになった事件とは?【日めくり漱石/4月1日】

  15. 夏目漱石、奇病を患う生後3か月の次男・伸六を大学病院へ連れて行く【日めくり漱石/3月31日】

  16. 『坊ちゃん』誕生のヒントもなった松山中学の卒業生にメッセージを送る【日めくり漱石/3月30日】

  17. 夏目漱石、原稿の締め切りが迫る中、新聞連載小説『心』の構想に悩む【日めくり漱石/3月29日】

  18. 夏目漱石、初の新聞連載『虞美人草』の取材で京都に向かう【日めくり漱石/3月28日】

  19. 日本三大絵巻のひとつ国宝『信貴山縁起絵巻』が初の全三巻・全場面同時公開!

  20. 夏目漱石、女性と心中未遂事件を起こした弟子を自宅にかくまう【日めくり漱石/3月27日】

  21. 夏目漱石、原稿の締め切りを忘れて謡の会を満喫する【日めくり漱石/3月26日】

  22. 夏目漱石、『道草』執筆を前に訪れた京都で病に倒れる【日めくり漱石/3月25日】

  23. 木版画と洋画の融合! マッカーサーやダイアナ元妃も魅了した吉田博の大回顧展

  24. 夏目漱石、ドイツ留学へと旅立つ門弟・寺田寅彦の送別会に出席する【日めくり漱石/3月24日】

  25. 夏目漱石、教え子の遺稿集のために援助資金を送る【日めくり漱石/3月23日】

  26. 綿密な時代考証を基に描いた近代歴史画の巨匠・安田靫彦の代表作100点が一堂に会す

  27. 夏目漱石、音楽会の帰りに蛙の鳴き声の物まねをしながら上野の森を歩く【日めくり漱石/3月22日】

  28. 夏目漱石、大好きだった長兄・大助との永遠の別れを悲しむ【日めくり漱石/3月21日】

  29. 夏目漱石、世界一周へ旅立つ同僚を新橋停車場で見送る【日めくり漱石/3月20日】

  30. 国芳・国貞が描く”江戸のポップカルチャー”「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」

PAGE TOP