新着記事

ダイエット

「食事制限ダイエット」で目標を達成した人が明かす成功の秘訣

高齢化社会を迎えている現在、ダイエット、健康食品・サプリメント、運動など、健康志向は高まるば…

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

【ビジネスの極意】現代のリーダーに必要な、心の知能指数「EQ」を知っていますか?

現代においてリーダーに求められる資質は旧来とは異なってきている。現代のリーダーには「EQ」が…

イニシャル入りロックグラス|いつもの一杯を極上の一杯にするマイグラス

オンザロックの氷がカランカランと心地よく響くクリスタルガラス。その涼やかな音はウイスキーの味…

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|『定年ごはん』

定年を迎えた男性の“ごはん問題”を解決|定年ごはんの作り方

文/印南敦史「定年後にはあれをしよう、これをしよう」と、いろいろ思いをはせるのは楽しい。しか…

【家事に関するアンケート調査】普段行う家事で女性より男性の方が上位なのは「ゴミだし・分別」「風呂掃除」など。

30代から50代の女性の6割以上が日常の家事を負担に感じている

最近では家事を積極的に行う男性も増えているといいます。マイボイスコム株式会社(https…

オーダースーツ

経営者はなぜ「オーダースーツ」を着るのか?

人が視覚から得ることのできる情報は全体の55%といわれており、第一印象の良し悪しに関しては出…

BLACK LAGOONラベル シングルモルト・ウイスキー|9月19日12:00 発売開始!

架空の犯罪都市ロアナプラを舞台に、二挺拳銃の異名をとって大暴れするいい女。『月刊サンデーGX…

マイルス・デイヴィス『クッキン』

「イケメンでなくても好き」という大ヒット・ラブソング【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道24】

文/池上信次第24回ジャズ・スタンダード必聴名曲(14)「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」…

シニアライダーの8割以上がバイクマナーに自信アリ!!|シニアライダーに関する実態調査

シニアライダーは孤独を好む!? 約9割はソロツーリング派

まだまだ残暑が続いていますが、ふとした瞬間に秋の訪れを感じることもある今日このごろ。シニアライダーの…

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

【ビジネスの極意】「ダメな部下」を使わないといけない課長の苦悩

会社組織の一員として「上司とそりが合わない」「上司が無理な指示を出す」といった上司への悩みが…

ピックアップ記事

  1. 東寺
  2. 世界遺産の構成資産内にある旧五輪教会。傘を開いたようなコウモリ天井の下、イエスを抱いた聖ヨセフ(イエスの養父)が佇む。手前の聖体拝領台(柵)の意匠は大浦天主堂(長崎市・世界遺産)と共通。鳥の声と波の音が堂内にこだまする。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    国立西洋美術館本館|日本唯一のコルビュジエ建築4つの特徴

         

    去る7月17日、「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕著な貢献―」の構成資産のひとつとして、世界遺産に登録されることが決まった「国立西洋美術館本館」(東京都台東区)。上野公園の一角に立つ小さな箱型の美術館は、昭和34年(1…

  2.  

    若き夏目漱石、船の上で女性にいいとこ見せようとして大失敗。【日めくり漱石/8月7日】

         

    今から127 年前の今日、すなわち明治22年(1889)8月7日、漱石は隅田川の河口から汽船…

  3.  

    爽快!夏の信州に大集合した北斎ブルーの富士山たち「北斎の富士 冨嶽三十六景と富嶽百景」展

         

    江戸期を代表する絵師・葛飾北斎(1760-1849)の描いた「富士山」ばかりを集めた企画展が…

  4.  

    夏目漱石、停車場で通訳を買って出るも喉が痛くて声が出ない。【日めくり漱石/8月6日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)8月6日、43歳の漱石は、転地療養の…

  5.  

    又兵衛から抱一まで江戸絵画の全貌を俯瞰!「江戸絵画への視線-岩佐又兵衛から江戸琳派へ-」

         

    東京・山種美術館で、江戸絵画を中心とした展覧会が開かれています。近代・現代の日本画コレクショ…

  6.  

    こりゃニャンダフル!国芳や国貞などの猫の浮世絵が大集合「浮世絵ねこの世界展」

         

    浮世絵に描かれた「猫」をテーマにした企画展が、石川県七尾美術館で始まりました(〜9月25日ま…

  7.  

    夏目漱石、『猫』が講談に使われているのを知って面食らう。【日めくり漱石/8月5日】

         

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)8月5日、40歳の漱石は朝日新聞に連…

  8.  

    本場のオペラを気軽に堪能「METライブビューイング」アンコール上映会【ご招待あり】

         

    本場メトロポリタン歌劇場(通称:MET、メト)で上演された極上のオペラが、日本にいながら映画…

  9.  

    38歳の夏目漱石、余りの忙しさに悲鳴を上げた夏の日。【日めくり漱石/8月4日】

         

    今から111 年前、つまり明治38年(1905)の夏、38歳の漱石は目の回るような忙しさを感…

  10.  

    夏目漱石、ロンドンにて尊敬する歴史家カーライルの博物館を訪ねる。【日めくり漱石/8月3日】

         

    今から115 年前の今日、すなわち明治34年(1901)8月3日、ロンドン留学中の34歳の漱…

  11.  

    並ばず見られて入場無料!門前仲町で「伊藤若冲展」ひっそり開催中【山本益博の「私のお気に入り」131】

         

    深川にあるてんぷら『みかわ是山居』は、作家物の食器でてんぷらを食べさせてくれ、酒を飲むのでも、自分の…

  12.  

    夏目漱石、幼い我が子の入院を知って鎌倉の病院へ急ぐ。【日めくり漱石/8月2日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち大正元年(1912)8月2日、45歳の漱石は、妻の鏡子とと…

  13.  

    夏目漱石、ついに小説『心』の最終回を書き上げる。【日めくり漱石/8月1日】

         

    今から102 年前の今日、すなわち大正3年(1914)8月1日、47歳の漱石は折からのうだる…

  14.  

    夏目漱石、無礼な人力車の車夫を一喝する。【日めくり漱石/7月31日】

         

    今から119 年前の今日、すなわち明治30年(1897)7月31日、熊本から夏期休暇で東京に…

  15.  

    ド迫力の大作「面構」(つらがまえ)シリーズが一挙公開!日本画家・片岡球子の回顧展

         

    力強い筆致と鮮烈な色彩で強烈な個性を放ち、戦後の日本画を刷新した日本画家・片岡球子(1905…

  16.  

    夏目漱石、「明治」という時代の終焉に直面する。【日めくり漱石/7月30日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち明治45年(1912)7月30日、漱石は深い感慨をもってひ…

  17.  

    夏の夜を彩るジャズの祭典「Blue Note JAZZ FETIVAL」@横浜で開催【ご招待あり】

         

    夏の夜を彩るジャズファン待望のジャズ・フェスティバル「Blue Note JAZZ FEST…

  18.  

    漱石先生の珠玉の言葉がぎっしり!悩める現代人に“効く”名言集『夏目漱石100の言葉』(矢島裕紀彦・監修)

         

    本サイト『サライ.jp』で「日めくり漱石」を連載している矢島裕紀彦さん監修の書籍『夏目漱石1…

  19.  

    夏目漱石、学生の語学力が落ちている原因について語る。【日めくり漱石/7月29日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)7月29日、東京・内幸町の長与胃腸病…

  20.  

    60代以上が選んだ「海を連想する曲」ランキング1位は?

         

    いよいよ夏本番、今年も海が恋しい季節になってきました。とくに、からっと晴れた夏らしい日には、…

  21.  

    夏目漱石、敬愛していた嫂(あによめ)の早すぎる死に大ショック。【日めくり漱石/7月28日】

         

    今から125 年前の今日、すなわち明治24年(1891)7月28日、24歳の漱石は悲しみに沈…

  22.  

    夏目漱石、教え子の魅力的な誘惑を振りきって「草枕」の執筆に専念する。【日めくり漱石/7月27日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)7月27日、39歳の漱石は、東京・千…

  23.  

    ボサ・ノヴァ・ヴォーカル|ブラジル・リオで生まれ世界を癒した音楽の新しい波【ジャズ・ヴォーカル・コレクション07】

         

    文/後藤雅洋■ジャズと映画で広く伝播ボサ・ノヴァは1950年代の末、ブラジル…

  24.  

    ルーヴルが認めた9番目の芸術ジャンルは「漫画」!ルーヴル美術館特別展「LOUVRE No.9~漫画、9番目の芸術~」

         

    パリのルーヴル美術館による「漫画」をテーマにした画期的な展示が、東京・六本木の森アーツセンタ…

  25.  

    夏目漱石、深夜に凄まじい暴風雨の音で目をさます。【日めくり漱石/7月26日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)7月26日、44歳の漱石は日付が変わ…

  26.  

    若き夏目漱石、青春の病をかかえ伊香保温泉へひとり旅。【日めくり漱石/7月25日】

         

    今から122 年前の今日、すなわち明治27年(1894)7月25日、27歳の漱石は、上野停車…

  27.  

    【夏の妖怪展その2】土偶、国芳から妖怪ウォッチまで!空前絶後の「大妖怪展」

         

    両国の江戸東京博物館では、妖怪に関する大規模な展覧会が開かれています。江戸時代に盛んに描かれた妖…

  28.  

    もっと大胆に生きていいんだ!夏目漱石、悩める教え子を激励する。【日めくり漱石/7月24日】

         

    今から110 年前の今日、すなわち明治39年(1906)7月24日、39歳の漱石は教え子に宛…

  29.  

    【夏の妖怪展その1】ゲゲゲッ!個性豊かな妖怪の世界を体感「水木しげるの大妖界」展

         

    日本漫画界の巨匠にして妖怪研究家の故・水木しげるさんが生み出した、独自の妖怪ワールドを紹介す…

  30.  

    夏目漱石、喀血した兄と転地療養へ出かけるも思わぬ事態に遭遇する。【日めくり漱石/7月23日】

         

    今から127 年前の今日、すなわち明治22年(1889)7月23日、一高在学中の22歳の漱石…

PAGE TOP