新着記事

蒸れを防ぐ秘密機構で夏場も快適な撥水帽子

ギラギラと容赦なく照りつける太陽……。熱中症予防のためにも、夏の外出に帽子は必須アイテムです…

『あなたへ』

降旗康男監督と高倉健が組んだロードムービー『あなたへ』【面白すぎる日本映画 第31回】

文・絵/牧野良幸今回は5月に惜しくも亡くなった降旗康男(ふるはた・やすお)監督の作品…

夏の登山・ハイキング人気スポットランキング!

登山・ハイキング人気スポットランキング|「世界自然遺産」から「日本百名山」まで夏に行きたい景勝地10選

登山・ハイキングの意欲がわいてくる夏が近づいてきました。日本には山登りに適した景勝地が数多く…

高血圧

「高血圧治療ガイドライン」改定であなたも高血圧!?|40代からは塩分量に注意が必要!

現在日本には高血圧対象者が約4,300万人(※1)いるとされている。2019年4月25日に発表さ…

畳の香りにつつまれて極上の昼寝ができる快眠寝具セット

畳のあの香りって、なんであんなに安らげるのでしょう! そんなすばらしい香りにつつまれてまどろ…

スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリカン・ソングブック【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

ブロードウェイ・ミュージカルの名曲をジャズマンが演奏する理由【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道11】

文/池上信次第11回スタンダードの「供給源」|ブロードウェイ・ミュージカルとグレイト・アメリ…

食の安全。自分の身を自分で守るためには|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

危険な食品添加物から自分の身を守る|『OK食品 NG食品 どちらを食べますか?』

文/印南敦史スーパーやコンビニではさまざまな食品が売られているが、それらはすべて2種類の…

お葬式の費用は半数が100万円から200万円以下

わからないことだらけのお葬式の費用|約5割が「一般葬」で100万円から200万円払っている!

親族をはじめ、友人・知人、仕事関係などの葬儀に参列することは幾度かあっても、人生の中で、自分…

自宅で焼酎パーティを開きたくなる美濃焼の焼酎サーバー

『サライ』7月号では「焼酎」を大特集していますが、こちらではお気に入りの焼酎をさらにおいしく…

東京の伝統工芸の魅力を発信!『進化する粋 東京手仕事展』日本橋三越本店で開催中

来年「文化の祭典」でもあるオリンピック・パラリンピックを迎える東京。その伝統工芸品を扱った展示『進化…

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    写真を芸術に高めた女性!ジュリア・マーガレット・キャメロンの回顧展

         

    19世紀初めに記録媒体として発明された写真が、現在のように芸術の一分野に挙げられるようになる過程において、欠かすことのできない人物がジュリア・マーガレット・キャメロン(1815-79)です。キャメロンが初めて持ったカメラは、…

  2.  

    夏目漱石、上野の精養軒で高校の教え子たちと昔を懐かしむ。【日めくり漱石/7月3日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)7月3日は、相変わらずの雨だった。梅…

  3.  

    夏目漱石、『吾輩は猫である』の原稿料で念願のパナマ帽を買う。【日めくり漱石/7月2日】

         

    今から111 年前の今日、すなわち明治38年(1905)7月2日、38歳の漱石は東京・本郷で…

  4.  

    シュルレアリスムの巨匠サルバドール・ダリ、約10年ぶりの大型回顧展!

         

    シュルレアリスムの巨匠、サルバドール・ダリの大規模な展覧会が、京都市美術館で開催されています…

  5.  

    夏目漱石、連作『夢十夜』の最初の原稿を大阪朝日新聞へ送る。【日めくり漱石/7月1日】

         

    今から108 年前の今日、すなわち明治41年(1908)7月1日、41歳の漱石は『夢十夜』の…

  6.  

    究極の高みに至ったガラス工芸の粋を堪能!「生誕170周年 エミール・ガレ」展

         

    アール・ヌーヴォーを代表するガラス工芸家、エミール・ガレの展覧会が、東京のサントリー美術館で…

  7.  

    若き夏目漱石、兄に連れられ歌舞伎座へ観劇に出かける。【日めくり漱石/6月30日】

         

    まだ大学生の漱石が、兄の直矩(なおかた)に誘われて東京・銀座の歌舞伎座に出かけたのは、大学が…

  8.  

    夏目漱石、大好きな古都・鎌倉へ夏の小旅行に出かける。【日めくり漱石/6月29日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち明治45年(1912)6月29日は土曜日だった。4…

  9.  

    遺作にして最高傑作!建築家・岡田信一郎が魂を燃やした「明治生命館」

         

    昭和9年に完成した「明治生命館」は、昭和の建築としてはじめて重要文化財に指定された、記念碑的…

  10.  

    ルイ・アームストロング|ジャズの父、そしてジャズ・ヴォーカルの父【ジャズ・ヴォーカル・コレクション05】

         

    文/後藤雅洋■サッチモの偉さはどこに名前は知っていても、その実像の凄さがいま…

  11.  

    入院中の夏目漱石に「こんにゃく湿布」の荒療治が迫り来る。【日めくり漱石/6月28日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)6月28日、東京・内幸町の長与胃腸病…

  12.  

    夏目漱石、輸入ものの運動器具を購入する。【日めくり漱石/6月27日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)6月27日は、雨の日曜日だった。漱石…

  13.  

    傑作「桟敷席にて」が日本初公開!「母子像の画家」メアリー・カサット展

         

    印象派を代表する女性画家、メアリー・カサット(1844-1926)の回顧展が35年ぶりに日本…

  14.  

    夏目漱石、寄席に出かけて3代目小さんの落語に聞き惚れる。【日めくり漱石/6月26日】

         

    今から108 年前の今日、つまり、明治41年(1908)6月26日の漱石邸には、前夜から3人…

  15.  

    巨匠ミケランジェロが描いた真筆のスケッチ! 「ミケランジェロ展 ルネサンス建築の至宝」

         

    イタリア・ルネサンスの巨匠、ミケランジェロ・ブオナローティ(1475-1564)の建築作品に…

  16.  

    【休日達人♯01】「一人茶会」で自分をもてなす/山口浩さん(駒澤大学教授)

         

    独自の趣味で人生を楽しんでいる方を紹介する【休日達人】。第1回は「一人茶会」を趣味にする駒澤大学教授…

  17.  

    夏目漱石が中学の英語教師として受け取った月給の額は?【日めくり漱石/6月25日】

         

    今から121 年前の今日、すなわち明治28年(1895)6月25日は、愛媛尋常中学(松山中学…

  18.  

    新入り子猫がやってきた!44匹の子猫を救った「わさびちゃん母さん」の現在

         

    「空前の猫ブーム」といわれる今だからこそ、外で過酷な生活を送る野良猫たちの「猫生」にも思いを…

  19.  

    名橋「日本橋」に刻まれた歴史と謎|ミステリアスな彫刻には意味がある!

         

    日本橋が最初に架けられたのは慶長8年(1603)。以来、19回架け替えられ、現在の日本橋は2…

  20.  

    夏目漱石、門弟に西洋料理を御馳走になってお腹をこわす。【日めくり漱石/6月24日】

         

    今から112 年前の今日、すなわち明治37年(1904)6月24日、37歳の漱石は小雨の降る…

  21.  

    こんな家は御免だ!夏目漱石が「夏目家の家督」を継がなかった事情【日めくり漱石/6月23日】

         

    夏目漱石の次兄で電信中央局で働いていた夏目直則(なおのり)の葬儀が行われたのは、今から129…

  22.  

    夏目漱石、寺田寅彦から欧州土産をもらって大いに喜ぶ。【日めくり漱石/6月22日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)6月22日、44歳の漱石は久しぶりの…

  23.  

    夏目漱石、窮乏にあえぐ門下生のために金を用立てる。【日めくり漱石/6月21日】

         

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)6月21日、40歳の漱石は東京・早稲…

  24.  

    若き夏目漱石、東京で「明治期最大の地震」の直撃を受ける。【日めくり漱石/6月20日】

         

    今から122 年前の今日、すなわち明治27年(1894)6月20日、午後3時過ぎ、大学院生と…

  25.  

    関東の一大勢力だった北条氏が一瞬にして滅びた理由

         

    “敗れ去った者”に対する世間の評価は冷たく、ありもしないことまで言われてしまうのは、昔も今も変わらな…

  26.  

    夏目漱石、連載小説『それから』の最初の原稿を新聞社に送る。【日めくり漱石/6月19日】

         

    今から107 年前の今日、すなわち明治42年(1909)6月19日、漱石は、まもなく新聞連載…

  27.  

    東京駅の建築家・辰野金吾が仕掛けた「国会議事堂」設計をめぐる仁義なき戦い

         

    明治時代を代表する建築家・辰野金吾(たつの・きんご)には、「建築家になったからには、生涯この…

  28.  

    夏目漱石、胃潰瘍の治療で「人生初の入院生活」を体験する。【日めくり漱石/6月18日】

         

    今から106 年前の今日、すなわち明治43年(1910)6月18日、43歳の漱石は、鏡子夫人…

  29.  

    汽車旅に出た夏目漱石!当時の「駅弁」には何が入ってた?【日めくり漱石/6月17日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)6月17日、漱石は朝5時半に目を覚ました…

  30.  

    夏目漱石、熊本で「三陸大津波」の大惨事を知り驚愕する。【日めくり漱石/6月16日】

         

    今から120 年前の今日、すなわち明治29年(1896)6月16日、29歳の漱石は熊本で驚く…

PAGE TOP