新着記事

50代夫婦1000名に聞いた定年対策 実態調査!|「定年退職後も夫には外で働いてほしい」は9割近く!!

妻の9割は「定年退職後も夫には外で働いてほしい」|50代夫婦1000名に聞いた「定年後のライフスタイル」

つい先日も定年引き上げが話題となったが、定年を迎えてからの人生、まだまだ働ける、と思っている…

SIWA長財布|障子紙の里から生まれた優しい手触りの軽量財布

山梨県市川大門(市川三郷町)にある『大直』というメーカーがつくったのは、軽量な和紙を使った財布だ。…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】今が旬!そらまめとかぶを食べよう

【管理栄養士が教える減塩レシピ】「そらまめと新じゃがのチーズ焼き」「かぶのラタトゥイユ」|今が旬! そらまめとかぶを食べよう

写真・文/矢崎海里新じゃがや新玉葱、春キャベツ・・・。春は旬の野菜がたくさんあって、…

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

【家族のかたち】不妊治療に非協力的な夫との離婚。次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

取材・文/ふじのあやこ時代の移り変わりとともに、変化していく家族のかたち。幼少期の家…

【家族のかたち】不妊から離婚を経験。もう一回拒否されたらと次に進めなかった気持ちを家族が救ってくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭は貧しくも、2人の兄のおかげで寂しさを感じることはなかった~その1~

取材・文/ふじのあやこ昭和、平成と時代が移り変わるのと同様に、家族のかたちも大家族か…

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

免許返納。娘は母にどう伝えたらいいのか?【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】

文/鈴木珠美母の運転が荒くなった。子供の頃、父をはじめ、親戚の方々など色々な大人たち…

歌川国芳「たとゑ尽の内」個人蔵

猫、猫、猫。江戸時代の「猫ブーム」を垣間見る【特別展 いつだって猫展】

取材・文/池田充枝昨今の猫人気は、なにも今はじまったことではなく、江戸時代にも「猫ブーム」は…

鯉のぼり型染めタペストリー|本格的な型染めで仕上げた室内用鯉のぼり

端午の節句も間近、青空に鯉のぼりが泳ぐ季節になった。しかし、住宅事情もあり、どの家庭でも鯉の…

名手ムターが作曲家ペンデレツキに捧げるドラマティックな演奏の花束【林田直樹の音盤ナビ】

選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)ずしりと手応えのある音楽である。現代を代表するドイツのヴ…

空から眺めるウルルの全容

ブリスベンとゴールドコースト、そしてウルルを巡る旅【ウルル編】

写真・文/石津祐介ブリスベンからエアーズロックへブリスベン6時発のジェットスター667便で、…

ピックアップ記事

  1. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。
  2. アウトサイド・ジャパン展

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  趣味・教養についての記事一覧

  1.  

    ジャズ・ヴォーカルの醍醐味が味わえる!奇跡の競演が実現『ジャズ・ヴォーカル・コレクション』創刊号

         

    文/後藤雅洋■“声”という個性的な楽器“ジャズ・ヴォーカル”の魅力は格別なものです。その理由は、“歌”がもつ親しみやすさ、“ジャズ”の奥深さが好ましい形で融合しているからです。“ジャズ”というとちょっと敷居が高…

  2.  

    49歳の夏目漱石、8歳児の思いがけない素朴な質問に翻弄される。【日めくり漱石/6月2日】

         

    今から100 年前の今日、つまり大正5年(1916)6月2日、漱石は長男の純一とこんな会話を…

  3.  

    若き夏目漱石、仲間とともに江ノ島に遠征して上陸の先陣を切る。【日めくり漱石/6月1日】

         

    今から131 年前の今日、すなわち明治18年(1885)6月1日、大学予備門(のちの一高)に…

  4.  

    世界に誇るセラミックス・ジャパン!近代日本の「陶磁器デザイン」の流れをたどる初の展覧会

         

    明治維新から第二次大戦までの70年に及ぶ、日本の陶磁器におけるデザインの流れを辿る展覧会が、…

  5.  

    夏目漱石、父になる!長女の命名にこめた切なる願いとは。【日めくり漱石/5月31日】

         

    今から117 年前の今日、すなわち明治32年(1899)5月31日、漱石と妻・鏡子との間に待…

  6.  

    夏目漱石、教え子から届いた中国の硯が壊れていて泣く。【日めくり漱石/5月30日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち明治45年(1912)5月30日、漱石は待ちかねていた硯を…

  7.  

    50年間長崎を撮り続けた写真家・東松照明の回顧展

         

    戦後日本を代表する写真家の一人、東松照明(とうまつ・しょうめい 1930-2012)の回顧展…

  8.  

    夏目漱石、うっかりミスで詫び状を書く羽目になる。【日めくり漱石/5月29日】

         

    漱石が大切にしていた価値観のひとつに、「拙を守る」ということがある。世渡り上手でなくていい。…

  9.  

    夏目漱石、文人画家としてのデビューを果たす【日めくり漱石/5月28日】

         

    今から104 年前の今日、すなわち明治45年(1912)5月28日、45歳の漱石は無性に「自…

  10.  

    見るだけで涼しくなれる!? 「涼を呼ぶ美術」展で夏の暑さをしのぐ

         

    四季のはっきりした日本では、梅雨が明けると暑い夏がやってきます。古来、人々は夏の暑さをしのぐ…

  11.  

    夏目漱石、家政婦お梅さんの結婚式で「花嫁の父」になる。【日めくり漱石/5月27日】

         

    明治44年(1911)の5月27日、つまり今から105 年前の今日は、夏目家で家政婦として働…

  12.  

    夏目漱石、吉原帰りに傑作「虞美人草」のタイトルをひらめく。【日めくり漱石/5月26日】

         

    今から109 年前の今日、すなわち明治40年(1907)5月26日、漱石は門下生の小宮豊隆(…

  13.  

    歴史的瞬間!夏目金之助が「夏目漱石」になった日【日めくり漱石/5月25日】

         

    夏目漱石の本名は、夏目金之助(なつめ・きんのすけ)という。父は夏目小兵衛直克。母は千枝。五男…

  14.  

    若き夏目漱石、神田の旅館に「人生の達人」を訪ねる。【日めくり漱石/5月24日】

         

    今から122 年前の今日、すなわち明治27年(1894)5月24日の夜、27歳の漱石は神田淡…

  15.  

    奈良・吉野はなぜ桜と祈りの聖地となったのか?「桜とともに生きる~吉野・生命と再生の聖地~」シンポジウム開催のお知らせ

         

    日本有数の桜名所として知られる奈良・吉野は、古代から神宿る山、仏の聖地と仰がれ、日本独自の信…

  16.  

    すべての猫に幸せを!新たな家族に命を救われた「保護猫」たちの肖像

         

    年々減ってきているとはいえ、まだまだたくさんの猫たちが「殺処分」という悲しい最期を迎えなければならな…

  17.  

    夏目漱石、教え子の描いた似顔絵に喜色満面となる。【日めくり漱石/5月23日】

         

    明治38年(1905)5月23日、すなわち今から111 年前の今日、東京帝国大学講師としての…

  18.  

    現実と空想を行き来する驚くべき細密画!立石鐵臣展

         

    日本統治時代の台湾で活躍した異色の油彩画家、立石鐵臣(たていし・てつおみ)の回顧展が、東京の府中市美…

  19.  

    夏目漱石、帝劇で『ハムレット』を観て首をかしげる。【日めくり漱石/5月22日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)5月22日、44歳の漱石は、開場まも…

  20.  

    神秘の王国ブータンからの貴重な文物約140点が公開中【ブータン~しあわせに生きるためのヒント~】

         

    中国・インドと国境を接する神秘の王国ブータン。そのロイヤルコレクションはじめ貴重な文物140点余りが…

  21.  

    夏目漱石、ロンドンの下宿で「理想の女性」について語る。【日めくり漱石/5月21日】

         

    今から115 年前の今日、つまり明治34年(1901)5月21日、ロンドンの漱石は朝目覚めた…

  22.  

    夏目漱石が叱った教え子、2日後にとんでもない事件をおこす。【日めくり漱石/5月20日】

         

    今から113 年前の今日、すなわち明治36年(1903)5月20日、36歳の漱石は英語教師と…

  23.  

    夏目漱石、幼い娘の同級生の言葉に絶句する。【日めくり漱石/5月19日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)5月19日、漱石の三女の栄子が、家に…

  24.  

    あなたが考える言葉の語釈や新語が辞書に載る! ? 「あなたの言葉を辞書に載せよう。2016」キャンペーン開催

         

    日本語の言葉の意味や使い方は時代とともに日々進化し、変化していきます。そ…

  25.  

    夏目漱石、翻訳依頼で『坊っちゃん』推しと発覚。【日めくり漱石/5月18日】

         

    今から100 年前の今日、すなわち大正5年(1916)5月18日、漱石は小樽高等商業学校(現…

  26.  

    夏目漱石、政府の傍若無人なふるまいに憤る。【日めくり漱石/5月17日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)5月17日、政府が「文芸委員会官制」…

  27.  

    夏目漱石、大学野球に出かけて母校を応援するが残念なことに。【日めくり漱石/5月16日】

         

    今から101 年前の今日、すなわち大正4年(1915)5月16日、48歳の漱石は、教え子で一…

  28.  

    夏目漱石、二葉亭四迷の死を知る。【日めくり漱石/5月15日】

         

    小説家でロシア文学者でもある二葉亭四迷の本名は、長谷川辰之助といった。彼…

  29.  

    「いま、被災地から-岩手・宮城・福島の美術と震災復興」展を開催【東京藝術大学大学美術館】

         

    5年前に起きた東日本大震災は、東北地方沿岸のいくつかの美術館や博物館にも津波による甚大な被害…

  30.  

    夏目漱石、横柄なエリート役人に惚れこむ。【日めくり漱石/5月14日】

         

    今から105 年前の今日、すなわち明治44年(1911)5月14日は比較的に温暖な日曜日だっ…

PAGE TOP