新着記事

常備したい冬の定番「味の浜藤」のおでんセット【サライのお取り寄せ】

湯気の立ち上る熱々のおでんとともに一杯やるのは、寒い季節の格別な楽しみだ。家で本格的なおでん…

オタワからキングストンまでを結ぶ202kmの運河 カナダ最大のアツモリソウ群生地と世界遺産リドー運河の終着地・首都オタワ 【カナダ・オンタリオ州の旅3】

写真・文/石津祐介カナダの首都オタワと、古都キングストンをつなぐリドー運河。その全長は202…

顎関節症はこうして改善!|原因と予防・対策 スマホの使いすぎ、ストレス過多は要注意!|顎関節症の原因と対策

文/藤原邦康前回の記事では、顎関節症をいかに早期発見したら良いかを解説しました。今回から…

トヨタ センチュリー|匠の技が磨き上げた美と品格をまとう国産車【石川真禧照の名車を利く】

文/石川真禧照(自動車生活探険家) 初代の登場は1967年。お抱え運転手が運転することを前提…

マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

発売中の『サライ』1月号で掲載している「マカオ美味紀行」の記事について、記事のご感想、もしくはマカオ…

マジック 街を歩けばカフェに当たる!? コーヒーの街メルボルンで極上の一杯を堪能。

文・写真/南野真琴(海外書き人クラブ/オーストラリア在住ライター)オーストラリア南東部に位置…

マカオ美味紀行|東西文明の出合いが生んだ比類なき味覚を旅する[PR]

約500年前の大航海時代が繁栄をもたらしたマカオ。2005年にユネスコの世界文化遺産となり、2017…

【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる? 【ビジネスの極意】思惑通りに動いてくれない部下と、どうコミュニケーションをとる?

部下が思ったような結果を出してくれない。それは部下とのコミュニケーションに問題があるのかもし…

知っておきたい医療にかかるお金 大きな手術などの医療費負担が抑えられる「高額療養費制度」|知っておきたい医療にかかるお金

60代、70代ともなると、多かれ少なかれ体調面での心配事が出てくるものです。これから増えるかもし…

サライ1月号|特集は日本酒とかけ蕎麦、付録は光琳ブランケットです

文/編集部今号のサライは創刊29周年特大号の第4弾。毎年恒例「日本酒」の大特集に、「かけ蕎麦…

ピックアップ記事

  1. 徳川園/名古屋市

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 長年の夢を実現!『定年後は庭師になって自然相手の仕事をしよう』【印南敦史の定年本イッキ読み7】

    文/印南敦史定年後に庭師になるとは、いささか奇抜な発想だと思えなくもない。ところが『定年後は庭師になって自然相手の仕事をしよう』(日本造園組合連合会 編、亜紀書房)の編者によれば、庭師の仕事に注目が集まっているらしいのである…

  2. マンドリンが奏でる哀愁漂う名旋律の数々『マンドリン・プレイズ・シネマ・ミュージック』【林田直樹の音盤ナビ】

    選評/林田直樹(音楽ジャーナリスト)音楽の国イタリアにおいて、弦をはじいて音を出すマ…

  3. 自分史を書くならまず考えたい基本の「6W2H」とは【気軽に書ける自分史講座2】

    写真・文/柳澤史樹(自分史活用アドバイザー)ライフスタイルの変遷により、近年になって…

  4. 「はらぺこあおむし」絵本作家の意外なルーツ!『エリック・カール展』の見どころ

    取材・文/藤田麻希絵本作家エリック・カールの『はらぺこあおむし』といえば、世界中の子…

  5. 「名寄岩ァ……に勝った、綾昇ィ……」(19代目 式守伊之助)【漱石と明治人のことば147】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  6. 注目の作曲家ヴァインベルクの真価伝える室内交響曲集【林田直樹の音盤ナビ】

  7. 明治の洋画家・浅井忠が京都に遺したものとは?「浅井忠の京都遺産」展

  8. 「大胆は堅実の上にはじめて成り立つものだ」(安藤百福)【漱石と明治人のことば146】

  9. 飯テロ時代劇!ドラマ『みをつくし料理帖』が描く江戸のリアル【時代劇、勝手に応援し隊 第七夜】

  10. 「山の岩根を一すじに 貫きてこそ道となりけり」(三島通庸)【漱石と明治人のことば145】

  11. 江戸の人気浮世絵師たちが豪華饗宴!幻の平木コレクション名品展

  12. 「それでもな、この写真は見えるんじゃ」(壺井栄)【漱石と明治人のことば144】

  13. 名筆の臨書で1000年前の平安貴族と一体になれる講座【国士舘大学公開講座より】

  14. 空前絶後の趣味人生の集大成!原信太郎と「原鉄道模型博物館」

  15. アウトランダーPHEV(三菱)|これぞ次世代の4WD電気自動車【石川真禧照の名車を利く】

  16. 「行くに径に由らず」(諸橋轍次)【漱石と明治人のことば143】

  17. 技術が神がかってる!一流の縫製技能を名匠たちに教わる講座【文化服装学院公開講座より】

  18. テレビは仲間!石坂浩二が語った日本のドラマ草創期【昭和のテレビ王たちの証言4】

  19. 気迫あふれるムナカタワールドを満喫!「棟方志功展―肉筆画と板画の世界―」

  20. 「自分の人生に絶望を持たないで生きて来た人間は一人もいない」(林芙美子)【漱石と明治人のことば142】

  21. 額入りでは魅力半減!江戸の浮世絵はこう観賞すべし【神奈川大学公開講座より】

  22. 荒々しくて最高!見に行きたくなる甲府城のワイルド石垣

  23. 【浮世絵】知られざる「北斎の東海道五十三次」が集結!展覧会「てくてく東海道-北斎と旅する五十三次-」

  24. 「私は今でも母の名を懐かしいものの一つに数えている」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば141】

  25. かつての苦行はどこへ!? レコードクリーニングの昔と今【オーディオ小僧のアナログ日誌 第4回】

  26. 奥中山高原駅(IGRいわて銀河鉄道)黒い大屋根が風格かもす【訪ねて行きたい鉄道駅舎 第30回】

  27. 世界遺産「沖ノ島」の全貌を捉えた写真集『沖ノ島 神坐す海の正倉院』藤原新也

  28. 「桃栗三年柿八年 だるまは九年 俺は一生」(武者小路実篤)【漱石と明治人のことば140】

  29. 今年も「あなたの言葉を辞書に載せよう by 大辞泉」の募集開始

  30. 貧乏だった喜連川藩があみだした金儲けの秘策とは

PAGE TOP