新着記事

レストランでちょうどいいワインを頼める“魔法の言葉”とは?【食いしん坊の作法 第5回】

文/山本益博「フランス料理が苦手です」という方に、その理由を聞くと、一昔前は、食事の…

綿麻三重織ケット|軽く柔らかな肌掛けで寝苦しい夜も快適に

快眠は、快適な寝具があってこそ。ことに寝苦しい夏場は、寝具の持つ役割が大きくなる。こ…

夏目漱石があのヒゲを整えるのに使っていた剃刀【文士の逸品No.25】

◎No.25:夏目漱石の剃刀文/矢島裕紀彦ロンドンの夏目漱石は、計5回の宿替…

予め知っておきたい「がんになると降りかかってくる4つの負担」とは?

文/中村康宏がんは日本人の死因トップで、3人に1人はがんで死にます。つまり、あなたの…

夫婦から息子へと受け継がれた「マツダ ロードスター」ある家族の物語

高知県南国市。田畑が広がる緑豊かな住宅地に松村一亀(かつき)・倫子(のりこ)さん夫妻の自宅はある。ガ…

墨汁も半紙も使わない水筆書道|乾けば何度でも使える水筆用の書道セット

水と筆があれば、墨汁を使わなくても書道の練習ができるセット。半紙の代わりに使うのは「水写布」…

インカ帝国悲劇の舞台!ペルーの古都「カハマルカ」を歴史散歩する

文・写真/原田慶子(ペルー在住ライター)米CNNが「2018年に訪れるべき18の場所」の1つに選…

【日本ワイン生産者の肖像4】近藤良介さん(KONDOヴィンヤード)北海道・空知でジョージアの古式グベヴェヴリ製法に挑む

取材・文/鳥海美奈子そのワインには、スケール感がある。伸びやかで、ダイナミックで、香気が漂う…

【夕刊サライ/川合俊一】株を始めると時事ネタに強くなる、話題がデカくなる!(川合俊一の暮らし・家計コラム 第3回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。火…

唯一無二の音楽集団ピンク・マティーニが5年ぶりに来日公演@ブルーノート東京

20世紀のあらゆる時代や国のポピュラー・ソングを、ハリウッド映画黄金時代のジャズ・バンドを思…

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

  1. 「悟りとは、如何なる場合にも平気で生きている事である」(正岡子規)【漱石と明治人のことば83】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる明治という時代を呼吸した人びとのことばを、一日一語、紹介していきます。【今日のことば】「余は今まで禅宗のいわゆる悟りという事を誤…

  2. ヨーロッパの街に鳴りひびく鐘の旋律!知られざる巨大楽器「カリヨン」とは?

    文・写真/内野三菜子ヨーロッパの街並みを歩いている時に、どこからともなく聞こえてくる…

  3. 放送コード無視の「ビートたけし節」が紙上で炸裂!ビートたけし著『テレビじゃ言えない』

    文/印南敦史『テレビじゃ言えない』(ビートたけし著、小学館新書)の冒頭において、ビー…

  4. 「金は有るなら人に借す。遠慮には及ばず」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば82】

    今年2017年は明治の文豪・夏目漱石の生誕150 年。漱石やその周辺、近代日本の出発点となる…

  5. 城の防衛装置「狭間」に隠された工夫とは

    監修/萩原さちこ 構成/平野鞠近年、城への注目度は高まっており、全国の入城者数も右肩…

  6. 「どうせ死ぬなら舞台の上で死のう」(川上音二郎)【漱石と明治人のことば81】

  7. 「ほかの人に出来て、私に出来ないことはない」(田口八重)【漱石と明治人のことば80】

  8. 「出来るだけの余命のあらん限りを最善に利用したい」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば79】

  9. 圧倒的迫力でヨーロッパ絵画の歴史を一望!ロシアの至宝「大エルミタージュ美術館」展

  10. 「旅に出ると、私はいつも本当の私となった」(田山花袋)【漱石と明治人のことば78】

  11. 「ああ自分のようなものでも、どうかして生きたい」(島崎藤村)【漱石と明治人のことば77】

  12. ふわふわもプチプチ潰しも肉球ぷにぷにも!「触覚の快楽」が創造性を導く【大人のための発想術 第5回】

  13. 「世の中は苦にすると何でも苦になる」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば76】

  14. 世界が認めたおそるべき画力!世界屈指の「河鍋暁斎コレクション」が英国から東京・渋谷に里帰り中

  15. 「やりたいことは無数にあるが残された時間がない」(松本清張)【漱石と明治人のことば75】

  16. 【江戸クイズ】お江戸日本を震撼させた傑物4人!クイズ「私は誰でしょう?」(全4問)

  17. 超絶面白い映画!『幕末太陽傳』の尋常ならざるリアリティの理由【時代劇、勝手に応援し隊 第五夜】

  18. 初摺(しょずり)ならではの濃密な色彩に感動!至高の浮世絵を堪能できる「広重ビビッド」展 

  19. 「もっとも謹慎すべきは全盛期である」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば74】

  20. これが幕末男たちの面構え!日本写真史の夜明けを貴重な写真でひもとく展覧会

  21. 【江戸クイズ】幕府公認のたった3つの芝居小屋とは? 江戸時代の芝居雑学クイズ4問

  22. 当代人気の噺家4人が集結!第9回「COREDO落語会」が4月8日(土)に開催

  23. 少年時代を思い出して涙する!今こそ聞きたい「こころに響く日本の歌」3選

  24. 「私は大河の水の一滴に過ぎない」(志賀直哉)【漱石と明治人のことば73】

  25. 兵庫県を代表する二大名窯の名品が集結!「丹波焼と三田焼の粋を集めて」展

  26. 至高のペア!? 国宝の塔とお堂が並び建っている寺7つ

  27. 「敵を殺すを道徳的なりというのは味方の言語でしかない」(夏目漱石)【漱石と明治人のことば72】

  28. 「くじけるな。くじけたら最後だ。堂々とゆけ」(尾崎士郎)【漱石と明治人のことば71】

  29. 【江戸クイズ】日光・奥州道中の最初の宿場町は?江戸時代の旅事情クイズ5問

  30. 感受性を高める簡単な方法!名曲に勝手にタイトルを付けてみる【大人のための発想術 第4回】

PAGE TOP