新着記事

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

医師206名に聞いた「新型コロナウイルス」対策と予防法

白菜と春雨の中華炒め

【管理栄養士が教える減塩レシピ】甘みを感じる「旬の白菜」をたっぷり使ったご飯が進むおかず2品

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

「道三の罠」に大敗! 信長の父・織田信秀の波乱万丈人生【麒麟がくる 満喫リポート】

『麒麟がくる』第2話で斎藤道三の稲葉山城を攻めた織田信秀(演・高橋克典)。光秀の叔父・明智光安(演・西村まさ彦)が「性懲りもなく」と吐き捨てたように、信秀は、再三にわたって隣国・美濃に攻め入り、さらには三河との攻防を繰り返した。42年の短い生涯の多くを戦いに費やしたといっても過言ではない。

第2話で描かれた「加納口の戦い」は、『信長公記』に概要が簡潔に記されている。尾張国内から兵を募り、一か月は美濃国を攻め、その翌月には三河の国を攻めたと信秀が戦いにあけくれていたことを記した後に、「加納口の戦い」について触れている。

(天文16年)9月3日に美濃に攻め入り、村々に火をかけたこと、9月22日には稲葉山のふもとの村々に放火、城下の町にも火をかけたという。『麒麟がくる』ではいったん籠城した斎藤道三が頃合いを見計らって出陣し、不意をつかれた織田軍が壊滅的な打撃を被った様子が描かれたが、『信長公記』には、斎藤道三の反撃が、申刻(午後4時前後)と時間まで記されている。

ドラマの中で、弓で射られて討ち死にした織田信康(信秀弟)や熱田大神宮宮司でありながら参陣していた千秋季光(せんしゅう・すえみつ)など、織田軍の5000人ばかりが討ち死にしたことが記録されている。

5000人討ち死にの数字が正確かどうかはともかく、道三に大敗した織田信秀。嫡男の信長と道三息女の帰蝶との政略結婚が検討されるのは、「加納口の戦い」の織田軍敗北を契機とする。交渉にあたったのが平手政秀である。

●合戦の合間に朝廷に多額の献金

「加納口の戦い」は、天文13年説、天文16年説、二度あった説など不明点が多く、それだけ信秀が頻繁に軍事行動を起こしていたために混乱したとも思える。

実は、同じように、天文11年説、天文17年説、二度あった説と混乱しているのが、織田信秀と今川義元との間で交わされた「小豆坂の戦い」である。現在の愛知県岡崎市で行なわれた合戦は、松平清康(徳川家康の祖父)死去後に不安定になった西三河を巡って戦われた。

織田信秀と今川義元との間で戦われた小豆坂の戦い古戦場跡(愛知県岡崎市)。桶狭間の戦いの十数年前から織田、今川の小競り合いは続いていた。

織田信秀と今川義元との間で戦われた小豆坂の戦い古戦場跡(愛知県岡崎市)。桶狭間の戦いの十数年前から織田、今川の小競り合いは続いていた。

小豆坂古戦場の現地説明看板。

小豆坂古戦場の現地説明看板。

どの説が正しいのかにはここでは触れないが、信秀が面白いのは、美濃や三河などで合戦を繰り返している合間をぬって、朝廷に多額の献金を行なっていることだ。

興福寺多門院の僧侶らによる日記『多門院日記』には、〈内裏ノ四面ノ蓋ヲ尾張ノオタノ弾正ト云物進上〉と皇居の修繕費を負担したことが驚きをもって記されている。その額4000貫。同じ年の今川義元の献金額が500貫だったから破格の献金額であった。

信秀の拠点・尾張は、守護家(斯波家)の下に守護代家(織田家)が二家あった(上四郡と下四郡)。信秀と信長の〈織田弾正忠家〉は、尾張下四郡の守護代〈織田大和守家〉配下の三奉行の一家に過ぎなかった。

それにもかかわらず合戦や献金などの資金を捻出できたのは、織田弾正忠家が、経済の要衝・津島や熱田を支配下においていたことがあげられる。金銭的な余裕があったからか、せわしない人生を好んだのか。信秀は、勝幡城、那古野城、古渡城、末盛城など次々と拠点を移動している。後年、信長もまた、清須、小牧山、岐阜、安土と移り住んでいるのは、父のDNAを受け継いでいるようで面白い。

そうした経済的背景や親子関係が『麒麟がくる』で描かれるのか否かにも注目していきたい。

構成/『サライ』歴史班 一乗谷かおり

  1. 明智光秀が松平竹千代(後の徳川家康)に食べさせた 〈美濃の干し柿〉。 取り寄せてみたら絶品だった【麒麟がくる 満喫リポート】

  2. 宵宮では、山型に飾られた提灯をのせた5艘のまきわら船が天王川を渡る。

    織田信長が催した戦国のイルミネーションの源流「津島天王祭り」【麒麟がくる 満喫リポート】

  3. 首を背負って戦った光秀(演・長谷川博己)

    『麒麟がくる』前代未聞の1回~3回一挙再放送で、おさえておきたい「名場面」と「問題シーン」【麒麟がくる 満喫リポート】

  4. 織田信長――本当は「オタ・ノブナガ」と読む説を追う【麒麟がくる 満喫リポート】

  5. 信長を論破して、ぶん殴られた明智光秀。大河ドラマで描かれる「本能寺の変」の裏側【麒麟がくる 満喫リポート】

  6. 斎藤道三と対峙した土岐頼芸。子孫は、江戸城で「殿中でござる!」と絶叫した【麒麟がくる 満喫リポート】

  7. 『麒麟がくる』の光秀は、旧来の「信長史観」からどう脱却するのか楽しみだ。

    【インタビュー】『麒麟がくる』 明智光秀役の長谷川博己。 「学んだことをすべて無にして現場に臨んでいます」

  8. 門脇麦さん演じる駒は、『麒麟がくる』のヒロイン

    【門脇麦インタビュー】『麒麟がくる』のヒロインは、戦国の実像を庶民の側から見る

  9. 「道三の罠」に大敗! 信長の父・織田信秀の波乱万丈人生【麒麟がくる 満喫リポート】

  10. 迫力ある場面が展開された第2話の合戦シーン。市街戦が描写されるのは珍しい。

    「リアルな戦国」を描写する『麒麟がくる』 やがてくる「本能寺の変」への伏線【麒麟がくる 満喫リポート】

  11. 『徳川慶喜』での主演以来22年ぶりの大河ドラマ出演。取材を通じて感じる、道三役への並々ならぬ決意に、期待感だけが高まる。

    【インタビュー】『麒麟がくる』で斎藤道三を演じる本木雅弘。大河に新たな伝説が生まれる予感

  12. 金ヶ崎城全景 現在は周囲が埋め立てられているが往時は海に突き出た岬だった。

    信長・秀吉・家康・光秀 四武将そろい踏みの「金ヶ崎の退き口」。舞台となった金ヶ崎城に秘められた歴史があった

  13. 『麒麟がくる』では、日本の特殊メイクの第一人者が参加している。

    【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】布からラテックスに 4K大河『麒麟がくる』かつらの進化が止まらない

  14. 初めて大河ドラマの主人公になる明智光秀(長谷川博己)。脱「信長史観」のドラマの展開が気になってしょうがない。

    【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】明智光秀が主役の本格戦国大河 オープンセットに持ち込まれた岩の総量が半端ない

  15. 『太平記』以来の大河登板の池端俊策さん。『麒麟がくる』も早くも「伝説の大河」の再来と期待が高まる。

    【まだ始まらないのか!『麒麟がくる』リポート】脚本家・池端俊策氏インタビュー「描きたかったのは、従来のイメージとは異なる光秀と信長」

  16. 〈神君〉〈大権現様〉と称された徳川家康

    大河ドラマ『麒麟がくる』満喫リポート|〈鳴かぬなら~〉信長、秀吉、家康とホトトギスの歌に秘められた「徳川史観」の印象操作

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 明智光秀が松平竹千代(後の徳川家康)に食べさせた 〈美濃の干し柿…
  2. 宵宮では、山型に飾られた提灯をのせた5艘のまきわら船が天王川を渡る。 織田信長が催した戦国のイルミネーションの源流「津島天王祭り」【麒…
  3. 首を背負って戦った光秀(演・長谷川博己) 『麒麟がくる』前代未聞の1回~3回一挙再放送で、おさえておきたい…
  4. 織田信長――本当は「オタ・ノブナガ」と読む説を追う【麒麟がくる …
  5. 信長を論破して、ぶん殴られた明智光秀。大河ドラマで描かれる「本能…
PAGE TOP