新着記事

ルーペ付きヘッドが360度回転する爪切り|回転機構で見やすく、力を入れずに楽にカット

斎藤道三親子の対立を煽った美濃守護・土岐頼芸

美濃守護・土岐頼芸が最後に拠った大桑城跡に立つ。14㎞先に望む斎藤道三・稲葉山城に戦国の悲哀を想う【麒麟がくる 満喫リポート】

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その2~

【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしかない」という関係は家族なのか~その1~

生前・遺品整理|しっかり話合いできていますか? 後回しにすると大変な目に…!?

心配な親の孤独死。生前・遺品整理を相談していないと大変なことに…⁉

腰椎疾患のプロが教える、脊柱管狭窄症を自分で治すセルフケア

人気整体師・白井天道が教える「脊柱管狭窄症を自分で治す」ストレッチ

masa2さんによる写真ACからの写真

親の終の棲家をどう選ぶ?|超遠距離介護を続けるシングル一人娘の今――三たび扉は開いた

2020年 猫の寄生虫対策に関する最新調査

猫も「フィラリア症」に感染する! 完全室内飼育でも予防は必要⁉

思春期はなぜいらだつのか【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

思春期のお孫さんのいらだちは順調に育っている証です【人生のおさらいをするために~児童精神科医・佐々木正美さんからのメッセージ】

ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

ライフスタイルからみる世界の新型コロナウイルス感染の拡大状況 【<異文化リテラシー>レッスン2】

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

暮らし

【義家族との間】夫のモラハラで結婚は破綻寸前。それでも離婚できない理由は「義両親への説得」にあり~その1~

取材・文/ふじのあやこ

家族の中には、血縁のない『義(理の)家族』という間柄がある。結婚相手の親族関係を指すことが一般的だが、離婚件数が増える現在では、親の再婚相手や、再婚相手の連れ子など、家族の関係は複雑化している。血のつながりがないからこそ生じる問題、そして新たに生まれるものも存在する。義家族との関係を実際に持つようになった当事者にインタビューして、その時に感じた率直な思いを語ってもらう。

一度目の結婚は幸せだった。離婚した理由は「これ以上揉めたくなかったから」

今回お話を伺った、和沙さん(仮名・43歳)は、38歳の時に結婚して、現在は旦那さんと都内で2人暮らしをしています。和沙さんには離婚の過去があり、現在の旦那さんは再婚相手だそう。相手は2歳下で初婚だったこともあり、結婚当初は義家族の反対にあったと言います。しかし、悩みはそのことではありませんでした。

「実は現在夫からモラハラを受けています。言われた言葉で覚えているのは、『お前は何もできない』、『そんなつまらない仕事をしている』、『俺の言うことのほうが正しい』などです。もう夫には愛情もなくなり、別れたいとは思っているのですが、義両親から結婚時に反対されたのを必死で説得したこともあり、離婚してはいけない気がしています……」

和沙さんは大阪府出身で、両親と3歳下に妹のいる4人家族。一度目の就職は関西で実家から通っていました。そして、27歳の時に一度目の結婚をします。

「ずっと実家暮らしで、27歳の時に結婚と合わせて家を出た感じです。家族はやや過保護というか、理由のない一人暮らしを反対されていて、結婚までは料理も掃除洗濯も数回しかしたことがありませんでした(苦笑)。

結婚相手は、当時勤めていた貿易関係の会社で知り合った8歳上の男性です。私の上司にあたる男性で、彼はバツイチでした。彼と元奥さんの間には子どもが一人いて、彼は養育費を払っていました。結婚を決めたのは付き合って2年ほどしてから。私の中ではバツイチ子持ちというのは、まったくマイナスではありませんでした」

そんな和沙さんの意思を尊重してくれた両親は結婚に反対することはなかったそう。相手のご両親もとても喜んでくれたと当時を振り返ります。

「一度目の結婚をした当初は幸せなことが多くて、相手のご両親はとてもよくしてくれました。私の両親も勝手に夫を実家に呼び寄せて、一人で帰れなくなるまで飲ませたり(苦笑)。父親は初めてできた息子の存在が嬉しかったんじゃないかな。

そんな幸せな日々が続いたのはたった4年。元奥さんの再婚などがあり、夫は実子の面倒を見なくてはいけなくなり、その子と私がうまくいかなくて、離婚を選択しました。揉め続けて、これ以上一緒にいると嫌いになってしまいそうだったから。お互いが納得して決めたことです」

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしか…
  2. 【義家族との間】夫婦生活10年目。うまく回るためには「頑張るしか…
  3. 【義家族との間】血の繋がらない2人目の父がしてくれたこと。そして…
  4. 【義家族との間】血の繋がらない2人目の父がしてくれたこと。そして…
  5. 【義家族との間】親離れ・子離れがいつまでもできない家に嫁いだ6年…
PAGE TOP