新着記事

【医学部受験経験者1,004人への調査で判明】受験勉強法と必勝ツール

愛犬の終活を迎える時に、準備しておきたい大切なこと

最後の日々を後悔しないために「愛犬の終活」で準備したい大切なこと

親と心を通わせ合うために|『精神科医が教える 親のトリセツ』

親と心を通わせ合うためのヒント|精神科医が教える「親のトリセツ」

室内の「隠れダスト」に要注意! 花粉症患者の約7割がオフィスでも花粉症の影響を体感している

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

高齢者にとってポリファーマシーのリスクは何か?|薬を使わない薬剤師 宇多川久美子のお薬講座【第16回】

『拳銃(コルト)は俺のパスポート』

ニヒルでハードボイルドな宍戸錠=エースのジョー|『拳銃(コルト)は俺のパスポート』【面白すぎる日本映画 第39回】

加齢により減少する唾液の分泌量を増すセルフケア|『ずっと健康でいたいなら唾液力をきたえなさい!』

免疫力の強い身体をつくる「唾液力」の鍛え方

「ミニ水筒」が大ブーム! 愛用者たちが選ぶ人気の「水筒」タイプは?

チャーリー・パーカー『The Complete Dean Benedetti Recordings Of Charlie Parker』

録音技術の進歩はジャズを変えはしなかった【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道42】

江戸・東京の粋を体験・感性を磨く「ものづくりのまち」台東区へ《プレゼントあり》[PR]

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 北大路魯山人作「つばき鉢」1938年

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

新型ジムニー|アウトドアで活躍する純正アクセサリー10選

6.ベースキャリア&アタッチメント

ベースキャリア

その名の通り、ルーフキャリアのベース。これだけでもユーティリティツールとして使えるが、後述のアタッチメントを使用することで、さまざまなアウトドアスポーツに対応する。

・ルーフラックアタッチメント

ベースキャリアにセットするラック。ルーフが荷台として使える。

・スキー&スノボアタッチメント

スキー板やスノーボードがセットできる。

・サーフボードアタッチメント

サーフボードをルーフにセットできるアタッチメント。

アクセサリーパーツで内容を充実させたら、スタイリングもアウトドアに相応しいワイルドなイメージにしたい。そんな思いにぴったりなのが、新型ジムニー「サバイバルスタイル」

7.サバイバルスタイル サイドデカール

カモフラージュ柄のサイドデカールが「アウトドア」のイメージを強く喚起させる。

8.ルームミラーカバー

カモフラ柄はボディのサイドデカールだけにではない。ルームミラーのカバーもカモフラ。

9.携帯リモコンカバー

ドアロックのON/OFFなどを行う携帯リモコンもカモフラ柄にするカバーを用意している。

この携帯リモコンカバーは、サイマークの入ったピアノブラックと

金属パネル風の縞鋼板柄もある。

 

10.スペアタイヤハーフカバーデカール&スペアタイヤカバー

スペアタイヤハーフカバーデカール ハニカム+サイ

スペアタイヤハーフカバーデカール 初代ジムニーのカタカナロゴ

スペアタイヤカバー 80年代デザインの復活!

スペアタイヤカバー 定番デザインのサイ

ジムニーのアウトドアイメージを強く印象付ける、リアにセットされたスペアタイヤだが、そのハーフカバーに貼るデカールは6種類、スペアタイヤカバーが2種類の計8種類が用意されている。

ほかにもさまざまなパーツで、アウトドア仕様のドレスアップが可能だ。

ここで紹介した以外にも数多くのアクセサリーパーツが用意されている新型ジムニー。自分の好みにあった、個性的な一台に乗ることができるのも、大きな魅力だ。

ジムニースペシャルサイト
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/spec

文/天野光法

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  2. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  3. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  4. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
  5. マツダは今年、車名を全面的に変更。世界共通の車名にした。「マツダ3(スリー)」は小型車名。 マツダ/マツダ3 セダン|社名を冠した新生「アクセラ」。成熟した…
PAGE TOP