新着記事

エイシンガのプラネタリウム

天文学者の自宅に作られた世界最古のプラネタリウム(オランダ)

弁護士・司法書士・税理士への報酬は高い?「相続」にかかる費用の実状

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その2~

【義家族との間】夫の嫌いな部分はすべて義父譲り。どこでもタバコを吸う、マナーが悪い義父を生理的に受け付けない~その1~

疲れがとれないのは加齢のせいではない!?|『疲れがとれない原因は副腎が9割』

いくら寝てもとれない疲れ。その原因は「副腎」が9割!

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

今川義元と桶狭間の戦い~凡将にあらず【にっぽん歴史夜話28】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

「9月入学、8月卒業」は本当? アメリカモデルから解く「秋に始まる学校」制度【異文化リテラシー レッスン10】

おこもり生活に役立つアプリ「radiko」の使い方【スマホ基本のき 第20回】

生活費が足りない、借金返済の場合は嘘をつく、親にお金を借りる理由

衝動的に東海道新幹線に飛び乗ってでかけたくなる、ニッチな一冊|『名古屋の酒場』

飲み屋が少ない、そもそも酒に弱い、知られざる「名古屋の酒場」事情

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 大開口窓は開放感が得られると同時に、季節ごとの光と風を取り込むことができる。芝生は建物周辺の温度を下げることが期待でき、庭木は夏の日差しを和らげる効果がある。
  2. 勾配天井により天井高は最高4mを実現。1階と1.5階がゆるく繋がることで、人の気配を感じながら、個室で過ごす感覚が楽しめる。
  3. 居室は35~75平方メートル、と広めに設定され、多彩なタイプが用意される。高齢者の暮らしやすさに配慮した設計が特徴だ。写真は66平方メートルの部屋。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

新型ジムニー|アウトドアで活躍する純正アクセサリー10選

6.ベースキャリア&アタッチメント

ベースキャリア

その名の通り、ルーフキャリアのベース。これだけでもユーティリティツールとして使えるが、後述のアタッチメントを使用することで、さまざまなアウトドアスポーツに対応する。

・ルーフラックアタッチメント

ベースキャリアにセットするラック。ルーフが荷台として使える。

・スキー&スノボアタッチメント

スキー板やスノーボードがセットできる。

・サーフボードアタッチメント

サーフボードをルーフにセットできるアタッチメント。

アクセサリーパーツで内容を充実させたら、スタイリングもアウトドアに相応しいワイルドなイメージにしたい。そんな思いにぴったりなのが、新型ジムニー「サバイバルスタイル」

7.サバイバルスタイル サイドデカール

カモフラージュ柄のサイドデカールが「アウトドア」のイメージを強く喚起させる。

8.ルームミラーカバー

カモフラ柄はボディのサイドデカールだけにではない。ルームミラーのカバーもカモフラ。

9.携帯リモコンカバー

ドアロックのON/OFFなどを行う携帯リモコンもカモフラ柄にするカバーを用意している。

この携帯リモコンカバーは、サイマークの入ったピアノブラックと

金属パネル風の縞鋼板柄もある。

 

10.スペアタイヤハーフカバーデカール&スペアタイヤカバー

スペアタイヤハーフカバーデカール ハニカム+サイ

スペアタイヤハーフカバーデカール 初代ジムニーのカタカナロゴ

スペアタイヤカバー 80年代デザインの復活!

スペアタイヤカバー 定番デザインのサイ

ジムニーのアウトドアイメージを強く印象付ける、リアにセットされたスペアタイヤだが、そのハーフカバーに貼るデカールは6種類、スペアタイヤカバーが2種類の計8種類が用意されている。

ほかにもさまざまなパーツで、アウトドア仕様のドレスアップが可能だ。

ここで紹介した以外にも数多くのアクセサリーパーツが用意されている新型ジムニー。自分の好みにあった、個性的な一台に乗ることができるのも、大きな魅力だ。

ジムニースペシャルサイト
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/spec

文/天野光法

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. すべての構造部品を刷新し、基本性能から品質を高めたダイハツの新世代小型車。衝突時に歩行者を保護する衝撃軽減ボディを採用。 ダイハツ/ロッキー|100年前からエンジンを開発してきた老舗 ダ…
  2. コロナの緊急事態宣言による車利用への影響を調査|車利用が増えた、が19.6%、人を乗せない、などの感染対策をする方も 「車で出社」「窓を開けて換気」「家族以外は乗せない」新コロナ時代…
  3. 完成度が大幅に向上した4代目。タテ長の7本の前面グリルはジープのデザイン特許。「7スロットグリル」と名付けられている。 ジープ/ラングラー アンリミテッド サハラ|高い運転席からの車窓…
  4. 先代を踏襲しながら、車輪周囲のふくらみなど、抑揚を増した外観デザイン。目を細めた猫のような極薄のヘッドライトが特徴的。 ランドローバー/レンジローバー イヴォーク|都市と田園を共に愛す…
  5. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
PAGE TOP