新着記事

被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 被災時に預貯金などを引き出すには【被災したときに役立つ生活再建のための知識】 出雲黒柿の香筒|柿の古木が生む超希少な材を使った伝統の逸品 今もっともアツい動物行動学者、入交眞巳先生の新刊は愛猫家必読のバイブル【にゃんこサライ特別編】 レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革新性【石川真禧照の名車を利く】 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 【ビジネスの極意】なぜ、有望な新人を適材適所に配置できないのか? 鉄瓶 観月アラレ|まろやかな湯が沸く使い勝手のよいサイズの鉄瓶 野菜たっぷり干し貝柱の中華丼 【管理栄養士が教える減塩レシピ】野菜たっぷり干し貝柱の中華丼|干し貝柱でだしを取ろう 長く運転を続けたいシニアなら読んでおくべき1冊|『運転をあきらめないシニアの本音と新・対策』 「歩行者や自転車に気づかない」「ブレーキのつもりがアクセル」「ウインカーの出し忘れ」|シニアの運転傾向と安全運転を続けるコツ 2019年版!好きな韓国人俳優ランキング|3位 はキム・ジェジュン 、2位は イ・ミンホ 、1位は? 2019年版!好きな韓国人俳優ランキング|3位 はキム・ジェジュン 、2位は イ・ミンホ 、1位は? 朝めし自慢 フラワーデザイナー・今野政代さんの朝めし自慢「普段は洋風、時間に追われない朝は和風です」

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

先代モデルと比べてわかった!新型「ジムニー」が話題の理由

7月5日に発表・発売された新型ジムニーが話題である。先代ジムニー(JB23)から20年。4代目となる今回のジムニー、何がそんなに話題になっているのか?

もちろん、多くの理由が存在するだろう。しかし、最も大きな理由、それは、今の時代に発表された、無骨で四角いボディデザインだ。

ジムニーXC(キネティックイエロー)

新型車である以上、刷新された外観が耳目を集めるのは当然のことだ。しかし、この新型ジムニーに関しては、それとはちょっと違う。今回のモデルチェンジに際し、新型ジムニーは原点回帰ともいえる無骨な四角いボディで発表されたのだ。

1970年に軽自動車の四輪駆動車として発売され、約50年もの間生産されている、ジムニー。
先代のJB23型はそれまでの箱型ボディとは一線を画した丸みを帯びたボディで、従来のジムニーのイメージを覆す、スタイリッシュでより街乗りを意識したデザインであったといえる。この先代も、20年もの間モデルチェンジを行わなかったということが、ファンから愛されたモデルであったという証であるといえるだろう。

先代JB23(1998)

しかし、今回の新型はその先代のさらに前(JA11)をイメージさせる、あえて言うなら「旧型のリメイク」のようなボディデザインで登場した。

先々代JA11(1990)

 

考えてみれば、21世紀に入って初めてモデルチェンジしたジムニーである。今の技術を持ってすれば、超未来的なボディをまとった新型ジムニーであったとしてもおかしくない。しかし、スズキはあえてそうしなかった。丸目のヘッドライト、角ばったボディ。それは、ジムニーというクルマはどういう存在なのか、ファンがジムニーに何を望んでいるのか、ということを真摯に検討した結果ではないだろうか。本格オフローダーとしての実用性からくる機能美。「日本が世界に誇る唯一無二のコンパクト4WD」としての誇り。そういったものが、今回の新型ジムニーの外観=ボディデザインに凝縮され、現れている。

ジムニーXL(ジャングルグリーン)

武骨ともいえる四角いボディは、誰が見ても『本格四駆』と思えるデザインだ。この原点回帰ともいえるデザインが、現在発売されているクルマとは違う新しいカタチに見えるというのは、なんとも皮肉な気もするが、そのようなメーカーの姿勢を敏感に察知した従来からのファンは拍手し、新たに知った人々(特に若い世代)は「こんなにコンパクトなのに本格オフローダーのクルマがあったんだ」という驚きとともに迎え入れられているのだと思う。

今回の新型は、フロントグリルやウインカーレンズなど、歴代ジムニーのデザインを踏襲している部分も随所にある。新型とはいえ、今までのジムニーをリスペクトしたこのデザインは、ファンであればあるほど、たまらないデザインであるといえるだろう。

フロントグリルのスリットは先代JB23を、丸型ヘッドライト、ウィンカーレンズは先々代JA11・12をイメージしている。

 

さらにアクセサリーパーツも旧ジムニーをイメージしたフロントグリルや、「ヘリテージスタイル」、「リバイバルスタイル」と銘打った以前のモデルと同様のサイドデカールなど、従来のファンにとっては涙もののアクセサリーも用意されている。

【ヘリテージスタイル】

【リバイバルスタイル】

もちろん、従来からのファンサービスだけではない。今回の新型、先代は3色だったボディカラーが9色に大幅アップ。しかもそのうちの4色にはルーフトップの色が変わる2トーン仕様が設定されているので、合計13色という豊富なカラーバリエーションとなっている。さらにイメージカラーのキネティックイエローには受注生産でボンネットの色もブラックに塗装した「ブラックトップ2トーン」も設定されており、新たなユーザーとなる人々の選択肢がグンと広がった。

***

話題にすべき点は数多くある新型ジムニー。だが、これだけモデルチェンジで話題を集めるクルマというのもあまりない。そして、その理由は、メーカーの製品に対する矜持、ユーザーの期待に応える姿勢、それらを文字通り体現した、コンパクト4WDとしてのボディデザインなのだ。

【スズキ/ジムニーXC(5MT)】

全長× 全幅× 全高:3395×1475×1725㎜
ホイールベース:2250㎜
車両重量:1030㎏(4ATは1040kg)
エンジン:水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
総排気量:0.658L
最高出力:47kW<64PS>/6000rpm
最大トルク:96N・m/3500rpm:9.8kg-m
駆動方式:パートタイム4WD
燃料消費率:16.2㎞/l(WLTCモード)
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン 40L
ミッション:5速MT(ATは4速)
サスペンション:前・後:3リンクリジッドアクスル式コイルスプリング
ブレーキ形式:前:ディスク 後:リーディング・トレーリング
乗車定員:4名
メーカー希望小売価格(消費税8%込み):174万4200円(ATは184万1400円)

【ジムニースペシャルサイト】
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/

文/天野光法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革…
  2. 長く運転を続けたいシニアなら読んでおくべき1冊|『運転をあきらめないシニアの本音と新・対策』 「歩行者や自転車に気づかない」「ブレーキのつもりがアクセル」「ウ…
  3. 今年(2019年)で18回目の開催となる『ラリー北海道』。同大会で、彰さんは様々なプライベートチームのナビゲーターを務めてきました。 2002年にギャランVR-4は生産を終了します。しかし280馬力とフルタイム4輪駆動が生み出す走行性能は、最新のスポーツカーにひけを取りません。 【私のクルマ遍歴】最新のクルマは馴染めない。2002年に生産を終…
  4. ジャンパーからも見てとれるよう、三菱と縁の深い彰さん。現在の愛車との出会いは【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】ラリー人生の出発点は雑誌の読者参加企画にマツダ…
  5. 「首都高は怖い」からの卒業【彩りカーライフ~自分の人生をかろやか…
PAGE TOP