新着記事

焦がさず焼けて煙らない!画期的な立体囲炉式炭火コンロ

ピアノサロン・クリストフォリのコンサート

ベルリンのトルコ人街にあるクラシックライブハウス、「ピアノサロン・クリストフォリ」で一期一会の音楽と出会う

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった――若年性認知症になった母【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|要介護認定が必要なことさえ知らなかった~若年性認知症になった母【前編】

アロハ オン ザ ガンジェズ ホテル

デジタルデトックスができる!世界のリトリートホテル6選

源氏物語朝顔図(部分) 土佐光起筆 1幅 日本・江戸時代 17世紀 根津美術館蔵

知っておくと便利! 日本美術の定番の画題を、作品を見ながら学ぶ。【企画展 はじめての古美術鑑賞―絵画のテーマ】

足裏が心地よいモダンな牛革草履で颯爽と街を歩いてみたら?

茶摘み体験

大人が満足する社会見学4選【静岡県】|ヤマハ楽器ミュージアム、電車の転車台体験、うなぎパイファクトリー、茶摘み

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】自分が子供を持った時、いい父親像が分からなかった。そんな戸惑いに義父は子育ての思い出話を繰り返し話してくれた~その2~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

【家族のかたち】母子家庭でも寂しかった記憶は一切なし。一度した約束は最後まで守ってくれる母親だった~その1~

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

先代モデルと比べてわかった!新型「ジムニー」が話題の理由

7月5日に発表・発売された新型ジムニーが話題である。先代ジムニー(JB23)から20年。4代目となる今回のジムニー、何がそんなに話題になっているのか?

もちろん、多くの理由が存在するだろう。しかし、最も大きな理由、それは、今の時代に発表された、無骨で四角いボディデザインだ。

ジムニーXC(キネティックイエロー)

新型車である以上、刷新された外観が耳目を集めるのは当然のことだ。しかし、この新型ジムニーに関しては、それとはちょっと違う。今回のモデルチェンジに際し、新型ジムニーは原点回帰ともいえる無骨な四角いボディで発表されたのだ。

1970年に軽自動車の四輪駆動車として発売され、約50年もの間生産されている、ジムニー。
先代のJB23型はそれまでの箱型ボディとは一線を画した丸みを帯びたボディで、従来のジムニーのイメージを覆す、スタイリッシュでより街乗りを意識したデザインであったといえる。この先代も、20年もの間モデルチェンジを行わなかったということが、ファンから愛されたモデルであったという証であるといえるだろう。

先代JB23(1998)

しかし、今回の新型はその先代のさらに前(JA11)をイメージさせる、あえて言うなら「旧型のリメイク」のようなボディデザインで登場した。

先々代JA11(1990)

 

考えてみれば、21世紀に入って初めてモデルチェンジしたジムニーである。今の技術を持ってすれば、超未来的なボディをまとった新型ジムニーであったとしてもおかしくない。しかし、スズキはあえてそうしなかった。丸目のヘッドライト、角ばったボディ。それは、ジムニーというクルマはどういう存在なのか、ファンがジムニーに何を望んでいるのか、ということを真摯に検討した結果ではないだろうか。本格オフローダーとしての実用性からくる機能美。「日本が世界に誇る唯一無二のコンパクト4WD」としての誇り。そういったものが、今回の新型ジムニーの外観=ボディデザインに凝縮され、現れている。

ジムニーXL(ジャングルグリーン)

武骨ともいえる四角いボディは、誰が見ても『本格四駆』と思えるデザインだ。この原点回帰ともいえるデザインが、現在発売されているクルマとは違う新しいカタチに見えるというのは、なんとも皮肉な気もするが、そのようなメーカーの姿勢を敏感に察知した従来からのファンは拍手し、新たに知った人々(特に若い世代)は「こんなにコンパクトなのに本格オフローダーのクルマがあったんだ」という驚きとともに迎え入れられているのだと思う。

今回の新型は、フロントグリルやウインカーレンズなど、歴代ジムニーのデザインを踏襲している部分も随所にある。新型とはいえ、今までのジムニーをリスペクトしたこのデザインは、ファンであればあるほど、たまらないデザインであるといえるだろう。

フロントグリルのスリットは先代JB23を、丸型ヘッドライト、ウィンカーレンズは先々代JA11・12をイメージしている。

 

さらにアクセサリーパーツも旧ジムニーをイメージしたフロントグリルや、「ヘリテージスタイル」、「リバイバルスタイル」と銘打った以前のモデルと同様のサイドデカールなど、従来のファンにとっては涙もののアクセサリーも用意されている。

【ヘリテージスタイル】

【リバイバルスタイル】

もちろん、従来からのファンサービスだけではない。今回の新型、先代は3色だったボディカラーが9色に大幅アップ。しかもそのうちの4色にはルーフトップの色が変わる2トーン仕様が設定されているので、合計13色という豊富なカラーバリエーションとなっている。さらにイメージカラーのキネティックイエローには受注生産でボンネットの色もブラックに塗装した「ブラックトップ2トーン」も設定されており、新たなユーザーとなる人々の選択肢がグンと広がった。

***

話題にすべき点は数多くある新型ジムニー。だが、これだけモデルチェンジで話題を集めるクルマというのもあまりない。そして、その理由は、メーカーの製品に対する矜持、ユーザーの期待に応える姿勢、それらを文字通り体現した、コンパクト4WDとしてのボディデザインなのだ。

【スズキ/ジムニーXC(5MT)】

全長× 全幅× 全高:3395×1475×1725㎜
ホイールベース:2250㎜
車両重量:1030㎏(4ATは1040kg)
エンジン:水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
総排気量:0.658L
最高出力:47kW<64PS>/6000rpm
最大トルク:96N・m/3500rpm:9.8kg-m
駆動方式:パートタイム4WD
燃料消費率:16.2㎞/l(WLTCモード)
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン 40L
ミッション:5速MT(ATは4速)
サスペンション:前・後:3リンクリジッドアクスル式コイルスプリング
ブレーキ形式:前:ディスク 後:リーディング・トレーリング
乗車定員:4名
メーカー希望小売価格(消費税8%込み):174万4200円(ATは184万1400円)

【ジムニースペシャルサイト】
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/

文/天野光法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。 「MAZDA3(マツダ・スリー)発表会」から見えてきた「ヒトとク…
  2. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。 ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポ…
  3. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分…
  4. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。 【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-…
  5. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて…
PAGE TOP