新着記事

現代美術作家・杉本博司の視線で天正少年使節の足跡をたどる展覧会

取材・文/藤田麻希1582年、長崎のキリシタン大名が4人の少年、伊東マンショ、千々石ミゲル、…

ビートルズ「イエスタデイ」がジャズの最高難度曲である理由【JAZZ絶対名曲コレクションvol.2】

文/編集部サライ責任編集でお届けしているCDつき隔週刊マガジン『JAZZ絶対名曲コレクション…

成功する『定年前リフォーム』は妻の本音を聞くこと

文/印南敦史『定年前リフォーム』(溝口千恵子、三宅玲子著、文春新書)の初版が発行され…

全国の「社長さん」に聞きました! 正直、モテますよね?

一度でいいからモテモテの気分を味わってみたい!? 社会的身分の高い社長は果たしてモテるのか?…

年金生活で1カ月に自由に使えるお金は夫婦で18万958円!|60代からのライフプランの作り方

知っておきたい60代からのライフプラン自分らしく心豊かな人生を歩んでいくために、お金の面から…

だるい、眠い、プチ不調|あなたの「疲れ」を取る方法

文/中村康宏前回の記事『「疲労物質=乳酸」はもう古い|「疲れ」はどこから来るのか』で疲労…

タワマンの低層階は負け組扱い?マンション格差ランキング

同じマンションでも、広さや間取り、階数やバルコニーの向きなどによって価格は異なる。それゆえ、…

醍醐寺の寺宝、選りすぐりの100件【京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-】

取材・文/藤田麻希豊臣秀吉が醍醐の花見を楽しんだことで有名な醍醐寺。京都駅から東南にある笠取…

8日目《名寄から留萌へ・その2》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

8日目《名寄から留萌へ・その1》【実録・JR北海道全線踏破10日間の旅】

昨年夏『サライ.jp』に連載され好評を博した《実録「青春18きっぷ」で行ける日本縦断列車旅》。九州・…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

先代モデルと比べてわかった!新型「ジムニー」が話題の理由

7月5日に発表・発売された新型ジムニーが話題である。先代ジムニー(JB23)から20年。4代目となる今回のジムニー、何がそんなに話題になっているのか?

もちろん、多くの理由が存在するだろう。しかし、最も大きな理由、それは、今の時代に発表された、無骨で四角いボディデザインだ。

ジムニーXC(キネティックイエロー)

新型車である以上、刷新された外観が耳目を集めるのは当然のことだ。しかし、この新型ジムニーに関しては、それとはちょっと違う。今回のモデルチェンジに際し、新型ジムニーは原点回帰ともいえる無骨な四角いボディで発表されたのだ。

1970年に軽自動車の四輪駆動車として発売され、約50年もの間生産されている、ジムニー。
先代のJB23型はそれまでの箱型ボディとは一線を画した丸みを帯びたボディで、従来のジムニーのイメージを覆す、スタイリッシュでより街乗りを意識したデザインであったといえる。この先代も、20年もの間モデルチェンジを行わなかったということが、ファンから愛されたモデルであったという証であるといえるだろう。

先代JB23(1998)

しかし、今回の新型はその先代のさらに前(JA11)をイメージさせる、あえて言うなら「旧型のリメイク」のようなボディデザインで登場した。

先々代JA11(1990)

 

考えてみれば、21世紀に入って初めてモデルチェンジしたジムニーである。今の技術を持ってすれば、超未来的なボディをまとった新型ジムニーであったとしてもおかしくない。しかし、スズキはあえてそうしなかった。丸目のヘッドライト、角ばったボディ。それは、ジムニーというクルマはどういう存在なのか、ファンがジムニーに何を望んでいるのか、ということを真摯に検討した結果ではないだろうか。本格オフローダーとしての実用性からくる機能美。「日本が世界に誇る唯一無二のコンパクト4WD」としての誇り。そういったものが、今回の新型ジムニーの外観=ボディデザインに凝縮され、現れている。

ジムニーXL(ジャングルグリーン)

武骨ともいえる四角いボディは、誰が見ても『本格四駆』と思えるデザインだ。この原点回帰ともいえるデザインが、現在発売されているクルマとは違う新しいカタチに見えるというのは、なんとも皮肉な気もするが、そのようなメーカーの姿勢を敏感に察知した従来からのファンは拍手し、新たに知った人々(特に若い世代)は「こんなにコンパクトなのに本格オフローダーのクルマがあったんだ」という驚きとともに迎え入れられているのだと思う。

今回の新型は、フロントグリルやウインカーレンズなど、歴代ジムニーのデザインを踏襲している部分も随所にある。新型とはいえ、今までのジムニーをリスペクトしたこのデザインは、ファンであればあるほど、たまらないデザインであるといえるだろう。

フロントグリルのスリットは先代JB23を、丸型ヘッドライト、ウィンカーレンズは先々代JA11・12をイメージしている。

 

さらにアクセサリーパーツも旧ジムニーをイメージしたフロントグリルや、「ヘリテージスタイル」、「リバイバルスタイル」と銘打った以前のモデルと同様のサイドデカールなど、従来のファンにとっては涙もののアクセサリーも用意されている。

【ヘリテージスタイル】

【リバイバルスタイル】

もちろん、従来からのファンサービスだけではない。今回の新型、先代は3色だったボディカラーが9色に大幅アップ。しかもそのうちの4色にはルーフトップの色が変わる2トーン仕様が設定されているので、合計13色という豊富なカラーバリエーションとなっている。さらにイメージカラーのキネティックイエローには受注生産でボンネットの色もブラックに塗装した「ブラックトップ2トーン」も設定されており、新たなユーザーとなる人々の選択肢がグンと広がった。

***

話題にすべき点は数多くある新型ジムニー。だが、これだけモデルチェンジで話題を集めるクルマというのもあまりない。そして、その理由は、メーカーの製品に対する矜持、ユーザーの期待に応える姿勢、それらを文字通り体現した、コンパクト4WDとしてのボディデザインなのだ。

【スズキ/ジムニーXC(5MT)】

全長× 全幅× 全高:3395×1475×1725㎜
ホイールベース:2250㎜
車両重量:1030㎏(4ATは1040kg)
エンジン:水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
総排気量:0.658L
最高出力:47kW<64PS>/6000rpm
最大トルク:96N・m/3500rpm:9.8kg-m
駆動方式:パートタイム4WD
燃料消費率:16.2㎞/l(WLTCモード)
使用燃料:無鉛レギュラーガソリン 40L
ミッション:5速MT(ATは4速)
サスペンション:前・後:3リンクリジッドアクスル式コイルスプリング
ブレーキ形式:前:ディスク 後:リーディング・トレーリング
乗車定員:4名
メーカー希望小売価格(消費税8%込み):174万4200円(ATは184万1400円)

【ジムニースペシャルサイト】
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/

文/天野光法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?
  2. ジャガー Eペイス|英国の名門ジャガーらしさが光る小型SUV【石…
  3. ダイハツの予防安全機能「スマアシⅢ」を体感! 驚くべき進化を遂げ…
  4. トヨタ クラウン|新たな輝きを放つ伝統の4ドアセダン【石川真禧照…
  5. 警察車両や消防車両も!ジムニーが世界中で愛される理由
PAGE TOP