新着記事

銀製 夫婦箸|江戸の粋な心と技が宿る東京銀器

叩いて生み出す形と輝き。江戸時代から続く優美な東京銀器は、暮らしに安らぎとゆとりをもたらす。…

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|夏野菜の定番!旬のトマトの甘みと旨味を生かして減塩

【管理栄養士が教える減塩レシピ】夏野菜の定番!甘みと旨味を生かした旬のトマトの料理法

写真・文/矢崎海里夏野菜の定番、トマト。真夏の太陽の日差しを浴びて育ったトマトは…

退職金を受け取る前に|セカンドライフで気になるイベントやお金のこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

退職金を受け取る前にやるべきこと、やってはいけないこと【今からはじめるリタイアメントプランニング】

【セカンドライフで気になるイベントやお金のこと】退職金を受け取る前にあらかじめ計画を立て…

「優しいリーダー」が注目される理由

【ビジネスの極意】「優しいリーダー」が注目される理由

リーダーシップとは何か? 多くの人はメンバーを引っ張っていく強い意志、などを持った人間、と思…

牛革天然藍染めの小物|手染め感が味わい深い、阿波藍染の革小物

来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムに、日本の伝統色である藍色が採用…

悲しげなクルーズカイーダの像

マイケル・ジャクソンが有名にした観光地サルバドールの光と影|倒れた十字架のレクイエム(ブラジル)

文・写真/マンゲイラ靖子(海外書き人クラブ/ブラジル在住ライター)ブラジルの東北地方、バイー…

バランス栄養食品

朝食のかわり?お菓子のかわり?|バランス栄養食品で人気は「カロリーメイト」と「SOYJOY」

忙しいときや特定の栄養が不足している時に補うことができるバランス栄養食品。今はどの銘柄が人気…

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

松浦武四郎~「北海道」の名づけ親【にっぽん歴史夜話19】

文/砂原浩太朗(小説家)「知る人ぞ知る」という表現を時おり耳にする。一般的な知名度は…

前列中央から時計回りに、ご飯、野蕗のきゃらぶき、煎り豆腐(人参)、鶏そぼろ、漬物(胡瓜と人参の糠漬け・壬生菜・刻み沢庵)、焼き海苔、ごんげん蒸し、大根おろし(葱・鰹節・胡麻)、納豆(葱)、絹さやの浸し(鰹節)、味噌汁(豆腐・若布・葱)、中央右は焼き鮭、左は蒲鉾と山葵漬け。今朝は小鉢に盛っているが、常備菜のきゃらぶきや煎り豆腐、鶏そぼろ、加えてごんげん蒸しなどは大皿で登場し、取り分けていただくことが多い。絹さやは昨夜の残りを浸しに。蒲鉾は、山葵漬け(静岡『野桜本店』の激辛口)をつけて食す。焼き海苔は東京・品川の『みの屋海苔店』のものを愛食。焼き海苔とごんげん蒸しの器の模様は、定紋である揚羽蝶。

【朝めし自慢】中村歌六(歌舞伎役者・68歳)「カミさん手製の常備菜以外は僕が作ります」

取材・文/出井邦子 撮影/馬場隆「“ごんげん蒸し”が上手にできれば、一日気分がいい」という歌…

倭ism 鹿革のカジュアルシューズ|履き込むほどに味が出る、大人の快適スニーカー

奈良県北部に位置する大和郡山市。戦後より皮革産業が盛んなこの地で、70年にわたり紳士靴づくり…

ピックアップ記事

  1. ゆったりした船上にラウンジのようなソファが設えてあり、最大8人が乗れる。風を感じながら航走する爽快感を分かち合える。
  2. 美しい海に囲まれたラロトンガ島。ここムリビーチは島を代表するビーチで、遠浅のラグーンに、白い砂浜が広がる。
  3. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ.jp |  編集部からのお知らせについての記事一覧

  1.  

    サライ7月号発売|焼酎いま呑むべき33本!金沢を歩く!付録は筋トレチューブ!

         

    文/編集部『サライ』7月号を発売しました。今号のサライは、新たなブームの予感「焼酎」の大特集に、今こそ訪ねてみたい加賀五百万石の城下町「金沢」の旅特集を合わせた、盛りだくさんの”七夕特大号”です。注目の付録は、手軽に…

  2.  

    支援者求む!東美濃の山奥の芝居小屋で落語家歌舞伎「鹿芝居」公演をクラウドファンディング

         

    文/小坂眞吾(サライ編集長)木曽川の上流部に位置する旧加子母村、現在の岐阜県中津川市加子母地…

  3.  

    サライ6月号発売|特集は「朝めしで長生き」と「皇居に憩う」の二本立て

         

    文/編集部サライ6月号を発売しました。令和時代最初の号となる今号のサライは、健やかな…

  4.  

    サライのマカオ紀行記事がマカオ政府観光局主催「メディア・アワーズ2018」を受賞!

         

    文/小坂眞吾(サライ編集長)『サライ』2019年1月号に掲載された特別企画「美食紀行 マカオ…

  5.  

    サライ5月号|列島縦断!駅弁を旅する大特集&魅惑の超軽量品カタログ

         

    文/編集部サライ5月号を発売しました。今号は、山海の名物が味わえる汽車旅の醍醐味「駅弁」の大…

  6.  

    カタログギフト1万円相当が当たる!サライ4月号「住宅特集」アンケート

         

    『サライ』2019年4月号(3月9日発売号)の「住宅特集 時代を超えていまに生きる住まいと暮らし」に…

  7.  

    サライ4月号|特集は桜の城下町&2019眼福の美術展、付録は「風神雷神ミニ財布」です!

         

    文/編集部『サライ』2019年3月号は、絶景・歴史・美味のすべてが揃う「桜の城下町を歩く」大…

  8.  

    サライ3月号|大特集は奇想の日本美術&体がよろこぶ極上パンです。

         

    文/編集部『サライ』3月号は、昨今の江戸絵画ブームを牽引している「奇想の日本美術」の大特集に…

  9.  

    昭和落語の二名人・志ん生と圓生の知る人ぞ知る関係と芸の違い

         

    文/小坂眞吾(『サライ』編集長)NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』で一躍世間の…

  10.  

    ビートたけし=古今亭志ん生の滑舌の悪さが落語好きにはOKな理由

         

    文/小坂眞吾(『サライ』編集長)NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』が始まってひ…

  11.  

    文学が繋ぐ人と人~Culture NIPPON シンポジウム 東京大会【参加者募集のお知らせ】

         

    来年開催される東京オリンピック・パラリンピックはスポーツのみならず文化の祭典でもある。ここに着目し、…

  12.  

    サライ2月号|特集は古今亭志ん生と長生きスープ、付録は別冊落語まんがです。

         

    文/編集部『サライ』2月号は、昭和落語を代表する稀代の落語家「古今亭志ん生」の大特集に、滋養…

  13.  

    志ん生の十八番で口開け!『落語 昭和の名人 極めつき72席』創刊しました

         

    文/編集部 お待たせしました! 落語ブームの今、シリーズ累計358万部を誇る落語CD…

  14.  

    サライ読者座談会【第1回】「サライ世代の書斎事情」|あなたの家には書斎がありますか?

         

    自宅に自分の「書斎」を持つことは、男にとってのひとつの憧れであろう。でも住宅環境や家庭環境と…

  15.  

    マカオ往復航空券が当たる!Twitterキャンペーンのお知らせ

         

    発売中の『サライ』1月号で掲載している「マカオ美味紀行」の記事について、記事のご感想、もしくはマカオ…

  16.  

    サライ1月号|特集は日本酒とかけ蕎麦、付録は光琳ブランケットです

         

    文/編集部今号のサライは創刊29周年特大号の第4弾。毎年恒例「日本酒」の大特集に、「かけ蕎麦…

  17.  

    第16回「サライ大賞」発表!読者が選んだシニア世代に優しい商品とは

         

    今年1年間、『サライ』の本誌および公式サイト『サライ.jp』で紹介された商品や人物などから、サライ世…

  18.  

    サライ12月号|特集は魚料理と伊能忠敬、付録は奇想の日本美術カレンダーです

         

    文/編集部サライ』2018年12月号を発売しました。大特集は秋深まる今こそ作って味わいたい「…

  19.  

    サライムック『美味サライ』最新号は「日本ワインを究める」の大特集です

         

    文/編集部食や酒をテーマにしたサライムック『美味サライ』の最新刊を発売しました。前号では銀座…

  20.  

    北斎が!フェルメールが!あの名画が買える『大人の逸品 美術館』が誕生

         

    文/編集部サライ読者にはすっかりお馴染みであろう小学館の通販サービス『大人の逸品』のサイト内…

  21.  

    カタログギフト1万円相当が当たる!サライ11月号「住宅特集」アンケート

         

    『サライ』2018年11月号(10月9日発売号)の「住宅特集 時を経てなお現代に生きる住まいの在り方…

  22.  

    サライ11月号|特集はフェルメールと秋の奈良旅、付録は特製スケジュール手帳です

         

    文/編集部サライ』2018年11月号を発売しました。今回の特集は、画家フェルメールの全作品と…

  23.  

    サライ10月号「日本美術と紅葉の京都」と「帽子」の2大特集、付録は「若冲レッドの万年筆」です

         

    『サライ』2018年10月号は、秋の古都散策の手引きとなる「日本美術と紅葉の京都」の大特集に…

  24.  

    まるで実写!江戸時代の街の様子をリアルなCGで完全再現してみた

         

    江戸の長屋にごろんと横たわる6尺(約180cm)の巨大な張り子。実はこれ、江戸時代の唐辛子売りの部屋…

  25.  

    漫画史に残る傑作!白土三平『カムイ伝』幻の名品がサライの付録で復活

         

    日本の漫画史において、ひときわ大きな存在感を示す作品がある。白土三平の傑作『カムイ伝』である…

  26.  

    静岡の別邸でお茶とピアノを楽しみ尽くす特別な一夜「茶音の会」with 和樂

         

    お茶どころ静岡ならではの多様な味覚と〝ヤマハ〟が極めた音楽。このふたつが出合うまったく新しい茶会「茶…

  27.  

    2018年度 第17回「サライ大賞」の読者投票を受付中です。

         

    『サライ』は、シニア世代に優しい商品やサービスを応援します。機能性やデザイン性、使いやすさに…

  28.  

    サライ9月号|今こそ読みたい「漫画」と夏バテに効く「漢方&薬膳」付録は『カムイ伝』幻の名品!

         

    『サライ』9月号を発売しました。今号のサライは、今こそ読み直したい「漫画」の大特集に、夏バテ…

  29.  

    サライ8月号|特集:高校野球/銭湯に涼む

         

    『サライ』8月号を発売しました。今号のサライは、今年100回大会を迎える甲子園「高校野球」の…

  30.  

    編集長が感涙の激白!『サライ』天主堂特集が九州魅力発掘大賞で「大賞」を受章

         

    文/小坂眞吾(サライ編集長)去る6月8日(金)に、東京・内幸町で催された第3回「九州魅力発掘大賞…

PAGE TOP