新着記事

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)射手座~魚座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)獅子座~蠍座編

毎週月曜日更新!「ニャンコ先生の開運星占い」(3/30~4/5)牡羊座~蟹座編

【ビジネスの極意】「できない理由」を理路整然と話す人は無視しても良い

【ビジネスの極意】「できない理由」を理路整然と話す人は無視しても良い

片岡愛之助演じる今川義元

修羅場を潜り抜けて、家督を継承。片岡愛之助が好演。本当はやり手の大大名だった今川義元【麒麟がくる 満喫リポート】

フット快室内履き|人間工学構造により足に沿い疲れにくい

教育専門家が教える「スマホデビュー」する我が子とのルールの決め方

郷里に住む親の介護で自滅しないための「遠距離介護」という選択

大半の高齢の親は子との同居は望んでいない!? 遠距離介護で自滅しない選択

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

「宦官(かんがん)」とは何か~中国史をいろどる異形の群像【中国歴史夜話 10】

ルーペ付きヘッドが360度回転する爪切り|回転機構で見やすく、力を入れずに楽にカット

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 荒川豊蔵資料館蔵の志野筍絵茶碗 銘「随縁」(荒川豊蔵、1961年)。豊蔵が「再発見」した「美濃桃山陶」の陶片である「筍」と文様が共通する。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

趣味・教養

新型ジムニー|アウトドアで活躍する純正アクセサリー10選

文/天野光法

新型ジムニーは純正のアクセサリーパーツも豊富に揃っている。

その種類と数の多さは、ジムニーのカスタムショップも舌を巻くほどだ。

「こんなに純正のアクセサリーがあったら、ウチはいったいどんなパーツを開発すればいいのか?」

とボヤくカスタムショップもあるほど。

そんな数多くの純正アクセサリーから、アウトドアで大活躍するアクセサリーを10個選んで紹介しよう。

1.カータープ

ジムニーでオートキャンプを楽しむなら、この純正のカータープ。

テントの名門「ogawa」とコラボしたこのカータープは、オートキャンプやフィッシングにピッタリ。特にリアゲートが横に開く新型ジムニーにとって、夏の暑い陽射しや、急な雨を避けたり、と活躍の場は多いはず。

たたむと約58X12X12cmのサイズ。収納バッグの「SUZUKI」のロゴが純正を主張する。

2.リアクォーターボックス

カータープ収納バッグ反対側には「ogawa」のロゴが。

カータープと一緒に装備したいのが、このリアクォーターボックス。
これを使えば、たたんだカータープがリアゲートに収納可能だ。

3.プライバシーシェード

車内のプライバシーを守るプライバシーシェードは、最近のオートキャンプには必需品といってもいいだろう。

フロントプライバシーシェード

 

リヤプライバシーシェード

4.ベッドクッション

ベッドクッション

純正だから、当然サイズはピッタリ。オートキャンプに必携の快適装備だ。

快適装備でオートキャンプが楽しくなること間違いなし!

釣り好きにも多くのファンを持つジムニー。新型はそのあたりも抜かりない。

5.ロッドホルダー

純正で用意されたロッドホルダーは、室内ルーフにロッド3本をセットできる。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 先代を踏襲しながら、車輪周囲のふくらみなど、抑揚を増した外観デザイン。目を細めた猫のような極薄のヘッドライトが特徴的。 ランドローバー/レンジローバー イヴォーク|都市と田園を共に愛す…
  2. 1966年に初代が発表されてから12代目になる最新型。幅が広くなり、3ナンバー車に。ハイブリッド車とガソリン車を選べる。 トヨタ/カローラ|ドイツのセダンと互角に戦える世界一まじめな車【…
  3. 2018年秋から日本での予約販売を開始したアルピーヌ/A110。車体前部の丸みを帯びたボンネット形状が印象的だ。 アルピーヌ/A110|23年ぶりに復活したアルプス山脈の名を冠し…
  4. 【車検ははなんでこんなに高い…?】半数以上の方が車検の内容をよく理解せずに受けていることが判明!?知らずに損をしている現状を打破するために見極めなければいけない事とは? 車検はなんでこんなに高い!? 知らないと損をする「車検」の中身
  5. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。 “イキモノ”としてクルマを捉えると見えてくる〜マツダのデザイン哲…
PAGE TOP