新着記事

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・2|アポロが見せた月生活の夢

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

喜ばれるお持たせは高級デパ地下で!「GINZA SIX」 秋の「手土産スイーツ」10選

実りの秋がやってきた。デパ地下には、旬の食材をふんだんに使ったフードやスイーツが勢ぞろいだ。…

見るものを惹きつけて離さない圧巻の瀧、崖!国際的日本画家・千住博展

取材・文/池田充枝新しい日本画を世界に認知させ、真に国際性をもった芸術にすべく幅広い…

もし「がん」の宣告を受けたら? まず、これだけはしておこう

文/鈴木拓也日本では、2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死亡する。これは、…

【学年誌が伝えた子ども文化史】人類、月へ・1|アポロ、挑戦の軌跡

学年誌記事で振り返る昭和のニュースと流行!1922年(大正11年)、当時の出版界では初となる…

南部鉄器のごはん鍋|蓄熱性と気密性の高い鉄器で新米をおいしく炊き上げる

昭和50年(1975)、国から伝統工芸品第1号の指定を受けたのが、岩手県の南部鉄器だ。17世…

【娘のきもち】娘の離婚にも気丈に振る舞う父。辛い経験を過去のものにできたのは父の言葉だった~その2~

取材・文/ふじのあやこ家族との関係を娘目線で振り返る本連載。幼少期、思春期を経て、親…

【娘のきもち】今まで放任だったのに、専門学校に進みたい私を許さなかった父。父親は会話が成立しない人なんだと認識した学生時代を過ごし~その1~

取材・文/ふじのあやこ 近いようでどこか遠い、娘と家族との距離感。小さい頃から一緒に過ごす中…

ゴルゴ13のすべてが今、明かされる!|連載50周年記念特別展「さいとう・たかを ゴルゴ13」用件を聞こうか…

取材・文/池田充枝孤高の超A級スナイパーとして圧倒的な存在感を放つゴルゴ13。本名、…

5分でわかる!いまさら聞けない「年金制度」基本のキ

文/中村康宏日本の社会保障制度の中核をなす「医療」と「年金」。医療費増加が社会問題になる…

サライ最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

新型ジムニー|アウトドアで活躍する純正アクセサリー10選

文/天野光法

新型ジムニーは純正のアクセサリーパーツも豊富に揃っている。

その種類と数の多さは、ジムニーのカスタムショップも舌を巻くほどだ。

「こんなに純正のアクセサリーがあったら、ウチはいったいどんなパーツを開発すればいいのか?」

とボヤくカスタムショップもあるほど。

そんな数多くの純正アクセサリーから、アウトドアで大活躍するアクセサリーを10個選んで紹介しよう。

1.カータープ

ジムニーでオートキャンプを楽しむなら、この純正のカータープ。

テントの名門「ogawa」とコラボしたこのカータープは、オートキャンプやフィッシングにピッタリ。特にリアゲートが横に開く新型ジムニーにとって、夏の暑い陽射しや、急な雨を避けたり、と活躍の場は多いはず。

たたむと約58X12X12cmのサイズ。収納バッグの「SUZUKI」のロゴが純正を主張する。

2.リアクォーターボックス

カータープ収納バッグ反対側には「ogawa」のロゴが。

カータープと一緒に装備したいのが、このリアクォーターボックス。
これを使えば、たたんだカータープがリアゲートに収納可能だ。

3.プライバシーシェード

車内のプライバシーを守るプライバシーシェードは、最近のオートキャンプには必需品といってもいいだろう。

フロントプライバシーシェード

 

リヤプライバシーシェード

4.ベッドクッション

ベッドクッション

純正だから、当然サイズはピッタリ。オートキャンプに必携の快適装備だ。

快適装備でオートキャンプが楽しくなること間違いなし!

釣り好きにも多くのファンを持つジムニー。新型はそのあたりも抜かりない。

5.ロッドホルダー

純正で用意されたロッドホルダーは、室内ルーフにロッド3本をセットできる。

6.ベースキャリア&アタッチメント

ベースキャリア

その名の通り、ルーフキャリアのベース。これだけでもユーティリティツールとして使えるが、後述のアタッチメントを使用することで、さまざまなアウトドアスポーツに対応する。

・ルーフラックアタッチメント

ベースキャリアにセットするラック。ルーフが荷台として使える。

・スキー&スノボアタッチメント

スキー板やスノーボードがセットできる。

・サーフボードアタッチメント

サーフボードをルーフにセットできるアタッチメント。

アクセサリーパーツで内容を充実させたら、スタイリングもアウトドアに相応しいワイルドなイメージにしたい。そんな思いにぴったりなのが、新型ジムニー「サバイバルスタイル」

7.サバイバルスタイル サイドデカール

カモフラージュ柄のサイドデカールが「アウトドア」のイメージを強く喚起させる。

8.ルームミラーカバー

カモフラ柄はボディのサイドデカールだけにではない。ルームミラーのカバーもカモフラ。

9.携帯リモコンカバー

ドアロックのON/OFFなどを行う携帯リモコンもカモフラ柄にするカバーを用意している。

この携帯リモコンカバーは、サイマークの入ったピアノブラックと

金属パネル風の縞鋼板柄もある。

 

10.スペアタイヤハーフカバーデカール&スペアタイヤカバー

スペアタイヤハーフカバーデカール ハニカム+サイ

スペアタイヤハーフカバーデカール 初代ジムニーのカタカナロゴ

スペアタイヤカバー 80年代デザインの復活!

スペアタイヤカバー 定番デザインのサイ

ジムニーのアウトドアイメージを強く印象付ける、リアにセットされたスペアタイヤだが、そのハーフカバーに貼るデカールは6種類、スペアタイヤカバーが2種類の計8種類が用意されている。

ほかにもさまざまなパーツで、アウトドア仕様のドレスアップが可能だ。

ここで紹介した以外にも数多くのアクセサリーパーツが用意されている新型ジムニー。自分の好みにあった、個性的な一台に乗ることができるのも、大きな魅力だ。

ジムニースペシャルサイト
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/spec

文/天野光法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 警察車両や消防車両も!ジムニーが世界中で愛される理由
  2. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 新型ジムニー|歴代最高人気モデル「JA11」仕様にする裏ワザ!
  5. マツダ・サバンナ|あのとき、僕も若かった(横山剣のクルマコラム …
PAGE TOP