新着記事

「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018 東北大会」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」東北大会が行なわれました プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 プラモデルの歴史を振り返ると、昭和の記憶が蘇る『日本プラモデル六〇年史』 『君たちはどう生きるのか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 【ビジネスの極意】『君たちはどう生きるか』に学ぶ同調圧力に負けないリーダーの決断 誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ 1日10回で腰痛・坐骨神経痛を改善!|誰でもできる簡単ヒップリフトエクササイズ【川口陽海の腰痛改善教室 第10回】 「スポーツの祭典は、文化の祭典!」をテーマにした「Culture NIPPON シンポジウム2018」が行なわれました 文化庁主催「Culture NIPPON シンポジウム2018」京都大会が行なわれました 自宅で「小鯵の南蛮漬け」を上手に作るコツ【プロ直伝の技とコツ】 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 アゴの問題が姿勢に影響⁉|歩くための筋肉とアゴの意外な関係 春風亭昇太さんの定番・朝めし自慢 落語家・春風亭昇太さんの朝めし自慢「週2〜3回は自分で調える純和風の献立です」 サライ読者に聞いた「好きな美術展のジャンル」ランキング 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる老人ホーム紹介センターを探すには 親の終の棲家をどう選ぶ?| 任せて大丈夫? 信頼できる「老人ホーム紹介センター」を探すには

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

  1. 松本零士 不滅のアレグレット〈完全版〉

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

新型ジムニー|アウトドアで活躍する純正アクセサリー10選

文/天野光法

新型ジムニーは純正のアクセサリーパーツも豊富に揃っている。

その種類と数の多さは、ジムニーのカスタムショップも舌を巻くほどだ。

「こんなに純正のアクセサリーがあったら、ウチはいったいどんなパーツを開発すればいいのか?」

とボヤくカスタムショップもあるほど。

そんな数多くの純正アクセサリーから、アウトドアで大活躍するアクセサリーを10個選んで紹介しよう。

1.カータープ

ジムニーでオートキャンプを楽しむなら、この純正のカータープ。

テントの名門「ogawa」とコラボしたこのカータープは、オートキャンプやフィッシングにピッタリ。特にリアゲートが横に開く新型ジムニーにとって、夏の暑い陽射しや、急な雨を避けたり、と活躍の場は多いはず。

たたむと約58X12X12cmのサイズ。収納バッグの「SUZUKI」のロゴが純正を主張する。

2.リアクォーターボックス

カータープ収納バッグ反対側には「ogawa」のロゴが。

カータープと一緒に装備したいのが、このリアクォーターボックス。
これを使えば、たたんだカータープがリアゲートに収納可能だ。

3.プライバシーシェード

車内のプライバシーを守るプライバシーシェードは、最近のオートキャンプには必需品といってもいいだろう。

フロントプライバシーシェード

 

リヤプライバシーシェード

4.ベッドクッション

ベッドクッション

純正だから、当然サイズはピッタリ。オートキャンプに必携の快適装備だ。

快適装備でオートキャンプが楽しくなること間違いなし!

釣り好きにも多くのファンを持つジムニー。新型はそのあたりも抜かりない。

5.ロッドホルダー

純正で用意されたロッドホルダーは、室内ルーフにロッド3本をセットできる。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. サライ.jp世代にとって印象深いスーパーカーのヨーロッパ。 【私のクルマ遍歴】好奇心と巡り合わせで、買えないと思っていたスー…
  2. 日本では特に有名なスーパーカーを愛車にする秋葉さん。その出会いと物語は、【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】バイクに夢中になるきっかけはスズキの『ハスラー…
  3. スズキ/ジムニーシエラ スズキ ジムニーシエラ|20年ぶり全面改良された本格4WD【石川…
  4. サライ世代の車の選び方、考え方。自分のためにとことんわがままになろう! シニア世代の車の選び方は、自分のためにとことんわがままになろう!…
  5. セーフティドライブへ導く秘訣 たんたんと、ていねいに。セーフティドライブへ導く「日常点検」の秘…
PAGE TOP