新着記事

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その2~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。妻に離婚を切り出した~その1~

【夫婦の距離】定年まで我慢してきたのは自分。退職した翌日、妻に離婚を切り出した~その1~

塾に通う小学生・中学生の子どもをもつ保護者に聞いた「塾への満足度調査」

塾に通う小学生・中学生の保護者に聞いた「退塾の原因」

リードが外れた!いざという時のために今しておくこと

ペットのリードが外れた!いざという時のために今しておくこと

特製おせち三段重

「サライ・オリジナル 特製おせち」試食会で大好評!|お酒とともに味わう大人の味覚が満載 ご注文受付中

【インタビュー】保科正(家具会社顧問、デザイナー・77歳)「一日一日を思いっ切り生きてきたのでいつ最期を迎えても悔いはありません」

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【後編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

親の終の棲家をどう選ぶ?|認知症になった母――遠距離介護がはじまった【前編】

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その2~

【義家族との間】情は一切なし。息子に向けられた敵意を敵意で返してきた義母~その1~

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号(クリックで試し読み)

ピックアップ記事

  1. 『漆椀 ちょもらんま』(中)に、ごはんが盛られた様子(写真左)。『漆椀 ちょもらんま』(小)では、「讃岐オリーブ牛」と松茸の料理(写真右)が饗された。後方の小皿は、ガラス工芸家・藤田喬平さんの「手吹ヴェニス小皿」。写真提供/日本博事務局
  2. MAZDA CX-30は愛されるためにデザインされたとも言える。
  3. 鴨鍋

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

夕刊サライ

カルピス、ネクター…喉を守る「とろとろ飲料」が手放せない(福澤朗の美味・料理コラム 最終回)

夕刊サライは本誌では読めないプレミアムエッセイを、月~金の毎夕17:00に更新しています。金曜日は「美味・料理」をテーマに、福澤朗さんが執筆します。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)

商売道具である声を守るために、喉の管理は怠りません。つい絶叫系の曲を歌ってしまうのでカラオケにもいかないようにしています。

そんな私が一年中手放せないものが、喉を守るとろとろ飲料です。アサヒ飲料の「濃い目のカルピス」や不二家の「ネクター」など。

番組やイベント司会などで声を張ることがあるのですが、そのようなときにとろとろ飲料を傍らに置いて喉を潤しながら進めています。常温でゆっくり流し込むと、とろとろの液体が喉にまとわりつき、保湿されている実感があるのです。ちなみにカルピスウォーターではとろとろ感が緩く、「濃い目」がオススメです。

夏は家族で集まって賑やかに騒いだり、海辺やプールサイドで大声で話したりと、夏のほうが冬より大きな声を出している気がします。また、お酒を飲んで酔っ払うと聴力が落ちるせいか、皆、声が大きくなります。冬の乾燥とともに夏も喉を傷める要因があるわけです。

舞台俳優さんは喉を守るために、楽屋では加湿器の前で声の調子を整えるのが常だといいます。そしていよいよ声が出なくなると、生肉(馬刺しユッケ)を喰らうといいます。生肉の油分をゆっくり飲みながら喉を潤すわけです。

スタジオや舞台というのは空気が汚れていることが多いので、私ものど飴などを常備しています。声の調子が悪い時は油分を流してしまう烏龍茶などは飲まないほうがいいですね。

冬寝るときは加湿器に加え、マスクをしてタオルを首に巻き、喉を保護します。夏は、寝る直前にエアコンを切って、ゆるく扇風機をかけて氷枕を使って寝ています。喉も肌の一部ですから、一にも二にも保湿が必要。エアコンの風は大敵です。

近年のヒット作は「龍角散ダイレクト」。これを寝るときに舌先においてのみ込まずに眠るのです。じわじわと喉に広がり、調子が悪かった喉が、翌日には復活します。これは素晴らしい! 声が出ないと仕事になりませんし、高低差のあるハリのある声を出さないと伝達能力が落ちます。料理人が毎日包丁を研ぐように、細心の注意で喉を守ることを心掛けています。

文・写真/福澤朗(フリーアナウンサー)
昭和38年、東京都生まれ。昭和63年、早稲田大学第一文学部を卒業し、同年、日本テレビ入社。在局中はアナウンサーとして、数々のヒット番組に出演。また「ジャストミート」「ファイヤー」等の流行語も生み出した。2005年7月、フリーアナウンサーに。趣味は、日本酒、鉄道、和菓子屋巡り。特技は卓球。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 日産 スカイライン2000GT-R|そのクルマはいつまでもココロ…
  2. ブリヤート共和国:日本の教科書にも旅行ガイドブックにも載っていな…
  3. トヨタ1600GT|そのミステリアスな存在は、気になって仕方ない…
  4. 地域密着型の企業スポーツで地域経済を活性化したい!(川合俊一の暮…
  5. プロレス体験でストレスを受け流す!「闘う本能」を呼び起こす!!(…
PAGE TOP