サライ.jp

文/天野光法

新型ジムニー人気は衰えることを知らない。なぜこんなに人気があるのか?

ジムニーの魅力の一つに、プロが認めた本格コンパクト4WDである、ということが挙げられる。プロユースの道具というのは、男性にとって憧れの対象なのだ。

また、「ジムニー」シリーズは、全世界194の国・地域で、世界累計285万台(2018年3月末現在。スズキ調べ)が販売されている。世界が認めたコンパクト4WDである。

ジムニーは発売当初より、「プロの道具」を標榜してきた。初代ジムニーの警察車両や消防車両などが、その証左だ。

初代ジムニーの警察車両

初代ジムニーの消防車両

また、1977年に発表されたSJ20、通称ジムニー8(エイト)は、スズキ初の水冷4サイクル4気筒0.8Lエンジンを搭載。ジムニーで初めて小型車登録されたジムニー8は、海外市場へと参入したのだ。

牧場で活躍するSJ20(ジムニー8)。

悪路走破性とコンパクトな車体は、海外でも評判となった。

オーストラリアのSJ20型。(LJ80)

日本でも海外でも、道なき道を走ることのできるジムニーは牧草地など、広大な場所でも大活躍している。

【次ページに続きます】

1 2

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
11月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア