新着記事

40代から70代男女6,511名の運動意識に対する実態調査結果|梅雨明けにおすすめのスポーツは“ウオーキング

「ロコモティブシンドローム」対策していますか?|100歳まで楽しく歩くためにすべきこと

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリストの美学」がわかる宿

世界のミニマリストな宿泊施設7選|「ミニマリズム」なライフスタイルを体験できる宿

エラ・フィッツジェラルド『シングス・ザ・アイラ・アンド・ジョージ・ガーシュウィン・ソング・ブック』

ジョージ・ガーシュウィンが残した「メロディ」よりも大切なもの【ジャズを聴く技術 〜ジャズ「プロ・リスナー」への道12】

人生100年時代、ボーッと生きてたら老後はピンチ!?|50代会社員夫婦の定年対策

今から準備しないと年金生活はピンチ!?|50代会社員夫婦1000人が考える定年退職後

毛もないが、前臼歯もない不思議な犬種

身体にあてると痛みが止まった! 犬の特殊な能力を信じた人々

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|香ばしいくるみを生かして上手に減塩!

【管理栄養士が教える減塩レシピ】|良質な脂質で健康に良い「クルミ」料理2品

ポストカード

ボロボロの野良猫から人気者に!「おぷうのきょうだい」が明かす今後の構想|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その3】

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【ビジネスの極意】「社内新聞」「社員食堂」「社員研修」|社員のコミュニケーションを活性化する方法

【京都人のお墨付き】綴織職人 伝統工芸士・平野喜久夫さんおすすめ|24時間営業でいつでもくつろげる「ハーバーカフェ北野白梅町店」

二巻-俺、つしま

「猫ってかわいいよね!」それだけでこの物語が生まれた!|大ヒット猫マンガ『俺、つしま』作者が語る舞台裏【その2】

LINE公式アカウントでも記事を配信中

友だち追加

お気軽に友達追加してください

サライ本誌最新号

サライ7月号付録「筋トレチューブ」トレーニング動画公開中!

通販別冊『大人の逸品』最新号はこちら

ピックアップ記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。
  2. オリックス・リビング社長、森川悦明氏。「グッドタイム リビング センター南」にて撮影。

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

警察車両や消防車両も!ジムニーが世界中で愛される理由

文/天野光法

新型ジムニー人気は衰えることを知らない。なぜこんなに人気があるのか?

ジムニーの魅力の一つに、プロが認めた本格コンパクト4WDである、ということが挙げられる。プロユースの道具というのは、男性にとって憧れの対象なのだ。

また、「ジムニー」シリーズは、全世界194の国・地域で、世界累計285万台(2018年3月末現在。スズキ調べ)が販売されている。世界が認めたコンパクト4WDである。

ジムニーは発売当初より、「プロの道具」を標榜してきた。初代ジムニーの警察車両や消防車両などが、その証左だ。

初代ジムニーの警察車両

初代ジムニーの消防車両

また、1977年に発表されたSJ20、通称ジムニー8(エイト)は、スズキ初の水冷4サイクル4気筒0.8Lエンジンを搭載。ジムニーで初めて小型車登録されたジムニー8は、海外市場へと参入したのだ。

牧場で活躍するSJ20(ジムニー8)。

悪路走破性とコンパクトな車体は、海外でも評判となった。

オーストラリアのSJ20型。(LJ80)

日本でも海外でも、道なき道を走ることのできるジムニーは牧草地など、広大な場所でも大活躍している。

【次ページに続きます】

ページ:

1

2

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. ファストバックはリアのデザインが特徴的。セダンは伸びやかなデザインでありながら「塊感」があり、走る姿も美しいと想像させるものに仕上がっている。 「MAZDA3(マツダ・スリー)発表会」から見えてきた「ヒトとク…
  2. 約5年ぶりに日本市場に復活したインサイト。車体は大型化し、全幅は1.8mを超える。低重心設計で、走行安定性は極めて高い。 ホンダ インサイト|走り、燃費、デザインを高次元で調和させたスポ…
  3. 車の会話、パッシング【彩りカーライフ~自分の人生をかろやかに走ろう~】 車の会話、相手への思いやりの「パッシング」【彩りカーライフ~自分…
  4. 全てが純正を維持している300ZX50thアニバーサリーは、とても希少だそう。 【私のクルマ遍歴】『300ZX50thアニバーサリー』と『GT-…
  5. 左ハンドル仕様の和年さんの愛車。日本のスポーツカーとして、海外で高い評価を受けました。その出会いと物語は【後編】にて語ります。 【私のクルマ遍歴】本当は『300ZX』が欲しかったものの高すぎて…
PAGE TOP