新着記事

メリノンの半纏|裏地に羊毛をふんだんに使い暖かさを逃さない 奇跡の階段 「なぜ立っているのかわからない」世界中の建築家が首をかしげるサンタフェ「奇跡の階段」 中之町出土資料 京都市蔵 日本陶磁史のターニングポイント、桃山時代のやきものをめぐる展覧会【特別展 新・桃山の茶陶】 西郷隆盛と3人の妻たち 西郷隆盛と3人の妻たち【にっぽん歴史夜話10】 「アゴ難民」増加中|顎関節症を引き起こす原因 アゴの疲れを取る方法|3つの原因が顎関節症を引き起こす 男の牛革ベルトポーチ|小さな革鞄で街歩きを軽やかに楽しむべし 幕府の近代化に心血を注いだ小栗忠順|軍港・横須賀に残る「鉄とレンガの近代」の曙光【半島をゆく 歴史解説編 三浦半島3】 娘のきもち・その2 【娘のきもち】口に出すと泣いてしまう。父の思い出を話せるようになるまで、3年が必要だった~その2~ 娘のきもち・その1 【娘のきもち】24歳のときにガンで亡くなった父。思い出すのは幼少期の厳格な姿だった~その1~ 山口蓬春《新宮殿杉戸楓4分の1下絵》 山﨑種二と皇室ゆかりの美術【特別展 皇室ゆかりの美術 ―宮殿を彩った日本画家―】

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

警察車両や消防車両も!ジムニーが世界中で愛される理由

文/天野光法

新型ジムニー人気は衰えることを知らない。なぜこんなに人気があるのか?

ジムニーの魅力の一つに、プロが認めた本格コンパクト4WDである、ということが挙げられる。プロユースの道具というのは、男性にとって憧れの対象なのだ。

また、「ジムニー」シリーズは、全世界194の国・地域で、世界累計285万台(2018年3月末現在。スズキ調べ)が販売されている。世界が認めたコンパクト4WDである。

ジムニーは発売当初より、「プロの道具」を標榜してきた。初代ジムニーの警察車両や消防車両などが、その証左だ。

初代ジムニーの警察車両

初代ジムニーの消防車両

また、1977年に発表されたSJ20、通称ジムニー8(エイト)は、スズキ初の水冷4サイクル4気筒0.8Lエンジンを搭載。ジムニーで初めて小型車登録されたジムニー8は、海外市場へと参入したのだ。

牧場で活躍するSJ20(ジムニー8)。

悪路走破性とコンパクトな車体は、海外でも評判となった。

オーストラリアのSJ20型。(LJ80)

日本でも海外でも、道なき道を走ることのできるジムニーは牧草地など、広大な場所でも大活躍している。

2代目のSJ40、JA51系ジムニー1000、1300はインドで大人気。

インドのジムニー「ジプシー」(SJ413)

インドではスズキの子会社マルチ・スズキ・インディアのSJ40、JA51ベースの「ジプシー」(SJ410/SJ413)が販売されている。この「シプシー」は現在も生産されており、インドの人々にとっても馴染み深いクルマとなっているようだ。

その性能を買われて、スポーツシーンでも活躍している。

レースイベントに出場するジムニー(ジプシー SJ413)。

また、海外モデルには日本にないバリエーションのモデルも多くある。
JB33/43ベースのシエラには、幌のつくオープントップや、レジントップなどがある。

プラジルのオープンモデル(幌)

イギリスのレジントップ。

世界各国で活躍するジムニー。新型ジムニーも世界中で評判になることだろう。

新型ジムニーシエラ

ジムニースペシャルサイト
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/spec

文/天野光法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 三菱エクリプス クロスで美味と絶景の南房総を旅してみた【石川真禧…
  2. 5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?
  3. ジャガー Eペイス|英国の名門ジャガーらしさが光る小型SUV【石…
  4. ダイハツの予防安全機能「スマアシⅢ」を体感! 驚くべき進化を遂げ…
  5. トヨタ クラウン|新たな輝きを放つ伝統の4ドアセダン【石川真禧照…
PAGE TOP