新着記事

アルパカストール|なめらかな肌ざわりで暖かい上質な襟巻き 猫を2匹以上飼うなら子猫のうちからがいい? 多頭飼いのウソホント|猫を2匹以上飼うなら子猫のうちからがいい? 世界的権威が絶賛するジャパニーズウイスキーの至宝「あかし2015」限定発売 シニアの再就職|再就職の際、最も苦労したことは「年齢制限の壁」 シニアの再就職|立ちはだかる「年齢制限の壁」と「スキル・経験不足」 「カロリーゼロ」は救世主?! その副作用に要注意!!【予防医療最前線】 「カロリーゼロ」には副作用がある【予防医療最前線】 久留米織りの作務衣|先染め織りで仕立てた風合い豊かな万能着 宇津ノ谷明治トンネルの入り口 「インフラツーリズム」流行中|第一人者が語る「トンネル歩き」の魅力とは? ウィーダはロケットペンダントに大好きな犬の写真を入れて身に着けていました 『フランダースの犬』は死んでいない?| 原作者ウィーダ女史の数奇な人生 定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活 夢の株主優待生活!?|『定年後も安心! 桐谷さんの株主優待生活 50歳から始めてこれだけおトク』 けやきの茶入れ|山中漆器の工房から生まれた愉快な茶入れ

サライ本誌最新号

ピックアップ記事

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

全国の美味がお取り寄せいただけます

趣味・教養

新型ジムニー|歴代最高人気モデル「JA11」仕様にする裏ワザ!

文/天野光法

約50年の歴史を誇るジムニー。その中でも1990年に発表されたJA11型は、軽自動車の規格変更により排気量がそれまでの550㏄から660㏄へと拡大。パワーとトルクがアップしたエンジンに加え、「これぞ四駆!」と思わせる角ばったボディは人気が高く、歴代最高、というファンの声も多い。

JA11

じつは、今回発表された新型ジムニーを大げさな改造などすることなしに、しかもメーカー純正パーツで人気のJA11仕様にしてしまう、とっておきの裏ワザがある。

新型ジムニーには、そんなファンのためにJA11型を彷彿とさせるカスタマイズができるアクセサリーパーツが用意されているのだ。

パターンは2種類。ホワイトボディベースの『ヘリテージスタイル』とブラックボディベースの『リバイバルスタイル』だ。

【ヘリテージスタイル】

サイドデカールと、アクセントとなる赤いマッドフラップ(泥除け)。角型ボディと相まって、見事にJA11スタイルになっている。

サイドデカール

マッドフラップセット(フロント)

マッドフラップセット(リア)

新型ジムニーのドアミラーの色はボディカラーにかかわらず黒だ。このヘリテージスタイルの場合はドアミラーもボディカラーのホワイトと統一するために、同色のドアミラーカバーも用意されている。

ドアミラーカバー(LEDサイドターンランプ付ドアミラー用)

 

【リバイバルスタイル】

一方、ブラックボディをベースとする『リバイバルスタイル』はグラフィティっぽいステッカーがワイルドなイメージ。JA11がデビューした90年代をその名の通りリバイバルさせた雰囲気は、今の若者にも人気が出るかもしれない。

サイドデカール

また、スペアタイヤカバーもサイドデカールとマッチしたものが用意されている。

2つのモデルとも、大きな改造ではなく、サイドデカールと多少の小物の変更だけで、見事にJA11スタイルを実現。これも新型ジムニーがJA11と共通点が多いことからできたことだろう。

かかる費用も少なく、純正アクセサリーなので安心だ。

歴史あるジムニーの伝統を継承し、人気のJA11型をリスペクトした、純正アクセサリーパーツ。新型ジムニーの人気は、そんなファンへのサービスにもあるのかもしれない。

ジムニースペシャルサイト
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/spec

文/天野光法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 三菱エクリプス クロスで美味と絶景の南房総を旅してみた【石川真禧…
  2. 5年連続1位!知る人ぞ知る、顧客大満足の車買取会社は?
  3. ジャガー Eペイス|英国の名門ジャガーらしさが光る小型SUV【石…
  4. ダイハツの予防安全機能「スマアシⅢ」を体感! 驚くべき進化を遂げ…
  5. トヨタ クラウン|新たな輝きを放つ伝統の4ドアセダン【石川真禧照…
PAGE TOP