サライ.jp

文/天野光法

約50年の歴史を誇るジムニー。その中でも1990年に発表されたJA11型は、軽自動車の規格変更により排気量がそれまでの550㏄から660㏄へと拡大。パワーとトルクがアップしたエンジンに加え、「これぞ四駆!」と思わせる角ばったボディは人気が高く、歴代最高、というファンの声も多い。

JA11

じつは、今回発表された新型ジムニーを大げさな改造などすることなしに、しかもメーカー純正パーツで人気のJA11仕様にしてしまう、とっておきの裏ワザがある。

新型ジムニーには、そんなファンのためにJA11型を彷彿とさせるカスタマイズができるアクセサリーパーツが用意されているのだ。

パターンは2種類。ホワイトボディベースの『ヘリテージスタイル』とブラックボディベースの『リバイバルスタイル』だ。

【ヘリテージスタイル】

サイドデカールと、アクセントとなる赤いマッドフラップ(泥除け)。角型ボディと相まって、見事にJA11スタイルになっている。

サイドデカール

マッドフラップセット(フロント)

マッドフラップセット(リア)

新型ジムニーのドアミラーの色はボディカラーにかかわらず黒だ。このヘリテージスタイルの場合はドアミラーもボディカラーのホワイトと統一するために、同色のドアミラーカバーも用意されている。

ドアミラーカバー(LEDサイドターンランプ付ドアミラー用)

 

【リバイバルスタイル】

一方、ブラックボディをベースとする『リバイバルスタイル』はグラフィティっぽいステッカーがワイルドなイメージ。JA11がデビューした90年代をその名の通りリバイバルさせた雰囲気は、今の若者にも人気が出るかもしれない。

サイドデカール

また、スペアタイヤカバーもサイドデカールとマッチしたものが用意されている。

2つのモデルとも、大きな改造ではなく、サイドデカールと多少の小物の変更だけで、見事にJA11スタイルを実現。これも新型ジムニーがJA11と共通点が多いことからできたことだろう。

かかる費用も少なく、純正アクセサリーなので安心だ。

歴史あるジムニーの伝統を継承し、人気のJA11型をリスペクトした、純正アクセサリーパーツ。新型ジムニーの人気は、そんなファンへのサービスにもあるのかもしれない。

ジムニースペシャルサイト
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/spec

文/天野光法

関連記事

ランキング

人気のキーワード

新着記事

ピックアップ

サライプレミアム倶楽部

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

公式SNS

サライ公式SNSで最新情報を配信中!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE

サライ最新号
2020年
10月号

サライ最新号

大人の逸品Online Store

通販別冊
通販別冊

心に響き長く愛せるモノだけを厳選した通販メディア