新着記事

【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために企業が行うべきこと 【ビジネスの極意】優秀な中途採用者を確保するために行うべきこと 今年こそ舌下免疫療法で、花粉症の根治を目指してみよう あなたは本当に花粉症?|花粉症の根治を目指す「舌下免疫療法」最前線 『野田版 桜の森の満開の下』画像提供:松竹 桜が彩る歌舞伎を愉しむ|古典からシネマ歌舞伎『野田版 桜の森の満開の下』まで さきいかと菜の花の炊き込みご飯 【管理栄養士が教える減塩レシピ】さきいかと菜の花の炊き込みご飯|さきいかでだしを取ろう 6代目スカイライン風のヘッドライトウォッシャーは、実際には水は出ないとのこと。6代目スカイラインに装備されていたアンテナも装備したいと考え、現在も必要なパーツを探しています。 【私のクルマ遍歴】「スカイライン」と「西部警察」は一生の憧れ。ついに『ER34』を『マシンRS』風の赤黒ツートンカラーに再塗装!(後編) サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】『スカイライン2000GTターボ』を事故で失った後、本当に欲しかった『スカイライン2000RSターボ』を必死に探す(前編) 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 元号ものがたり~改元にまつわる珍談・奇談あれこれ【にっぽん歴史夜話14】 《儀式用宝飾水筒》 16世紀後半 トプカプ宮殿博物館蔵 トプカプ宮殿の華麗な宝物【トルコ至宝展 チューリップの宮殿 トプカプの美】 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘の気持ち】理容師を目指したきっかけはしっかりとした両親の姿があったから。その進路に不安はなかった~その2~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~ 【娘のきもち】両親はともに理容師。休日に家族で過ごせない寂しさを忘れさせてくれたのは、祖父母の愛情だった~その1~

サライ本誌最新号

住宅特集アンケート実施中です!

別冊付録「大人の逸品カタログ」商品はこちらから

ピックアップ記事

  1. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~)

>>過去の記事へ

サライの通販

>>過去の記事へ

趣味・教養

新型ジムニー|歴代最高人気モデル「JA11」仕様にする裏ワザ!

文/天野光法

約50年の歴史を誇るジムニー。その中でも1990年に発表されたJA11型は、軽自動車の規格変更により排気量がそれまでの550㏄から660㏄へと拡大。パワーとトルクがアップしたエンジンに加え、「これぞ四駆!」と思わせる角ばったボディは人気が高く、歴代最高、というファンの声も多い。

JA11

じつは、今回発表された新型ジムニーを大げさな改造などすることなしに、しかもメーカー純正パーツで人気のJA11仕様にしてしまう、とっておきの裏ワザがある。

新型ジムニーには、そんなファンのためにJA11型を彷彿とさせるカスタマイズができるアクセサリーパーツが用意されているのだ。

パターンは2種類。ホワイトボディベースの『ヘリテージスタイル』とブラックボディベースの『リバイバルスタイル』だ。

【ヘリテージスタイル】

サイドデカールと、アクセントとなる赤いマッドフラップ(泥除け)。角型ボディと相まって、見事にJA11スタイルになっている。

サイドデカール

マッドフラップセット(フロント)

マッドフラップセット(リア)

新型ジムニーのドアミラーの色はボディカラーにかかわらず黒だ。このヘリテージスタイルの場合はドアミラーもボディカラーのホワイトと統一するために、同色のドアミラーカバーも用意されている。

ドアミラーカバー(LEDサイドターンランプ付ドアミラー用)

 

【リバイバルスタイル】

一方、ブラックボディをベースとする『リバイバルスタイル』はグラフィティっぽいステッカーがワイルドなイメージ。JA11がデビューした90年代をその名の通りリバイバルさせた雰囲気は、今の若者にも人気が出るかもしれない。

サイドデカール

また、スペアタイヤカバーもサイドデカールとマッチしたものが用意されている。

2つのモデルとも、大きな改造ではなく、サイドデカールと多少の小物の変更だけで、見事にJA11スタイルを実現。これも新型ジムニーがJA11と共通点が多いことからできたことだろう。

かかる費用も少なく、純正アクセサリーなので安心だ。

歴史あるジムニーの伝統を継承し、人気のJA11型をリスペクトした、純正アクセサリーパーツ。新型ジムニーの人気は、そんなファンへのサービスにもあるのかもしれない。

ジムニースペシャルサイト
http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/spec

文/天野光法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

  1. 6代目スカイライン風のヘッドライトウォッシャーは、実際には水は出ないとのこと。6代目スカイラインに装備されていたアンテナも装備したいと考え、現在も必要なパーツを探しています。 【私のクルマ遍歴】「スカイライン」と「西部警察」は一生の憧れ。つ…
  2. サライ.jp世代ならば、すれ違ったら振り返ってしまう健一さんの愛車。その出会いと物語は【後編】で語ります。 【私のクルマ遍歴】『スカイライン2000GTターボ』を事故で失っ…
  3. クラシックなデザインに足を止める人が多く、常にギャラリーが絶えない初代クラウン(1955年~) 初代から最新まで、歴代クラウン15台がショッピングストリートの石…
  4. レクサス車の顔として定着した、台形をふたつ合わせたようなスピンドルグリルが印象的。ヘッドライトは小型LED3眼を採用。 レクサスES|12年ぶりに国内販売を再開した上級4ドアセダンの革…
  5. 長く運転を続けたいシニアなら読んでおくべき1冊|『運転をあきらめないシニアの本音と新・対策』 「歩行者や自転車に気づかない」「ブレーキのつもりがアクセル」「ウ…
PAGE TOP